日本妄想協会へようこそ」タグアーカイブ

我が手の中にて眠れ、水野亜美 (03)

何だかエッチ漫画のサブタイトルみたいでしょうが
実は私が撮影の合間を見ては手軽に遊べるので
アイドルマスター SideMというソーシャルゲームで
日本の神話を舞台にした時の
アスランという厨二病全開のお兄さんの名セリフの
オマージュだったりします(0^~^0)

あとは各々が調べてくだされば
詳細も判明すると思いますよ?

日本妄想協会へようこそ、の担当者である彼ならば
Canon SX620 HS
というコンデジを機動力とズーム比率を
最大限に活かして各種イベントの撮影などを行うそうだ。
(詳細は不明だ。活動の備忘録が古いので・・・)
     ・
     ・
     ・
私であれば人形を作る造型関係から
連絡を貰うと
パンツが写らない様にとか
壁紙の明るさに比例して・・・とか
細かい角度や光源の色も指定するのがセオリーなので
依頼通りに撮影を敢行するのですが-。

逆に向こうから“この通り撮影してくれ”
撮影要件がビッシリと記載された
Word 2016やExcel 2016のデータシートや
人形を塗装するときのカラーパターンなども
細かく指定が有るので逆に私としては
“楽できる”ので嬉しいですね!
     ・
     ・
     ・
閑話休題、自分の趣味でもあるで美少女人形を
撮る場合は如何にしてスキルアップを行うのか?

つい最近投稿で寄せられたメールに
そんな一文が載ってました

その辺りの詳しい規定(レギュレーション)は
実のところ決まっていたり
何らかの制約も一切合切
お構いなしという状態ですね!
もともと私が趣味で始めたBlogやサークルなので
それは後を引き継いだチビの世代でも
大して変わらない不文律だったりします。

パンチラやフトモモ眺めてニヤニヤと
相好を崩す場合もある
割合バカ正直にカメラのスキルアップがメインとなって
センサー面から被写体までを性格に測距して
レンズが持ちうるエレメントパワーを確かめたり。
静物撮影で欠かせないマクロレンズの
手振れ補正の“しきい値”を身体で反復練習したり。

意外にも地味でクソ真面目な独り作業が
黙々と続くのが恒例ですね?

まァ・・・オタクだの気持ち悪いといった罵詈雑言は
オタクを自覚する私には『勲章』も同然なんで
別に曾てのセコい元・都知事のような見苦しい詭弁を弄する
気持ちは元々無いのですが-。

さて・・・まずはザックリと割愛して説明です。
ベネラとか、メルクリウス?こういう女の子ですが正式には
愛野美奈子=セーラー・ヴィーナス
水野亜美=セーラー・マーキュリー
などと呼ばれており・・・武内直子さんが描いた
『美少女戦士セーラームーン』
という漫画作品に登場する可愛い女の子たちが集う、
戦士の呼称である。

鋭い方の御明察通り、他にも月(ルナ)や
木星(ユピテル)に海王星(ニェプト)など。
守護星を持っている女の子たちが大勢いるのが特徴だ。

英語に限らずラテン語やギリシア語に
ロシア語などを識っている私には
こういった“呼称”で彼女たちを云う癖が有るので悪しからず(^^)v

一緒に写りこんでいる薔薇の鉢植えは
『造花』なので悪しからず!
造花はシビアなMFでのピント合わせが
布地なので容易に判別しやすく
また、安物な造花になるほど“適当な造り”なので
超望遠レンズでも目視可能な被写体など。
結構、多方面から造花は見直されてますよwww

 

 

2017/06/06 00:04
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.2、ISO-100、スピード1/180
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/06 00:06
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/60
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/07 23:14
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF35mm F/1.4L USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/90
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/07 23:15
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF35mm F/1.4L USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/90
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/07 23:21
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.2、ISO-100、スピード1/125
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/07 23:21
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.2、ISO-100、スピード1/125
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/07 23:22
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.2、ISO-100、スピード1/125
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

上の2枚の比較はCanon EF50mm F/1.2L USMという
レンズがいかに明るく
そして大きなボケ味が容易に得られるのか?
そんな疑問を解決するには打ってつけの比較画像と成りました。
無論、薔薇の造花とベネラの距離
そしてワーキング・ディスタンスによっては
更に大きなボケも期待できるでしょう!

