カーボン三脚」タグアーカイブ

24年前の単焦点を買いました (01)

幾度と無くココのBlogでも触れていますが
有り余る金があり
一生涯を遊んでも使い尽くせない!
これだけの札束や金塊を
世間云うところのタックス・ヘイブン(租税回避地)に
隠しているほどの我が身ならば
撮影に対する投資も「一瞬」のうちに
Canonの全EFレンズを“大人買い”してるのですが・・・。

事実は真逆で如何に少ない原資で
遣り繰りするか?
こういった『リアル極限流』を生活する
我が身にはタックス・ヘイブンなど馬耳東風。
無為無縁の別世界の出来事という訳だ。
     ・
     ・
     ・
閑話休題、昨年の百里基地・航空祭で
ブルーインパルスを撮影する為に
久し振りに持ち出した
SIGMA APO 150-500mm F/5-6.3 DG OS HSMですが
当日が“曇り時々雨”という悪天候が重なったので
現像してみると想像以上に「歩留まり」が悪く
成功した作品は僅か数枚という有様です。

周りを見渡せばCanonが誇る
白い大砲を持ったオーナーが200人以上は確実にいたでしょうね?
云うところの500 F/4.0や600F/4.0が
(通称:ゴーヨン、ロクヨン)
ズラッと揃う光景は圧巻ですねwww

それと同時に自分が持つ長玉のF値の暗さに
正直「気恥ずかしさ」を覚えて
どうして俺だけが
こんなにも暗いレンズで曇り空に挑むのか?
そんな嫉妬にも近い複雑な心境も
心を相当に揺さぶっていたので
2kgの暗い大砲で失敗作を量産した原因でしょうね?

実際に次のブルーインパルスの撮影に
巡り会えたと仮定しても
空模様が同じ「曇り空」なら
もう参加は行わない方向で考えてます。

それに、どうせ撮るなら
気持ちの良い晴れた青空バックに
ブルーインパルスの編隊を撮りたいですからね!
     ・
     ・
     ・
さて、それでもギリギリの許容範囲のF値に
400mmか500mmの単焦点。
そうなると必然的に
購入すべきレンズが絞られてきます。

Canon EF400mm F2.8L IS II USMは
素晴らしい明るさと400mmの超望遠に恥ずかしくない
最先端技術を惜しみなく投入したフラグシップですが
お値段もフラグシップらしく100万円以上する
化け物スペックです!

また、レンズ単体の重量だけで4kg近くあるので
自分の腕力では到底制御が不可能な長玉です!

そうなると同じCanon EF500mm F4L IS II USMか
EF600mm F4L IS II USMあたりが筆頭候補ですが
85万円と高価で、そこまでの金額が
まだ用意できないのが現実です。

そうなると果たして行き着く結論は
何処に向かうのか?

最初の計画では私はCanon EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMを
購入する計画を真剣に立案してました。
ところが、このレンズの焦点距離は
100mmから400mmです。
目一杯に伸ばした状態ではテレ端は開放F/5.6です。

既にCanon EF70-200mm F/2.8L IS II USMや
Canon EF300 mm F/4L IS USMを持つ身としては
100mmから300mmまでが画角被りで
テレ端の為だけに25万円支払うのも
少し馬鹿馬鹿しい感じが否めません!

さて・・・同じCanonのAPS-Cオーナーである
新潟加納テックにSkype会議で相談したところ
1993年5月に発売されたオールドレンズだが
現在のデジタル一眼レフでも、遜色なく使える
この様に聞かされて密かに次席候補として
購入計画を立案していました。

それこそが
Canon EF400 mm F/5.6L USMという訳です!

こちらの記事によりますと「UF0126」とは
宇都宮工場で2017年1月に作られた
Lレンズである事が判りますね?
1993年5月に発売されたCanon EF400 mm F/5.6L USMなので
1965年や1991年である疑いは有りませんね!

こうして並べ比べると
焦点距離の違いやズームか単焦点の違いなどで
高さは勿論、ピントリングの幅も違いますね?

では、作例からどうぞ!

