合焦」タグアーカイブ

我が手の中にて眠れ、水野亜美 (04)

さて・・・メルクリウスやベネラ
今回は不参加だがマルス(火星)に木星(ユピテル)や
プルトン(冥王せつな)なども所有している。
     ・
     ・
     ・
閑話休題、そもそも大口径レンズとは
一体全体どんなエレメントなのか?
このレンズを購入するメリットとデメリットは
何なのか?順を追って解説しましょう

大口径レンズ、大口径ズームは
簡単に説明するとF値が小さいレンズのことを指す。
つまり明るいレンズという事になる訳だ!

ズームレンズにも大口径ズームレンズ
呼ばれるものがあります。
例えば、プロ御用達のCanon EF70-200mm F/2.8L IS II USM
と云ったものが大口径ズームレンズだ。
望遠のズームレンズで全域F/2.8となると
かなり明るいレンズに分類されますね?

プロやハイ・アマチュアなどにも絶大な人気を誇る
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMのレンズ。
前述の通り、とにかく明るいズームレンズなので
どの場面でも安心して
思うような写真を撮影することが出来ます。

大口径のレンズはメリットが多数あり、
単焦点には及ばないモノの
背景ボケを生かした写真が撮れること
一般的なキットについているレンズと比べると
大口径のレンズは背景ぼけが比べ物にならない程綺麗です。

暗い状況でも手振れなしで撮影できます!
室内であったり、薄暗くなってきた時などに
明るいレンズは真骨頂を知ることになります

F値というのは小さくする程に
シャッタースピードも速く出来る!
夜間にアウトドアで写真を撮影する際も
大口径レンズは何かと便利なツールと云えるでしょう!

勿論暗い場合はISO感度を上げて
シャッタースピードを上げるという方法もあるが、
それには限度があり、ISO感度は上げれば上げるほど
画像が荒くなってノイジーになるデメリットもある。

その点、最初からF値かが明るいレンズはISO感度を
それほど上げなくても
思うような写真が撮れる訳ですね?

大口径レンズのもう1つのメリットは、
ファインダーの明るさではないでしょうか?
キットレンズなどと比べるとファインダーもぐっと明るくなり、
被写体も見やすくなります。
つまり“作業効率”が格段に良くなります!
当然カメラ本体でのファインダーの視認性や
ピントの合焦も一層楽々と合わせやすくなる。
     ・
     ・
     ・
こう見ると大口径レンズは
万能選手であり無敵の王者に見えるが、
大口径レンズにもデメリットは存在しますよ?

描写力や表現力が高いだけあって、
物凄く高額なレンズが多く採用されているのが殆どです。
大口径レンズは構造上どうしても大きく重くなる!
硝材(ガラス)の塊なので仕方が無いですがwww

 

 

2017/06/09 12:37
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF16-35mm F/4.0L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/15、焦点距離16mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/09 12:38
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF16-35mm F/4.0L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/15、焦点距離16mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/09 12:40
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF16-35mm F/4.0L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/30、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

云うまでもなく、うちのチビから
正式にレンズを借りる手続きを経たので
私のEOS 80DにCanon EF16-35mm F/4.0L IS USMが
装着できる訳なんですがwww

“超”がつく高画素・高精細が当たり前の21世紀。
Canonの挑戦は留まることを知らず、
周辺画質の描写性能をトコトン煮詰めて
トライ&エラーを繰り返した。

最前面と最後尾に非球面レンズを3枚使い
UDレンズも後端部2枚と贅沢に特殊硝材を使って
広角ズームで嫌らしくなりがちな欠点を
徹底して改善する方向性を、
このCanon EF16-35mm F/4.0L IS USMは持っている。

特筆すべきは1秒でも手振れを抑えると評判の
鬼のように強力になった
補正機能の恩恵がありますね?

チルトレンズで無くとも
このCanon EF16-35mm F/4.0L IS USMがあれば
補正が特に面倒と技術屋泣かせの
“歪曲収差”なども皆無に近いので、
風景やランドスケープに集合写真から
建築写真まで、オールラウンドで末永く使えるLレンズだ!

防塵・防滴対応なので
本体がシーリング加工されたEOS-1D X Mark IIや
EOS 5D Mark IIIでなくとも
充分に強力な相棒となるに違いない!
Canon EF24-70mm F/4.0L IS USMや
Canon EF70-200mm F/4.0L IS USMと組み合わせても
『ニュー小三元』となるので
レンズの明るさを最大の武器と信条にしている私も
ここ一番ではチビに借りるくらいだから
描画・機動性・耐久性全てが贅沢に盛り込まれている。
これで11万円なら安い買い物ですよ!