ここまで思い通りのボケ味や
暗所撮影が手軽に出来る環境があれば
もう35mmフルサイズに固執する意味合いも薄いのが
私の偽らざる本音ですね!

 

 

2017/06/09 11:46
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF35mm F/1.4L USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/09 11:47
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF35mm F/1.4L USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

最初のは完全なピンボケ写真!
それに比較して同じF値や同じWBでも
2枚目の作例は見事にジャスピンしてますね?
人形は顔が命、なんですね!
だからオッパイやヒップの造型が気になるとしても
肝心の御面相がヘナチョコでは目も当てられないぞ!

因みに・・・うさPハウスとは、相田和与さんのサークルで
このメルクリウスはミュージカル仕様の2005年8月に、
マルスのミュージカル仕様が2006年2月なので
ほぼ同時期と考えて差し支えない。

湊川あまはさんのメルクリウスを既に所有している立場だったので、
今回で2体目となる彼女の表情は
『眠り姫』に決定したわけですwww

実際に表情は3つあり、
ノーマルとウインクしている状態があるのですが
迷わず私は両眼を閉じたVerで固着して展示してます。

 

 

2017/06/09 11:47
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF35mm F/1.4L USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/60
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/09 11:48
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF35mm F/1.4L USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/60
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/09 11:49
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF35mm F/1.4L USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/60
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/09 11:49
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF35mm F/1.4L USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/45
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/09 11:50
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF35mm F/1.4L USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/45
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/09 11:51
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF35mm F/1.4L USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/60
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/09 11:51
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF35mm F/1.4L USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/90
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/09 11:52
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF35mm F/1.4L USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/90
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

此処までがCanon EF35mm F/1.4L USMで
グルリ1周した全身全景の写真だ。

 

 

2017/06/09 11:59
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.2、ISO-100、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/09 12:01
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.8、ISO-100、スピード1/180
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/09 12:02
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.2、ISO-100、スピード1/350
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

2017/06/09 12:02
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

やはり絞り開放では独特のアマさと呼ぶか
フォギーな輪郭と呼称すべきか?
こうした甘ったるい描写が落ち着かないなら
素直にF/1.8からF/2.8あたりまで絞ると
全体的に落ち着いて解像度も増しますよ?

 

 

2017/06/09 12:18
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF100mm F/2.8L MACRO IS USMで
F/5.6、ISO-400、スピード1/60
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.1

 

 

今までが悉く“マクロレンズ”だけは
神や悪魔からも見放されているのか?
そう勘ぐって疑心暗鬼に陥るほど
マクロレンズには『外れ玉』ばかりで散々苦汁をなめてきました!

そんなカオスの渦中にあって
Canonのメーカー純正という“意外な伏兵”には
正直いまだに驚きを隠せません!

狙ったところにピントが来た時の描写は素晴らしく、
メルクリウスの艶っぽい表情を
これでもかッ!と云うほど写しています(≧∀≦)

まるで瞑想した女性の菩薩像ですね!
目を開けた状態で仕上げを行うクラフトマン(職人)は
多いので結構オーソドックスですが
目を閉じた状態でも
これだけの色艶・美しさを放つのだから
うさPハウスの、相田和与さんが
どれだけの実力者か片鱗に触れることは出来るでしょう?
     ・
     ・
     ・
マクロ撮影でもポートレートなどでも
満足いく成果物が得られるでしょう!
特にメーカーが胸を張るハイブリットISは素晴らしく、
マクロ撮影の敷居を本当に低くしてくれます。
手振れ補正がないサードベンダーの
マクロを使ってる友人などからも、
なにかと嘱望の眼差しで見られることが多くなりましたwww

私は長年使っていた
TAMRON SP AF60mm F/2 Di II LDでしたが
APS-Cのデジタル一眼専用設計で
F値も2.0と極めつけに明るいレンズなので
接写すると暗くなりがちな撮影下で
とにかく威力を発揮しましたね?