 

 

2017/06/04 14:40
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF35mm F/1.4L USMで
F/2.0、ISO-400、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 14:44
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF35mm F/1.4L USMで
F/1.2、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 14:47
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF35mm F/1.4L USMで
F/2.8、ISO-250、スピード1/90
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 14:52
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF35mm F/1.4L USMで
F/2.8、ISO-250、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 14:54
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-250、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:01
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF400 mm F/5.6L USMで
F/5.6、ISO-400、スピード1/350
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:03
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF400 mm F/5.6L USMで
F/6.7、ISO-800、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:04
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF400 mm F/5.6L USMで
F/6.7、ISO-800、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:05
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF400 mm F/5.6L USMで
F/6.7、ISO-800、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:05
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF400 mm F/5.6L USMで
F/6.7、ISO-800、スピード1/350
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:08
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF400 mm F/5.6L USMで
F/5.6、ISO-400、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:14
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF400 mm F/5.6L USMで
F/5.6、ISO-800、スピード1/180
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:14
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF400 mm F/5.6L USMで
F/5.6、ISO-800、スピード1/180
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:14
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF400 mm F/5.6L USMで
F/5.6、ISO-800、スピード1/180
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:19
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-400、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:29
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-400、スピード1/90
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:36
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF400 mm F/5.6L USMで
F/5.6、ISO-800、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:37
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF400 mm F/5.6L USMで
F/5.6、ISO-800、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:38
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF400 mm F/5.6L USMで
F/5.6、ISO-800、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:45
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/350
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:46
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/4.0、ISO-400、スピード1/350
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:48
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/4.0、ISO-400、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:49
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/4.0、ISO-400、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:51
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/4.0、ISO-400、スピード1/350
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

対象が種々雑多な動物なので
幾つか焦点距離の異なるエレメントで撮影してますが-。

結論から申せば
本当に使いやすいLレンズです
EOS 70D、80Dと本体の画質進化も手伝って
予想以上に使い勝手に優れる1本になりました。
この軽さ・取り回しの軽快感グッドですね!

手振れ補正のISが無くても
昨今のデジタル一眼レフならば
ISO感度を上げても画像破綻は発生しないので
充分に第一線で活躍できますね!

開放から猛烈にシャープな像を結んでくれる実力派で
逆に昔のホールディングを懐かしく思い出し、
一枚一枚きちんと写真に向かうことも思い出しました。

メーカーを問わず、ここの付近を担う焦点距離で
F/2.8やF/4.0のレーゾン・デートル(存在理由)は
カメラの世界に身を置く立場なら、一度は憧れる大三元や小三元。
そんなメーカーのフラグシップが
誇らしげにラインナップされているに関わらず、
手振れ補正も無く、開放F/5.6と暗い単焦点。

それでも感触はIS機能が付いた
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMや
Canon EF300 mm F/4L IS USMと変わりなく
ピーカン照りならF/5.6で1/500秒程度から
露出が選択できれば問題はなく普通に撮れますね!

事実、猿山の光景やオランウータンは
ISO-400や800でもテクスチャの破綻は皆無です。
だったら最近のデジタル一眼の
高感度特性の良さを考えればISO800程度、
手持ちで振り回すのも“普通に出来る”代物ですよ!

Canon純正なので『カメラ内補正』が
適用されるのは云うに及ばず
サードベンダーのSIGMAに比較しても
AFも爆速なので思いのほかビデオの動体撮影にも
頼もしいパートナーであるオマケ付ですね(0^~^0)
サーボ連写でもコマ速落ち一切無し!

このレンズの魅力としては
400mmの超望遠レンズなのに軽量小型なので
私のように筑波山に篭って野鳥や昆虫などの撮影に
ブンブン振り回しても腕が疲れなく身軽だ!
他の超望遠レンズに比べて
カーボン三脚などで固定せずに
手持ちでずっと撮影できるのが
Canon EF400 mm F/5.6L USMの真骨頂だろう。

400mmをカバーする長玉のL単焦点だけあって
全長は結構長いですが、77mm径を採用してるので
鏡筒が細くスマートなので
超望遠レンズとして全体バランスは最高の部類にはいる。

質量からしてもF/2.8系の大三元と比較しても軽いので
機動力はCanon EF300 mm F/4L IS USMと互角だ!

オランダ風車のある風景 (01)

千葉県佐倉市にある「佐倉ふるさと広場」は、
4月中旬から文字通り1年の中でもっとも華やかな時期を迎える。
それは、言わずもがな鬱金香・・・即ちチューリップの
見頃となるからだ。

色々と調べるとこのチューリップ、
歴史的にも古い品種であることも判ってきたし
なにかと世間を騒がしてきた“曰く”さえあるのだ。
現在の「デリバティブ取引」のひとつである商品取引は、
17世紀初頭にオランダで行われた
チューリップ取引が起源であると言われている。