 

 

2017/06/09 12:50
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-100、スピード1/125、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/09 12:51
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-100、スピード1/125、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/09 12:53
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-100、スピード1/180、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/09 12:54
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-100、スピード1/90、焦点距離18mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/09 12:55
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-100、スピード1/180、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/09 12:56
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/6.7、ISO-400、スピード1/45、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

噂の“全域F/1.8ズーム”で
世界一の明るさを誇る
SIGMAの18-35mm F/1.8 DC HSM Artです!
標準域から中望遠を担う
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artと
組み合わせた場合は実に18mmから100mmまで
F/1.8通しで撮影が可能になる
文字通りの“化け物スペック”である!

 

 

2017/06/09 13:03
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.2、ISO-100、スピード1/350
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/09 13:05
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.2、ISO-100、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/09 13:07
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/6.7、ISO-400、スピード1/45
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

私が現在サーバーPCのデュアル・スクリーンの
壁紙にしている『お気に入り』の壁紙の一つが
上のメルクリウスなんですよ!
もう片方はセーラー戦士がズラリ横に集合した写真ですね!
センター務めるのが蛍なのは云うに及ばずですねwww

AFにしてもMFにしてもピント合焦が難しいのは事実だ
が・・・それを差し置いても
自分で撮ったとは思えないぐらい、
凄まじい出来栄えになることがある!

絞りによる描写の変化やAFの特性さえ掴んでしまえば、
これほど表現力に幅があるレンズも
あまり見かけないと感じていますね
くどい様だがデジタル一眼レフで開放F値の明るさは
そのままファインダー像の明るさなので
気持ち良い視界で撮影に集中することが出来る!

開放絞りでは被写体の背景は
認識できないくらいに水飴の様にボケる。
但し作例の通り盛大にパープルフリンジが出てしまう。
これは扱い方で美しい光を放つので、味方として付き合っていきたい所だ。

私見で申し訳ないが「円形絞り」の効果は
F/4.5付近あたりだろうが、エレメントが持ちうる
ボケを活かすならば、F/2.8程度までにしたい

どの道ロウソク1本の明かりで撮れるのは
このCanon EF50mm F/1.2L USMか
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artと
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artの3本くらいだろう。

逆光時には派手なフレアが出るが、
Tokina AT-X 280AF PROや
Tokina AT-X 828AF PROで息を呑む
宝石のようなフレアを体験してる我が身としては
このCanon EF50mm F/1.2L USMが将来
2型にリニューアルされても
シッカリと残してほしい個性ですね(0^~^0)

 

 

2017/06/11 14:36
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF400 mm F/5.6L USMで
F/5.6、ISO-400、スピード1/8
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/11 14:36
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF400 mm F/5.6L USMで
F/5.6、ISO-100、スピード0.7
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/11 14:42
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF400 mm F/5.6L USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/2
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/11 14:43
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF400 mm F/5.6L USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/2
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/11 14:51
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF400 mm F/5.6L USMで
F/5.6、ISO-400、スピード1/8
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

最後の登場は
Canon EF400 mm F/5.6L USMによる
超・遠距離撮影でメルクリウスを捉えてみた。

薔薇とメルクリウスの距離は
そこそこ離してあるのだが
超望遠レンズともなると『圧縮効果』によって
遠近感が殆ど無くなってますね?

その証拠にCanon EF35mm F/1.4L USMや
Canon EF50mm F/1.2L USMで
撮影したときはドチラか、がボケていた事象に対して
このCanon EF400 mm F/5.6L USMでは
絞り開放でも薔薇の造花の繊維が
ハッキリと目視できますね?

因みにレリーズやスマートフォンによる
遠隔シャッターの類は使用してません

全てのレンズと同等に『手持ち』による
撮影なんですよ?
     ・
     ・
     ・
さてセーラー戦士である美しい彼女たちを
記録する頼もしいレンズをこうして紹介しましたが、
少しは面白かったでしょうか?

