エンドユーザー」タグアーカイブ

撮影中のコーヒーブレイク (後編)

このBlogの下書きを推敲している時点で
確かに春は一日一日と近付いてますね?
先週で“春一番”の暴風が関東一帯を襲来し
さあ、これで一段落だな・・・と思いきや
春の嵐である二番・三番と立て続けに空が唸ります。

そこでアクシデントが発生!
なんと南向きの撮影に使う仕事部屋の
ベランダが朽ち果て固定してある釘が錆びて
今にも駐車場のNHW-20を直撃しそうです!

翌朝一番に父親と相談して
部屋の中に鎮座してある骨董品レベルの
冷房専用機(室外機が一緒のタイプで非常にウルサイ)を
“重石”にしてワイヤーを手摺に通して
壁のダクト穴を利用して固定するか?

正直いつ大惨事を起こすか分からないほど
緊急性が高かったので
朽ち果てた部分を家の側壁と分離して
前もって落としてから残った部分の補修を行いました。

これで今後は大雨や台風がきても
事前の備えで車や人に危害は加えないので
まずは一安心ですが。
     ・
     ・
     ・
閑話休題、最近既知の間柄であるゲームショップの
経営者と何かと口論が絶えない
私が家庭用コンシューマで殆ど遊ばなくなり
二言目にクチにするのは『カメラ』や『レンズ』の話題ばかり!
昔はあれだけゲームの話題でサークル全体が盛り上がっていたのに!

こんな感じで私を非難する訳だが・・・。
ただね私に怒りの矛先を向けるのは
少し「お門違い」で無かろうか?
確かにPS2の時代ならば
クソゲーから神ゲーまで“引く手数多”の状態だった。
・・・が、ソレも今では遠い昔の出来事に過ぎない。

PS4に然りXBOX-ONEに然り
これは!と強い衝動に突き動かされる
キラータイトルが皆無なのだ!
何処ぞのゲーム関係の人間は
日本市場は意識しないで販売戦略をすすめる
とまで公言しているし、こうなると
エンドユーザーの私たちも
変わって行くのは『自然の理』だと思うが?

当たり前だが私もリッジレーサー5や
DOA2が目当てでPS2を本体と一緒に購入した
当時とは大きく環境も変わりましたよ。

今では日常の殆どを“撮影”に使っています
チビもいるし彼女もNikonで
撮影を最優先事項にして動いてます

こうなると家庭用コンシューマでプレイ出来るのは
せいぜい週末くらいだ。
それでも私はゲームプレイを観賞するのが精一杯で
やはり写真のDPEやBlogの推敲、
或いは新しいレンズの取捨選択などにSkypeでミーティング開いたり。

撮影や食事の片手間があいた時にシンデレラガールズや
Side-Mをたまにプレイする程度なんですよ?

こうなると此処のサークルの存在意義も
みんなで集まってゲームして楽しむよりも
好きな被写体を好きに撮影して
成功・失敗の談義が圧倒的に多くなり、
写真撮影がメインのサークルであるのは当然ですね!

これだけ説明してるにも関わらず
余りにも能書きがウザいので
彼とは綺麗サッパリとご縁切りを果たしました。

今は私のカメラに限らず授業で使うルーズリーフが
タブレット端末だし、家電をスマートフォンで操作できるし
分厚い地図を買わずともGoogle Mapで充分な世の中です。
技術革新が進みビッグデータの恩恵を受けるには
エンドユーザーの私たちも
『同じデジタルで武装』する必要があります!

こういった先端のトレンドを見通して
余所よりも2つ3つと先回りが出来ないと
ビジネスの世界でも趣味の世界でも
後塵を喫する憂き目に遭うのですよ!

 

 

2016/08/09 12:10
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50mm F/1.4 EX DC HSMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 12:10
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50mm F/1.4 EX DC HSMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 12:11
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50mm F/1.4 EX DC HSMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 12:12
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50mm F/1.4 EX DC HSMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/2000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 12:14
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50mm F/1.4 EX DC HSMで
F/2.8、ISO-250、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

既報の通り50mmという焦点距離が面白くて
暇さえあれば標準域をつかう日々の私です
周りからは“上達した証だ”などと揶揄されますが
煽てと畚(おだてともっこ)には乗りたくないので
華麗にスルーの状態です・・・;´Д`)))

最近ではチビや学生連中から
次のような質問を受けるのが格段に増えましたね
ニュースやTV番組は視ないのですか?
実際に視聴する時間は『ゼロ』になりました
学生のみんなは半信半疑だが
私の猿真似を実行して、モノの1か月もすると
TV自体が不要になったので家電のリサイクル業者に
家中全ての液晶TVを売却して
今はデジタル一眼レフの世界で私と同じように
ニュースとご縁切りをデビューした女の子もいる!

クソ下らないバラエティ番組とか
“バカの一つ覚えの流星拳”みたいに
自虐ネタを連発する芸人の掛け合いなど
実に無意味で非生産的な時間浪費であると
学生にも分かりますよ?

全く視聴しなくても生活に支障無いのだから
ましてや学生が学習や趣味に集中できるなら
ご両親も大満足で喜んでいたのが印象に残りましたね!

食べ歩きやクイズ番組も同じだが、
自分自身が体験して
全国の茶の間に放映される訳じゃ無いでしょう?
まったく興味が無いよ。

ヌカみそ洗う様な下手の集団である
A○Bとかも同じで、不細工で足は太いし
上から目線の意識高い系が勝手に喚いている!
あれも毒電波に他ならないね!
声量はチッポケで低音部は壊滅状態
オマケに立ち振る舞いもトーシロだから
救いようのない末期の病を呈している。
     ・
     ・
     ・
逆に今夢中になっているコンテンツとは
「清純いもうとクラブ」や「現役女子高生グラビア」後は
「美少女過激グラビアサイト Girlz HIGH」といった
サイトのコンテンツを利用してますよ。

一部登場している女の子たちが20歳超えても
まだ看板に据えている所もあるので退会して
今はPCに保存した可愛い女の子達の
超高精細の大画像で
おなか一杯に見ることが出来て幸せですww

つまり「テレビ」に対して
好悪の情が有るんじゃ無いんですね!
ぶっちゃけ、それ以外の世界観や話題には
興味も無ければ
探求する気も無いという事で理解して大丈夫ですよ。

皆が皆異なった「価値観」を持つのは当然です。
顔形が違うでしょう?それぞれ「職と分」に割れて、
得意方面で活動すれば万事めでたくでは?
書道の人間に素因数分解の話をして理解されますか?
料理人にV12エンジンのバンク角が理解出来ますか?

面白いコンテンツは自分で吟味してから
有料購入して楽しんでいますよ!
誰に迷惑掛けるわけでも無いのでね!

 

 

2016/08/09 12:17
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/2.8、ISO-250、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 12:20
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 12:21
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 12:22
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 12:23
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 12:23
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 12:24
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 12:25
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 12:26
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/2000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 12:26
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

24mmという広角らしい画角と、
F/1.4の生み出す“圧倒的な明るさ”
これを両立した大口径の単焦点レンズだ!
極め付けに明るいレンズだから極端に暗い室内でも
ファインダー越しのピント確認は勿論のこと
EVFで厳密に追い込む時も楽勝ですよ!

