中途半端」タグアーカイブ

2017-コスホリック20を終えての感想

公私含めて東京に向かうなど、
社畜生産所だった『ITヤクザ企業』以来の
“超”がつく久し振りの東京見物だ
もっとも私が中央区の日本橋まで
日帰りの強行軍を選択したのは
ちゃんとした理由が有ったればこそだ。

『現役女子高生グラビア』という有料の会員制サイトに
永らく籍を置いていた私ですが、
気が付いてみたら・・・そんな有料サイトもキッパリ退会して
好きなグラビアの女の子は
個人的に追いかけるに結論しました。

退会の理由はかなり前のBlogでも触れてますが
要するに『可愛い女の子』が
次々と消えていき、自分の趣向とする
範囲から大きく乖離して
年増の賞味期限切れを未練ある感じで
何時までも看板に据えているのが
我慢出来ないので、有料サイトを止めた訳です。

2011年2月14日に入会してから5年が経過した
去年・・・2016年6月5日を以てして完全解約した。
Stage2まで会員限定のページも閲覧できた私ですがね!

Webサイトの紹介には

>>「現役の女子高生にこだわりぬいた
>>エロかわいい究極の女子高生グラビア動画サイト。
>>制服、ブルマ、スク水はもちろん、
>>競泳水着やコスプレ等の画像が盛りだくさん!」

と有るが・・・ぶっちゃけ不細工揃いの低品質の女子を揃えても
有料課金の私から言わせると“ふざけるな”の一言だ。
どちらかと云えば、今の私は特定のアイドル
2-3人を集中して追い掛けるタイプだし
DVDやBlu-rayなども特定の女の子しか買わない。

こうなると、自分の趣味趣向と
著しく離れた有料サイトが
看板に偽りあり・・・と、感じるわけだ。
それ以降は今後はグラビアを扱った通販サイトが
競合他社でリリースされているので
電子書籍なりBlu-rayでも、
こういった第三者販売店を利用するのが
メインになってます。

 

 


こうして私のBlogから潮が引いたように
一斉にグラビア関係のバナーが消えた訳です!
即ち・・・ 花は美しくてあってこそ花なんですね!

グラビアに然りモデルに然り
美しさや可愛いを“売り物”にするプロである以上、
オカズにならなければ意味を成さない!
つまり、金銭を払う意味が無くなるんですよ。
     ・
     ・
     ・
そんな中でも西永彩奈さんは
自分にとっても『別格の存在』
有料サイトを退会してからも
自分で取扱店を探してWebショップで注文しては、
可愛い女の子を眺めてニヤニヤとする自分。

数日前に偶然に情報を得た
コスプレイヤー達の祭典とも云える
cosholicというイベントに出てみようと決意したのです!

全年齢向けのコンテンツも有るのですが
大体は露出の高い女の子が多数占めるので、
イベント自体が18歳未満はお断りの
分別付く大人向けの写真撮影会であり
サインやポスターなどの
即売会の性質も併せ持っております。

目当ての女の子のフォトJPGと
ムービーが収録されたCD-Rを買うのですが
1枚が1500円と結構リーズナブルな価格設定にも関わらず
セーラー服有り体操服とブルマーあって
色々と楽しめる内容です!
その新作を2枚買った私には
『1分間』だけの撮影時間が“購入者への権利”として
与えられるシステムなのです。
撮影者の隣ではストップウオッチ持ったスタッフが
カウントする徹底した環境です。

私は彼女の大ファンなので
結局残りの旧作品も含めて全部大人買いしたクチですがwww

これで撮影の権利チケットが2枚なのでわたしは
2分間で何処まで納得できる写真を撮れるか?
ここが大切になってきます!
1秒間で50円支払う計算になるので
余りモタモタする訳にはいかないのが現場の事情ですね!