これから私は去年の作品のDPEと
今年の現像の同時平行が再開し
尚且つ各地で始まった『紫陽花祭り』に対して
撮影のスケジュールや進捗状況を
チビや彼女たちと一緒に詰めているので
思うようにBlogの更新は出来ないでしょうが、
なんとか暇を見つけては報告していきたいと思います。

確かに『写真家』を目指す以上
撮影する事が全てに優先されるのは当然ですが
ブロガーとしても行動している都合上、
己の作品を発表できる貴重な場所なので
デジタル・デバイスの腕を鈍らせてしまっては
いざと言う時に動けないでは情けないですからね?
今後は候補から外れたレンズによる
美少女戦士セーラームーンの女の子たちや
セイバー姉さんなど、他のキャラの
ポーズを参考にして発表したいと構想を練っていますよ(≧∀≦)

具体的は、Canon EF24mm F/1.4L II USMでの
脚を長くして魅せるテクニックや
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDを使った
湿り気を感じさせる“優しい肌”の再現。

他にもSIGMA 85mm F/1.4 EX DG HSMと
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEでの
ポートレート対決なんかも検討中です!

うちのチビから
Voigtlander COLOR SKOPAR 20mm F/3.5 SLII Aspherical
を借りてきて今まで経験してない
MFでの超広角での切り取り方も面白そうですね?

頑張れ、チビッ子のマーチングバンド (04)

この記事は「招待制」の限定公開記事です。

閲覧には私からのパスワードが必要です。
基本的に「現実世界」である程度
撮影仲間として顔見知りである事が条件です。
「相互リンク」だけでは、許可しません。

 



頑張れ、チビッ子のマーチングバンド (02)

この記事は「招待制」の限定公開記事です。

閲覧には私からのパスワードが必要です。
基本的に「現実世界」である程度
撮影仲間として顔見知りである事が条件です。
「相互リンク」だけでは、許可しません。

 



頭が変われば方針も変わる(02)

最近、うちのチビが真夜中に起きては
必ず現像室にむかう

そして・・・ピントを厳密に合焦させるための
Spyder LensCalみたいなツールやカラーパレットなど。

 

 

policy-also-changes-02_001

policy-also-changes-02_002

policy-also-changes-02_003

policy-also-changes-02_004
種々雑多なツールがひしめく中で
なんとかEF500mm F4L IS II USMの
制御が出来ないかと悪戦苦闘である。

助けてやりたいのは山々だが、
私も知らない領域の単焦点であり
自分自身は500mmだけでは追尾する腕前がないので
SIGMA APO 150-500mm F/5-6.3 DG OS HSMで充分だ。

-となると、残す課題はチビ自身で克服するか
別のレンズの購入資金として手垢がつく前に売却して
お目当てのレンズに変えた方が近道だ
だが・・・使い続けるプランを選択した様子だ

あまり、根を詰めて身体を壊されては
本末転倒なので私が少し落ち着かせて
次の日にチビとデートを兼ねてファミレスに行きました。
無論、この事を後日知った彼女から私は
強烈なローキック喰らって敢え無くTKOとなった訳ですがwww

 

 

policy-also-changes-02_005
2016/06/03 15:10
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/1.8、ISO-200、スピード1/8000、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

policy-also-changes-02_006
2016/06/03 15:11
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/1500、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

policy-also-changes-02_007
2016/06/03 15:15
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/6.7、ISO-125、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

policy-also-changes-02_008
2016/06/03 15:15
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/6.7、ISO-125、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

policy-also-changes-02_009
2016/06/03 15:16
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

policy-also-changes-02_010
2016/06/03 15:17
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/2.8、ISO-100、スピード1/2000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

policy-also-changes-02_011
2016/06/03 15:17
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

policy-also-changes-02_012
2016/06/03 15:18
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

原因は“遠近感”が少し掴めていなかったのだ
いわゆる世間でいう所のガチャ目とは別物ですよ!

もともと人間の目玉は眼窩後壁と呼ばれる
穴に収まっているのはドクロの写真を思い出せば判るでしょう?

その眼球を文字通り支える筋肉の総称である
外眼筋と呼ばれる部分が
他の同年代の生徒よりも少しだけ弱かったのだ。

人間が目で物を追うときは外眼筋が動いて追従するのだ。

この時に両目は協力して見たい目標物に合焦させるのだが、
うちのチビは、この外眼筋が弱いために遠近感が弱かったわけだ。

勿論、医者曰く普通の生活には何の影響もないし、
テレビゲームを行っても大丈夫だし
将来車の運転にも差し支えないので
大人になれば免許証も普通に取得できると太鼓判押された。

ただ・・・デジタル一眼レフで厳密にピントを追い込んだり
顕微鏡で倍率を大きくして接眼レンズから覗くといった
『超精密』な動きが弱いだけで
成長とともに筋力も強くなっていくので
慌てずとも心配無用だそうです。
     ・
     ・
     ・
そもそも遡れば弓道部の女の子が『変だ』と
私に相談してきたのがキッカケですね?

