レーゾン・デートル」タグアーカイブ

24年前の単焦点を買いました (01)

幾度と無くココのBlogでも触れていますが
有り余る金があり
一生涯を遊んでも使い尽くせない!
これだけの札束や金塊を
世間云うところのタックス・ヘイブン(租税回避地)に
隠しているほどの我が身ならば
撮影に対する投資も「一瞬」のうちに
Canonの全EFレンズを“大人買い”してるのですが・・・。

事実は真逆で如何に少ない原資で
遣り繰りするか?
こういった『リアル極限流』を生活する
我が身にはタックス・ヘイブンなど馬耳東風。
無為無縁の別世界の出来事という訳だ。
     ・
     ・
     ・
閑話休題、昨年の百里基地・航空祭で
ブルーインパルスを撮影する為に
久し振りに持ち出した
SIGMA APO 150-500mm F/5-6.3 DG OS HSMですが
当日が“曇り時々雨”という悪天候が重なったので
現像してみると想像以上に「歩留まり」が悪く
成功した作品は僅か数枚という有様です。

周りを見渡せばCanonが誇る
白い大砲を持ったオーナーが200人以上は確実にいたでしょうね?
云うところの500 F/4.0や600F/4.0が
(通称:ゴーヨン、ロクヨン)
ズラッと揃う光景は圧巻ですねwww

それと同時に自分が持つ長玉のF値の暗さに
正直「気恥ずかしさ」を覚えて
どうして俺だけが
こんなにも暗いレンズで曇り空に挑むのか?
そんな嫉妬にも近い複雑な心境も
心を相当に揺さぶっていたので
2kgの暗い大砲で失敗作を量産した原因でしょうね?

実際に次のブルーインパルスの撮影に
巡り会えたと仮定しても
空模様が同じ「曇り空」なら
もう参加は行わない方向で考えてます。

それに、どうせ撮るなら
気持ちの良い晴れた青空バックに
ブルーインパルスの編隊を撮りたいですからね!
     ・
     ・
     ・
さて、それでもギリギリの許容範囲のF値に
400mmか500mmの単焦点。
そうなると必然的に
購入すべきレンズが絞られてきます。

Canon EF400mm F2.8L IS II USMは
素晴らしい明るさと400mmの超望遠に恥ずかしくない
最先端技術を惜しみなく投入したフラグシップですが
お値段もフラグシップらしく100万円以上する
化け物スペックです!

また、レンズ単体の重量だけで4kg近くあるので
自分の腕力では到底制御が不可能な長玉です!

そうなると同じCanon EF500mm F4L IS II USMか
EF600mm F4L IS II USMあたりが筆頭候補ですが
85万円と高価で、そこまでの金額が
まだ用意できないのが現実です。

そうなると果たして行き着く結論は
何処に向かうのか?

最初の計画では私はCanon EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMを
購入する計画を真剣に立案してました。
ところが、このレンズの焦点距離は
100mmから400mmです。
目一杯に伸ばした状態ではテレ端は開放F/5.6です。

既にCanon EF70-200mm F/2.8L IS II USMや
Canon EF300 mm F/4L IS USMを持つ身としては
100mmから300mmまでが画角被りで
テレ端の為だけに25万円支払うのも
少し馬鹿馬鹿しい感じが否めません!

さて・・・同じCanonのAPS-Cオーナーである
新潟加納テックにSkype会議で相談したところ
1993年5月に発売されたオールドレンズだが
現在のデジタル一眼レフでも、遜色なく使える
この様に聞かされて密かに次席候補として
購入計画を立案していました。

それこそが
Canon EF400 mm F/5.6L USMという訳です!

こちらの記事によりますと「UF0126」とは
宇都宮工場で2017年1月に作られた
Lレンズである事が判りますね?
1993年5月に発売されたCanon EF400 mm F/5.6L USMなので
1965年や1991年である疑いは有りませんね!