行き交う人混みと空気の淀みで
今にも倒れそうになりましたが
そこは何とか気合いで立っていました。

 

 

2017/05/05 18:27
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/2.8、ISO-400、スピード1/180、焦点距離49mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/05/05 18:28
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/2.8、ISO-400、スピード1/90、焦点距離52mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/05/05 18:28
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/4.5、ISO-400、スピード1/60、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/05/05 18:29
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/4.5、ISO-400、スピード1/60、焦点距離42mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

結果は失敗作が多く、
まだまだ自分の腕前が未熟である事を再確認しました。
しかしながら、大好きなグラビアの女の子にも会えて
短いですが会話も出来たので、まずまずの戦果が得られましたね!
そして何よりも・・・グラビア撮影とは何ぞや?という
漠然とした考えや妄想が綺麗に吹き飛び
或る意味現場経験が出来たのが
本当に嬉しいのです!
グラビアの彼女たちは常に動いている
簡単に撮らせてはくれない高い難易度ですよ?
何だかファインダー覗きながら脳裏を過ぎったモノは
梢(こずえ)の中を飛び回る小鳥を、チカラ技で強引に追い掛ける感じなのですよ!

これからの人物を含めたポートレートや
室内撮影の難しさも肌で感じたわけで
来年へむけての自信は確実に付きました!

これからはCanon 550Exnのストロボに
Canon EF24mm F/1.4L II USMや
Canon EF35mm F/1.4L USMといった
広角側の単焦点レンズだけで挑める事も判ったので
大幅な軽装化と機動力確保に
間違いない手応えは掴めました!
     ・
     ・
     ・
私の伝国の宝刀でもある
Canon EF50mm F/1.2L USMでは
近過ぎて被写体との距離が中途半端になるので
もっと日々の研鑽あるのみですね?
実際に使える距離なんですよね~!
私自身が開放値F/1.2でのカミソリ・ピントを
極端に恐れているだけなのも理屈では判るのですが

事実、50mm付近の歩留まりは結構良い感じなので
あとは自分の経験値を重ねるしか“術”は無いのですよ?

また、当ブログで公開扱いされている
モデルの写真は被写体である
人物の許可を得た上で使用されています。
変な気持ちは起こさないように!
間違った盗用などが私たちのサークルに判り次第
いつでもBlogの記事の限定公開や
完全非公開にいつでも切り替える準備は出来てますよ?

八坂神社・祇園祭の記憶 (04)

この記事は「招待制」の限定公開記事です。

閲覧には私からのパスワードが必要です。
基本的に「現実世界」である程度
撮影仲間として顔見知りである事が条件です。
「相互リンク」だけでは、許可しません。



愛しき人形、紫陽花そして新緑 (02)

考えてみると今の秋雨前線は
気味が悪いほどBlogの作品を撮った
ジューン・ブライドに似てきている・・・。

ジメジメと湿度が高く寝苦しい特徴も
よく似ている。
違うと云えば台風の到来の有無だろう。

私が足繁く赴く筑波山も例外なく
紫陽花やほかの綺麗な草花に覆われている
いうなれば一番に御山が賑わう季節だろう。

my-dearest-doll-hydrangea-and-nature-02_001
2016/11 11:26
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S24mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/8
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

my-dearest-doll-hydrangea-and-nature-02_002
2016/11 11:27
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S24mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/60
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

my-dearest-doll-hydrangea-and-nature-02_003
2016/11 11:28
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S24mm F/2.8 STMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

my-dearest-doll-hydrangea-and-nature-02_004
2016/11 11:31
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.8 STMで
F/1.8、ISO-100、スピード1/20
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

my-dearest-doll-hydrangea-and-nature-02_005
2016/11 11:50
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S24mm F/2.8 STMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/3
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

御山にいくたびに必ずといって良いほど立ち寄る
蕎麦処ですが、こうして私のレンズに負けない描写を
チビのパンケーキは奮闘していますね?

 

 

my-dearest-doll-hydrangea-and-nature-02_006
2016/11 11:21
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S24mm F/2.8 STMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/90
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

my-dearest-doll-hydrangea-and-nature-02_007
2016/11 11:22
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S24mm F/2.8 STMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/90
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

my-dearest-doll-hydrangea-and-nature-02_008
2016/11 11:22
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S24mm F/2.8 STMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/90
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

my-dearest-doll-hydrangea-and-nature-02_009
2016/11 11:24
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S24mm F/2.8 STMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

my-dearest-doll-hydrangea-and-nature-02_010
2016/11 11:24
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S24mm F/2.8 STMで
F/8.0、ISO-100、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

my-dearest-doll-hydrangea-and-nature-02_011
2016/11 11:26
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF85mm F/1.8 USMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/350
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

my-dearest-doll-hydrangea-and-nature-02_012
2016/11 11:27
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF85mm F/1.8 USMで
F/1.8、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

my-dearest-doll-hydrangea-and-nature-02_013
2016/11 13:05
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

my-dearest-doll-hydrangea-and-nature-02_014
2016/11 13:06
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

my-dearest-doll-hydrangea-and-nature-02_015
2016/11 13:07
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