マクロレンズという特徴故に
ある程度絞りを絞り込んで撮影するのが定石なので、
このF値は特筆すべきエレメントだ。
とてもシャープなレンズで、
絞り開放から解像力はほとんど最高レベルに近い。
Canon EF-S60mm F/2.8と比較すると
若干線が太く描写されるテイストが有るが
これもエレメントの味付けだと思っている。
性能に関する詳細は後述
色収差や周辺光量落ちの問題もなく、
優等生なレンズだが唯一の泣き所が原因で
だいぶ前に売却する運びになった訳だ。


それと云うのもAFの速度と作動音が
まるで実戦投入に達していないからだ!
AFは猛烈に遅く被写体を外した場合の
リカバリーまでが迷いやすいので
その間に昆虫が逃げ出したり花弁が風向きで角度を変えたり
せめて数年前に売却したSIGMAの
105mm F/2.8 EX DG OS HSM MACROと同じく
AFリミッターは必須だなと、痛感しました。

-とは云ってもSIGMAの105mm F/2.8マクロも
結構クセが強く、手振れ補正を内蔵した
優秀なモデルでしたがAFは早いが
いい加減な方向にロックしてしまうので
手放すしか選択肢は有りませんでしたね?
流し撮りに対応した2種類の手振れ補正まで
完備してあっただけに本当に悔しい思いです!

同じように高倍率レンズや
ネイチャー志向のマクロレンズとして名高い
90mmマクロはアナログ銀塩時代から有名な存在ですね!

そういう意味合いではニッチなエレメント市場は
どちらかと云うと山岳のお散歩に強いSIGMAと
綺麗な青空を描き出すトキナーや
マクロや便利ズームのパイオニアであるTAMRONは
CanonやNikonよりも遥かにリードしている業界の先駆者なのだ!

それだけにマクロレンズだけは
片っ端に裏切られているので
いい加減に気が滅入る憂悶の日々が続きました。
当然新しいTAMRONのSP 90mm-Model F017も
信用ができなく猜疑心が上回っていた最近。
     ・
     ・
     ・
以来Canonの100mmマクロを
ネットを中心に探していたら
運良く見つけて破格のプライスで化粧箱から
保証書に至るまで一式全てを購入できたのですが。

このCanon EF100mm F/2.8L MACRO IS USMですが
初リリースが2009年の10月なので
今年で8年目を迎える『中堅役』のポジションですが
私の品は幸運にも2016年の9月に製造された
新品の後期モデルに属するのですよ!

社外マクロレンズとの比較ですが、
当方シグマもタムロンも所有しておりましたが、
両方揃って短命でしたね・・・(遠い目)

光と闇を駆使せよ (04)

確かにキレイなモノや可愛い女の子や
或いはアーノルド・シュワルツェネッガーに代表される様な
格好良い存在は
私が追う被写体の中でも“基本指針”で
いつもファインダー越しに神経遣うのは
被写体の良さを存分に引き出せるのか?
-というシャッターを押下する直前まで続く
自らとの闘いに他ならない!

それでも出来上がった作品をサーバーで現像して確認すると
未だ未だ失敗例が多いので、
素直に喜ぶには程遠い私のスキル。

それでも飽き性の私が
黙々と撮影していくのだから
この世界(写真)は奥が深いです
さて・・・今回は、例外的な処置として
年末年始に公開予定だったセーラー戦士を
繰り上げる形で今回のBlogでレビューしますので、
少し時系列が飛んでますが、そこはご了承下さい。

 

 

light-and-darkness-04_001
2016/07/05 15:55
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/4.0、ISO-250、スピード1/60
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

light-and-darkness-04_002
2016/07/05 15:58
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/4.0、ISO-250、スピード1/60
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

light-and-darkness-04_003
2016/07/05 19:33
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/11.0、ISO-250、スピード1/60
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1
ストロボの種類:Canon SPEEDLITE 550EX、調光補正:-1
シンクロタイミング:先幕シンクロ

 

自分自身でも信じられないと思うほど有卦に入った作例だ
Windows 7 Pro/64bitのデュアルモニターの
壁紙にしている程気に入ってます!

本当に“俺が撮ったの?”と疑う
高いクオリティと緻密且つ
24mmという超広角レンズが生み出す
強烈な奥行きがピタリとシンメトリーになると
こういう作例も叩き出せる銘玉なのが分かりますね?