超広角では普通は硬くゴリゴリとした
気忙しいボケが基本なんですが
このCanon EF24mm F/1.4L II USMならば
ウェットな感触で濃密なラチチュードが好みですね!
絞り開放からシャープで有りながら
同時にボケ味がシルク調でヌケも非常に優れてます。

勿論、絞りの選び方次第では上の作例のように
フンワリ描写からカリカリシャープまで
使い分けが可能なので、実際に使って疲労が少ないレンズです!

私の彼女はちょうどLレンズを
何かとライバル視してるので
AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G EDが対抗馬ですね?

私のCanon EF24mm F/1.4L II USMが
2年古いのですが
お互いにフィルター口径は77mmで
最短撮影距離も25cmと同じなので
単焦点でも激戦区の広角域なのが分かりますね?
私のほうが重量は30gほど重たいですが
気になるほどのレベルでは有りません!

絞り羽根やコーティングに関しては
新しいニコンがナノクリも採用している原因か
露骨に太陽光線を取り入れても
一足踏ん張りは強い感触ですね?

 

 

2016/08/09 12:27
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 12:28
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 12:28
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 12:29
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 12:30
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 12:31
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

去年も2年前でもBlogで紹介しましたが、
2015年の偕楽園と春の報せ(3)
今年も例外なく「花粉症」に悩む季節(10)
写真サークルの中でも
私がダントツに酷い症状の部類なのだ!

彼女やチビ達も花粉症に違いは無いのだが
そこまで重篤化しないタイプで
寧ろ「目が痒い、目が痒い」
四六時中目元を気にして顔を擦ってますね!

特に私や彼女が生業にしてる写真の世界は
草木や花を被写体として撮る都合上
花粉症は『チカラ技』でも抑えておく必要性に迫られています。

“掛け値無しの一瞬”を逃さない為にも
集中力を途切れさせるのはNGだからだ!

従来まで服用していた薬品ですが
強烈無比な眠気が副作用として襲ってきます!
喉の渇きも半端ではない強さで
まさしく身体中から無理やり水分を奪うタイプです。

今までバッチリ効用が認められた本薬剤ですが
体質が変わってきたのか
この1~2年は“効き目が今ひとつ”で
副作用の眠気ばかりが強いので
撮影や運転を諦める日々も珍しくない悪循環でしたね!

さて、次に私が試したアレルギー専用薬は
花粉症の季節がやってくる度に世間で噂になっていた
“紫色のパッケージ”が前評判とは全然違っており
私には殆ど効果が認められなかったのが
残念でなりません。

 

 

まァ・・・確かに眠くならないし
喉も渇かないを謳い文句にするのは
薬剤メーカーとして当然なんですが。
眠くならないと云う事は裏を返せば
薬品の主成分が弱くて
シッカリと効かない証拠でしょう!
だからこそ従来品で強引に花粉症の症状を抑制して
副作用にも折れずに、
頑張って撮影してる私達なんですが-。

従来品も新製品も効かないとなると?
途方に暮れていた私にチビが勧めてくれた
別のアレルギー専用薬は少し『変り種』の代物でした!
何日も付ける事が可能なコンタクト・レンズが普通に有るのだから
1回飲んだら長く1日続く薬は無いの?
この言葉が背中押すキッカケになるのですが・・・。

 

 

特に撮影が後日に控えた前の就寝時や
撮影当日に起こる朝起きた時に
くしゃみが連続して出てしまうモーニングアタック
最近では頭痛の種でして・・・
処方箋で服用している睡眠導入薬でさえ
鼻づまりで寝つきが悪いので不眠症が悪化してしまう
まさに負のスパイラル!

そこで、この薬品に切り替えたのだが
非常に優れた薬効を示している!
知り合いに医療機関で椅子持ちがいるので
セカンド・オピニオンも兼ねて
血中薬量濃度・・・即ちトラフ値を調査してもらった。

どうやら僥倖とも云うべき
完全に近い薬効を示している
まだまだ服用を続けて日は浅いのだが
アレルギー専用薬ではお馴染みの副作用である
眠気は勿論皆無だし、集中力や咄嗟の判断能力が
必要とされる撮影中でも作業能力などが低下しないので
快適に過ごせますね!

このクラリチン錠剤は処方箋で出される
タイプですが同じヒスタミン拮抗薬なので、
効き目が変わることは無い。
添付説明書の重要な基本的注意の箇所に
眠気を催すことが一切無いものは
このクラリチンと効き目ゼロのアレグラの2つだけだ。

なぜにフェキソフェナジンが駄目で
ロラタジンは見事に辛い花粉症を抑制したのだろうか?
医師の親友に詰め寄って
首根っこを引っつかんで詰問したのですがwww
それが解明されるなら彼は
間違いなくノーベル賞モノなんだそうだ!
セカンド・オピニオンの親友いわく
このクラリチン錠剤は副作用が限りなく低いので
効き目も下から数えたほうが早いそうだ。

つまり薬の強弱だけで計算すると
フェキソフェナジンが遥かに強力とか?
親友いわく・・・人間の身体と
薬剤の相性は実のところ数えるのが無理があり
どんな薬品がどういうタイプに効くのか?
その近似値を探るだけでも一苦労するそうで
こうした『鍵と鍵穴』の組み合わせが
何千億・何兆通りもあって
こうした適切解のペアを見つけるために
京スーパーコンピューターも登場したそうだ
だからクラリチン錠剤が万人に効く保証もない!
だとすれば、私の身体のアレルギー症状に対して
最も少ない薬効成分で的確に症状を抑止しているのは
ベストマッチしているに他ならない・・・。

事実、服用して分かってきた事だが
クラリチン錠剤にも欠点はある
まずは要指導医薬品に分類されるため、
(第1類よりも厳しい区分)
購入の際に薬剤師からの説明を受ける必要がある。

錠剤が非常に小さく『1日1回』がモットーなので
毎日決まった時間をフラグして
ある程度自分の生活リズムと花粉症で苦しい時間帯が
データで分析できると一層好ましいですね?

また薬価自体も他と比較すると高めで
尚且つ小さい錠剤なので
紛失やうっかりしての重複飲みを避けるためにも
適切な管理と出来れば私のように
薬箱か専門の冷暗所で保管するのが望ましいです。

・・・と、まァ色々と苦しんできた花粉症だが
今年は腰痛以外では殆ど死角無しの状態だ!
クラリチン錠剤も気味悪いほど効いているので
このまま体質が変化しなければ一番なんですが
何よりも辛い花粉症が
根本から消えてくれるなら一番ベストだが

※このBlogの内容は『私感』であり記事を真似て身体に不調をきたしても
私ココナッツやサークルのメンバーは一切の道義的・法規的な責任は負いません!