こうして一見『中途半端』な感じが否めない40mmですが、
旧い銀塩一眼レフ時代の冊子に目を通すと
意外にも?、保守伝統的な位置付けのようです。

今更詳細を述べるまでもなく
50mmよりも僅かに広角側にシフトしているので
下からアオり気味に撮れば
まずまずのパースが得られるので
気持ちの良い表現方法が可能ですね!

また、作例のように被写体には思い切って近付けるのも
このクラスの単焦点ならではの“特権”でしょう。

 

 

my-dearest-doll-hydrangea-and-nature-02_016
2016/11 13:10
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF85mm F/1.8 USMで
F/1.8、ISO-100、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

my-dearest-doll-hydrangea-and-nature-02_017
2016/11 13:11
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF85mm F/1.8 USMで
F/1.8、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

my-dearest-doll-hydrangea-and-nature-02_018
2016/11 13:13
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF85mm F/1.8 USMで
F/1.8、ISO-100、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

my-dearest-doll-hydrangea-and-nature-02_019
2016/11 13:14
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF85mm F/1.8 USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

こうしてCanon純正のEF85mm F/1.8 USMで撮った印象は
思いのほか片意地張らずに
撮影に臨める事ですね!

何よりもF値も1.8と普及クラスの割には
想像以上に“魅せる画作り”約束してくれ
レンズ全体の重量も総じてライト・ウェイト傾向なので
非力なチビたち学生連中には
相当に頼もしい助っ人になるのは間違いないですね!
     ・
     ・
     ・
このBlogの下書きだが、いつも以上に
“悪戦苦闘”の私・・・なのであるwww
そんな折に飛び込んできたのが
ドイツ・ケルンにて「Photokina 2016」が開幕されたニュースは
否応なく次世代のレンズの発表が楽しみです!

・・・と云うのも私や彼女そしてチビなど
「リアル極限流」を地でいくサンデーカメラマンには
純正の単焦点が驚くほど高額なので
SIGMAの30mmに50mm、85mmのF/1.4は
大変にエレメント構成も優れて素晴らしい描写を
私たちに与えてくれる貴重なレンズのサードベンダーです!

そんな素晴らしい単焦点ですがサスガにF/1.4クラスの
明るさ誇るレンズは各社肝入りなので
御幣を恐れずにいえば“尖った性格”のレンズが多いですね?

そこに飛び込んできた私の手持ちのF/1.4の後継である
SIGMA 85mm F1.4 DG HSM Art は、
12群14枚という単焦点では“化け物”に相応しいレンズ構成で
シグマの公式プレス曰く5,000万画素以上とも考えられる
“超高画素”なデジタル一眼レフに対応する高い解像力を
約束してくれるそうだ!

ただ発売前から判っている事が1つだけ有ります
それはトンでも無く
重いレンズだという事!
従来の85mm F/1.4では採用されていない
マウント部にゴムのシーリングを施工した
簡易防塵防滴もうれしい配慮だし、
マウントコンバーターMC-11に対応しているので
複数のボディで、レンズが共有できるのは
お金の節約にもなりますね?

私のようにSIGMA USB DOCKを所持するなら
ピントの素早さを最優先にしたり
逆に失敗した時のリカバリーに重点おいて
AFの精密性にカスタマイズするのも面白いだろう。

ただ・・・ポートレート御用達の85mmばかりが
防湿庫でひしめく状態は
正直御免被りたいのでシグマの社長には申し訳ないんですが
今回はスルーの方向です・・・悪しからずwww

 