こうして並べ比べると
焦点距離の違いやズームか単焦点の違いなどで
高さは勿論、ピントリングの幅も違いますね?

では、作例からどうぞ!

 

 

2017/06/04 14:40
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF35mm F/1.4L USMで
F/2.0、ISO-400、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 14:44
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF35mm F/1.4L USMで
F/1.2、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 14:47
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF35mm F/1.4L USMで
F/2.8、ISO-250、スピード1/90
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 14:52
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF35mm F/1.4L USMで
F/2.8、ISO-250、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 14:54
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-250、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:01
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF400 mm F/5.6L USMで
F/5.6、ISO-400、スピード1/350
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:03
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF400 mm F/5.6L USMで
F/6.7、ISO-800、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:04
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF400 mm F/5.6L USMで
F/6.7、ISO-800、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:05
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF400 mm F/5.6L USMで
F/6.7、ISO-800、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:05
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF400 mm F/5.6L USMで
F/6.7、ISO-800、スピード1/350
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:08
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF400 mm F/5.6L USMで
F/5.6、ISO-400、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:14
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF400 mm F/5.6L USMで
F/5.6、ISO-800、スピード1/180
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:14
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF400 mm F/5.6L USMで
F/5.6、ISO-800、スピード1/180
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:14
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF400 mm F/5.6L USMで
F/5.6、ISO-800、スピード1/180
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:19
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-400、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:29
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-400、スピード1/90
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:36
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF400 mm F/5.6L USMで
F/5.6、ISO-800、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:37
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF400 mm F/5.6L USMで
F/5.6、ISO-800、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:38
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF400 mm F/5.6L USMで
F/5.6、ISO-800、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:45
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/350
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:46
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/4.0、ISO-400、スピード1/350
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:48
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/4.0、ISO-400、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:49
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/4.0、ISO-400、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/04 15:51
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/4.0、ISO-400、スピード1/350
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

対象が種々雑多な動物なので
幾つか焦点距離の異なるエレメントで撮影してますが-。

結論から申せば
本当に使いやすいLレンズです
EOS 70D、80Dと本体の画質進化も手伝って
予想以上に使い勝手に優れる1本になりました。
この軽さ・取り回しの軽快感グッドですね!

手振れ補正のISが無くても
昨今のデジタル一眼レフならば
ISO感度を上げても画像破綻は発生しないので
充分に第一線で活躍できますね!

開放から猛烈にシャープな像を結んでくれる実力派で
逆に昔のホールディングを懐かしく思い出し、
一枚一枚きちんと写真に向かうことも思い出しました。

メーカーを問わず、ここの付近を担う焦点距離で
F/2.8やF/4.0のレーゾン・デートル(存在理由)は
カメラの世界に身を置く立場なら、一度は憧れる大三元や小三元。
そんなメーカーのフラグシップが
誇らしげにラインナップされているに関わらず、
手振れ補正も無く、開放F/5.6と暗い単焦点。

それでも感触はIS機能が付いた
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMや
Canon EF300 mm F/4L IS USMと変わりなく
ピーカン照りならF/5.6で1/500秒程度から
露出が選択できれば問題はなく普通に撮れますね!

事実、猿山の光景やオランウータンは
ISO-400や800でもテクスチャの破綻は皆無です。
だったら最近のデジタル一眼の
高感度特性の良さを考えればISO800程度、
手持ちで振り回すのも“普通に出来る”代物ですよ!

Canon純正なので『カメラ内補正』が
適用されるのは云うに及ばず
サードベンダーのSIGMAに比較しても
AFも爆速なので思いのほかビデオの動体撮影にも
頼もしいパートナーであるオマケ付ですね(0^~^0)
サーボ連写でもコマ速落ち一切無し!