光と闇を駆使せよ (05)

今は秋の真っ只中
この前まで駐車場に停めるときはサンシェードが必須だったが
今は逆に太陽を精力的に取り込まないと
辛い車内空間となってしまう。

その為にもBlogで既報の通り
黒色塗装はこの時期から“本領発揮”と相成る訳ですが。
さて・・・修理が完了する頃には
まかり間違えば『冬の季節』に差し掛かるのは
想像に容易いことである。

夏場とは違って朝晩の猛烈な冷え込みは
バッテリーパックの化学反応を
鈍化させてしまうし、
虎の子のエネループにも似た事は起きる。
light-and-darkness-05_001

light-and-darkness-05_002
こうなると撮影の方法を根底から見直さないと
思うように撮るのは難しいので
この季節での使い捨てカイロは
或る意味・・・私やチビが住む写真世界で
必須のマストアイテムだと断言しても大丈夫でしょう。

また冬場独特の真横からの光線は
上手く使えば趣きある作品が出来ますが、
私みたいな人間は
冬将軍と付き合うには経験が浅いので
静物や食べ物など部屋で行える被写体は
極力屋内撮影に切り替えるのがベストです

そうは云ってもレンズのファースト・インプレッションや
カメラ本体のセットアップ。
まだ試していない要因やピントの微調整など。
ひとくちに “屋内”だけでも真剣に討議すると
結構な被写体や場面があったので
今年の秋口から冬は極端に退屈しないでしょうね?

しかし撮る人間の私が典型的な低血圧なので
朝にたいして滅法弱いのがアキレス腱!

なんとかコンディションを整えて
寒さの到来を偕楽園で撮影したいと痛切に思ってますね?

その為にも、早寝早起きは勿論のこと
いま治療中の歯科も完治までのプロセスが可視化すると
行動のスケジュールも立て易いので
ドクターと今まで以上に意見交換を重ねて
早いところ撮影に専念したいですね?
さて・・・心配していた歯科治療も
思いの外スムーズに事が運んだ感じですね。

私のケースは雑菌が原因で歯肉炎も
同時併発してる立場なので
歯根治療を入念に行う事で
欠損した部分に金属製の支柱を打ち込む
噛み合わせを行ってから最終的に
歯に被せる形となる。

これがドクターと話した内容で、
一番辛過ぎなのは歯根治療で使う
ゾンデの様な細かい針で
歯の中心部を作るのですが、
コレが相当に激痛伴う難治療なのですよ!

従って痛みは完全にブロックしてから
好きなように削って構わないと自分の意志を伝えました。
バナナのような甘ったるい香りの表面麻酔を
脱脂綿に染み込ませて、それからキシロカイン注射。
今日中に薬液と支柱を埋め込む形が整ったので
早く決着を付けたいところです。
     ・
     ・
     ・
まァ愛車のNHW-20であれ私の歯科であれ
どちらかが元に戻るだけでも相当な戦力になるので
今現在の『飛車角落ち』から脱したいのが本音です

 

 

light-and-darkness-05_003
2016/10/26 00:01
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/90
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:電球、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_004
2016/10/26 00:02
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/125
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:電球、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_005
2016/10/26 00:03
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/125
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:電球、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_006
2016/10/26 00:04
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/125
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:電球、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_007
2016/10/26 00:04
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/125
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:電球、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_008
2016/10/26 00:46
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/2.8、ISO-100、スピード1/30、焦点距離50mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:電球、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_009
2016/10/26 00:48
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/2.8、ISO-100、スピード1/20、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:電球、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_010
2016/10/26 00:53
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/5.6、ISO-400、スピード1/20、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:電球、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_011
2016/10/26 12:54
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/8.0、ISO-400、スピード1/125、焦点距離20mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_012
2016/10/26 12:55
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/8.0、ISO-400、スピード1/125、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

勿論、直したてのブラインドの影を
どこの辺りまで残すか?
は最後まで苦慮した部分ですが
日も傾いてきたので
ファミレスのメニューと睨めっことはいきません。

そこで自分なりに好きなカットを何枚か撮って
後は潔くDPEソフトウェアに任せよう
結論付けて、この明るさに調整しました

前のBlogの時と明らかに違うのは
本来、人形の持っている“立体感”などは
今回のほうが一層リアルですね?

前の作品は相当にですが、
自分のデスクトップ壁紙を意識して
ちょっとアニメ塗りというか、
セル画の厚塗りみたいに写ってますね?

まァ蓋を開けてみればドチラも
自分好みに出来ていたので
結果は大満足なんですが
その一方で“お蔵入り”が確実視されていた下のような作例もあります。
実際のところ人形同士の奥行きは
10cmと離れていないのですが、
明るいレンズと開放撮影、加えて
近接というファクターが幾つも重なると
こうした有り得ない情景も思うままに画に出来ますよ?
(それを具現化するのが、一苦労なんですが)

 

 

light-and-darkness-05_013
2016/10/26 12:56
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/1.8、ISO-100、スピード1/6000、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_014
2016/10/26 12:52
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/1.8、ISO-100、スピード1/125、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_015
2016/10/26 12:53
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/1.8、ISO-100、スピード1/125、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_016
2016/10/26 12:54
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/1.8、ISO-100、スピード1/90、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_017
2016/10/26 12:58
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/1.8、ISO-100、スピード1/125、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_018
2016/10/26 12:59
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/1.8、ISO-100、スピード1/125、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_019
2016/10/26 12:59
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/1.8、ISO-100、スピード1/125、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_020
2016/10/26 16:00
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/1.8、ISO-100、スピード1/125、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_021
2016/10/26 16:03
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/1.8、ISO-100、スピード1/125、焦点距離28mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_022
2016/10/26 16:04
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/1.8、ISO-100、スピード1/125、焦点距離28mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_023
2016/10/26 16:05
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/20、焦点距離28mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_024
2016/10/26 16:12
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50mm F1.4 EX DC HSMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/90
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_025
2016/10/26 16:12
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50mm F1.4 EX DC HSMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/90
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_026
2016/10/26 16:20
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/2.8、ISO-100、スピード1/60、焦点距離50mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_027
2016/10/26 16:20
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/2.8、ISO-100、スピード1/60、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_028
2016/10/26 16:22
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/2.8、ISO-100、スピード1/45、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_029
2016/10/26 16:22
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/2.8、ISO-100、スピード1/45、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_030
2016/10/26 16:23
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/2.8、ISO-100、スピード1/45、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

さて久し振り感が否めないTAMRONの大口径レンズ
SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDですが
相変わらず素晴らしい画作りを
サポートしてくれますね?

実際のところ最近の私の動向をこうしたBlogをはじめ
Facebookなどでチェックしている?
(とても、そうは思えないが・・・)
奇特な誰かさんならば、大体同じことを考えているのでは?