 

my-dearest-doll-hydrangea-and-nature-02_020
2016/11 13:19
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S24mm F/2.8 STMで
F/4.5、ISO-200、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

my-dearest-doll-hydrangea-and-nature-02_021
2016/11 13:21
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S24mm F/2.8 STMで
F/6.7、ISO-200、スピード1/90
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

my-dearest-doll-hydrangea-and-nature-02_022
2016/11 13:23
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S24mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-200、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

my-dearest-doll-hydrangea-and-nature-02_023
2016/11 13:25
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S24mm F/2.8 STMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

my-dearest-doll-hydrangea-and-nature-02_024
2016/11 13:26
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S24mm F/2.8 STMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/350
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

my-dearest-doll-hydrangea-and-nature-02_025
2016/14 11:32
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S17-55mm F/2.8 IS USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/500、焦点距離55mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

my-dearest-doll-hydrangea-and-nature-02_026
2016/14 11:33
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S17-55mm F/2.8 IS USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/350、焦点距離55mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

さて・・・台風17号も
日本とは無縁の国を直撃したそうだが
日本にいる私には馬耳東風・他人事で済みそうだ

そろそろBlogの更新頻度も上げないと
駄目なのは判っているんですがね!
如何せんにも天候と腰の具合に恵まれません(-_-;)

進化したEF-Sに舌を撒く (04)

それにしても寝苦しい夜が続きます
なにも酷暑酷寒が苦手で
冷暗所が過ごし易いのは美少女人形の
保管に限った“特権”でも有るまい?

-そうは語るモノの、皆さんが想像するように
耐熱・耐衝撃の素材でマシンガンや
クラスター爆弾も跳ね返す要人警護用のガラスで
覆われた内部で観賞している訳では有りませんwww

意外かもしれませんが、懇意にしている造型師の方曰く
保管の基本は普通に飾り
素手で触り空気に通すこと
が一番人形にとっては理想的な保管スタイルだそうですよ?
     ・
     ・
     ・
さてはて、こうも暑いと流石に体力がゴッソリと奪われますが
ここで暑さに負けない体力作りの一環として
被写体を追い掛けては東西へ奔走する日々です。

今回は、同じ単焦点でも何かと“中途半端”な感じが否めない
Canon EF40mm F/2.8 STMと
Canon EF-S17-55mm F/2.8 IS USMの2つがメインです。

うちのチビが私の撮影仲間から貰っていながら
未だに“防湿庫の主”として鎮座する
EOS 5D Mark 3でも私のEOS 80D・70Dでも
そのスタイリッシュな外見はすぐに“パンケーキ・レンズ”の
それと判るか判らないか?
これほど控え目で自己主張しないレンズは、
正直私から見たら“好み”とするレンズでは無い!

どちらかと云えばレンズの象徴は
ゴツくて重くて良く写る!
こうした旧態依然のレンズに対するフィロソフィーの様な
屈折した人間の放つポリシーとは真逆の性質故に
レンズの性能がトップクラスは語るに及ばず
被写体に威圧感与えてナンボの世界なのだ!
(だってねェ・・・電車の中で盗撮する馬鹿とは違うからね?)

些か話が脱線してしまったが
云うが早いがCanon EF40mm F/2.8 STMは
ボディのグリップの厚さとほぼ同じ厚みとなるから、
『小型化』という或る意味日本で無ければ
企画さえ生まれなかったに相違ないほどシンプルなのだ!

-実は調べていく間に、こうした薄型レンズの類は、
前々から他所のカメラメーカーやサードベンダーより
リリースされていて・・・そのホットケーキ=パンケーキの
様子から今のように呼ばれている。
ただ私の使うCanonではパンケーキレンズは40mmが初めてだろう。

さて・・・念のために云うが、
このCanon EF40mm F/2.8 STMは私がオーナーではない。
正式なオーナーはお小遣いを貯めて購入計画を
Excel 2016などやProject 2016などで
進捗表を放課後になるたびにゴリゴリと推敲した
うちのチビが正当オーナーなのだ

のちに何れ購入して、現行機種のCanon EF24mm F/2.8の
マイグレーションを推し進めたいと
前々から切望して念願かなって同じパンケーキ・レンズの
Canon EF-S24mm F/2.8 STMを入手したのも
チビの手柄なのだ!

 

 

creative-efs-04_001

creative-efs-04_002

creative-efs-04_003

creative-efs-04_004
Canon EF-S17-55mm F/2.8 IS USMも同じだ。
APS-Cの機動力を存分に発揮するために
Canon EF-S10-18mm F/4.5-5.6 IS STMや
Canon EF-S55-250mm F/4-5.6 IS STMなどと組み合わせても
ショルダーバッグは驚くほど軽く、
予備バッテリーや拡張グリップを入れても
まだスペースに余裕があるので
格安SIMのタブレットを携行して
RAW画像の取り込み環境がキッティングされ
現場で目視確認するという徹底振りである!

