アプローチ」タグアーカイブ

「夏」を感じる鬼灯市 (08) 

毎年この辺りに差し掛かると、
サークルでは1年の後半戦に向けて
何かと撮影準備や宿営地の候補を巡って
静かだが・・・激しい論戦が繰り広げます。

それもその筈で、梅雨明けと同時に
夏の風物詩である『花火大会』や
山や海にプールといったレジャー施設に
チビ達を連れて行く機会も増えるので
学生連中が“夏休み”に入ると私たち撮影する側の
大人たちは各種各地で催されるイベントのために
スマートフォンのスケジュール管理は
文字通り隙間無くビッシリと埋まる訳だ。

こうなると何か不都合が発生しても
簡単には変更ができないので
前もって入念にスケジュールに幅を持たせるか
変更可能なように幾つかのパターンを想定して
並列で日程を組むのです。

この作業が毎年毎年・・・いや、365日、
四六時中の頭痛のタネなので、胃がキリキリと痛みますね?

当然それは近所の龍泉寺で毎年行われる
鬼灯市も例外ないのですよ!

しかも何故か理由は判明しませんが
このイベントの前後は彼女の体調が著しく悪化するという
ジンクスを抱えているので、
迂闊な撮影行動は許されません。

慎重を期した上で彼女と連絡取り合いながら
毎年私が“名代”として雷除けの護符を購入して
お線香も焚いてから撮影に入るのが
『恒例行事』となってしまう有様です((((;゚Д゚)))))))
(今年も御多聞に漏れず、彼女は食中毒でダウンしました)

-そんな訳で、まずは自分の庭先のプチトマトや
幾つかの花を筆頭に、
併せて鬼灯市の様子もどうぞ!

 

 

summer-lantern-plant-08_001
2016/06/21 15:59
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-200、スピード1/2000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

summer-lantern-plant-08_002
2016/06/21 16:00
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-200、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

summer-lantern-plant-08_003
2016/06/21 16:01
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.8、ISO-200、スピード1/2000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

summer-lantern-plant-08_004
2016/06/21 16:02
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.8、ISO-200、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

summer-lantern-plant-08_005
2016/06/21 16:05
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/350
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

summer-lantern-plant-08_006
2016/06/21 16:07
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

summer-lantern-plant-08_007
2016/06/21 16:07
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/3.5、ISO-200、スピード1/60
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

summer-lantern-plant-08_008
2016/06/25 14:50
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Tokina AT-X 280AF PROで
F/2.8、ISO-200、スピード1/750、焦点距離50mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

summer-lantern-plant-08_009
2016/06/25 14:51
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Tokina AT-X 280AF PROで
F/4.0、ISO-200、スピード1/350、焦点距離50mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

summer-lantern-plant-08_010
2016/06/25 14:51
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Tokina AT-X 280AF PROで
F/4.0、ISO-200、スピード1/1000、焦点距離80mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

summer-lantern-plant-08_011
2016/06/25 14:52
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Tokina AT-X 280AF PROで
F/4.0、ISO-200、スピード1/750、焦点距離80mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

summer-lantern-plant-08_012
2016/06/25 14:53
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Tokina AT-X 280AF PROで
F/4.5、ISO-400、スピード1/1000、焦点距離80mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

summer-lantern-plant-08_013
2016/06/25 14:54
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Tokina AT-X 280AF PROで
F/2.8、ISO-200、スピード1/250、焦点距離80mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

summer-lantern-plant-08_014
2016/06/25 14:55
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Tokina AT-X 280AF PROで
F/2.8、ISO-200、スピード1/3000、焦点距離28mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

summer-lantern-plant-08_015
2016/06/25 14:56
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Tokina AT-X 280AF PROで
F/6.7、ISO-200、スピード1/90、焦点距離28mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

上記の作例で使用したTokina AT-X 280AF PROは
2000年に、
下記で使われたTokina AT-X 828AF PROに至っては
実に1995年なのだから21年前のレンズなのだ!
summer-lantern-plant-08_016

summer-lantern-plant-08_017
普通に考えても凄い事なのだが、
過去のBlogでも何度か取り上げている事案であるが
アンジェニューにOEMをしていたこのレンズ
色々と毀誉褒貶の激しいエレメント構成だった。