競技用の弓矢をチビに持たせて
どれくらい飛ばせるのか?笑ってやろうという魂胆だったらしい。

右目だけで左を閉じて撃ったときは5本中に1つだけ。
その逆で左だけで右を閉じた結果はゼロ。
両目で正面見据えて撃ったときもゼロだった。
チビの視力はランドルト氏環検査で
1.0の1.2である・・・視力に不安要素は無い。

policy-also-changes-02_013
にも関わらず15本の矢が
殆ど当たらなかったという事実に、
これは何かが変だ!と、直感で私に話してきた訳だ。

こうした一騒ぎが夏休み前にあったので
今ではチビの遠近感も殆どが改善してる
いかがわしい“視力回復センター”だの
なんの医学的根拠に裏付けされていない
民間療法といった『淫嗣邪教』に惑わされずに
ただ“事実”だけを究明しようとした
女の子の実直な姿勢がチビを救ったともいえる

かくいう私も幼い時は“視力回復センター”といった
いかがわしい組織に通い続けては
結局大金をドブに捨てた結果となっただけだった。

民間療法ほど末恐ろしい寿命を縮める荒療治も
いい加減に地上から絶滅して欲しい!
こう切望するのは、なにも私だけで有るまい?

人が人を治すときに最も基本的なことは
噂や流言卑語にながされず
ただ科学者としての視点から冷静に原因を探り
そして苦しんでいる箇所を除去すれば良いのだ!

いやはや見事である、内助の功と例えるべきか?
     ・
     ・
     ・
百歩譲ってチビが私と同じように
近視で苦しむ環境に遇するばあいは
躊躇なく“視力回復センター”のお金で眼鏡を買ってあげますね!

それに私見だが・・・近視って、
なにも悪いことだけでは無い。
まァ程度にもよるが現代はパソコンやAndroid端末など。
近接作業の生活が大半を占める現代では
多少近視気味の方が暮らしやすいな!

 

 

policy-also-changes-02_014
2016/06/03 15:21
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

policy-also-changes-02_015
2016/06/03 15:20
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/2.8、ISO-100、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

policy-also-changes-02_016
2016/06/03 15:24
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/1.4、ISO-125、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

policy-also-changes-02_017
2016/06/03 15:24
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/1.4、ISO-125、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

policy-also-changes-02_018
2016/06/03 15:25
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/2.8、ISO-125、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

うーん、何度チャレンジしても
Carl Zeissの85mmは難しいですね!
ちょっとした気の緩みで「コレ」ですからね!
常に全身全霊でレンズと自分が同化する気概で挑まないと
失敗作を量産してしまう!それがこのツァイスたる所以ですね?

 

 

policy-also-changes-02_019
2016/06/03 15:27
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/2.8、ISO-100、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

policy-also-changes-02_020
2016/06/03 15:28
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/1.4、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

policy-also-changes-02_021
2016/06/03 15:29
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

policy-also-changes-02_024
2016/06/03 15:29
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

policy-also-changes-02_025
2016/06/03 15:30
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

policy-also-changes-02_026
2016/06/03 15:31
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

policy-also-changes-02_027
2016/06/03 15:36
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Tokina AT-X 107 DX Fisheye F/3.5-4.5で
F/6.7、ISO-100、スピード1/350、焦点距離12mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

policy-also-changes-02_028
2016/06/03 15:36
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Tokina AT-X 107 DX Fisheye F/3.5-4.5で
F/6.7、ISO-100、スピード1/1000、焦点距離12mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

policy-also-changes-02_029
2016/06/03 15:37
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Tokina AT-X 107 DX Fisheye F/3.5-4.5で
F/6.7、ISO-100、スピード1/1000、焦点距離10mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

policy-also-changes-02_030
2016/06/03 15:38
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Tokina AT-X 107 DX Fisheye F/3.5-4.5で
F/6.7、ISO-100、スピード1/125、焦点距離17mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

policy-also-changes-02_031
2016/06/03 15:38
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Tokina AT-X 107 DX Fisheye F/3.5-4.5で
F/6.7、ISO-100、スピード1/1000、焦点距離17mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

policy-also-changes-02_032
2016/06/03 15:40
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Tokina AT-X 107 DX Fisheye F/3.5-4.5で
F/5.6、ISO-100、スピード1/750、焦点距離10mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