 

 

light-and-darkness-04_004
2016/07/05 19:36
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S17-55mm F/2.8 IS USMで
F/11.0、ISO-250、スピード1/60、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1
ストロボの種類:Canon SPEEDLITE 550EX、調光補正:-1
シンクロタイミング:先幕シンクロ

 

 

light-and-darkness-04_005
2016/07/05 19:37
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S17-55mm F/2.8 IS USMで
F/11.0、ISO-250、スピード1/60、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1
ストロボの種類:Canon SPEEDLITE 550EX、調光補正:-1
シンクロタイミング:先幕シンクロ

 

かたや上記2作品は『完全なボツ作品』なんですよ?
最初の集合構図と何処が違うでしょうか?

勿論使用したレンズこそ違いますが
使用した焦点距離も
アオれば、まずまずのパースペクティブが付与される
35mmでの撮影なんですよ?

そう・・・この作例を続けざまにスライドショーすると
すぐに判るのですが
2枚目は上から俯瞰(ふかん=見下す)した感じで
イマイチ“様”になりません!

それに人間が人間を俯瞰するとせっかくの長身美脚も
寸詰まりで見せ方間違うと短足と錯覚してしまうので
広大なフィールドやラウンドスケープに代表される
風景写真なら効果テキメンな手段ですが
T・P・O(時・場所・場合)に合わせないと、
こういう失敗作になるのがオチなんですね!

3枚目は典型的な横着した副作用ですね!
電子ジャイロを確認しないで
メクラ撮りでシャッターを続けると
こうして左右に傾いた情け無い構図になります。

 

 

light-and-darkness-04_006
2016/07/05 19:39
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S17-55mm F/2.8 IS USMで
F/5.6、ISO-250、スピード1/250、焦点距離55mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1
ストロボの種類:Canon SPEEDLITE 550EX、調光補正:-1
シンクロタイミング:先幕シンクロ

 

マルスはうさPハウス造型師・相田和与さん
組み立てキット(一般総称レジン・キャスト)で販売されていた品物を
インターネットで知り合い懇意にさせて戴いている
プロの方に塗装・着色・仕上げなどの全てを
お任せして完成したものを購入した訳です。

コチラの方には毎回・ワガママを云っておきながら
素人には難しいとされる美少女人形の
全てを一任しているので、完成したものを購入してます。

クールビューティーで孤高の戦士
ずば抜けて戦闘力が高く「切り込み隊長」「軍神」
などという異名を恣(ほしいまま)にしている
彼女の自信に溢れた、悪く言えば“上から目線”の
余裕綽々とした貫禄さえ漂っていますね?

実はちょっとしたアクシデントがあって
彼女の右耳のピアスが取れてしまっているのですが
まだ、完全剥落でないだけホッと一安心しました!

だからマルスに関しては身体の左側を見せる様に
恣意的に人形の配置やアングルに
神経を使って尚且つピアスの欠落が目立たないように
上手くカモフラージュするのが大変ですが。

 

 

light-and-darkness-04_007
2016/07/06 19:47
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/11.0、ISO-400、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4
ストロボの種類:Canon SPEEDLITE 550EX、調光補正:-1
シンクロタイミング:先幕シンクロ

 

 

light-and-darkness-04_008
2016/07/06 19:50
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/11.0、ISO-400、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4
ストロボの種類:Canon SPEEDLITE 550EX、調光補正:-1
シンクロタイミング:先幕シンクロ

 

 

light-and-darkness-04_009
2016/07/06 19:51
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/11.0、ISO-400、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4
ストロボの種類:Canon SPEEDLITE 550EX、調光補正:-1
シンクロタイミング:先幕シンクロ

 

 

light-and-darkness-04_010
2016/07/06 19:52
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/11.0、ISO-400、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4
ストロボの種類:Canon SPEEDLITE 550EX、調光補正:-1
シンクロタイミング:先幕シンクロ

 

 

light-and-darkness-04_011
2016/07/06 19:52
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/11.0、ISO-400、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4
ストロボの種類:Canon SPEEDLITE 550EX、調光補正:-1
シンクロタイミング:先幕シンクロ

 

 

light-and-darkness-04_012
2016/07/06 20:01
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S17-55mm F/2.8 IS USMで
F/11.0、ISO-400、スピード1/90、焦点距離33mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2
ストロボの種類:Canon SPEEDLITE 550EX、調光補正:-1
シンクロタイミング:先幕シンクロ

 

折り目正しく、いつも“律儀”にフレームに
収めようと躍起になって片意地張るのも疲れる!
とにきには。こうして自分がバイクの眼前に立った気分で
決死の様相でソードを構えながら
モンスター・スペックのエンジン搭載する車体から
威圧するセイバー姉さんの表情を切り取るのも悪くは無いですね?