まァ、ぶっちゃけ簡単に述べるなら
テレ端のフォグ(霧)が掛かったような独特のソフトフォーカスに
散々手を焼いた“鬼っ子”でもあった。
いわば銀塩フィルム時代の『旧・大三元』とも称すべき
このレンズは当時としては
実に斬新で革命的なアプローチを施されて
世に送り出されたレンズだった訳だ。

いずれにせよ、この大口径望遠ズームも
各社それぞれがワイド端を70mmに詰めて
一層広角側へシフトさせて最短撮影距離を詰める競争に入った。

こうして今の時代では当たり前となった「手振れ補正」や
超音波モーターの搭載で、
市場から静かに消えていくのだが。
それでも、純正のCanon EF135mm F/2L USMでの作例に
堂々と割り込みを許すのだから、
まだまだ旧・大三元も本領はみせてない様子です
それともオーナーの私が単純にヘタレが原因か?
summer-lantern-plant-08_018

summer-lantern-plant-08_019

summer-lantern-plant-08_020
2016/06/25 14:59
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Tokina AT-X 828AF PROで
F/2.8、ISO-400、スピード1/250、焦点距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

summer-lantern-plant-08_021
2016/06/25 15:00
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Tokina AT-X 828AF PROで
F/4.5、ISO-400、スピード1/90、焦点距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

summer-lantern-plant-08_022
2016/06/25 15:01
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Tokina AT-X 828AF PROで
F/2.8、ISO-400、スピード1/2000、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

summer-lantern-plant-08_023
2016/06/25 15:02
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Tokina AT-X 828AF PROで
F/4.5、ISO-400、スピード1/1500、焦点距離110mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

summer-lantern-plant-08_024
2016/06/25 15:03
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Tokina AT-X 828AF PROで
F/4.5、ISO-400、スピード1/1500、焦点距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

summer-lantern-plant-08_025
2016/06/25 15:04
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Tokina AT-X 828AF PROで
F/4.5、ISO-400、スピード1/2000、焦点距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

summer-lantern-plant-08_026
2016/06/25 15:04
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Tokina AT-X 828AF PROで
F/4.5、ISO-400、スピード1/2000、焦点距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

summer-lantern-plant-08_027
2016/06/25 15:05
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Tokina AT-X 828AF PROで
F/5.6、ISO-400、スピード1/750、焦点距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

summer-lantern-plant-08_028
2016/06/25 15:07
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Tokina AT-X 828AF PROで
F/5.6、ISO-400、スピード1/1500、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

こうして龍泉寺で撮られた作品も
現在のレンズたちに恥じない
正に“プロユース”の道具として活躍しているのが分かります。
さすがにISO感度を高めにすると
結像の甘さが多少なりとも露呈しますが

それでも今なお、ここまで徹底した画質を見せ付けられると
やはりTokinaも凄まじいレンズ・ベンダーである事が分かります。
     ・
     ・
     ・
こうして、いつの間にかニューレンズの性能や
ファースト・インプレッションをBlogで届けるために
地元のお寺さんと霞ヶ浦総合公園は
貴重な場所として定着するに至るのですが・・・。

土浦港を散策・・・ (04)

私の郷里近くには『海』と呼べる
代物が存在しない
私鉄(鈍行)の駅と駅のちょうど中間地点であり、
巨大な擂り鉢状になった地域は、何処からアプローチしても
是が非でも坂道が存在して超えていく必要が有る。
滅多に余所者を近付けない
人里離れた僻地なのだ
それだけにMS-DOSの時代から
みんなのデータ、即ち“知的財産”を連綿と守り続けるだけに
命を削る思いでバックアップを1日も欠かさずに行ってきた。
そういう意味合いでは『元祖・データセンター』の
役割を果たしてきた最適の地理条件とも云える。

当時はアイオーデータから発売されていた
SCSI HDVS-UM8.4Gのような外付けHDDを
7つまでデイジーチェーン(数珠繋ぎ)して
不測の事態に備えたものです。

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_001
阪神淡路大震災に東日本大震災。
広島の土砂災害に常総豪雨、そして熊本震災。
まさか私自身が存命中に此処まで自然災害に
遭遇することを経験するとは
本当に『想定外』と云えよう!