このレンズの魅力としては
400mmの超望遠レンズなのに軽量小型なので
私のように筑波山に篭って野鳥や昆虫などの撮影に
ブンブン振り回しても腕が疲れなく身軽だ!
他の超望遠レンズに比べて
カーボン三脚などで固定せずに
手持ちでずっと撮影できるのが
Canon EF400 mm F/5.6L USMの真骨頂だろう。

400mmをカバーする長玉のL単焦点だけあって
全長は結構長いですが、77mm径を採用してるので
鏡筒が細くスマートなので
超望遠レンズとして全体バランスは最高の部類にはいる。

質量からしてもF/2.8系の大三元と比較しても軽いので
機動力はCanon EF300 mm F/4L IS USMと互角だ!

進化したEF-Sに舌を撒く (04)

それにしても寝苦しい夜が続きます
なにも酷暑酷寒が苦手で
冷暗所が過ごし易いのは美少女人形の
保管に限った“特権”でも有るまい?

-そうは語るモノの、皆さんが想像するように
耐熱・耐衝撃の素材でマシンガンや
クラスター爆弾も跳ね返す要人警護用のガラスで
覆われた内部で観賞している訳では有りませんwww

意外かもしれませんが、懇意にしている造型師の方曰く
保管の基本は普通に飾り
素手で触り空気に通すこと
が一番人形にとっては理想的な保管スタイルだそうですよ?
     ・
     ・
     ・
さてはて、こうも暑いと流石に体力がゴッソリと奪われますが
ここで暑さに負けない体力作りの一環として
被写体を追い掛けては東西へ奔走する日々です。

今回は、同じ単焦点でも何かと“中途半端”な感じが否めない
Canon EF40mm F/2.8 STMと
Canon EF-S17-55mm F/2.8 IS USMの2つがメインです。

うちのチビが私の撮影仲間から貰っていながら
未だに“防湿庫の主”として鎮座する
EOS 5D Mark 3でも私のEOS 80D・70Dでも
そのスタイリッシュな外見はすぐに“パンケーキ・レンズ”の
それと判るか判らないか?
これほど控え目で自己主張しないレンズは、
正直私から見たら“好み”とするレンズでは無い!

どちらかと云えばレンズの象徴は
ゴツくて重くて良く写る!
こうした旧態依然のレンズに対するフィロソフィーの様な
屈折した人間の放つポリシーとは真逆の性質故に
レンズの性能がトップクラスは語るに及ばず
被写体に威圧感与えてナンボの世界なのだ!
(だってねェ・・・電車の中で盗撮する馬鹿とは違うからね?)

些か話が脱線してしまったが
云うが早いがCanon EF40mm F/2.8 STMは
ボディのグリップの厚さとほぼ同じ厚みとなるから、
『小型化』という或る意味日本で無ければ
企画さえ生まれなかったに相違ないほどシンプルなのだ!

-実は調べていく間に、こうした薄型レンズの類は、
前々から他所のカメラメーカーやサードベンダーより
リリースされていて・・・そのホットケーキ=パンケーキの
様子から今のように呼ばれている。
ただ私の使うCanonではパンケーキレンズは40mmが初めてだろう。

さて・・・念のために云うが、
このCanon EF40mm F/2.8 STMは私がオーナーではない。
正式なオーナーはお小遣いを貯めて購入計画を
Excel 2016などやProject 2016などで
進捗表を放課後になるたびにゴリゴリと推敲した
うちのチビが正当オーナーなのだ

のちに何れ購入して、現行機種のCanon EF24mm F/2.8の
マイグレーションを推し進めたいと
前々から切望して念願かなって同じパンケーキ・レンズの
Canon EF-S24mm F/2.8 STMを入手したのも
チビの手柄なのだ!

 

 

creative-efs-04_001

creative-efs-04_002

creative-efs-04_003

creative-efs-04_004
Canon EF-S17-55mm F/2.8 IS USMも同じだ。
APS-Cの機動力を存分に発揮するために
Canon EF-S10-18mm F/4.5-5.6 IS STMや
Canon EF-S55-250mm F/4-5.6 IS STMなどと組み合わせても
ショルダーバッグは驚くほど軽く、
予備バッテリーや拡張グリップを入れても
まだスペースに余裕があるので
格安SIMのタブレットを携行して
RAW画像の取り込み環境がキッティングされ
現場で目視確認するという徹底振りである!