大三元の標準域を担うズームレンズが
Canon純正じゃ無いのも珍しいですね?
最近では、こういった真面目な質疑応答のメールも
頂くようになったので、
時間が許すかぎり返信したり交流は深めてますが。

値段が馬鹿みたいに高いのも原因ですが
実際には純正よりも優位な条件が重なっているので
TAMRONがF/2.8通しの標準域をカバーしてるのです。

特に同社のマクロレンズ90mmや高倍率ズームは
SIGMAの超広角レンズとおなじく
純正メーカーよりもR&D(研究開発)に余念がなく
1歩も2歩もリードするサードベンダーだ!

従ってフルサイズ対応の大三元ながら
低価格で尚且つ『手振れ補正』のアシスト付きで
簡易防滴を備えるときたら・・・買わないと損をします!

事実、1/20秒以下の撮影になると、
ワイド端でも微振れを起こしているのが
等倍角で観賞すると、すぐに分かる時代です!
それでも、このレンズと80Dがあれば鬼に金棒ですね?

確かにメーカー純正の大三元ならば
“ボディ内・補正”も当たり前で可能ですが、
私のようにDxO OpticsProに代表される
レンズだけで無く
サードベンダーのDPEソフトで固めているならば
レンズ収差補正を必要としないほど、
エレメントが超優秀なのだから気にしなくても大丈夫ですね?
(おまけに私はRAW撮影と現像を基本原則で行動してるので尚更です)
     ・
     ・
     ・
閑話休題、銀塩のフィルム時代は純正の
Canon EF28-80mm F3.5-5.6 III USMあたりで旅の風景から
鉄道模型まで割合広範囲で使っていた記憶があります。
デジタル時代のデビューを先駆けたX5で
(つまりは、今のチビの愛機ですね)
ダブルズームから単焦点のプロセスを踏襲していく間に
なぜか時代の間に置き去りにされた感じのレンズ。
light-and-darkness-05_031
まだWindows 95が日本で発売される前の話ですが
1995年8月の時価で
2万7千円~3万円くらいは掛かった筈だから
決して「ヘナチョコ・レンズ」では有るまい?

勿論、バリバリのアナログ時代の遺物なんで
今の2000万画素や4000万画素を普通にしている
デジタル一眼レフには“荷の重いエレメント”に間違いない。
旧いデジタルカメラ本体に最新技術のレンズを装着すると
多少なりとも解像感もシャキッと鮮やかになるが
その逆は本当に期待できないので悪しからず!

古いがポンコツとは違う!にしろ
モノには限度が有りますからね?
     ・
     ・
     ・
それでも手元にあると助かるレンズでしょう。
特に現在の市場ではほとんど評価すら存在せず
驚くほど安価で取引されているのだが。
もしもオークションなどで状態の良い個体を見つけたら
絶対に買って損は無いでしょう!

私たちサークルが主戦力にしている
APS-Cサイズのボディとの組み合わせると
厳密には概ね45mm-128mmとなって
標準領域から近望遠をカバー出来る。

Tokina AT-X 280AF PRO(28-80mm)や
Tokina AT-X 828AF PRO(80-200mm)の上質なレンズが
急激に見掛けなくなっているので
ここで旧・大三元を無理して探すよりも
こうしたエレメントで“標準ズームに慣れる”事も
遠回りだが大切な学習方法でしょうね?

さすがにフィルム時代なので『手振れ補正』は勿論のこと
『特殊コーティング』も無い時代です。
ワイド端から絞りを絞るのは当然ですが、
下手にISO上げると即座に画像の破綻に直結するので
そういう時は素直にCanon EF-S24mm F/2.8 STMや
Canon EF50mm F/1.8 STMといった
単焦点で大きく明るく撮ってください!
綺麗にボケて明るく寄れて
高感度での耐ノイズ性能も向上してるので
ISO感度も常識範囲であれば上げても大丈夫と
死角無しの優等生ですからね!

 

 

light-and-darkness-05_032
2016/10/25 23:45
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF28-80mm F3.5-5.6 III USMで
F/5.6、ISO-400、スピード1/60、焦点距離80mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:電球、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_033
2016/10/25 23:46
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF28-80mm F3.5-5.6 III USMで
F/5.6、ISO-400、スピード1/45、焦点距離80mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:電球、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

試しに翌日付けの26日の16:20から22分の間に撮影した
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDと等倍角で
比べてみると良く分かると思いますよ?

いくらISO感度が100と400とは云え
歴然とした画質の差がハッキリ露呈しました!
頬と喉のテクスチャが破綻してるし
バイザーの艶にセーラーリボンの
リフレクション(反射)も違ってますね?
これがフィルム時代と今のCMOS時代の
アーキテクチャの広がりだろう

今のデジタル一眼レフが、
どれだけレンズに対して厳しく妥協無い世界で
撮ることを宿命にしてるのか?
最近の交換レンズは特に数世代先を見越して
5000万画素でも充分に結像するモノ作りが求められているそうです。
実際にCanonから5000万画素のフルサイズは
好評発売中ですからね!

レンズに対して、そのレンズが持ちうる“しきい値”
ギリギリを見切って使うのは難しいように聞こえますが
前のBlogでも話したとおり
そう面倒な事柄ではありません
ただ、上記でも述べた通り、昨今のレンズベンダーは
大変な苦労とR&Dのもとでレンズ1つを例にしても
市場に送り出しています。

今後はレンズの潜在能力を・・・もとい
『旨み成分』を存分に引き出すには
私たちエンドユーザーも相応の覚悟が必要だし、
明暗の差、即ち光と闇が交差する場所では
ことのほか妥協せずに撮りたいのが“本音”ですね?

愛しき人形、セーラー戦士 (02)

前回の項目でも触れたが常にファインダー越しに考える事は
『どうしたらキレイに写るのか?
可愛い感じに、より格好良く撮るには?』
コレが最優先課題である私だ

手っ取り早くいえばストリートファイターに出てくる
鉤爪を武器に闘うバルログに“共通した考え方”だろう。
ただ、私は仮面の戦士と違って強くもないし
華麗な空中コンボの達人でも無い。

根っこに宿している基本指針が似ているだけだ

醜悪なモノ・小汚いモノは撮らないし
せっかくのレンズが穢(けが)れるのが嫌いですね!
バルログが鉤爪を武器に闘うのに比例して
私の武器はレンズと例えても差し支えないでしょう。
     ・
     ・
     ・
元々鉄道からの車窓をカメラに収めたり、
今は亡き母親と様々な土地に旅行しては写真を存分に撮ったりと、
殊更風景に関してはウルサい性分の私なので、
デジタル一眼レフの世界にデビューしても
心の奥底に宿る黒い炎は同位体・・・という訳だ。

えてして人間って生き物は“自分に無いモノ”に
極端に執着したり排他する行動に出るのが通例です。
-詰まるところは私がこうしてファインダーを覗くのも
自分のコンプレックスの退避先(うらがえし)かも?

それでも撮り続けているのだから
よくも続くな・・・などと
自分自身の生き方にも関わらず相好を崩すのは
理由が今ひとつハッキリしないのでしょうか?

こんな感じに自問自答する日々
それでもファインダーを覗くことを止めないのは
正直なところ判りませんね?
超有名なセリフのオマージュなんだけど
強いて例えるなら“そこに撮りたい被写体があるから”でしょうね?