今皆がニュースや生活で普通に使う
“株”の語源も元を遡ると此処のチューリップの球根が
ネタ元なのだから尚更信じられませんが

-特に珍種とされてマニア垂涎の球根は
株1つで今で云うところの3世帯住宅と
普通に交換できたのだから恐ろしいバブルである!
無論、末期には想像通りに朝日を浴びたドラキュラの如く
飛沫となって弾けて終焉を迎えるのですがwww

このチューリップを眺めるたびに
私の脳裏には必ずといって良い程、
この騒動の顛末が甦るので・・・
旨い話には裏がある
常々用心深く振舞うのを活教訓にしてますが-。
    ・
    ・
    ・
もっとも、こんな歴史を知っている人は
限られた一部の人たちだろうし、
覚えたところでテストに出題される訳も無い。
大昔に起きた対岸の火事と捉えるか、
明日は我が身と思って武装するかは、個人に任されますね?

さて・・・そんなキナ臭い歴史のトリビアを他所に
佐倉市の「ふるさち広場」に行くにあたって
親友と入念に打ち合わせをしたり
彼女とは別行動とはいうモノの
Canon勢の私たちが何処の品種を
どういった種類のレンズで撮影に挑むのか?など
微に入り細を穿つ様に徹底的な摺り合わせを
納得いくまで繰り返したら早めに寝ます。

これ程までに徹底した事前の準備があっても
撮れる写真の80%は失敗を量産するだけ!
大体は『想定外の何か』によって
不本意な結果に終わるのが恒例です。
実際に今年のチューリップ祭りも、
去年とは比較しようの無い“大混雑”に
私は勿論のこと親友も驚いてましたが-!

此処まで人混みでカオス状態の中で
よくも冷静になって撮れたと思います
なにはともあれ無事に成功した作例が
多くあるのは幸いでしたね!
まずは幾つかの作例と感想から・・・。

 

 

Netherlands-Windmill-01_001
2016/04/10 10:43
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_002
2016/04/10 10:43
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_003
2016/04/10 10:43
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_004
2016/04/10 10:44
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_005
2016/04/10 10:44
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/2.5、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_006
2016/04/10 10:47
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000、焦点距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_007
2016/04/10 10:48
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/2000、焦点距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_008
2016/04/10 10:48
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000、焦点距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_009
2016/04/10 10:49
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/750、焦点距離190mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_010
2016/04/10 10:50
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000、焦点距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_011
2016/04/10 10:52
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/2000、焦点距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

こうしてチューリップを前にして撮って見ると
大三元の望遠域を担う
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMの
光学性能の高さが窺(うかか)い知れます!

5枚のUDレンズと、蛍石レンズを1枚使用した
19群23枚構成という、
メーカーの威信を賭けた激戦区の銘玉です!
Canonの公式プレスによると
UDレンズ2枚で1つの蛍石レンズに相当。
と或るので実質的には
3枚の蛍石+アルファが正しい解釈だろう。

F/2.8通しで、手振れ補正を搭載し、
防塵・防滴なので怖いものなしのズームレンズだ!
シャープな像を結びながらも、ボケ味は上質そのもの
とにかく印象に残るのが
操作系列と断言しても良い!
第一印象の時よりも思いの外
アイボリーで大柄に感じた膨張色の
“多段式ロケット“な最初の印象も
使い始めると10数分の間に手に馴染む!

デカくてチョッと近づき難いですが、
大口径で明るいレンズ故に絞りの自由度が高く
非常に『上から目線』のチャレンジ価格ですが
意外に初心者でも使いやすく、
三脚座と適度な重さのあるズームリング
そして考え抜かれたレンズ鏡銅全体の
重心のバランスなども想像以上に取り回しが良好で
ブンブン振り回せるのだ!

 

 

Netherlands-Windmill-01_012

Netherlands-Windmill-01_013
一昔前のTokina AT-X 828AF PROであれば
80-200mmだったが技術革新と
ワイド端に於ける“引きの好さ”=広角への需要が伸びで
今のズーム比に落ち着く訳ですが。
とにもかくにも70(80)-200mmという焦点域は、
ポートレートに風景撮影から
切り取り感の強いスナップ撮影と
実際に私が使用しても使い方は多岐にわたり、
これ1本で何本分もの使い分けが可能と云えよう。

さて・・・操作系列だけでなく
ピタリ、ピタリと止まる
手振れ補正の性能と安定感に驚くほか有りません!
今までTokinaのAT-X 828AF PROで
人間三脚を目指して失敗作を考慮して
大量のシャッターを切っていたのですが
このEF 70-200mm F/2.8L IS II USMでは
強力無比な手振れ補正がアシストするので
安心してテレ端の撮影も実行できます
ファインダーを覗いた明るさの感覚は
CanonもTokinaも大切です
何故ならば見易いレンズで撮る行為は
私たちエンドユーザーに過度のストレスを与えないので
精神的に余裕もって対応できます。
これは作品の出来・不出来に
そのまま直結すると断言して良いでしょう。

