フラワーパーク」タグアーカイブ

撮影中のコーヒーブレイク (前編)

三寒四温・・・コレほど端的に
季節の移ろう様を伝えている言葉も珍しい

『くらしのこよみ』を暇があれば目を通し
いにしえ人の知恵や季節の捉え方などを
どうしても探求したいからだ。

特にレンズを自然に向けていると
否応無しに”季節の変わり目”に敏感に
そして自分の追いかける被写体とミスマッチしないか?

この辺は写真を撮っていく間に
身体が四季の変遷にシビアになるのは
私であれ彼女であれチビであれ
決して悪癖とは断言できず逆に撮影の世界では
プラスに働くファクターとも考えられるので
逆にポジティブ思考で受け入れるが“吉”と出そうだ!

 

 

2016/08/09 11:46
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 11:47
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 11:47
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

こうしてフラワーパーク内の風景を
定点観測のように納得するまで絞り値を変えたり、
或いは構えている状況を意図的に変えて
フレームへの収まりや水平などを注意して撮る。

特に私自身が大好きとする“超広角域”と総称される
24mm以下の焦点距離が自身にとって超広角域ですね?

今だと出番が少ないので完全に
同じEFマウントのチビの私物になっていますが。
と云うか、元々チビが発掘したレンズだし!(*^-^*)
Canon EF-S10-18mm F/4.5-5.6 IS STMや
Voigtlander COLOR SKOPAR 20mm F/3.5 SLII Asphericalなども
こうした部類に入りますね?

 

 

2016/08/09 11:48
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 11:49
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 11:50
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 11:51
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 11:51
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 11:55
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50mm F/1.4 EX DC HSMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 11:57
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50mm F/1.4 EX DC HSMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 11:58
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50mm F/1.4 EX DC HSMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 11:58
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50mm F/1.4 EX DC HSMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 11:59
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50mm F/1.4 EX DC HSMで
F/2.5、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 12:01
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50mm F/1.4 EX DC HSMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

一見すると多種多様なズーム域で撮った感じですが
これは紛れも無くSIGMA 50mm F/1.4 EX DC HSMという
1つの単焦点から生み出された作品なのです。
背景が綺麗にボケている画もあるし
パリッと四隅までシャープに写る花壇もあります。
最近50mmという焦点距離が面白くて
暇さえあれば標準域をつかう機会がグッと増えました
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDのような
大三元の一翼を担う“大口径・標準ズーム”でも
50mm付近の使用頻度が高くなっているのです。
     ・
     ・
     ・
チビの愛機であり私の『払い下げ』であるCanon EOS X5で
初めてのサードベンダー製のレンズは
SIGMA 10-20mm F/4-5.6 EX DC HSMでしたが
今作品を振り返っても“SIGMAらしいヌケの良さ”に
思わずニヤニヤと相好を崩す私ですが-。


資金に余裕が有ればSIGMAの10-20mm F/4-5.6の
買い戻しを検討しても構わないでしょうが

ただねェ、広角レンズの要ともいうべき存在である
“非球面レンズ”の性能が正に秒進分歩で
右肩上がりの現状を冷静に分析すると
何十年前の高級レンズより、
つい最近の普及型が光学性能から補正の利き具合に
口径食といった諸問題で相当に有利です。
こうなると闇雲にレガシーなレンズを追い求めるより
次の新製品まで待ったほうが良い結果になるかも?


事実SIGMAからは
SIGMA 14mm F/1.8 DG HSMとかいう
狂気の沙汰としか喩えようがない
超のつく広角レンズが発売される事がアナウンスされてる!
発売日や価格は未定状態だが。

Artラインに属するこのレンズ構成は
11群16枚で3枚にFLDガラスが、
4枚にSLDガラスを採用して、
前玉には80mmオーバーという
出目金タイプの非球面レンズを用いているから
これからのSIGMAは正に台風の目となりそうだ!