私のデビューした当初よりも
EOS X5を賢く上手に使っているから
驚くほかないのだ!www

さて・・・私が使うと如何なる作風になるのか?
EOS 80Dに装着しての雑感も交えてどうぞ。

 

 

creative-efs-04_005
2016/05/03 14:15
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/90
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

creative-efs-04_006
2016/05/07 14:36
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

creative-efs-04_007
2016/05/07 14:37
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

 


creative-efs-04_008
2016/05/07 14:38
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

creative-efs-04_009
2016/05/07 14:40
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

creative-efs-04_010
2016/05/07 14:41
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

creative-efs-04_011
2016/05/07 14:42
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

creative-efs-04_012
2016/05/07 14:46
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

creative-efs-04_013
2016/05/07 14:48
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-200、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

creative-efs-04_014
2016/05/07 14:51
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/4.0、ISO-200、スピード1/350
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

こうして作品を順番に見ていくと、
レンズ自身のレーゾン・デートル(存在理由)も
語るより“見る”方が直感的にきますね?

まァ最初の写真は磨耗が著しくサイドウォールに
幾つかヒビ割れが発見されたので、
同じMichelinタイヤのEnergy Saver Plusという
今までのEnergy SaverのマイナーVerアップという仕様の
タイヤに履き替えた『記念』として
Canon EF24mm F/1.4L II USMで撮影した
遊び作品ですが(≧∇≦)

話は少し脱線しますが、撮影を続けていくと
愛車のメンテナンスも余所様より何倍も金が掛かるし
移動距離も普通に片道100kmを超える場所にも行く

茨城県ひとつとっても筑波市に筑西市。
水戸市に下妻市に常総市、取手市に石岡市。
他にもひたちなかに小美玉市や東茨城郡など。
こうした場所を次々に走破する必要があるので
柔らかいコンパウンドを採用した某社のタイヤは
満足と2年持ちませんでしたよ(-_-;)

すべての性能を、妥協しない
こうキャッチフレーズを銘打つMichelinタイヤには
正直頭が下がります;´Д`)))
(つまり国産のヘロヘロに比べて硬く頑丈な訳です)
     ・
     ・
     ・
一般的にパンケーキレンズを使用する目的としては、
カメラ全体をコンパクトかつ軽量にまとめることに尽きますね?
小さなレンズとの組み合わせは
非力なチビが考え抜いた“撮影の術”

この軽快感はスナップ撮影などで
威力抜群といったところかな?
AFも速いだけでなく限りなく“無音”に近い。
このレンズはAF駆動にSTMを採用しているので、
従来のリング方式USMと比較しても、
非常に静かなのかも知れません。

外観や操作性もそうだが卑しくも“レンズ”である以上
肝心の画質は絶対に妥協したくないのだが?
これも小さなレンズとは思えないほどに良好だ。
絞り開放のF/2.8から解像感が高く、
単焦点らしく“ヌケ”も一段と素晴らしい!

F/4.5~F/8.0にかけて画像全体の
解像感が頂点に到達するフィーリングだ
どんなレンズにせよF/11.0を超えると
大なり小なり回折により画質が損なわれていくのだが、
スナップ用途に重点おくなら、
そう極端に絞り込んで光芒を出して撮影することも
日常茶飯事でない訳だから
大したアキレス腱にはならないと私は感じたが・・・?