存在感のある外観とは裏腹に
非常に使い易い大口径レンズです

 

 

Netherlands-Windmill-01_014

Netherlands-Windmill-01_015
そして手振れ補正をはじめ
フォーカスリミッターの切り替えなど
アシスト機能も豊富なので
レンズ自体の歩留まりが良くて、
撮影する人間の意図に忠実に応えてくれる

 

 

Netherlands-Windmill-01_016
2016/04/10 10:53
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/750、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_017
2016/04/10 10:53
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1500、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_018
2016/04/10 10:54
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000、焦点距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_019
2016/04/10 10:58
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_020
2016/04/10 10:58
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_021
2016/04/10 11:00
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.5、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_022
2016/04/10 11:03
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/2.5、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_023
2016/04/10 11:14
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

これまでのCanon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
撮影された135mmの焦点域でさえ
凄まじい高画質・高精細ですが
Canon EF135mm F/2L USMでは
さらに明るいF値なので世界が変わります!
これが本当の単焦点の描写かと思う
CanonのL単焦点でも
Canon EF85mm F1.2L II USMと争うほどに
写りの良さはCanon最高の単焦点ですね!

事実・・・設計が相当古いと昔の自分も気にしてましたが
これは、リニューアルの必要性ないくらい完成されてます。
子供はカメラを恥ずかしがる傾向があるので、
変に気をつかわせずに遠くから狙う
ストリートスナップが自然に撮れます!
何といっても独特の世界感がって
中望遠と明るい単焦点のもたらす雰囲気は
自分の技量が上がったと勘違いするでしょうね?www

2~5000万画素の等倍鑑賞に
普通に使える解像度を持っている!
ここが恐ろしいほど凄いのだ!
発色が非常に優れた光学設計なので
明け方や夕方の柔らかい自然光の中では
「無敵」と表現しても差し支えないだろう。

世の中はズームレンズが主流で、
70-200mmとか100-400mmのズームがひとつあれば
大体の画角はフォローできます。
それでも敢えてこれを使うとしたら
絞り開放の優しい描写に尽きると思います。

 

 

Netherlands-Windmill-01_025

Netherlands-Windmill-01_026

Netherlands-Windmill-01_027

Netherlands-Windmill-01_028

Netherlands-Windmill-01_029

Netherlands-Windmill-01_030

Netherlands-Windmill-01_031
対するCanon EF24mm F/1.4L II USMですが
今にして思えばライバルのSIGMA 24mm F1.4 DG HSMと
最後まで取捨選択に苦しんで良かったと思えます。
色乗りが“自分好み”なのも素直に嬉しいし
レンズパワーに多少無理を頼んでも
何とかしてくれる融通の利き具合
完全に自分のストライクゾーンですね!

最大撮影倍率の観点からも円形絞りの採用からも
広角レンズでは技術革新が著しい
SIGMA 24mm F1.4 DG HSMに軍配が上がるのですが。
私の場合はCanonが普通に使いやすいですね!

 

 

Netherlands-Windmill-01_032
2016/04/10 11:16
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_033
2016/04/10 11:20
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/2.5、ISO-100、スピード1/2000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_034
2016/04/10 11:22
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/2.5、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_035
2016/04/10 11:23
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/2.0、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_036
2016/04/10 11:25
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Netherlands-Windmill-01_037

Netherlands-Windmill-01_038

Netherlands-Windmill-01_039

Netherlands-Windmill-01_040
さて私の隠しアイテムは
遂にCarl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEまで及びます!

このレンズが存在するからこそ、決して安くは無い
Carl Zeissを買う人も多いと聞きます
それだけ歴史あるもので、
一眼レフの交換レンズの中でも
85mm F/1.4を代表すべき代物だ。

私のEOS 70Dや80Dに代表される
2000万超える画素の要求は朝飯前!
ツァイス・コーティングなどが
飛躍的に進歩を遂げた結果なのかも知れませんね?
軟らかい描写と大きなボケ味を望む人には
マニア垂涎必至の銘玉に相違ない
たまらないレンズかも知れません!

それでも近距離撮影に望む時は
相応の技術力と忍耐力が求められ
被写界深度は極端に浅く
まるでカミソリである!
この辺はSIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMにも
同じ共通点なので腰を据えて撮影に挑むなら
私の様にSLIKのカーボン三脚を使って
厳密に被写体を追い込むのも“手”でしょう!