私のデビューした当初よりも
EOS X5を賢く上手に使っているから
驚くほかないのだ!www

さて・・・私が使うと如何なる作風になるのか?
EOS 80Dに装着しての雑感も交えてどうぞ。

 

 

creative-efs-04_005
2016/05/03 14:15
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/90
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

creative-efs-04_006
2016/05/07 14:36
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

creative-efs-04_007
2016/05/07 14:37
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

 


creative-efs-04_008
2016/05/07 14:38
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

creative-efs-04_009
2016/05/07 14:40
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

creative-efs-04_010
2016/05/07 14:41
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

creative-efs-04_011
2016/05/07 14:42
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

creative-efs-04_012
2016/05/07 14:46
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

creative-efs-04_013
2016/05/07 14:48
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-200、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

creative-efs-04_014
2016/05/07 14:51
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/4.0、ISO-200、スピード1/350
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

こうして作品を順番に見ていくと、
レンズ自身のレーゾン・デートル(存在理由)も
語るより“見る”方が直感的にきますね?

まァ最初の写真は磨耗が著しくサイドウォールに
幾つかヒビ割れが発見されたので、
同じMichelinタイヤのEnergy Saver Plusという
今までのEnergy SaverのマイナーVerアップという仕様の
タイヤに履き替えた『記念』として
Canon EF24mm F/1.4L II USMで撮影した
遊び作品ですが(≧∇≦)

話は少し脱線しますが、撮影を続けていくと
愛車のメンテナンスも余所様より何倍も金が掛かるし
移動距離も普通に片道100kmを超える場所にも行く

茨城県ひとつとっても筑波市に筑西市。
水戸市に下妻市に常総市、取手市に石岡市。
他にもひたちなかに小美玉市や東茨城郡など。
こうした場所を次々に走破する必要があるので
柔らかいコンパウンドを採用した某社のタイヤは
満足と2年持ちませんでしたよ(-_-;)

すべての性能を、妥協しない
こうキャッチフレーズを銘打つMichelinタイヤには
正直頭が下がります;´Д`)))
(つまり国産のヘロヘロに比べて硬く頑丈な訳です)
     ・
     ・
     ・
一般的にパンケーキレンズを使用する目的としては、
カメラ全体をコンパクトかつ軽量にまとめることに尽きますね?
小さなレンズとの組み合わせは
非力なチビが考え抜いた“撮影の術”

この軽快感はスナップ撮影などで
威力抜群といったところかな?
AFも速いだけでなく限りなく“無音”に近い。
このレンズはAF駆動にSTMを採用しているので、
従来のリング方式USMと比較しても、
非常に静かなのかも知れません。

外観や操作性もそうだが卑しくも“レンズ”である以上
肝心の画質は絶対に妥協したくないのだが?
これも小さなレンズとは思えないほどに良好だ。
絞り開放のF/2.8から解像感が高く、
単焦点らしく“ヌケ”も一段と素晴らしい!

F/4.5~F/8.0にかけて画像全体の
解像感が頂点に到達するフィーリングだ
どんなレンズにせよF/11.0を超えると
大なり小なり回折により画質が損なわれていくのだが、
スナップ用途に重点おくなら、
そう極端に絞り込んで光芒を出して撮影することも
日常茶飯事でない訳だから
大したアキレス腱にはならないと私は感じたが・・・?

幾つか非公開でEOS 5D Mark 3といった
フルサイズでも試写を行ったのだが、
世間が酷評するほどの周辺光量落ちは目視できなかった。

もっとも私であれ彼女であれチビであれ、
PCやサーバーでの現像処理を前提とした
『RAW』が基本中なので撮っておけばDPE時に
補正することは難問で無い。
チビの重要視したのは“レンズ重量”と
F/2.8という“明るさ”を活かす事が最優先事項だろう。
     ・
     ・
     ・
かく云う私も40mmという焦点距離を
実際に目にして装着する直前まで
『?』こんな感じで疑問符が剥がれなかったタイプだwww
フルサイズであれAPS-Cであれ、
余りにも中途半端にしか思えないからだ。
標準レンズである50mmより少しだけ広い(広角側)ので、
フレームいっぱいに捉えるには何時もの見慣れた風景でさえ
もっと接近することを余儀なくされる。