幾つか非公開でEOS 5D Mark 3といった
フルサイズでも試写を行ったのだが、
世間が酷評するほどの周辺光量落ちは目視できなかった。

もっとも私であれ彼女であれチビであれ、
PCやサーバーでの現像処理を前提とした
『RAW』が基本中なので撮っておけばDPE時に
補正することは難問で無い。
チビの重要視したのは“レンズ重量”と
F/2.8という“明るさ”を活かす事が最優先事項だろう。
     ・
     ・
     ・
かく云う私も40mmという焦点距離を
実際に目にして装着する直前まで
『?』こんな感じで疑問符が剥がれなかったタイプだwww
フルサイズであれAPS-Cであれ、
余りにも中途半端にしか思えないからだ。
標準レンズである50mmより少しだけ広い(広角側)ので、
フレームいっぱいに捉えるには何時もの見慣れた風景でさえ
もっと接近することを余儀なくされる。

逆にアオれば周辺には控えめなパースも付いてくる。
それは上記の藤棚や樹木の作例でも判るかと思います。
こうして写真に臨場感が生まれる
絶妙な焦点距離でもあるのだ
ここ最近はプロユースのCanon EF24-105mm F/4L IS USMや
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMといった
ズームレンズを中心にしか構成が頭に無かった私には
久し振りの単焦点の経験が続くオンパレードなので
色々とチビッ子たちに気付かされた貴重な経験でした。

前のBlogでもチョコット触れたが
好きな焦点距離のレンズを繰り返して使うことは
造詣が深まる意味で良いことだ。

ただチビには恐ろしく退屈で地味な作業の繰り返しは
嫌で耐え切れない部分も出てくるので
私や彼女も「写真の世界」に関してはノータッチだったから
尚更ですね!。
今頃ながら一番大切なことだが
伸び盛りの学生には敢えてクチにしない様にしている。

なぜならば・・・
撮影対象が同じになってしまう危険因子も孕んでいる。
文字通り『視野狭窄』といった状況だ
こうした負のスパイラルから脱却するには
レンズの幅を広げることも大切ですね?
私が兼ねてよりチビ達に訓示していた
サブレンズは単焦点が原則!
図らずも自分に跳ね返ってきた言葉ですが
いつものレンズとキャラ(画角)が被らない
良質な中古良品を探して買うのも面白いでしょうね?

 

 

creative-efs-04_015
2016/05/07 14:54
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S10-18mm F/4.5-5.6 IS STMで
F/4.5、ISO-250、スピード1/4000、焦点距離10mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

creative-efs-04_016
2016/05/07 14:55
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S10-18mm F/4.5-5.6 IS STMで
F/4.5、ISO-250、スピード1/2000、焦点距離14mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

creative-efs-04_017
2016/05/07 14:57
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S10-18mm F/4.5-5.6 IS STMで
F/4.5、ISO-250、スピード1/8000、焦点距離10mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

creative-efs-04_018
2016/05/07 14:57
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S10-18mm F/4.5-5.6 IS STMで
F/4.5、ISO-250、スピード1/8000、焦点距離14mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

creative-efs-04_019
2016/05/07 14:58
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S10-18mm F/4.5-5.6 IS STMで
F/5.6、ISO-250、スピード1/3000、焦点距離16mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

自粛・奉仕の「強要」なんぞクソ喰らえ! (05)

私は自分の価値観で生きている
まァ当たり前といえば当然ですがね?

ところが先の熊本地震然り、東日本大震災もまた然り
そして1995年の阪神淡路大震災も同じ。

やれ“自粛”だのアニメを延期しろだの
挙句の果ては花火大会を白紙に戻せ
妄言録で記憶に新しい白痴都知事
私の中ではシッカリと『裸の王様』として
今もなお鮮やかな映像として残っている・・・。
自粛?なんだ、その無知蒙昧な
ヌカに釘打つリソースの無駄遣いは!www

私の母親が2009年に隣部屋で首吊り自殺した時に
お前さん達は『私のため』に涙して
わが事の様に悲しんでくれたのかね?
    ・
    ・
    ・
違うよな?
当然だ、見も知らぬ他人の不幸なんぞ、所詮はカモの味。

他人に自粛だの喪に服す態度を求めるなら
俺の母親だって同じはずだ。
生老病死が貴賎の差無く訪れるのは
誰もが判っている事。

1人も大勢も“命の重さ”や“尊さ”は
順列無いのが当たり前だ
その当然が理解できずにギャーギャーと
壊れた電動ノコギリの様に喚き散らす凡愚を見ていると
怒りの感情を通り越して『喜劇』としか私の目には映らない-。
大体、九州の凡愚達は、
福島の農産物などは絶対に買わないと明言したよね?