でもMF(マニュアルフォーカス)専用とはいえ、
レンズ本体にはCPUを内蔵しているので
当然ながらCanon純正のEFレンズと同等に
マウント接合部には電子接点があるから
露出モードは全部使えるし、フォーカスエイドも利用できる。
サーバーでのDPE(現像)にわかる事だが
Exif情報には、撮影レンズの焦点距離が記載される。
作例の通り、少し絞り込んでしまえば
フレアは皆無に近くなるから安心ですね?

デビューは平成2ケタ、写真史は文政10年 (02)

なぜ、いつから・・・同じ世界の住人として
追いかけるように変化したのか?
こまめにスマホの日記アプリを使うわけでもないから
正確な日にちを覚えていない・・・。

なにも好きこのんで兄ちゃんにゴマを擦って
今の生活安定や泰平が欲しいから、おなじ写真の世界に飛び込んだ訳じゃなかった。

僕が今までの世界で生活したいた「前の状態」でも
普通に歓迎してくれたし、怒られたり悲しませた事もあった。
それでも毎晩兄ちゃん達が写真の作業部屋といって
立ち入り禁止にしてる向こうでは
ファミレスやゲームセンターなんかでは決して見せない
もの凄い厳しい顔付きだから、ほんとうに怖いくらいに
鬼気迫るなにか?を僕でさえ感じますね・・・。

とくにあの真っ白い大砲や機関銃みたいな
馬鹿でかいレンズを構えて空気のペコペコでメンテナンスを欠かさない姿は
あの優しい兄ちゃんと姉ちゃんでは無い。
ねらった獲物を間違いなくブチ抜く
“ゴルゴ13”に他ならない!

同じ写真の世界の住人なんだから
仲が良いのは学生の僕から見ても
すぐに判るほど仲睦まじいですね!
    ・
    ・
    ・
-と思っていたのは、一方的な僕の思い込みだったようです。
確かに“普段の生活”では仲睦まじいです。
食事にドライブに買い物とか・・・。
それでも僕が悪いことすると “お仕置き”と称して
某大学そばのクッソ不味い家ラーメンを
山盛りで休みなく3杯食べさせられた仕打ちは堪えましたよ・・・orz
(しかも息継ぎしないでツユまで残すな!という苛烈な所業です)
兄ちゃんの行為はソバレクト・・・虐待でしょうwww
人はソレを飯テロと呼ぶとか?

 

 

finder-landscape_02_001
2016年04月16日 12:16
撮影機材カメラ:Canon Kiss X5
使用レンズ:Canon EF50mm F/1.8 STM
絞り値:F/5.6、ISO感度:400、シャッタースピード1/125
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
DPEソフトウェア:PaintShop Pro X8
フラッシュ:発光禁止

 

 

finder-landscape_02_002
2016年04月16日 12:18
撮影機材カメラ:Canon Kiss X5
使用レンズ:Canon EF50mm F/1.8 STM
絞り値:F/5.6、ISO感度:100、シャッタースピード1/60
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
DPEソフトウェア:PaintShop Pro X8
フラッシュ:発光禁止

 

 

finder-landscape_02_003
2016年04月16日 12:19
撮影機材カメラ:Canon Kiss X5
使用レンズ:Canon EF50mm F/1.8 STM
絞り値:F/1.8、ISO感度:100、シャッタースピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
DPEソフトウェア:PaintShop Pro X8
フラッシュ:発光禁止

 

 

finder-landscape_02_004
2016年04月16日 12:20
撮影機材カメラ:Canon Kiss X5
使用レンズ:Canon EF50mm F/1.8 STM
絞り値:F/1.8、ISO感度:100、シャッタースピード1/2000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
DPEソフトウェア:PaintShop Pro X8
フラッシュ:発光禁止

 

 

finder-landscape_02_005
2016年04月16日 12:21
撮影機材カメラ:Canon Kiss X5
使用レンズ:Canon EF50mm F/1.8 STM
絞り値:F/1.8、ISO感度:100、シャッタースピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
DPEソフトウェア:PaintShop Pro X8
フラッシュ:発光禁止

 

 

finder-landscape_02_006
2016年04月16日 12:22
撮影機材カメラ:Canon Kiss X5
使用レンズ:Canon EF50mm F/1.8 STM
絞り値:F/1.8、ISO感度:100、シャッタースピード1/2000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
DPEソフトウェア:PaintShop Pro X8
フラッシュ:発光禁止

 