写真を撮るときにアイデアや
被写体の構図などで詰まったときは
こうして昔を思い出しながら
一路、ステアリングを港に向けて走る訳だ。

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_002
2016/04/26 14:05
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/2000、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_003
2016/04/26 14:06
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/4000、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_004
2016/04/26 14:08
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/1000、焦点距離18mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_005
2016/04/26 14:08
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/1500、焦点距離18mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_006
2016/04/26 14:11
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/750、焦点距離18mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_007
2016/04/26 14:13
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/750、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

こうして街中を当ても無く散策するのに
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMは
絶大な威力を発揮する!
適度に抑えられたズーム比率とF/1.8という明るいレンズなので
とっさの時にも『便利ズーム』に劣るにせよ、
重宝するのは間違いないからだ。

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_008

Tsuchiura-Harbor-04_009
F/1.8という世界からは綺麗で柔らかなボケ味が
レンズから“保証”されていると述べても過言であるまい。
    ・
    ・
    ・
もっとも最近ではF/1.4や1.8ほどの長大なボケ味は
必要ないが、そこそこボケて背景の整理が行える
F/2.8通しのCanon EF-S17-55mm F2.8 IS USMで
散策する機会も多くなりましたね?

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_010

Tsuchiura-Harbor-04_011

Tsuchiura-Harbor-04_012
パッと見はTAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDと
大して変わらないスペックだし“画角被り”していると
学生連中やチビに指摘されますが、
CanonのほうはAPS-C専用設計で、
TMARON側はフルサイズ対応なので、
おのずと使用する場面も「意識して住み分ける」様に
普段の撮影時に心掛けていますね?

対物・対人に対風景と被写体によって
そのレンズが持ちうる得意ジャンル毎に
切り替えながら撮影が出来る。
レンズ交換式のデジタル一眼レフ
ならではの贅沢な嗜みですね?

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_013

Tsuchiura-Harbor-04_014

Tsuchiura-Harbor-04_015

Tsuchiura-Harbor-04_016
2016/04/26 14:17
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_017
2016/04/26 14:17
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_018
2016/04/26 14:17
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/6000、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_019
2016/04/26 14:17
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/8000、焦点距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

EFレンズを代表すべき云わば『Canon党の顔』として
プロは勿論ハイアマチュアや私のような素人も
嘱望の眼差しで見たことの有る人気のズームレンズ、
それがCanon EF70-200mm F/2.8L IS II USMでだろう!

 

Tsuchiura-Harbor-04_020

Tsuchiura-Harbor-04_021
過去数回にわたってモデルチェンジを重ねては
ブラッシュアップが行われた銘玉だ。
事実、2型ではこれでもか!と云う程に
色収差をはじめとする諸問題を徹底的にゼロに近くしている。
最短撮影距離が1.2mは“この手”のズームレンズの中でも
かなり頑張っているし、私のように16条間や20条間の
応接や多目的室が自宅で使えるなら、相当に有意義だ!

小さな顕微鏡に使うためでさえ加工が難しいとされる
蛍石やUDレンズを湯水の如く使用して
“超”がつく程の高精細・高画質に寄与してるのは
疑いようの無い事実だ。

鏡胴部の剛性を高めて同時に軽量化や
レンズ全体のバランスは
『史上最強』といって過言ではない!
惜しげもなく最強のエレメントを使っている
このCanon EF70-200mm F/2.8L IS II USMならば
見ての通り、ボートの船名は勿論、エンジンメーカーのロゴや
流れる旗に書かれた文字までがハッキリと描写されている。

手振れ補正も4段分があるので、
こうした咄嗟の手持ち撮影も苦労しないでモノに出来るのは
まさに大三元オーナーならではの役得だろう。
皆さんがクチにするほど重たいレンズではなく
このBlogでも過去に再三述べてますが
1.5Lのペットボトル程度なので、ホールド感覚は最高です!