ストロボの影響も手伝ってか
少しワザとらしい陰影の組み合わせですが、
今後の表現方法の“標”(=しるべ)が定まったのだから
ここは一つ及第点としよう・・・。

 

 

light-and-darkness-04_013
2016/10/19 23:20
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF16-35mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-400、スピード1/60、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:電球、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-04_014
2016/10/20 01:30
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF16-35mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-250、スピード1/30、焦点距離28mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:電球、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-04_015
2016/10/20 01:31
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF16-35mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-250、スピード1/45、焦点距離28mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:電球、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-04_016
2016/10/25 16:39
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF16-35mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/20、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:電球、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-04_017
2016/10/25 16:42
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF16-35mm F/4L IS USMで
F/11.0、ISO-400、スピード1/8、焦点距離28mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:電球、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-04_018
2016/10/25 22:58
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF16-35mm F/4L IS USMで
F/11.0、ISO-400、スピード1/20、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:電球、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2
ストロボの種類:Canon SPEEDLITE 550EX、調光補正:-1
シンクロタイミング:先幕シンクロ

 

こうして中には“お蔵入り”になる筈の
納得いかない作品も有るのですが
同じCanonオーナーのチビや知り合いの造型師曰わく
たまには未公開作品の扱い的な
ラフな写真があっても面白い
とアドバイス受けたので、こうして公開した訳です!

やはりストロボ焚くと
ホワイトバランスが自分の思い描いた
イマジネーションとは大きく乖離(かいり)してるので
現像して出力された作品に不満が残ります。

まァ・・・そういった不満点を解消すべく
業務用のハロゲン光線も揃えて
少しでも“太陽に近い環境”を
常々頭に入れている私ですが-。

閑話休題・・・未だ、こうした個人レベルで
写真撮って現像するなら
DxO OpticsProに代表されるソフトウェアでも
補正の余地が有るので助かります。
     ・
     ・
     ・
問題はチビたち学生連中が
部活動や対抗戦などで使用する
体育館や総合運動施設などで
もっともポピュラーな『水銀灯』の存在だ
こういう施設では水銀灯が一般的なので、
カメラ本体にプリセットされている
ホワイトバランスでは対応出来ません!

当然ながら今のようなシチュエーションでは
マニュアルでホワイトバランスを
それぞれの施設に合わせて設定しますが。

最近では個人の室内灯に限らず
公共施設の照明器具も
電気代の節約や発熱抑制や長寿命のメリットから
LEDに移行するケースが急増してます。

こうなると、また“別の意味”で
セットアップに一苦労します!
それでも文明の進化を考慮すると
あと数年後にはカメラ本体の
WBのプリセットも
LEDを基本とした構成になっているかも知れませんね?

勿論、彼女みたいなグラビア然り
プロの撮影現場では太陽光に近い環境で撮影するので
あまり切実な問題で無いでしょう!

昨今のミドルレンジ以上のデジタル一眼レフでは
フリッカーレス撮影に対応しているので、
私のように種々雑多の被写体を
追い掛ける立場からしたら正に福音なんですが

 

 

light-and-darkness-04_019
2016/10/25 23:07
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/1.8、ISO-400、スピード1/180、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:電球、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-04_020
2016/10/25 23:08
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/1.8、ISO-400、スピード1/180、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:電球、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-04_021
2016/10/25 23:11
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/1.8、ISO-400、スピード1/180、焦点距離20mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:電球、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-04_022
2016/10/25 23:21
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/1.8、ISO-400、スピード1/90、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:電球、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-04_023
2016/10/25 23:22
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/1.8、ISO-400、スピード1/90、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:電球、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-04_024
2016/10/25 23:22
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-400、スピード1/30、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:電球、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-04_025
2016/10/25 23:32
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-400、スピード1/45、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:電球、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

当初は私の後をトレースする事で
撮影の基本を学習してきたチビですが
少しずつ・・・とは言え撮影や
レンズに対する要求も違ってきたので
同じCanonオーナーでも面白い現象ですね?