逆にアオれば周辺には控えめなパースも付いてくる。
それは上記の藤棚や樹木の作例でも判るかと思います。
こうして写真に臨場感が生まれる
絶妙な焦点距離でもあるのだ
ここ最近はプロユースのCanon EF24-105mm F/4L IS USMや
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMといった
ズームレンズを中心にしか構成が頭に無かった私には
久し振りの単焦点の経験が続くオンパレードなので
色々とチビッ子たちに気付かされた貴重な経験でした。

前のBlogでもチョコット触れたが
好きな焦点距離のレンズを繰り返して使うことは
造詣が深まる意味で良いことだ。

ただチビには恐ろしく退屈で地味な作業の繰り返しは
嫌で耐え切れない部分も出てくるので
私や彼女も「写真の世界」に関してはノータッチだったから
尚更ですね!。
今頃ながら一番大切なことだが
伸び盛りの学生には敢えてクチにしない様にしている。

なぜならば・・・
撮影対象が同じになってしまう危険因子も孕んでいる。
文字通り『視野狭窄』といった状況だ
こうした負のスパイラルから脱却するには
レンズの幅を広げることも大切ですね?
私が兼ねてよりチビ達に訓示していた
サブレンズは単焦点が原則!
図らずも自分に跳ね返ってきた言葉ですが
いつものレンズとキャラ(画角)が被らない
良質な中古良品を探して買うのも面白いでしょうね?

 

 

creative-efs-04_015
2016/05/07 14:54
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S10-18mm F/4.5-5.6 IS STMで
F/4.5、ISO-250、スピード1/4000、焦点距離10mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

creative-efs-04_016
2016/05/07 14:55
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S10-18mm F/4.5-5.6 IS STMで
F/4.5、ISO-250、スピード1/2000、焦点距離14mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

creative-efs-04_017
2016/05/07 14:57
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S10-18mm F/4.5-5.6 IS STMで
F/4.5、ISO-250、スピード1/8000、焦点距離10mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

creative-efs-04_018
2016/05/07 14:57
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S10-18mm F/4.5-5.6 IS STMで
F/4.5、ISO-250、スピード1/8000、焦点距離14mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

creative-efs-04_019
2016/05/07 14:58
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S10-18mm F/4.5-5.6 IS STMで
F/5.6、ISO-250、スピード1/3000、焦点距離16mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

突き詰めれば、単焦点 (03)

さて、写真撮影をメインに生活している
私と彼女やチビたち学生連中も、
色々と撮影方法が“マンネリ化”しない様に
私と同じように「苦闘」しているのが嫌と云うほど伝わってきますね?

勿論それは部活であれ野外活動であれ
或いは近隣の総合体育施設でも同じだが-
写すべく被写体との
ワーキング・ディスタンスを変えてみたり
普段は慣れていない『静物』を収めるのに
私のように“外部ストロボ”を中古で購入して
果敢にも夜間撮影にチャレンジしたり・・・。

まァそこは一概に否定論者として
チビ達の物事に詰まった時のアクセスの方法を
クドクドと闇堕ちするまで説教する気も有りません。

さて・・・この作例より5月分の日付の写真になりましたね?
この頃は今と違って梅雨空でもなく
正に「春真っ盛り」であり、
適度な雲にも恵まれた季節であった事が
昨日のように思い起こされます。

即ち、撮影日和であった事は間違いない訳です
まずは明るい単焦点のみが持ちうる
“アート志向”な画作りとは如何なる代物なのか?
まずは、その辺の説明も所々交えて
幾つか作例と一緒に見て頂ければ幸いです(^_^)

 

 

single-focus-03_001
2016/05/01 14:57
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

single-focus-03_002
2016/05/01 14:58
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

single-focus-03_003
2016/05/01 14:59
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/2000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

single-focus-03_004
2016/05/01 15:00
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

single-focus-03_005
2016/05/01 15:00
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

single-focus-03_006

single-focus-03_007

single-focus-03_008
同じ単焦点・・・それでもフレーミングを
少し工夫するだけで、これだけ印象の違う作品になります。
花の超拡大画像を見ると、マクロレンズで撮った疑惑さえ
生まれ兼ねないのですが・・・それこそが
Canon EF24mm F/1.4L II USMの真骨頂!