 

finder-landscape_02_007
2016年04月16日 12:23
撮影機材カメラ:Canon Kiss X5
使用レンズ:Canon EF50mm F/1.8 STM
絞り値:F/4.5、ISO感度:100、シャッタースピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
DPEソフトウェア:PaintShop Pro X8
フラッシュ:発光禁止

 

 

finder-landscape_02_008
2016年04月16日 12:24
撮影機材カメラ:Canon Kiss X5
使用レンズ:Canon EF50mm F/1.8 STM
絞り値:F/4.5、ISO感度:100、シャッタースピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
DPEソフトウェア:PaintShop Pro X8
フラッシュ:発光禁止

 

finder-landscape_02_009
2016年04月16日 12:24
撮影機材カメラ:Canon Kiss X5
使用レンズ:Canon EF50mm F/1.8 STM
絞り値:F/5.6、ISO感度:100、シャッタースピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
DPEソフトウェア:PaintShop Pro X8
フラッシュ:発光禁止

 

 

finder-landscape_02_010
2016年04月16日 12:25
撮影機材カメラ:Canon Kiss X5
使用レンズ:Canon EF50mm F/1.8 STM
絞り値:F/5.6、ISO感度:100、シャッタースピード1/90
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
DPEソフトウェア:PaintShop Pro X8
フラッシュ:発光禁止

 

 

finder-landscape_02_011
2016年04月16日 12:29
撮影機材カメラ:Canon Kiss X5
使用レンズ:COSINA AF 28-210mm F/3.5-5.6 MC Canon
絞り値:F/4.5、ISO感度:200、シャッタースピード1/350、距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
DPEソフトウェア:PaintShop Pro X8
フラッシュ:発光禁止

 

 

finder-landscape_02_012
2016年04月16日 12:30
撮影機材カメラ:Canon Kiss X5
使用レンズ:COSINA AF 28-210mm F/3.5-5.6 MC Canon
絞り値:F/5.6、ISO感度:200、シャッタースピード1/350、距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
DPEソフトウェア:PaintShop Pro X8
フラッシュ:発光禁止

 

 

finder-landscape_02_013
2016年04月16日 12:31
撮影機材カメラ:Canon Kiss X5
使用レンズ:COSINA AF 28-210mm F/3.5-5.6 MC Canon
絞り値:F/4.0、ISO感度:200、シャッタースピード1/750、距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
DPEソフトウェア:PaintShop Pro X8
フラッシュ:発光禁止

 

さて、そんな仲の良い兄ちゃん達ですが
ひとたびカメラのボディとレンズを携えて
お互いにHVのプリウスに乗ると
ただのライバルに過ぎません!

撮影のポジションとなる宿営地に着いても
お互いに肘で突いて邪魔するし
カーボン三脚が重なってると因縁つけて、ビンタの応酬は当たり前!

こうした陰湿な日常がけっこう長く続いたものだから
見かねた僕は、そのむかし新潟加納テックさんに、
前後の事情をかくさないでスマホで話して、
よその他人も複数交えて、兄ちゃん達に提言したのが
カメラメーカーの違いによる
『ローテーション制』でした。
グラビアやっている姉ちゃんたちはNikonのフルサイズと
APS-C、兄ちゃんはCanonのEFマウントによるAPS-C。
ほかにもソニーのαシリーズや富士フィルムなんかは
数えるほどなんです・・・。

こうしてA班B班C班と、主要メンバー以外は
サブに徹して“身内なんだから協力するように”
約束とりつけたのが一苦労したんですが、今では懐かしい記憶です。
こうして今のカメラメーカーによって
スケジュールを入れ替えることが定着したから
僕としては少しホッとしています。

それでも職人気質(マイスター)って呼ばれる兄ちゃん達は
まだまだガンコで保守的な考えがおおいので、いろいろ大変です。
それでも最近では学生風情の僕のアドバイスなんかも
茶化すことなく真剣に聞いてくれて
実現可能な部分をリストアップして
この一覧表をOfiice 365のExcel やAccess 2016で
緊急・A・B・Cとアクションリストを作って
僕のチューンアップしたBaffaloのTeraStation TXの
共有フォルダに保存して、写真に関係するサークルが
利用する今のシステムが出来上がりました。

そういう意味では新潟加納テックさんに感謝してるし
こうして兄ちゃんの写真の世界に
知らないうちでも近づいていたのは嬉しいですね!