東日本大地震で困窮していた東北の支援依頼に対して、
行政も含めた九州の愚民達は
福島の現状は自業自得
とまで言及していたのを鮮明に覚えていますよwwwww
さて、今の九州の人々はどんな思いになっているのでしょう?
フン!ただの自業自得
身から出たサビだね!

私にとっては初のTV中継となった
第一次湾岸戦争のピンスポット爆撃映像も
死体の山を気付いた大震災も
所詮は「お茶の間のワイドショー」でしか
レーゾン・デートル(存在理由)は無いのだ

私は阪神淡路大震災の時も、東日本大震災も
今回の熊本地震も自分のサークルの無事や
知的財産が詰まったHDDを、
それこそWindows 95の時代から連綿と守るだけに
災害に対しては注力してきた。

組織のボスが浮き足立っては、
よその人間にまで波及して
更なる混乱を招いてしまう・・・。

アメリカ合衆国の大統領も
仕事の遂行時は「職務の長」であって
「ヒト」では無い
こうして私は災害復旧における
BCP(事業継続計画)のマネージメント概念である
ディザスタ・リカバリーの占める
情報の冗長性を嫌と云うほど覚えたクチだ。

私は徹底したリアリズムだし
アナキストでもあり
三無主義の権化とも準えるのは
そう間違った見方では無いと
そこに関しては私も渋々承諾しますがね!www

ただね・・・議論の為に議論を好み
学問の為に学問を重ね、
真理にそむいて時代の好みに阿(おもね)り、
世間に気に入られるような愚説を唱え、
時勢に迎合する事しか脳ミソが無い
ツイッターの馬鹿共を遠巻きに見ていると
まさに曲学阿世と総称するに相応しい
バカ発見器の巣窟だwww

他人のために流した涙なんぞ
決して偉くも美しくもない。
    ・
    ・
    ・
無論、後を継いだウチのチビには
そんな過酷な精神状況に
自らを痛めつけるような真似はしない様にと
常日頃から『新しいプロジェクト・リーダー像』を
2人で話し合ってますが・・・。

さて、考えても見れば
何もチビが後継者となったのは
私が何十年とオリガーキー(寡頭政治)の
代名詞として君臨した
サークルの総責任者の顔だけでは無かった。

まさかチビに限って『写真』の世界に
飛び込んでくるとは私にとっては
思いもよらないサプライズだったからだ。

確かに皆さんの御指摘通り冷血漢の塊りであり
万事の出来事に対して斜め上から目線でしか
状況判断が出来なくなった私こそ『人間の屑』だ。
そんな私に長い間・・・思い起こす事さえ皆無だった
なにか形容し難い気分が心の奥底から
あたかもクレプスが浸潤するかの様に沸きあがった事は
今も鮮明に思い出します。
感情、という奴ですね!