寄っても撮れるし引いても撮れるし
パースの強弱も思いのまま!
牛久沼水辺公園での、いつもの光景なんですが、
それでも眼前にある景色を
見た目通りに収めてしまう、それも直感に任せて!

なかなか、こういうエレメントの素質だけで
振り回せる広角・単焦点も貴重な存在
今では欠かせない相棒となりましたね?

それにしても何処の誰が御丁寧に
沼の支配者たる猫共に“餌付け”したのか?
随分と準備のいいフレーミングと思われるでしょうが
この光景は偶然出会ったので、他意はありませんww

 

 

single-focus-03_009
2016/05/01 15:02
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 85mm F/1.4 EX DG HSMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

single-focus-03_010
2016/05/01 15:04
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 85mm F/1.4 EX DG HSMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

single-focus-03_011
2016/05/01 15:04
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 85mm F/1.4 EX DG HSMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

single-focus-03_012
2016/05/01 15:07
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 85mm F/1.4 EX DG HSMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

single-focus-03_013
2016/05/01 15:07
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 85mm F/1.4 EX DG HSMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

single-focus-03_014
2016/05/01 15:07
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 85mm F/1.4 EX DG HSMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

single-focus-03_015
2016/05/01 15:08
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 85mm F/1.4 EX DG HSMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

single-focus-03_016
2016/05/01 15:10
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 85mm F/1.4 EX DG HSMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

猫のモフモフした感じは勿論、
細かい毛先1本1本までが見事に解像してますね?
ペロリと出した舌の様子までが克明に描写されているのは
さすがに驚きを隠せませんでした!

それだけでなく左を向いた全体像も
中々好みにあった画作りです。
なだらかな背骨と落ち着いた後ろ足の仕草もグッドですね?

手前の舗装された地面のゴツゴツした様子も写っていて
奥の雑草は対照的にボケているのですが、
ボケ味そのものが「とってつけた感じ」の
しない上品な主張をしてます

これならば、もう少しF値を変えてバリエーションを多くしたのが
もっと満足いく結果になったでしょうね?
どのみち、ここの公園までは大した長距離という程
大げさな遠征でもなく気軽に足運べるので
チャンスあれば狙って撮りたい“カリン様”です(o^∀^o)

 

 

single-focus-03_017
2016/05/01 15:12
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/5.6、ISO-200、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

single-focus-03_018
2016/05/01 15:13
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/5.6、ISO-200、スピード1/2000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

single-focus-03_019
2016/05/01 15:13
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/5.6、ISO-200、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

single-focus-03_020
2016/05/01 15:16
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/2.0、ISO-200、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

まさにツァイスの為に存在するかのような佇まいの被写体です!
実のところ白状しますと、
F/1.4でも何ら遜色なく解像している作品も撮っていたのですが
幾つかの作例を吟味した結果、
こちらのF/2.0での雰囲気を優先した訳です。

絞り開放では盛大に発生するパープルフリンジも
こうして被写体の色遣いや光源の方向に配慮するだけで
ここまでのポテンシャルは悠々と叩き出せる訳です!
-ただ、絞り値を1.4にした場合、
周囲の花も盛大にボケて溶けてしまうので
一呼吸落ち着かせる意味合いで
このF値の作品に決めたわけです

 

 

single-focus-03_021
2016/05/01 15:18
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/2.8、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

single-focus-03_022
2016/05/01 15:20
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/2.0、ISO-100、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

single-focus-03_023

single-focus-03_024

single-focus-03_025
少し前のBlogでも触れましたが、
レンズを手に取ってみて実際に驚いたのは
『想像以上に軽い』ことだった。
同じ焦点距離では、SIGMA 85mm F/1.4 EX DG HSMで
8群11枚の725gなのに対して、
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで5群6枚の570gだから
単純計算でも150g以上の差がある!