やはりチビは腕力や支点にすべき
身体の発達が未成熟なので、
自然風景や街撮りなどで大活躍する
F/4.0のレンズを重宝して使う傾向に有ります
片や私のほうは風景・静物問わずにF/2.8を
使うスタイルが増えましたね!

やはり“F値の違いは世界の違い”
Sigmaの18-35mm F/1.8 DC HSM ARTで
ズームなどを一度でも味わってしまうと
簡単には『明るいレンズ』の持つ魔力に抗えないと申すべきか、
背景を盛大にボカして幻想的な画作りをしたり、
光と闇が交互に織り成す『不思議な空間』を
なんとかモノにしたいと悪戦苦闘の真っ只中-。

最初のメルクリウスが左手に持っていた
ゴーグルケース?も、今では同色系列の
リペイントを施工して“接着感バリバリ”では無いですが(o^∀^o)

それにしてもなァ・・・
この水野亜美を見た第一印象は
誰なんだろう?
青いセミロングのワンダーモモは?

正直いって後日にメルクリウスだと耳打ちされて
驚きとジェネレーションギャップに
しばらく唖然としていたのを、昨日のように思い出しますwww

もっとも同じWordPressという
CMS(コンテンツ・マネージメント・サービス)の
サークルメンバーである『日本妄想協会へようこそ』の
愁 聖爛いわく、当時一番の衝撃(笑撃かも?)を受けたのは
『北斗の拳』に登場する
マッド・サイエンティストの代名詞になった
アミバ様と水野亜美を掛け合わせて
今週の亜美ちゃん、という漫画に
後頭部を打ち付けたような
大変なカルチャーショックを覚えたそうなwww

私的見解を申し上げれば
自分はチョット他所とは違うところに
ティン!ときたクチでしてね。
当時見たタイトルと内容で盛大に吹きましたが
『世紀末天才伝説 アミバ様がみてる』
腹筋崩壊したクチなのだがwww
     ・
     ・
     ・
まァこういう世代がサークルの中心担う訳だから
うちのチビにはいい加減機嫌を直してもらって
滞っているBlogの更新や、不登校が改善して欲しいですね?

食事時になると皆で集まって
その日の撮影談義に興じるのが
すっかり日常の1コマですが
こうした小ネタや雑談で失笑できるのも
同じ撮影仲間がいるからこその『特権』なんでしょうね?

それにしても、生産ラインが追い付かないで
販売を見合わせてい謎肉10倍のカップ麺なんですが。
前評判ほど旨い!とは思えませんね?
確かに賽の目にした肉はタップリ入っているのだが
想像以上に“あっさりした味付け”なので
正直言ってこんなモノなのかなぁ?というのが感想です。
味の濃さという観点からしたら
ノーマルの醤油味やカレーにトマトチリのBIGサイズが
いつもの定番なんでずっと美味しいですよ?

多少ペッパーは効いているのですが
如何せんにも“薄口”なのが玉に瑕
肉体労働や運動部に与していないチビも
かなり微妙な顔付きで食べてました!
light-and-darkness-04_026

light-and-darkness-04_027
まァそれでも何処ぞの胡散臭い
家ラーメンと比べてたら旨いから
そこは一安心なのですが(≧∇≦)

土浦港を散策・・・ (04)

私の郷里近くには『海』と呼べる
代物が存在しない
私鉄(鈍行)の駅と駅のちょうど中間地点であり、
巨大な擂り鉢状になった地域は、何処からアプローチしても
是が非でも坂道が存在して超えていく必要が有る。
滅多に余所者を近付けない
人里離れた僻地なのだ
それだけにMS-DOSの時代から
みんなのデータ、即ち“知的財産”を連綿と守り続けるだけに
命を削る思いでバックアップを1日も欠かさずに行ってきた。
そういう意味合いでは『元祖・データセンター』の
役割を果たしてきた最適の地理条件とも云える。

当時はアイオーデータから発売されていた
SCSI HDVS-UM8.4Gのような外付けHDDを
7つまでデイジーチェーン(数珠繋ぎ)して
不測の事態に備えたものです。

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_001
阪神淡路大震災に東日本大震災。
広島の土砂災害に常総豪雨、そして熊本震災。
まさか私自身が存命中に此処まで自然災害に
遭遇することを経験するとは
本当に『想定外』と云えよう!