宵の明星とも異名をとるベネラ
自慢のTAMRON 60mmマクロや
チビ愛用の50mm単焦点で
幾つかF値と諸条件を変えて撮影しました。
中には驚くべき伏兵も混ぜてありますがwww

 

 

my-dearest-doll-sailor-moon-02_001
2016/06/29 14:52
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP AF60mm F/2 Di II LDで
F/2.0、ISO-400、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

my-dearest-doll-sailor-moon-02_002
2016/06/29 14:56
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP AF60mm F/2 Di II LDで
F/4.0、ISO-400、スピード1/125
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

my-dearest-doll-sailor-moon-02_003
2016/06/29 15:00
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP AF60mm F/2 Di II LDで
F/4.0、ISO-100、スピード1/45
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

やはり肝心の被写体との距離・そしてF値によって
結構第一印象が変わりますね?
F/2.0だと流石にボケボケになっていくのは事実ですが
ピントをケアレスミスで外した時と違って
なぜか底意地の悪い結像破綻や
ブロックノイズの影響を殆ど感じません

レンズの特性や明るさを活かすこと&シャッタースピードの関係。
そして如何なるレンズにでも当てはまるが、
過度に近接撮影をするとエレメントが持ちうる
光学特性のバランスが狂って、画質はドンドン酷くなるぞ!

最短撮影距離の付近では何時もより多めに絞り、
収差の影響は出来るだけ低くしたいのが人情というモノだ。
     ・
     ・
     ・
もし、この方法でも画質向上が期待できないなら
多少無理をしてもメーカーの強気価格を承知の上で
素直にマクロレンズを購入して撮るのが
片意地張らないで“撮る事”に集中できますよ?

私たちエンドユーザーは知りえないが
ベンダーが一定の距離を基準にレンズ設計を行っているのは
それほど想像に苦しくは無いはずだ。

それにしても、ベネラの艶っぽい表情や
ツルンとした感触の?口元までが
徹底的に吟味されたように撮影出来てます
カメラ小僧の特権といえば所詮それまでだが
パンチラ撮影のためにローアングラーと化す脳筋を
一概に否定する気など毛頭無い。
(実際に、非公開ながら自分の彼女をグラビアで撮ってますからね!)

-が、せっかくのデジタル一眼レフを
パンツだけが目的でシャッターするのは
いささか勿体無いぞ?
こういった可愛い女の子の表情を撮るならば
端正に撮ってこそ味が出る時もあると
片隅に入れておくだけでも『本物』のモデル撮影でも
大きな戦力となるに相違無い・・・。

 

 

my-dearest-doll-sailor-moon-02_004
2016/06/29 15:02
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP AF60mm F/2 Di II LDで
F/2.0、ISO-100、スピード1/125
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

my-dearest-doll-sailor-moon-02_005
2016/06/29 15:05
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP AF60mm F/2 Di II LDで
F/4.0、ISO-100、スピード1/45
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

my-dearest-doll-sailor-moon-02_006
2016/06/29 15:09
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.8 STMで
F/1.8、ISO-100、スピード1/180
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

my-dearest-doll-sailor-moon-02_007
2016/06/29 15:10
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/90
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

my-dearest-doll-sailor-moon-02_008
2016/06/29 15:11
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.8 STMで
F/6.7、ISO-250、スピード1/90
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

私的見解で申し訳ないが、私はせっかくのF/2.8通しでも
F/1.8通しでも、結構絞りを絞った作風が好みです。
もっともレンズのパワーが独り歩きしては端正に撮れないが。
そうは理性で認識してもF/2.8付近の蠱惑的な写りも
何か妖しい雰囲気を残しているので
嫌いな絞り値では有りません!

特にこの辺は、誰が造型師なのか?で大きく異なる
こうしたメタファー(比喩)を識ると
今まで以上に美少女人形はもちろん、
メカや戦車プラモデルなども違った切り口で撮影できるので
予備知識として自分の感性が受容する人形を
まずは腰を据えてジックリと取捨選択するのがベストですよ?
周りの目など恥ずかしがらないで
直感に従って購入までのプロセスを考えるのが
答えまでの最短ルートだろう!

アミエ・グラン造形師・湊川あまはさんによる作品は
同業他者が「1/7モデル」だの「1/6モデル」などという
尺度よりも常々1回りも2回りも大きく迫力ある造型を
私たちに見せてくれるクラフトマン(職人)である事
トリビアとして覚えてしまうのも良いかも知れませんね?

又、今流行の拒食症寸前のモデルとは一線を画して
恰幅のある肉付きのシッカリした
手足を作ることにも長けているのが特徴ですね?

例えるなら『裸婦人』の絵を描いても
画家によって千差万別でしょう?
でも・・・ルノワールの裸婦人・絵画なら
皆さんも何処かで見た記憶があるに相違ない。

見るもの全てを幸福にさせる作用さえ持つと噂のある
絵画だけに、美しい裸婦を好んで描いたのは
結構有名なエピソードですが・・・。
一応同じ印象派と目されるセザンヌとは違うでしょう?
     ・
     ・
     ・
大体こんなフィーリングでしょうか?
私が作品を手にした感想は
アミエ・グラン造形師・湊川あまはさんがルノワールなら
メイド服のセイバー姉さんを生み出した
ミリメートルモデリング造形師・倉本育馬さんは
私の好きな57歳の自画像を残した
レンブラントの位置付けですね!

 

 

my-dearest-doll-sailor-moon-02_009
2016/06/29 16:00
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF28mm F/2.8で
F/2.8、ISO-200、スピード1/90
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

my-dearest-doll-sailor-moon-02_010
2016/06/29 16:03
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF28mm F/2.8で
F/2.8、ISO-200、スピード1/180
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

my-dearest-doll-sailor-moon-02_011
2016/06/29 16:18
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S24mm F/2.8 STMで
F/11.0、ISO-100、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1
ストロボの種類:Canon SPEEDLITE 550EX、調光補正:-1
シンクロタイミング:先幕シンクロ

 

 

my-dearest-doll-sailor-moon-02_012
2016/06/29 16:26
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/11.0、ISO-100、スピード1/180
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1
ストロボの種類:Canon SPEEDLITE 550EX、調光補正:-1
シンクロタイミング:先幕シンクロ

 

ストロボを焚くにしても少し計算してやらないと
こういうアザトい肌の色になってしまいます!

カメラで撮る人によってもストロボの好き嫌いは
けっこう激しいと何かで読んだ記憶があります。
私はストロボは嫌いなタイプですね!
最高の肌の色合いは太陽だけが可能
これが私なりの結論ですからね(^_^.)

上記の作品もストロボに限らず
ハロゲン光線で強力にサポートした結果なんですよ?