policy-also-changes-02_033
2016/06/03 15:43
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50mm F1.4 EX DC HSMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

policy-also-changes-02_034
2016/06/03 15:44
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50mm F1.4 EX DC HSMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

policy-also-changes-02_035
2016/06/03 15:45
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50mm F1.4 EX DC HSMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

policy-also-changes-02_036
2016/06/03 15:48
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50mm F1.4 EX DC HSMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

policy-also-changes-02_037
2016/06/03 15:50
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50mm F1.4 EX DC HSMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

policy-also-changes-02_038
2016/06/03 15:51
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50mm F1.4 EX DC HSMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

なんだか思い切り“久し振り”な感じが否めない
SIGMA 50mm F1.4 EX DC HSMと
Tokina AT-X 107 DX Fisheye F/3.5-4.5ですが
相変わらず個性的・且つ端正な描写を約束してくれる銘玉です。

こうしてチビと一緒に写真を撮ることが多くなった私ですが、
側にいて思うことは
よくもまァ・・・女の子と見紛う程の可愛いチビなんで
正直ドキドキですね(((///▽///;;
確かにこれほどなら街中歩いても
馬鹿共の視線が私に突き刺さるのが判るので
逆に“リア充一直線”で気分良いですねwww
     ・
     ・
     ・
ただ、そんな容姿端麗・頭脳明晰なチビとは思えない
心の奥底に眠る“酷薄な部分”も私は知っている
チビは自分自身を宰相・范雎に当てはめて
日頃から用心深く行動する一方で、
・・・そんな彼の裏の顔は私以上に『信賞必罰』
(恩には報恩で、仇には報復で)に徹したリアリズムであり、
別の見方をするなら正に21世紀の法正孝直であろう!

また、サークル立ち上げ当初からの
『銀塩フィルム』に関する一切の機材や人材を
一掃し当時反発したメンバーを残らず強制的に放逐した事もある。
前のBlogでも述べた
「いつのまにか作戦」だけに固執しないで
動くときは正に雷霆万鈞の如し
(らいていばんきん・・・激しい勢いや力のたとえ)
風林火山の旗印に恥ずかしくない判断力をもつのがチビなのだ!

その時のチビのセリフが
カナダのバッドランドの化石は貴重だけど
朝鮮半島からの出土品なら叩き割ればよい
こう言い放ったのは・・・未だに脳裏に強く残る(o^∀^o)

尚も季節は移ろう (01)

“意外”と思われる方が多いので
手持ちのレンズに関しては毎回説明に
齟齬(そご)がないように苦労します。

私がLデビューしたのは実は結構早くて
Canon EF24-105mm F/4L IS USMが
最初を飾っています。

 

 

Still-a-season-changes-01_001

Still-a-season-changes-01_002

Still-a-season-changes-01_003
それまでの普及型ズームでは成し得なかった
F値固定のズームは
私に新しい表現方法を与えてくれる契機となり
プロユースで設計されたレンズが役立つ場面や
私が学んだスキルやレンズの基本設計など。

-ある意味、私が機動力重視でF/4.0通しを
前提としたレンズの組み合わせを考えた時に
真っ先に候補となるレンズなのだ!

元々はEOS 5Dと同時に発売され、
その後Canonフルサイズ向けのキットレンズとして
販売された経緯があるので由緒正しい血統と呼べます。

ちょっと「寸胴」タイプのレンズだが、
テレ端105mmと幅広い焦点領域をカバーして、
手振れ補正や防塵・防滴も当たり前!
(Lを名乗る以上、当然の共通フォーマットですが)
    ・
    ・
    ・
旧機種になった70Dでは19点のAF測距点で
80Dでは45点に一気に増えた事を最大限に利用して
今回は縦に3分割された新しい「ラージゾーンAF」
を選択すると面白いように食い付きもよく
ストレスを感じさせないレスポンスが病み付きです!
70Dでも相当に完成された組み合わせですが・・・。
EOSの二桁機の悲願でもあった
ファインダー視野率100%を確保したのは大きいですね!

場所や被写体を気にする事無く、
上位モデルに迫る性能・機能を搭載しており、
オールマイティーに使えるハイレベル仕様だ。

ここまで撮影する為の“ツール”(道具)が揃っているのだから、
後はシャッター有るのみですね!