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_022
2016/04/26 14:18
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/8000、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_023
2016/04/26 14:22
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_0242016/04/26 14:23
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/8000、焦点距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_025
2016/04/26 14:27
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/2000、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_026
2016/04/26 14:36
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF28mm F/2.8で
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_027
2016/04/26 14:37
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF28mm F/2.8で
F/4.0、ISO-100、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_028
2016/04/26 16:10
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF28mm F/2.8で
F/5.6、ISO-100、スピード1/125
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

決して“最新型”の光学系では有りませんが、
手振れ補正の付いてない旧式単焦点でも
頑張って被写体と向き合う姿勢を大切にすれば
此処までのクオリティを叩き出せるんですね?

この港町に来たら必ず24時間パーキングに
停車するのが常ですが、
そんな駐車場の隅から自生していた植物を
撮影した作例になります。
生活の普段は『小銭との決別』を図る意味合いでも
クレジットカードが主体です。

細かい小銭で、過去に何万円クラスの紳士用の
長財布を幾度となく破壊された苦い経験則から
手にするのはプラスチックマネーに徹底させてある!
他にもファミレスの割引カードや
AEON系列の店舗に入っているクリーニング店など。
殆どはクレジットカードで決済している。

実際にプリウスNHW-20へのガソリン給油も
カードの組み合わせで相当安くなる事を知っているので
こうした撮影遠征や未だ慣れない下妻市にある
「大宝八幡宮」まで紫陽花を撮りに出掛ける時など。
実に大活躍のクレジットカードです。

よくクレジットカードを“麻薬“と称して
非難するネガキャンを見受けるのだが、
連中は『物事の副作用』だけを焦点にして
論客気取りする左巻きに過ぎないですね!
どんなに素晴らしい効果を見せる薬品も
副作用は必ずあるし全て人の行いには、
利益(ベネフィット=リターン)と
不利益(リスク)が結果として表れるのであって、
何かとリスキーな部分ばかりに目が止まりがちだ。

そこをカバー出来る分の利鞘が見込まれるなら、
適切に投与された抗癌剤と同じで
最小分量で最大限の効果が発揮できるわけだ!

クレジットカードも同じで
自分が普段から生活で必要な経費を
割り出して使用すれば、現金を持ち歩くよりも
強盗の目からも逸らせて安全性が高まる。
    ・
    ・
    ・
もっとも先にコンビニ敷設のATMなどの被害は
私たちエンドユーザーが如何に努力しても
不可抗力な部分があるので、気にしなくて大丈夫です。
非難されるべきは短時間で億単位の金銭を
不正に引き出した犯人や
馬鹿なシンジケートですからね!

最近では“非接触型のカードリーダー”を敷設する
コンビニや前述のTIMES-24の駐車場まで。
財布をひっくり返して小銭を探して
後ろでイライラして睨まれるリスクも減るし
何よりもポイントが貯まるので
私や彼女・・・そして「日本妄想協会へようこそ」の
責任者でもある親友でさえクレジットカードの恩恵は
計り知れないと称賛をクチにしてますからね!

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_029

Tsuchiura-Harbor-04_030

Tsuchiura-Harbor-04_031
親友も仕事などでグアムなどに海外出張するのですが
その時にポケットへと無尽蔵にバクテリアの如く
蓄積していくダイムやクオーターの小銭で
相当にストレスが重なっていた
私たちサークルの人間に
“後日談”を語ってましたからね!

電力自由化や携帯にプロバイダ料金なども
クレジット決済が可能な今日
これらの文明の利器を最大限に活用して
上手にポイントを貯めて他人より先んじて
“時間”や手間暇の無駄を省いて一歩二歩と、
人間が最も得意とする本来の姿である?
考えるという知的作業にリソースを割きたいですからね!
私の長財布には札束は一枚も入っていない。
代わりと云ってはなんだが、
クレジットカードで決済した時のレシートは
例え『何百円単位』でも翌月の締日まで
原則保管する場所である!