 

 

my-dearest-doll-sailor-moon-02_013
2016/06/30 13:32
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/350
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

my-dearest-doll-sailor-moon-02_014
2016/06/30 13:34
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/125
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

my-dearest-doll-sailor-moon-02_015
2016/06/30 13:36
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/60
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

同じレンズ・同じISO感度でも
F値を少しずつ変化を加えるだけで
これだけバックに写るベネラの存在感が違って見えます

撮る人間にとっても一番の勝負処だけに
ここはひとつ慎重を期してトライ&エラーを
繰り返して・・・自分の好きな一瞬を見つけて下さい!

実は蛍にも影響が出ているのは判りますか?
クロノス自身よりも大きい『サイレンス・グレイブ』
(沈黙の鎌)と呼ばれる最強武器。
そこに添えられた右手首のしなり方や再現方法は
さすがに見事の一言に尽きる!

そこのボケ具合も違っているんですよ?

因みに蛍を別格としているのは
単なるキャラ愛と思って構いませんwww
ただ・・・この姿形で“ノーマル状態”のセーラー戦士と違い、
エターナルに近い状態なんですね?
私も一番好きな紫色をメインにした異色の戦士。
沈黙の星、土星を守護に持つ
破滅と誕生の戦士セーラーサターン
このキメ台詞に何度部屋中をダグラス・マッカーサーの様に
歩きながらニヤニヤ笑っていたか
いちいち覚えていませんよwww

胸前と後腰のリボンは深い暗褐色。
胸のチョーカーや手袋など、
他のセーラー戦士とまったく違う形をしてます。

セーラークリスタルの形が星型へ変化し、
コスチュームもプロテクターが変わり、
スカートは二重になる等変化しているのが一目瞭然だ。

私にとってこの世に2つと
真似できない素晴らしい蛍だ!

余談までに美少女戦士のセンター担う土萠 蛍こと
クロノスは、りゅんりゅん亭造形師・遠那かんしさんが
組み立てキット(一般総称レジン・キャスト)で限定販売されていた品物を
プロの製作会社が塗装・着色・仕上げなどの全てを
ミュージカル版に完成したものを購入しただけです。
今は、もう出回って無いでしょう
探すだけ無駄ですよ?
ましてや、これだけのクオリティを叩き出す
造形師・遠那かんしさんは、クラフトマン(職人)であり
造型師の中でも1~2を争うマイスターですからね!

私的にはドイツの国家資格フレームワーク
Lv8の博士に該当される方なんですよ?

アーノルド・シュワルツェネッガーの『コマンドー』で
アメリカ軍の最強装備を海岸線で有りったけ身にまとって
“最後の締め”に編み上げ式の軍隊ブーツを
ビシッと縛り上げる格好良さは、
今観ても惚れ惚れする1コマです(o^∀^o)

そんな編み上げが施された膝まであるロングブーツを履いて、
ブーツのヒールも高めで好きな紫色をメインにした
「死への案内人」、「破滅の神」と「死の淵よりの使者」の別名を持つ
幼いロリコン体系で有りながら、
太陽系のセーラー戦士で最強であり惑星系一つを
簡単に破壊してしまうほどの強大な威力を持つのだ-!!!!

よく都市伝説では
死ぬ前の子供に絵を描かせると、紫を沢山使う傾向がある
などと妄言録を述べるドマヌケが存在しますが。
あれは、本当に嘘八百!
(CIAが宇宙人の死体を隠しているといった類の民明書房のレベルです)

私も今のチビより小さいときに
台所の壁紙を張り替える作業が決まったときに
思う存分、紫色だけで好きな鉄道などを一心不乱に描いてましたね!

 

 

my-dearest-doll-sailor-moon-02_016
2016/06/30 13:37
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

my-dearest-doll-sailor-moon-02_017
2016/06/30 13:41
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/2.8、ISO-100、スピード1/90、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

my-dearest-doll-sailor-moon-02_018
2016/06/30 13:47
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/2.8、ISO-250、スピード1/180、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

こうして立体物を重ねることによって
主題・副題・背景・アクセントなどの役割が
目まぐるしく変化するのも『写真』ならではの楽しみ!

私たち人間の視力は意外にも
隅々までバッチリ見える傾向にあるので
生活するには便利な万能レンズですが
ともすれば決まった見え方しか選択肢が無いのも事実です。

元から開放F/2.8のレンズでも
ネイチャー志向で携行性に重点置いたF/4.0でも
レンズのベンダーや絞り羽の枚数
エレメントの構成によって正に七変化!
だからこそ純粋に面白いですね!

尚も季節は移ろう (01)

“意外”と思われる方が多いので
手持ちのレンズに関しては毎回説明に
齟齬(そご)がないように苦労します。

私がLデビューしたのは実は結構早くて
Canon EF24-105mm F/4L IS USMが
最初を飾っています。

 

 

Still-a-season-changes-01_001

Still-a-season-changes-01_002

Still-a-season-changes-01_003
それまでの普及型ズームでは成し得なかった
F値固定のズームは
私に新しい表現方法を与えてくれる契機となり
プロユースで設計されたレンズが役立つ場面や
私が学んだスキルやレンズの基本設計など。

-ある意味、私が機動力重視でF/4.0通しを
前提としたレンズの組み合わせを考えた時に
真っ先に候補となるレンズなのだ!

元々はEOS 5Dと同時に発売され、
その後Canonフルサイズ向けのキットレンズとして
販売された経緯があるので由緒正しい血統と呼べます。

ちょっと「寸胴」タイプのレンズだが、
テレ端105mmと幅広い焦点領域をカバーして、
手振れ補正や防塵・防滴も当たり前!
(Lを名乗る以上、当然の共通フォーマットですが)
    ・
    ・
    ・
旧機種になった70Dでは19点のAF測距点で
80Dでは45点に一気に増えた事を最大限に利用して
今回は縦に3分割された新しい「ラージゾーンAF」
を選択すると面白いように食い付きもよく
ストレスを感じさせないレスポンスが病み付きです!
70Dでも相当に完成された組み合わせですが・・・。
EOSの二桁機の悲願でもあった
ファインダー視野率100%を確保したのは大きいですね!

場所や被写体を気にする事無く、
上位モデルに迫る性能・機能を搭載しており、
オールマイティーに使えるハイレベル仕様だ。

ここまで撮影する為の“ツール”(道具)が揃っているのだから、
後はシャッター有るのみですね!

 

 

Still-a-season-changes-01_004
2016/04/15 11:52
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/2000、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_005
2016/04/15 11:54
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/6.7、ISO-200、スピード1/1000、焦点距離105mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_006
2016/04/15 11:54
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/6.7、ISO-200、スピード1/1000、焦点距離105mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_007
2016/04/15 11:56
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/1000、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_008
2016/04/15 11:57
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/1500、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_009
2016/04/15 11:58
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/1500、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

こうして実際に撮りながら園内を散策して判ることは
これでもズームレンズなのだから
驚くほか有りませんよね?
絞り開放で此処まで描写できるズームレンズも
“L”ならではの妥協なき光学設計。
そして撮影者に窮屈さを感じさせない操作性能に色乗りとボケ味。

こういった成功例を等倍で観賞できる
なんとも贅沢なシステムが
私たちエンドユーザーに現実としてあるのだから
やはり素直に嬉しいですね?
サーバーでDPEを終えて成功した
作品に好きなだけ見ている時間は!