写真を撮るときにアイデアや
被写体の構図などで詰まったときは
こうして昔を思い出しながら
一路、ステアリングを港に向けて走る訳だ。

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_002
2016/04/26 14:05
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/2000、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_003
2016/04/26 14:06
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/4000、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_004
2016/04/26 14:08
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/1000、焦点距離18mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_005
2016/04/26 14:08
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/1500、焦点距離18mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_006
2016/04/26 14:11
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/750、焦点距離18mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_007
2016/04/26 14:13
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/750、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

こうして街中を当ても無く散策するのに
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMは
絶大な威力を発揮する!
適度に抑えられたズーム比率とF/1.8という明るいレンズなので
とっさの時にも『便利ズーム』に劣るにせよ、
重宝するのは間違いないからだ。

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_008

Tsuchiura-Harbor-04_009
F/1.8という世界からは綺麗で柔らかなボケ味が
レンズから“保証”されていると述べても過言であるまい。
    ・
    ・
    ・
もっとも最近ではF/1.4や1.8ほどの長大なボケ味は
必要ないが、そこそこボケて背景の整理が行える
F/2.8通しのCanon EF-S17-55mm F2.8 IS USMで
散策する機会も多くなりましたね?

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_010

Tsuchiura-Harbor-04_011

Tsuchiura-Harbor-04_012
パッと見はTAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDと
大して変わらないスペックだし“画角被り”していると
学生連中やチビに指摘されますが、
CanonのほうはAPS-C専用設計で、
TMARON側はフルサイズ対応なので、
おのずと使用する場面も「意識して住み分ける」様に
普段の撮影時に心掛けていますね?

対物・対人に対風景と被写体によって
そのレンズが持ちうる得意ジャンル毎に
切り替えながら撮影が出来る。
レンズ交換式のデジタル一眼レフ
ならではの贅沢な嗜みですね?

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_013

Tsuchiura-Harbor-04_014

Tsuchiura-Harbor-04_015

Tsuchiura-Harbor-04_016
2016/04/26 14:17
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_017
2016/04/26 14:17
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_018
2016/04/26 14:17
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/6000、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_019
2016/04/26 14:17
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/8000、焦点距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

EFレンズを代表すべき云わば『Canon党の顔』として
プロは勿論ハイアマチュアや私のような素人も
嘱望の眼差しで見たことの有る人気のズームレンズ、
それがCanon EF70-200mm F/2.8L IS II USMでだろう!

 

Tsuchiura-Harbor-04_020

Tsuchiura-Harbor-04_021
過去数回にわたってモデルチェンジを重ねては
ブラッシュアップが行われた銘玉だ。
事実、2型ではこれでもか!と云う程に
色収差をはじめとする諸問題を徹底的にゼロに近くしている。
最短撮影距離が1.2mは“この手”のズームレンズの中でも
かなり頑張っているし、私のように16条間や20条間の
応接や多目的室が自宅で使えるなら、相当に有意義だ!

小さな顕微鏡に使うためでさえ加工が難しいとされる
蛍石やUDレンズを湯水の如く使用して
“超”がつく程の高精細・高画質に寄与してるのは
疑いようの無い事実だ。

鏡胴部の剛性を高めて同時に軽量化や
レンズ全体のバランスは
『史上最強』といって過言ではない!
惜しげもなく最強のエレメントを使っている
このCanon EF70-200mm F/2.8L IS II USMならば
見ての通り、ボートの船名は勿論、エンジンメーカーのロゴや
流れる旗に書かれた文字までがハッキリと描写されている。

手振れ補正も4段分があるので、
こうした咄嗟の手持ち撮影も苦労しないでモノに出来るのは
まさに大三元オーナーならではの役得だろう。
皆さんがクチにするほど重たいレンズではなく
このBlogでも過去に再三述べてますが
1.5Lのペットボトル程度なので、ホールド感覚は最高です!