 

 

2016/08/09 12:03
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50mm F/1.4 EX DC HSMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/2000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 12:03
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50mm F/1.4 EX DC HSMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 12:05
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50mm F/1.4 EX DC HSMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 12:07
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50mm F/1.4 EX DC HSMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 12:08
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50mm F/1.4 EX DC HSMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/7250
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2016/08/09 12:09
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50mm F/1.4 EX DC HSMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

何か腹が立って怒りの堪え様が難しくなったり
沸きあがる自分の感情を抑えられないと分かると
いつのまにかステアリングを筑波山に向けてますね!

ここ数年はロープウェイやケーブルカーで
山頂目指す道程よりも中腹にある展望台のある駐車場に停めて
物思いに耽る日が増えた感じです・・・。

私のように純粋に子供達が好きで日常やイベントを撮るにも
なんだか少し息苦しさを感じる21世紀ですね?
昔は写真撮影ひとつを例にしても
自分の子供が運動会で活躍している場面だけ
集中して追いかけるだけでなく
カメラを持っていない親御さんなどが隣にいたら
ギフト替わりによその子供まで撮って
後日出来上がった写真を見せると大喜びされたものですがね

今では逆に文句云われる御時勢だからね?
だったら貧弱なスマートフォンで
サルが描いたような低画質で甘んじて居ろよ!

そんな訳で以前は一般公開していた作品が
掲載されたBlogも順次『一般非公開』の扱いに
切り替えなおしている最中です。

実際に地元の子供みこし祭りでも
作品を公開してくれませんか?と頼まれた経験が有るのだが
お祭りに帯同している全ての親御さんが許諾するのか?
確約も保証もない以上、
プライバシーの観点から『一般非公開』にせざるを得ないと
お祭り開催中に歓談したところ残念に思われました。

私も自分の作品なので
“何処までが公開範囲”なのかを巡って
サークル内部では激しい綱引きが行われているのです。

まァ私のBlogである以前に
自分が納得できる作品が撮れたのか?
それを問いただす『備忘録』の性格を持つので
面倒事が発生する前に身内だけのBlogに
変わりつつある・・・こういう解釈で構いませんよ?

尚も季節は移ろう (01)

“意外”と思われる方が多いので
手持ちのレンズに関しては毎回説明に
齟齬(そご)がないように苦労します。

私がLデビューしたのは実は結構早くて
Canon EF24-105mm F/4L IS USMが
最初を飾っています。

 

 

Still-a-season-changes-01_001

Still-a-season-changes-01_002

Still-a-season-changes-01_003
それまでの普及型ズームでは成し得なかった
F値固定のズームは
私に新しい表現方法を与えてくれる契機となり
プロユースで設計されたレンズが役立つ場面や
私が学んだスキルやレンズの基本設計など。

-ある意味、私が機動力重視でF/4.0通しを
前提としたレンズの組み合わせを考えた時に
真っ先に候補となるレンズなのだ!

元々はEOS 5Dと同時に発売され、
その後Canonフルサイズ向けのキットレンズとして
販売された経緯があるので由緒正しい血統と呼べます。

ちょっと「寸胴」タイプのレンズだが、
テレ端105mmと幅広い焦点領域をカバーして、
手振れ補正や防塵・防滴も当たり前!
(Lを名乗る以上、当然の共通フォーマットですが)
    ・
    ・
    ・
旧機種になった70Dでは19点のAF測距点で
80Dでは45点に一気に増えた事を最大限に利用して
今回は縦に3分割された新しい「ラージゾーンAF」
を選択すると面白いように食い付きもよく
ストレスを感じさせないレスポンスが病み付きです!
70Dでも相当に完成された組み合わせですが・・・。
EOSの二桁機の悲願でもあった
ファインダー視野率100%を確保したのは大きいですね!

場所や被写体を気にする事無く、
上位モデルに迫る性能・機能を搭載しており、
オールマイティーに使えるハイレベル仕様だ。

ここまで撮影する為の“ツール”(道具)が揃っているのだから、
後はシャッター有るのみですね!