 

 

Still-a-season-changes-01_010
2016/04/15 11:59
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/1000、焦点距離50mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_011
2016/04/15 12:01
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/6.7、ISO-200、スピード1/180、焦点距離105mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_013
2016/04/15 12:04
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_014
2016/04/15 12:05
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.8、ISO-160、スピード1/2000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_015
2016/04/15 12:05
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.8、ISO-160、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_016
2016/04/15 12:07
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.8、ISO-160、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

上2枚の作例は、云わずもがな
失敗と成功に分けてあります

上の作例では花の芯に対して
微妙にピントの山がズレて明後日の方向に
AFが合焦してますが、
下のほうは完全に上手く撮れた作例です!

こころもち、フレーミングが雑過ぎたというか
もう少し画面一杯になるように
葉の部分を収めても良かったでしょうか?
最初の失敗例のように・・・。

 

 

Still-a-season-changes-01_017
2016/04/15 12:08
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_018
2016/04/15 12:10
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_019
2016/04/15 12:10
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_020
2016/04/15 12:15
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/350、焦点距離50mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

Lレンズのオーナーとなって
最近だが・・・ようやく自分でも満足できる
画作りが、少しずつで有るが実感できる最近です。
レンズに助けられているだけじゃ無いか!
と、云われる方も大勢いるんでしょうが・・・。
優れたレンズのポテンシャルを
最大限に引き出すのも大切な活動だと
私は思いますがねぇ・・・。

いずれにしても最初にフラワーパークの全景を収めた
絞り値F/4.0で焦点距離35mmの時よりも
ハッキリと隅々まで解像しているので
私は此方が好みの作品ですね!
また、レンズの基礎とも云うべき
50mmを使っての結果だと思うと、嬉しさも倍増です!www
それだけカメラの世界では、50mmは大切なファクターです。

最初の作例と違って『色鮮やか』とは程遠いレタッチですが
私はこういった地味な風合いも好みなんで、
上手くベストショットが決まった時の嬉しさも
感慨深いものが有ります。
最初の作例も嫌いではありませんが
もう少し温室建屋の左隅が解像している
自分としても満足いく仕上がりだったのですが。
それでも画面手前の芝の目や
花の列が綺麗に写っているので
なんとか及第点でしょう

 

 

Still-a-season-changes-01_021
2016/04/15 12:16
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/1500、焦点距離105mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_022
2016/04/15 12:17
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/500、焦点距離105mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_023
2016/04/15 12:18
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/750、焦点距離105mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

そう云えば新型のEOS 80Dに変更してからは
一層の解像感が欲しくて『ピクチャー・スタイル』を
“風景”から“ディテール重視”に設定している私です。

-とは云いつつも、普通に作品を直視して
等倍観賞しても、その細かな違いは殆どの人が
判らないでしょうね?
(実際に、私も使い分けは行わないタイプなので)

それでもディテール重視に舵を切った事は
EOS-1D X Mark 2やEOS 5Ds Rなどの
フラグシップが全て揃ってリリースされている事も
少なからず原因だろう。

もっとも上記2つの製品は共にフルサイズなので
ここのサークルでは今後もオーナーが
現れる可能性は残念ながら低いと云わざるを得ない。

そうは語るモノの、こうして作品を
6000 x 4000という巨大なデータで見ると
カメラ本体側での解像度やサポートツールが
20パーセント。残す80パーセントは
まずレンズで出来・不出来が左右されるでしょうね?
それにしても、まァ見事なまでに
主題が浮き上がって見えますね?

オランダ風車のある風景 (01)

千葉県佐倉市にある「佐倉ふるさと広場」は、
4月中旬から文字通り1年の中でもっとも華やかな時期を迎える。
それは、言わずもがな鬱金香・・・即ちチューリップの
見頃となるからだ。

色々と調べるとこのチューリップ、
歴史的にも古い品種であることも判ってきたし
なにかと世間を騒がしてきた“曰く”さえあるのだ。
現在の「デリバティブ取引」のひとつである商品取引は、
17世紀初頭にオランダで行われた
チューリップ取引が起源であると言われている。

今皆がニュースや生活で普通に使う
“株”の語源も元を遡ると此処のチューリップの球根が
ネタ元なのだから尚更信じられませんが

-特に珍種とされてマニア垂涎の球根は
株1つで今で云うところの3世帯住宅と
普通に交換できたのだから恐ろしいバブルである!
無論、末期には想像通りに朝日を浴びたドラキュラの如く
飛沫となって弾けて終焉を迎えるのですがwww

このチューリップを眺めるたびに
私の脳裏には必ずといって良い程、
この騒動の顛末が甦るので・・・
旨い話には裏がある
常々用心深く振舞うのを活教訓にしてますが-。
    ・
    ・
    ・
もっとも、こんな歴史を知っている人は
限られた一部の人たちだろうし、
覚えたところでテストに出題される訳も無い。
大昔に起きた対岸の火事と捉えるか、
明日は我が身と思って武装するかは、個人に任されますね?

さて・・・そんなキナ臭い歴史のトリビアを他所に
佐倉市の「ふるさち広場」に行くにあたって
親友と入念に打ち合わせをしたり
彼女とは別行動とはいうモノの
Canon勢の私たちが何処の品種を
どういった種類のレンズで撮影に挑むのか?など
微に入り細を穿つ様に徹底的な摺り合わせを
納得いくまで繰り返したら早めに寝ます。

これ程までに徹底した事前の準備があっても
撮れる写真の80%は失敗を量産するだけ!
大体は『想定外の何か』によって
不本意な結果に終わるのが恒例です。
実際に今年のチューリップ祭りも、
去年とは比較しようの無い“大混雑”に
私は勿論のこと親友も驚いてましたが-!

此処まで人混みでカオス状態の中で
よくも冷静になって撮れたと思います
なにはともあれ無事に成功した作例が
多くあるのは幸いでしたね!
まずは幾つかの作例と感想から・・・。

 

 

Netherlands-Windmill-01_001
2016/04/10 10:43
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_002
2016/04/10 10:43
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_003
2016/04/10 10:43
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_004
2016/04/10 10:44
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_005
2016/04/10 10:44
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/2.5、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_006
2016/04/10 10:47
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000、焦点距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_007
2016/04/10 10:48
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/2000、焦点距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_008
2016/04/10 10:48
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000、焦点距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_009
2016/04/10 10:49
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/750、焦点距離190mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_010
2016/04/10 10:50
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000、焦点距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_011
2016/04/10 10:52
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/2000、焦点距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

こうしてチューリップを前にして撮って見ると
大三元の望遠域を担う
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMの
光学性能の高さが窺(うかか)い知れます!