 

 

Still-a-season-changes-01_004
2016/04/15 11:52
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/2000、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_005
2016/04/15 11:54
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/6.7、ISO-200、スピード1/1000、焦点距離105mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_006
2016/04/15 11:54
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/6.7、ISO-200、スピード1/1000、焦点距離105mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_007
2016/04/15 11:56
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/1000、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_008
2016/04/15 11:57
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/1500、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_009
2016/04/15 11:58
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/1500、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

こうして実際に撮りながら園内を散策して判ることは
これでもズームレンズなのだから
驚くほか有りませんよね?
絞り開放で此処まで描写できるズームレンズも
“L”ならではの妥協なき光学設計。
そして撮影者に窮屈さを感じさせない操作性能に色乗りとボケ味。

こういった成功例を等倍で観賞できる
なんとも贅沢なシステムが
私たちエンドユーザーに現実としてあるのだから
やはり素直に嬉しいですね?
サーバーでDPEを終えて成功した
作品に好きなだけ見ている時間は!

 

 

Still-a-season-changes-01_010
2016/04/15 11:59
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/1000、焦点距離50mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_011
2016/04/15 12:01
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/6.7、ISO-200、スピード1/180、焦点距離105mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_013
2016/04/15 12:04
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_014
2016/04/15 12:05
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.8、ISO-160、スピード1/2000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_015
2016/04/15 12:05
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.8、ISO-160、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_016
2016/04/15 12:07
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.8、ISO-160、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

上2枚の作例は、云わずもがな
失敗と成功に分けてあります

上の作例では花の芯に対して
微妙にピントの山がズレて明後日の方向に
AFが合焦してますが、
下のほうは完全に上手く撮れた作例です!

こころもち、フレーミングが雑過ぎたというか
もう少し画面一杯になるように
葉の部分を収めても良かったでしょうか?
最初の失敗例のように・・・。

 

 

Still-a-season-changes-01_017
2016/04/15 12:08
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_018
2016/04/15 12:10
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_019
2016/04/15 12:10
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_020
2016/04/15 12:15
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/350、焦点距離50mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

Lレンズのオーナーとなって
最近だが・・・ようやく自分でも満足できる
画作りが、少しずつで有るが実感できる最近です。
レンズに助けられているだけじゃ無いか!
と、云われる方も大勢いるんでしょうが・・・。
優れたレンズのポテンシャルを
最大限に引き出すのも大切な活動だと
私は思いますがねぇ・・・。

いずれにしても最初にフラワーパークの全景を収めた
絞り値F/4.0で焦点距離35mmの時よりも
ハッキリと隅々まで解像しているので
私は此方が好みの作品ですね!
また、レンズの基礎とも云うべき
50mmを使っての結果だと思うと、嬉しさも倍増です!www
それだけカメラの世界では、50mmは大切なファクターです。

最初の作例と違って『色鮮やか』とは程遠いレタッチですが
私はこういった地味な風合いも好みなんで、
上手くベストショットが決まった時の嬉しさも
感慨深いものが有ります。
最初の作例も嫌いではありませんが
もう少し温室建屋の左隅が解像している
自分としても満足いく仕上がりだったのですが。
それでも画面手前の芝の目や
花の列が綺麗に写っているので
なんとか及第点でしょう

 

 

Still-a-season-changes-01_021
2016/04/15 12:16
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/1500、焦点距離105mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_022
2016/04/15 12:17
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/500、焦点距離105mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Still-a-season-changes-01_023
2016/04/15 12:18
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/750、焦点距離105mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

そう云えば新型のEOS 80Dに変更してからは
一層の解像感が欲しくて『ピクチャー・スタイル』を
“風景”から“ディテール重視”に設定している私です。

-とは云いつつも、普通に作品を直視して
等倍観賞しても、その細かな違いは殆どの人が
判らないでしょうね?
(実際に、私も使い分けは行わないタイプなので)

それでもディテール重視に舵を切った事は
EOS-1D X Mark 2やEOS 5Ds Rなどの
フラグシップが全て揃ってリリースされている事も
少なからず原因だろう。

もっとも上記2つの製品は共にフルサイズなので
ここのサークルでは今後もオーナーが
現れる可能性は残念ながら低いと云わざるを得ない。

そうは語るモノの、こうして作品を
6000 x 4000という巨大なデータで見ると
カメラ本体側での解像度やサポートツールが
20パーセント。残す80パーセントは
まずレンズで出来・不出来が左右されるでしょうね?
それにしても、まァ見事なまでに
主題が浮き上がって見えますね?