これが自分の血を引く子供でもないのに
チビが日々成長を続けて
駆けっこが上手に出来た時や
悪いことして私に怒鳴られたり
夏祭りが待ち遠しくて寝相の悪いチビに
夏掛けを被せてやったりと-。

こんなにも永き年月を経てから
ようやく気付かされた
感情という名のカセットテープが縺れた紐の様になって
私の人間性や心にビッシリと根差していた
人間不信の“性悪説”に
なにか電気のような刺激を与えて走り抜けます。

私にとっては
勿体無いほど怜悧な子供だけに
もう少し「子供らしく」そう・・・
ヤンチャに育って欲しいのが本音ですが-。

新顔のEOS 80Dの操作感や、
CanonのRAW現像ソフトウェアである
Digital Photo Professional 4にも
身体が馴染んできた最近。

旧型のEOS 70DもCanon純正のストロボである
550EXが来たので、
まだまだ現役で使い倒す覚悟である。

 

 

 

I love Egoism_05_001大好きなウイスキーを防湿庫と人形の鎮座した
作業部屋で飲んでいると、
今は亡き母親が、まだ年男にも満たない
20歳ちょっとの私に言い聞かせてくれた詩を、
つい独語してしまったのだが・・・。

白玉の 歯に染みとおる秋の夜の
酒は静かに飲むべかりけり
若山牧水という私も大好きな歌人の一人
そんな物思いに耽って、
大勢で賑やかに祝杯するのも否定はしないのだが
私は彼と同じスタンスで、行く末やこれまでの出来事に
思いをを馳せて考えて飲むのが大好きだ。

年末年始に何処かのトラ箱で一夜を明かす
モザイク処理の馬鹿共とは
かなり違った“酒の楽しみ方”だが・・・。

そこにXbox 360で無双orochi 2を
頑張って贔屓にしている武将を育てるために
戦い続けていたチビが思いもよらない“合いの手”を
入れてきたので流石に私も驚きを隠せませんでしたね!
酒に対しては当に歌うべし
人生、幾何ぞ

子供・子供と信じて疑わなかったチビが
いつの間にかスッカリ反抗期になった事実
(ここでは、良い意味合いですが)
私も相好を崩しかけましたが、ここは我慢の勘所!www
いつの日かチビが成人した暁には
改めて杯交わしたいです。

その為にも、他人が如何なる非難や自説を
私に強要計ろうとも
私は信じた茨の道を突き進むしかない-

 

 

 

I love Egoism_05_002
2016/03/05 08:16
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/4.5、ISO-100、スピード1/1000、距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

I love Egoism_05_003
2016/03/05 08:17
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/4.5、ISO-100、スピード1/1500、距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

I love Egoism_05_004
2016/03/05 08:17
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/6.7、ISO-100、スピード1/350、距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

I love Egoism_05_005
2016/03/05 08:18
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/6.7、ISO-100、スピード1/750、距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

I love Egoism_05_006
2016/03/05 08:19
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/2.8、ISO-100、スピード1/6000、距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

I love Egoism_05_007
2016/03/05 08:19
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/2.8、ISO-100、スピード1/750、距離50mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

I love Egoism_05_008
2016/03/05 08:20
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/6.7、ISO-100、スピード1/750、距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

I love Egoism_05_009
2016/03/05 08:20
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000、距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

こうした背景の整理を見ると
ああ、確かに“F/2.8通し”に違いない
よくも素直にボケているな!
などと、改めて描写の底力に思い知らされますね?

何よりも・・・撮った人間の腕前までが
上達したかの様に写し撮れるから
冷静に考えると、ちょっと恐いですよね?
本当はレンズに注がれたリソースが
極めつけのクラフトマン(名人)が創った銘玉であって
レンズに助けられているに過ぎないのですが\(^o^)/

-もっとも、そうしたレンズを使って
キッチリと撮る事が出来るのも
私にとっては大切なファクターなんですがwww

 

 

 

I love Egoism_05_010
2016/03/05 08:23
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/750、距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

I love Egoism_05_011
2016/03/05 08:25
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/350、距離123mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

I love Egoism_05_012
2016/03/05 08:25
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/8.0、ISO-100、スピード1/350、距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

I love Egoism_05_013
2016/03/05 08:27
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/8.0、ISO-100、スピード1/125、距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

I love Egoism_05_014
2016/03/05 08:29
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/8.0、ISO-100、スピード1/250、距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