5枚のUDレンズと、蛍石レンズを1枚使用した
19群23枚構成という、
メーカーの威信を賭けた激戦区の銘玉です!
Canonの公式プレスによると
UDレンズ2枚で1つの蛍石レンズに相当。
と或るので実質的には
3枚の蛍石+アルファが正しい解釈だろう。

F/2.8通しで、手振れ補正を搭載し、
防塵・防滴なので怖いものなしのズームレンズだ!
シャープな像を結びながらも、ボケ味は上質そのもの
とにかく印象に残るのが
操作系列と断言しても良い!
第一印象の時よりも思いの外
アイボリーで大柄に感じた膨張色の
“多段式ロケット“な最初の印象も
使い始めると10数分の間に手に馴染む!

デカくてチョッと近づき難いですが、
大口径で明るいレンズ故に絞りの自由度が高く
非常に『上から目線』のチャレンジ価格ですが
意外に初心者でも使いやすく、
三脚座と適度な重さのあるズームリング
そして考え抜かれたレンズ鏡銅全体の
重心のバランスなども想像以上に取り回しが良好で
ブンブン振り回せるのだ!

 

 

Netherlands-Windmill-01_012

Netherlands-Windmill-01_013
一昔前のTokina AT-X 828AF PROであれば
80-200mmだったが技術革新と
ワイド端に於ける“引きの好さ”=広角への需要が伸びで
今のズーム比に落ち着く訳ですが。
とにもかくにも70(80)-200mmという焦点域は、
ポートレートに風景撮影から
切り取り感の強いスナップ撮影と
実際に私が使用しても使い方は多岐にわたり、
これ1本で何本分もの使い分けが可能と云えよう。

さて・・・操作系列だけでなく
ピタリ、ピタリと止まる
手振れ補正の性能と安定感に驚くほか有りません!
今までTokinaのAT-X 828AF PROで
人間三脚を目指して失敗作を考慮して
大量のシャッターを切っていたのですが
このEF 70-200mm F/2.8L IS II USMでは
強力無比な手振れ補正がアシストするので
安心してテレ端の撮影も実行できます
ファインダーを覗いた明るさの感覚は
CanonもTokinaも大切です
何故ならば見易いレンズで撮る行為は
私たちエンドユーザーに過度のストレスを与えないので
精神的に余裕もって対応できます。
これは作品の出来・不出来に
そのまま直結すると断言して良いでしょう。

存在感のある外観とは裏腹に
非常に使い易い大口径レンズです

 

 

Netherlands-Windmill-01_014

Netherlands-Windmill-01_015
そして手振れ補正をはじめ
フォーカスリミッターの切り替えなど
アシスト機能も豊富なので
レンズ自体の歩留まりが良くて、
撮影する人間の意図に忠実に応えてくれる

 

 

Netherlands-Windmill-01_016
2016/04/10 10:53
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/750、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_017
2016/04/10 10:53
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1500、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_018
2016/04/10 10:54
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000、焦点距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_019
2016/04/10 10:58
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_020
2016/04/10 10:58
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_021
2016/04/10 11:00
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.5、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_022
2016/04/10 11:03
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/2.5、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_023
2016/04/10 11:14
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

これまでのCanon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
撮影された135mmの焦点域でさえ
凄まじい高画質・高精細ですが
Canon EF135mm F/2L USMでは
さらに明るいF値なので世界が変わります!
これが本当の単焦点の描写かと思う
CanonのL単焦点でも
Canon EF85mm F1.2L II USMと争うほどに
写りの良さはCanon最高の単焦点ですね!

事実・・・設計が相当古いと昔の自分も気にしてましたが
これは、リニューアルの必要性ないくらい完成されてます。
子供はカメラを恥ずかしがる傾向があるので、
変に気をつかわせずに遠くから狙う
ストリートスナップが自然に撮れます!
何といっても独特の世界感がって
中望遠と明るい単焦点のもたらす雰囲気は
自分の技量が上がったと勘違いするでしょうね?www

2~5000万画素の等倍鑑賞に
普通に使える解像度を持っている!
ここが恐ろしいほど凄いのだ!
発色が非常に優れた光学設計なので
明け方や夕方の柔らかい自然光の中では
「無敵」と表現しても差し支えないだろう。

世の中はズームレンズが主流で、
70-200mmとか100-400mmのズームがひとつあれば
大体の画角はフォローできます。
それでも敢えてこれを使うとしたら
絞り開放の優しい描写に尽きると思います。

 

 

Netherlands-Windmill-01_025

Netherlands-Windmill-01_026

Netherlands-Windmill-01_027

Netherlands-Windmill-01_028

Netherlands-Windmill-01_029

Netherlands-Windmill-01_030

Netherlands-Windmill-01_031
対するCanon EF24mm F/1.4L II USMですが
今にして思えばライバルのSIGMA 24mm F1.4 DG HSMと
最後まで取捨選択に苦しんで良かったと思えます。
色乗りが“自分好み”なのも素直に嬉しいし
レンズパワーに多少無理を頼んでも
何とかしてくれる融通の利き具合
完全に自分のストライクゾーンですね!

最大撮影倍率の観点からも円形絞りの採用からも
広角レンズでは技術革新が著しい
SIGMA 24mm F1.4 DG HSMに軍配が上がるのですが。
私の場合はCanonが普通に使いやすいですね!

 

 

Netherlands-Windmill-01_032
2016/04/10 11:16
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_033
2016/04/10 11:20
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/2.5、ISO-100、スピード1/2000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_034
2016/04/10 11:22
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/2.5、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_035
2016/04/10 11:23
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/2.0、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_036
2016/04/10 11:25
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_037

Netherlands-Windmill-01_038

Netherlands-Windmill-01_039

Netherlands-Windmill-01_040
さて私の隠しアイテムは
遂にCarl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEまで及びます!

このレンズが存在するからこそ、決して安くは無い
Carl Zeissを買う人も多いと聞きます
それだけ歴史あるもので、
一眼レフの交換レンズの中でも
85mm F/1.4を代表すべき代物だ。

私のEOS 70Dや80Dに代表される
2000万超える画素の要求は朝飯前!
ツァイス・コーティングなどが
飛躍的に進歩を遂げた結果なのかも知れませんね?
軟らかい描写と大きなボケ味を望む人には
マニア垂涎必至の銘玉に相違ない
たまらないレンズかも知れません!

それでも近距離撮影に望む時は
相応の技術力と忍耐力が求められ
被写界深度は極端に浅く
まるでカミソリである!
この辺はSIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMにも
同じ共通点なので腰を据えて撮影に挑むなら
私の様にSLIKのカーボン三脚を使って
厳密に被写体を追い込むのも“手”でしょう!

でもMF(マニュアルフォーカス)専用とはいえ、
レンズ本体にはCPUを内蔵しているので
当然ながらCanon純正のEFレンズと同等に
マウント接合部には電子接点があるから
露出モードは全部使えるし、フォーカスエイドも利用できる。
サーバーでのDPE(現像)にわかる事だが
Exif情報には、撮影レンズの焦点距離が記載される。
作例の通り、少し絞り込んでしまえば
フレアは皆無に近くなるから安心ですね?