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_022
2016/04/26 14:18
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/8000、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_023
2016/04/26 14:22
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_0242016/04/26 14:23
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/8000、焦点距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_025
2016/04/26 14:27
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/2000、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_026
2016/04/26 14:36
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF28mm F/2.8で
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_027
2016/04/26 14:37
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF28mm F/2.8で
F/4.0、ISO-100、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_028
2016/04/26 16:10
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF28mm F/2.8で
F/5.6、ISO-100、スピード1/125
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

決して“最新型”の光学系では有りませんが、
手振れ補正の付いてない旧式単焦点でも
頑張って被写体と向き合う姿勢を大切にすれば
此処までのクオリティを叩き出せるんですね?

この港町に来たら必ず24時間パーキングに
停車するのが常ですが、
そんな駐車場の隅から自生していた植物を
撮影した作例になります。
生活の普段は『小銭との決別』を図る意味合いでも
クレジットカードが主体です。

細かい小銭で、過去に何万円クラスの紳士用の
長財布を幾度となく破壊された苦い経験則から
手にするのはプラスチックマネーに徹底させてある!
他にもファミレスの割引カードや
AEON系列の店舗に入っているクリーニング店など。
殆どはクレジットカードで決済している。

実際にプリウスNHW-20へのガソリン給油も
カードの組み合わせで相当安くなる事を知っているので
こうした撮影遠征や未だ慣れない下妻市にある
「大宝八幡宮」まで紫陽花を撮りに出掛ける時など。
実に大活躍のクレジットカードです。

よくクレジットカードを“麻薬“と称して
非難するネガキャンを見受けるのだが、
連中は『物事の副作用』だけを焦点にして
論客気取りする左巻きに過ぎないですね!
どんなに素晴らしい効果を見せる薬品も
副作用は必ずあるし全て人の行いには、
利益(ベネフィット=リターン)と
不利益(リスク)が結果として表れるのであって、
何かとリスキーな部分ばかりに目が止まりがちだ。

そこをカバー出来る分の利鞘が見込まれるなら、
適切に投与された抗癌剤と同じで
最小分量で最大限の効果が発揮できるわけだ!

クレジットカードも同じで
自分が普段から生活で必要な経費を
割り出して使用すれば、現金を持ち歩くよりも
強盗の目からも逸らせて安全性が高まる。
    ・
    ・
    ・
もっとも先にコンビニ敷設のATMなどの被害は
私たちエンドユーザーが如何に努力しても
不可抗力な部分があるので、気にしなくて大丈夫です。
非難されるべきは短時間で億単位の金銭を
不正に引き出した犯人や
馬鹿なシンジケートですからね!

最近では“非接触型のカードリーダー”を敷設する
コンビニや前述のTIMES-24の駐車場まで。
財布をひっくり返して小銭を探して
後ろでイライラして睨まれるリスクも減るし
何よりもポイントが貯まるので
私や彼女・・・そして「日本妄想協会へようこそ」の
責任者でもある親友でさえクレジットカードの恩恵は
計り知れないと称賛をクチにしてますからね!

 

 

Tsuchiura-Harbor-04_029

Tsuchiura-Harbor-04_030

Tsuchiura-Harbor-04_031
親友も仕事などでグアムなどに海外出張するのですが
その時にポケットへと無尽蔵にバクテリアの如く
蓄積していくダイムやクオーターの小銭で
相当にストレスが重なっていた
私たちサークルの人間に
“後日談”を語ってましたからね!

電力自由化や携帯にプロバイダ料金なども
クレジット決済が可能な今日
これらの文明の利器を最大限に活用して
上手にポイントを貯めて他人より先んじて
“時間”や手間暇の無駄を省いて一歩二歩と、
人間が最も得意とする本来の姿である?
考えるという知的作業にリソースを割きたいですからね!
私の長財布には札束は一枚も入っていない。
代わりと云ってはなんだが、
クレジットカードで決済した時のレシートは
例え『何百円単位』でも翌月の締日まで
原則保管する場所である!

こうする事によってインターネットで閲覧可能な
WEB明細と必ず睨めっこしながら
不正な使用が存在しないか・・・目を光らせるのだ。
同時にポイントの残高も一目瞭然!
計画的な買い物や普段の行動も律することが出来ます。