まァ、AF構造をレンズに設けているので
その質量差と割り切るのがベストな方程式だろう。

フォーカスリングは非常にトルク感あり、
形容し難い独特な回転の滑らかさ
AFレンズでは決して味合うことの出来ない
格調高いインセンティブさえ感じる。

そのくせ手に持った印象は
なぜか数値以上に感じる
とにかく“ズッシリ”した重量感あるもので、
金属とガラスの塊である事が再認識できよう。
レンズフードも金属製で、内側には植毛処理が施されている徹底振り
ほかのレンズベンダーと一線を画する。

 

 

さて・・・彼女の所有しているNikonの85mmとも
対比させたほうが詳しく諸元がわかると思うので
手前味噌ながら一応こうやってExcelの下書きを
PDFに出力していますが・・・。

先述の反芻になるのを承知で書きます。
こうして眺めると判ることですが
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEは
ポートレートレンズの中でも軽い部類なのがハッキリしてますね?

ライバルのAF-S NIKKOR 85mm F/1.4Gと大差ない重量だし、
リリースされた年月も同年代生まれです。
逆に“明らかに違う部分”は
フィルターサイズとレンズ構成ですね?
最短撮影距離は・・・85cmと1mですからね普通に使うなら『ドングリの背比べ』として
気にしないで済むレベルなので今回は除外しました。

手振れ補正のアシストで高評価を得ている
TAMRONの85mmはサスガに弱点は無いですね?
フィルターサイズも67mmと便利ズームの保護フィルターやC-PLも流用できるし。
最短撮影距離もAF-S NIKKOR 85mm F/1.8Gと
同じ80cmも素晴らしい健闘振りである。
エレメントも相当に贅沢に使っていて
それでいて重量はCanonのF/1.2を誇る
化け物85mmよりも300g以上も軽量化が施されている
まさに21世紀のポートレートの姿なのかも知れませんね?

ただ・・・惜しむらくは御値段もサードベンダーにしては
有り得ないほど『挑戦的』な価格設定なので
上半期に何かと出費のかさんだ私には
ちょっと厳しいレンズですwww
まぁ・・・85mmマニアならば一度は手にしたいと思わせる
単焦点なのは間違い無いでしょうね?
人を撮るために誕生した、SP 85mm F/1.8
と豪語する以上、溜息が出そうですねwww
茨城県で行きつけのカメラ売り場で
いつもの通りレビューとして貸出機のお願いをしたのですが
さすがに人気商品だけあって無理でした。
Canon用はモック展示もないのでチョット残念でしたね(+_+)

いずれにせよ、大きなボケ味や
カミソリの様に薄いピント面もひっくるめて、
大口径病を患ったオーナーであれば一度は足を踏み込むであろう「レンズの沼地」
挑戦し続けるマストアイテムかも知れません。

うちのチビが苦労の末に見つけてきた
Canon EF85mm F/1.8 USMに至っては
実に24年前のオールドレンズ!
使っている当の本人よりも
倍近くも長生きしてるレンズなのだwww

本音を云うならチビも欲しかったであろう
TAMRON SP 85mm F/1.8だが
私に気を遣っているのが判るので
なーんにも関与しないで見守るだけに専念した。

結果、銀塩フィルム時代の遺物を見つけた訳だが、
驚くほど描写は優れているのだ!
古さは残っているが、それでも非常に抜け目無く
完成の域に達したレンズと云える。
オマケにCanon純正なので例え本体が
エントリー機器のX5でも、違和感無く使える!
当然カメラ内補正も普通に出来るのだから
エントリーにこそ“純正”かも知れない
チビが此処に目をつけたのは値段以外にもある。
『重さ』というファクターに違いない。

SIGMA 85mm F/1.4 EX DG HSMでや
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
フロントヘビーでホールドに四苦八苦するなら
選択肢は限られてくるから、
チビは逆引き計算で考えて
良い意味で納得できる近似値を探り当てた訳だ。

CanonはAF対応で最短撮影距離が85cmなのに対して
Planar T* 1.4/85 ZEでは1mという仕様なので
もう少し寄って撮りたいな!
こんな時には中途半端な最短撮影距離が災いして
苦労するのは確実でしょう。
—————————————————————-
訂正:

85mmレンズのExif情報が間違っているとご指摘受けました。
正確には、
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
     ↓
SIGMA 85mm F/1.4 EX DG HSMで

この様になりますがBlogの内容や
レンズのフィーリングは正誤の区別なく残します。
なにせ、85mmレンズがNikonも含めれば
5本以上が鬩ぎ合う「激戦区」なので
混乱してしまいました。

間違ったExif情報を掲載して申し訳ありませんでした