こうする事によってインターネットで閲覧可能な
WEB明細と必ず睨めっこしながら
不正な使用が存在しないか・・・目を光らせるのだ。
同時にポイントの残高も一目瞭然!
計画的な買い物や普段の行動も律することが出来ます。

尚も季節は移ろう (02)

創意工夫・・・この言葉こそ、私や彼女
そしてチビが住む写真の世界に生きる人間にとって
もっとも難しく“プロ”でも苦労する永遠のテーマだろう。

殊更高級レンズだのフラグシップ機器だのと
撮影に必要なツール(道具)が一通り揃うと
あとはシャッターを押下するだけだ。
が・・・たったその動作を完了させるまでに、
とてつもない「前準備」やら予備知識などが要求される
大変にシビアな世界なのだ!

だからこそ、いつもとは違う“撮り方”を模索して
悪戦苦闘の日々が続くのですが・・・。

写真撮影という行動が生活の大半を占める
私たちは食生活も外食やコンビニに偏重しがちですが
それでも同じメニューばかりだと食傷気味です。
だからメインディッシュを止めてサイドメニューで
数品を注文して皆で食べあったりと。
こうした“変化球”を取り入れてこそ
私たちは、いつもの日常とは違う視点から
物事に対してアプローチ出来ます。

写真の世界もまったく同じで
いつも決まった宿営地や撮影場所では
私も嫌になってくるので、彼女と打ち合わせをしたり
チビをはじめとした学生連中から
部活動の話や地区対抗戦の話などを聞いては
被写体を選定する作業に、充分時間を費やしてます。

これでもチビがサークルの責任者なので、
私は暇な部類なんですが、如何せんガキンチョなんで
肝心な時には私が後ろでゲンドウポーズで
様子を黙って見ていたりしますがね・・・。
つーか、いつからサークルは
第三東京スタジオに?(o^∀^o)

 

 

Still-a-season-changes-02_001
2016/04/15 12:19
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/750、焦点距離45mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-02_002
2016/04/15 12:20
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/1500、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-02_003
2016/04/15 12:25
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-02_004
2016/04/15 12:25
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-02_005
2016/04/15 12:29
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/6.7、ISO-200、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-02_006

Still-a-season-changes-02_007
遠くで何やら聞き覚えのない『鳴き声』がしたので
とにかく手元のCanon EF300 mm F/4L IS USMの
フォーカス・リミッターを1.5mから3mに変更!
あとは辛抱強く待つだけで、その間にISO感度や
F値にシャッタースピードなどもチェックしていると?
あっさりと、目の前の枝先に止まってくれたので
連続シャッターで取り敢えずは成功しました!
こういう生き物には恐ろしく知恵が無いので
なんという種類の鳥か判りませんが。

まあ、春も半ばに差し掛かった昼の1コマとしては
最高のコンディション
思い通りに被写体を撮ることが出来ました!
    ・
    ・
    ・
私的には、すぐ下の作例もお気に入りなんですが。
枝の蕾らしき表面の繊細な産毛までが
綺麗に描写されている、このクオリティには
思わず息を呑んでしまいます!

ここまで徹底的にデカくて綺麗な写真を見ると
コンデジとかスマートフォンなどでは
どんなに抗うを試みても無駄ですね?
ミラーレスでさえ厳しいでしょうね。
タダでさえ貧弱なイメージ・サークルが災いして
背景のボケ具合は一番硬くて窮屈な背景処理が殆どですからね!