 

 

finder-landscape_02_0142016年04月16日 12:34
撮影機材カメラ:Canon Kiss X5
使用レンズ:COSINA AF 28-210mm F/3.5-5.6 MC Canon
絞り値:F/5.6、ISO感度:200、シャッタースピード1/180、距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
DPEソフトウェア:PaintShop Pro X8
フラッシュ:発光禁止

 

 

finder-landscape_02_0152016年04月16日 12:35
撮影機材カメラ:Canon Kiss X5
使用レンズ:COSINA AF 28-210mm F/3.5-5.6 MC Canon
絞り値:F/5.6、ISO感度:200、シャッタースピード1/1000、距離60mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
DPEソフトウェア:PaintShop Pro X8
フラッシュ:発光禁止

 

 

finder-landscape_02_0162016年04月16日 12:40
撮影機材カメラ:Canon Kiss X5
使用レンズ:COSINA AF 28-210mm F/3.5-5.6 MC Canon
絞り値:F/5.6、ISO感度:200、シャッタースピード1/180、距離210mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
DPEソフトウェア:PaintShop Pro X8
フラッシュ:発光禁止

 

 

finder-landscape_02_017
2016年04月16日 12:42
撮影機材カメラ:Canon Kiss X5
使用レンズ:COSINA AF 28-210mm F/3.5-5.6 MC Canon
絞り値:F/5.6、ISO感度:400、シャッタースピード1/250、距離210mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
DPEソフトウェア:PaintShop Pro X8
フラッシュ:発光禁止

 

 

finder-landscape_02_018
2016年04月16日 12:44
撮影機材カメラ:Canon Kiss X5
使用レンズ:COSINA AF 28-210mm F/3.5-5.6 MC Canon
絞り値:F/5.6、ISO感度:400、シャッタースピード1/1500、距離210mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
DPEソフトウェア:PaintShop Pro X8
フラッシュ:発光禁止

 

 

finder-landscape_02_019
2016年04月16日 12:44
撮影機材カメラ:Canon Kiss X5
使用レンズ:COSINA AF 28-210mm F/3.5-5.6 MC Canon
絞り値:F/5.6、ISO感度:400、シャッタースピード1/350、距離210mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
DPEソフトウェア:PaintShop Pro X8
フラッシュ:発光禁止

 

よーくかんがえて見ると、だいたい写真の起源は
どこまで遡ることが出来るのだろうか?
Wikiはもちろん、図書館やカメラメーカの
ミュージアムなんかを土日に訪ねては
僕なりにいろいろと調べてきました。

遡ること19世紀のはじめ・・・そう、正確には
1827年、ここ日本ではまだ江戸時代後期の
文政10年ころですね!

文政は日本の元号で“文化”の後ですね?
そして天保の前なのでテストの予備知識として
覚えてしまうのが一石二鳥かもねwww
    ・
    ・
    ・
この時代の江戸幕府将軍は徳川家斉さんで
第11代の将軍ですね。
子沢山で知られて相当の長寿をまっとうした
医学も未開のむかしでは異例かも知れないですね?
性欲も『生きる本能の証』かも?

 

 

finder-landscape_02_020
2016年04月16日 12:46
撮影機材カメラ:Canon Kiss X5
使用レンズ:COSINA AF 28-210mm F/3.5-5.6 MC Canon
絞り値:F/8.0、ISO感度:400、シャッタースピード1/750、距離128mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
DPEソフトウェア:PaintShop Pro X8
フラッシュ:発光禁止

 

 

finder-landscape_02_021
2016年04月16日 12:46
撮影機材カメラ:Canon Kiss X5
使用レンズ:COSINA AF 28-210mm F/3.5-5.6 MC Canon
絞り値:F/8.0、ISO感度:400、シャッタースピード1/350、距離112mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
DPEソフトウェア:PaintShop Pro X8
フラッシュ:発光禁止

 

 

finder-landscape_02_022
2016年04月16日 12:46
撮影機材カメラ:Canon Kiss X5
使用レンズ:COSINA AF 28-210mm F/3.5-5.6 MC Canon
絞り値:F/8.0、ISO感度:400、シャッタースピード1/350、距離112mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
DPEソフトウェア:PaintShop Pro X8
フラッシュ:発光禁止

 

 

finder-landscape_02_023
2016年04月16日 12:50
撮影機材カメラ:Canon Kiss X5
使用レンズ:COSINA AF 28-210mm F/3.5-5.6 MC Canon
絞り値:F/8.0、ISO感度:400、シャッタースピード1/180、距離210mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
DPEソフトウェア:PaintShop Pro X8
フラッシュ:発光禁止

 