I love Egoism_05_015
2016/03/05 08:30
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/8.0、ISO-100、スピード1/350、距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

I love Egoism_05_016
2016/03/05 08:33
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
SIGMA 85mm F/1.4 EX DG HSMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

片や、こうしたポートレートのレンズでは
135mmや200mm程に整理整頓されると
何処の場所で撮ったのかな?
などと撮影者自身も判断に難しい事は
珍しくないので・・・そこそこ副題も意識すると
明るいレンズを絞ってキレのある描写にするか
レンズの画角で寄るのか、それとも引くのか?
大体が、この二択になるかと思われます。

 

 

 

I love Egoism_05_017
2016/03/05 08:35
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
SIGMA 85mm F/1.4 EX DG HSMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

I love Egoism_05_0182016/03/05 08:36
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
SIGMA 85mm F/1.4 EX DG HSMで
F/2.8、ISO-200、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

I love Egoism_05_019
2016/03/05 08:36
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
SIGMA 85mm F/1.4 EX DG HSMで
F/2.8、ISO-200、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

I love Egoism_05_020
2016/03/05 08:38
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
SIGMA 85mm F/1.4 EX DG HSMで
F/4.5、ISO-200、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

I love Egoism_05_021
2016/03/05 08:41
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-400、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

I love Egoism_05_022
2016/03/05 08:45
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/5.6、ISO-400、スピード1/350
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

300mmオーバーの超望遠では、
基本的に特定の目的を持った方が
手にするレンズ・・・ちょっと漠然とし過ぎでしょうが、
使い道はスポーツ・野鳥撮影などが第一候補に挙がるでしょうが、
私も『大砲』の異名をとる
SIGMAのAPO 150-500mm F/5-6.3 DG OS HSMを持っているので
超望遠でF値がどれだけキープ出来るのか?は、
かなり真剣な問題の一つですね?

最近では防湿庫の肥やしになっていましたが
亦々超望遠の病気が再発した身にしてみると
何ともさあ、撮るぞ!という
必殺の気構えで撮影計画を彼女と練り上げている最近ですが-。

一旦Canonの誇るEF70-200mm F/2.8L IS II USMで
目が慣れてしまうとF/4.0と聞かされると
明らかに暗いモノの、その分取り回しの良さと
取っ付き易さが魅力でもある同じCanonの
EF300 mm F/4L IS USMの組成の良さに気付いてからは
すっかりアウトフィールド御用達の
F/4.0通しの魅力を再発見!

やはりデジタル一眼レフは、
システムカメラと別称があるほど、レンズを交換させて
ナンボの世界なのは確かな話ですが・・・。
そんなレンズも気軽に使えないとなると?
持っている意味が無くなってしまいますからね?

殊更、風景をメインに据えて或る程度まで
絞りを絞り込むなら超イチオシのレンズですね!

 

 

 

I love Egoism_05_023
明るさについての不安要素は、
昨今のデジタルで使うことを前提とすれば、
高感度撮影で十分に補間できるので、前ほど気にしませんね?
描写は「L」の称号を持つ故、不足はまったナシ!

 

 

 

I love Egoism_05_024
APS-Cなので開放からキリキリにシャープな像を結び、
ボケ味も極めつけに美しい。
普通なら開放での周辺減光が避けられないですが
大は小を兼ねる、とは正にこの為にある比喩で
フルサイズ用レンズをAPS-Cに装着して撮る行為は
実のところ・・・彼女のNikonのフラグシップでは
お馴染みとなった『クロップアップ』に近い作業なんですよ!
    ・
    ・
    ・
スポーツの世界で散々鍛えられてきた
EF70-200mm F/2.8L IS II USMなどの
爆速といったAFではなく手振れ補正も旧世代の代物なので
過信は禁物ですが・・・逆に
自分が危ないな?と感じたら
ISOを素直に上げる癖と三脚の帯同が
グッと増えましたね。