 

 

Still-a-season-changes-02_008
2016/04/15 12:34
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/6.7、ISO-200、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-02_009
2016/04/15 12:34
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/6.7、ISO-200、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-02_010
2016/04/15 12:37
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/6.7、ISO-200、スピード1/1000、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-02_011
2016/04/15 12:38
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/6.7、ISO-200、スピード1/1000、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-02_012
2016/04/15 12:38
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/6.7、ISO-200、スピード1/1500、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-02_013
2016/04/15 12:41
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/1500、焦点距離50mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-02_014
2016/04/15 12:43
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/1000、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

被写体との距離に起因するのでしょうが、
やや気忙しさを感じるボケ味です。
だからと云ってボケ自体は芯があっても
キッチリと“柔らかさ”を残しているので
全体的には好印象なカットでしょう。

何度か過去のBlogでも述べていますが
同じCanonでも銘玉もあればクソレンズも有るので
オーナーである私たちは、サードベンダーも含めて
日々、レンズの話題には耳を傾ける習性を持つと良いでしょうね!

Canon EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM然り
Canon EF17-40mm F4L USMも同じですが。

 

 

Still-a-season-changes-02_015

Still-a-season-changes-02_016
どちらも私が何日かお借りして
70Dの時から変わらない印象です。
悪い意味でね!
ご他聞に漏れず新型の80Dでも改めて上記2つの
レンズを何日間借りて改めて思ったのですが。

全然旨み処がハッキリしない駄目レンズです!
周辺はベロベロにテクスチャが破綻して
溶けてしまうし、カメラ本体の
「マイクロ・アジャストメント」で試行錯誤しても
一向に改善しなかった。

つーかAPS-Cのオーナーである私ならば
先に入手したCanon EF-S17-55mm F2.8 IS USMならば
全域F/2.8通しで、それ以上の明るさと画角が得られるからだ!

 

 

Still-a-season-changes-02_017
Canon EF24-105mm F3.5-5.6 IS STMも
際立って画質が優れている訳でも無かったし、
同じSTM駆動を採用した
Canon EF-S10-18mm F/4.5-5.6 IS STMや
Canon EF-S55-250mm F/4-5.6 IS STMの
喰い付き具合が遥かに凌駕している!

いずれにせよ同じEFマウントのオーナーである
うちのチビが“欲しい”と云わなかったのは幸いだがwww
この2本は冗談で済まされるレベルでなく
手の施しようがない駄目レンズだからね!
    ・
    ・
    ・
さて話は戻り、これ以上大きなボケを望むなら、
単焦点をプラスするとベストかも知れません。

もっともエレメント(光学系)に慣れた私から云わせれば
単焦点を使い続けていくと、
標準ズームの有り難味が身に染みるモノですww
だからと云ってF値を追及すれば
必然的に大口径へとシフトする訳!

しかし・・・それで持ち出すのが億劫になったら
それこそ本末転倒でしょう?
こうしたレンズだけに留まらず『システム・カメラ』としての
総合力を熟考するとF/4.0通しは、よく考えたと思えます。

 

 

Still-a-season-changes-02_018
2016/04/15 12:44
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/1000、焦点距離45mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-02_019
2016/04/15 12:47
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/1000、焦点距離105mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-02_020
2016/04/15 12:49
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/350、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-02_021
2016/04/15 12:50
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/125、焦点距離105mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-02_022
2016/04/15 12:52
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-02_023
2016/04/15 12:53
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-200、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-02_024
2016/04/15 12:56
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-200、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-02_025
2016/04/15 12:57
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

相変わらずCanon EF300 mm F/4L IS USMで
引き寄せた被写体のバックには
綺麗なボケ味が存在して、
思わず時間が経つのを忘れてしまいそうです。

この日も暖かく、まさに『撮影日和』といった感じで
彼女と楽しみながら相当数撮りましたね?
帰りはファミレスで今後のスケジュールを
かなり具体的に詰めることも出来たので、
座談会としても大成功した1日だったのを
鮮やかに覚えてますよ( ´ ▽ ` )ノ
(実際にFacebookには、証拠の携帯写真を載せてますからね)
    ・
    ・
    ・
この辺りまで春も半ばに差し掛かると
毎年のように私を苦しめている『花粉症』も
完全に峠を越えるので、足取りも必然と軽くなります!

その分“花粉症が酷いから~”と言い訳や釈明は
一切通用しないので文字通り馬車馬の如く鞭打って、
山から谷へ、山から山へと修行僧のように
被写体を求めて飛び回るのですが・・・。