 

 

Still-a-season-changes-01_004
2016/04/15 11:52
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/2000、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_005
2016/04/15 11:54
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/6.7、ISO-200、スピード1/1000、焦点距離105mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_006
2016/04/15 11:54
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/6.7、ISO-200、スピード1/1000、焦点距離105mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_007
2016/04/15 11:56
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/1000、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_008
2016/04/15 11:57
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/1500、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_009
2016/04/15 11:58
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/1500、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

こうして実際に撮りながら園内を散策して判ることは
これでもズームレンズなのだから
驚くほか有りませんよね?
絞り開放で此処まで描写できるズームレンズも
“L”ならではの妥協なき光学設計。
そして撮影者に窮屈さを感じさせない操作性能に色乗りとボケ味。

こういった成功例を等倍で観賞できる
なんとも贅沢なシステムが
私たちエンドユーザーに現実としてあるのだから
やはり素直に嬉しいですね?
サーバーでDPEを終えて成功した
作品に好きなだけ見ている時間は!

 

 

Still-a-season-changes-01_010
2016/04/15 11:59
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/1000、焦点距離50mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_011
2016/04/15 12:01
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/6.7、ISO-200、スピード1/180、焦点距離105mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_013
2016/04/15 12:04
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_014
2016/04/15 12:05
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.8、ISO-160、スピード1/2000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_015
2016/04/15 12:05
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.8、ISO-160、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_016
2016/04/15 12:07
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.8、ISO-160、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

上2枚の作例は、云わずもがな
失敗と成功に分けてあります

上の作例では花の芯に対して
微妙にピントの山がズレて明後日の方向に
AFが合焦してますが、
下のほうは完全に上手く撮れた作例です!

こころもち、フレーミングが雑過ぎたというか
もう少し画面一杯になるように
葉の部分を収めても良かったでしょうか?
最初の失敗例のように・・・。

 

 

Still-a-season-changes-01_017
2016/04/15 12:08
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_018
2016/04/15 12:10
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_019
2016/04/15 12:10
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_020
2016/04/15 12:15
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/350、焦点距離50mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

Lレンズのオーナーとなって
最近だが・・・ようやく自分でも満足できる
画作りが、少しずつで有るが実感できる最近です。
レンズに助けられているだけじゃ無いか!
と、云われる方も大勢いるんでしょうが・・・。
優れたレンズのポテンシャルを
最大限に引き出すのも大切な活動だと
私は思いますがねぇ・・・。

いずれにしても最初にフラワーパークの全景を収めた
絞り値F/4.0で焦点距離35mmの時よりも
ハッキリと隅々まで解像しているので
私は此方が好みの作品ですね!
また、レンズの基礎とも云うべき
50mmを使っての結果だと思うと、嬉しさも倍増です!www
それだけカメラの世界では、50mmは大切なファクターです。

最初の作例と違って『色鮮やか』とは程遠いレタッチですが
私はこういった地味な風合いも好みなんで、
上手くベストショットが決まった時の嬉しさも
感慨深いものが有ります。
最初の作例も嫌いではありませんが
もう少し温室建屋の左隅が解像している
自分としても満足いく仕上がりだったのですが。
それでも画面手前の芝の目や
花の列が綺麗に写っているので
なんとか及第点でしょう

 

 

Still-a-season-changes-01_021
2016/04/15 12:16
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/1500、焦点距離105mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_022
2016/04/15 12:17
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/500、焦点距離105mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_023
2016/04/15 12:18
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/750、焦点距離105mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

そう云えば新型のEOS 80Dに変更してからは
一層の解像感が欲しくて『ピクチャー・スタイル』を
“風景”から“ディテール重視”に設定している私です。

-とは云いつつも、普通に作品を直視して
等倍観賞しても、その細かな違いは殆どの人が
判らないでしょうね?
(実際に、私も使い分けは行わないタイプなので)

それでもディテール重視に舵を切った事は
EOS-1D X Mark 2やEOS 5Ds Rなどの
フラグシップが全て揃ってリリースされている事も
少なからず原因だろう。

もっとも上記2つの製品は共にフルサイズなので
ここのサークルでは今後もオーナーが
現れる可能性は残念ながら低いと云わざるを得ない。

そうは語るモノの、こうして作品を
6000 x 4000という巨大なデータで見ると
カメラ本体側での解像度やサポートツールが
20パーセント。残す80パーセントは
まずレンズで出来・不出来が左右されるでしょうね?
それにしても、まァ見事なまでに
主題が浮き上がって見えますね?