 

finder-landscape_02_024
2016年04月16日 12:54
撮影機材カメラ:Canon Kiss X5
使用レンズ:Canon EF28mm F/2.8
絞り値:F/8.0、ISO感度:400、シャッタースピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
DPEソフトウェア:PaintShop Pro X8
フラッシュ:発光禁止

 

 

finder-landscape_02_025
2016年04月16日 12:54
撮影機材カメラ:Canon Kiss X5
使用レンズ:Canon EF28mm F/2.8
絞り値:F/2.8、ISO感度:100、シャッタースピード1/2000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
DPEソフトウェア:PaintShop Pro X8
フラッシュ:発光禁止

 

 

finder-landscape_02_026
2016年04月16日 12:55
撮影機材カメラ:Canon Kiss X5
使用レンズ:Canon EF28mm F/2.8
絞り値:F/5.6、ISO感度:100、シャッタースピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
DPEソフトウェア:PaintShop Pro X8
フラッシュ:発光禁止

 

 

finder-landscape_02_027
2016年04月16日 12:56
撮影機材カメラ:Canon Kiss X5
使用レンズ:Canon EF28mm F/2.8
絞り値:F/5.6、ISO感度:100、シャッタースピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
DPEソフトウェア:PaintShop Pro X8
フラッシュ:発光禁止

 

 

finder-landscape_02_028
2016年04月16日 12:58
撮影機材カメラ:Canon Kiss X5
使用レンズ:Canon EF28mm F/2.8
絞り値:F/6.7、ISO感度:100、シャッタースピード1/180
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
DPEソフトウェア:PaintShop Pro X8
フラッシュ:発光禁止

 

 

finder-landscape_02_029
2016年04月16日 12:59
撮影機材カメラ:Canon Kiss X5
使用レンズ:Canon EF28mm F/2.8
絞り値:F/6.7、ISO感度:100、シャッタースピード1/180
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
DPEソフトウェア:PaintShop Pro X8
フラッシュ:発光禁止

 

ついでに調べて驚いたことが一つありました。
水戸御三家の9代藩主であり、
最後の将軍・徳川慶喜の実父である
徳川斉昭(とくがわ なりあき)さんも、
なんとこの時代に生きた人物だそうです。

そう・・・兄ちゃん達が『偕楽園・梅祭り』で
必ず春に撮影遠征にいく場所、あの“烈公”の二つ名で呼ばれた
人も存在していた時代背景だったんですね!

さて話はヨーロッパに戻って
フランスの発明家であったニエプスさんと
ダゲールさんの生死を飛び越えたタッグが
いまの写真の原点みたいです。

相方の死で発明もスローダウンして
普通なられきしの隅に追いやられる運命でしたが
ダゲールさんは諦めずにニエプスの残した研究資料とたたかって
なんとか写真を完成できないかと考える日々が続く。

ある日、いつもの実験材料をおいた棚のうえに放置状態の
原版をみてダゲールさんは腰を抜かして驚いた。
写っている!
そう棚の下においてあった水銀化合物のクスリの蒸気と
日光などのいろんな条件が重なって
初めて『銀塩写真』の歴史がうまれた訳なんですが。
なんと原版に風景をうつし込んでから日数が経っての
偶然がかさなった発明と呼べるものだった、そうです。

もしも・・・僕があと189年まえに生きていたならば
ニエプスさんやダゲールに徳川斉昭さんをまえにして
どんな一言をかけたのだろうか?

あとの200年後のひとたちに
なにが伝わるのか?どう言われるのか?
そう未来の時代を逆さまにかんがえると
なんだか不思議な感じがします。

 

 

finder-landscape_02_030

finder-landscape_02_031それにしても、COSINAの
AF 28-210mm F/3.5-5.6 MCで撮った望遠側が
相当に残念なけっかですね?

ジャンク屋さんで手に入れたシロモノなんで
兄ちゃんからもコのレンズには“極端な高望みするな!”
念押しされたから覚悟はしてたけど。

 

 

finder-landscape_02_032

finder-landscape_02_033

finder-landscape_02_034

finder-landscape_02_035

finder-landscape_02_036

finder-landscape_02_037こうして現像ソフト(DPE)にかけると
Canon EF28mm F/2.8やEF50mm F/1.8 STMで撮影した
同じ焦点域ならばすこしはゴマカシも利くかんじですが
中望遠をたんとうする70mmあたりから
ハッキリと結像の甘さが出るけっかになりました。

もっとも、僕のBlogが完成するころには
兄ちゃんがオークションで整理してくれると
やくそくも、してくれたので次には同じCanonの
EF-S55-250mm F/4-5.6 IS STMで
望遠撮影をきのすむまで行いたいですね!