4-5.6 EX DC HSM」タグアーカイブ

当Blogを閲覧される前に

速いモノで、私が「デジタル一眼レフ」の世界に
デビューしてから十年が経ちました

Blogの記事でも2013年には「お知らせ」していますが、
実際には、それより早い時期からデジカメに接していました。
当時のデジタル一眼レフは
初心者向きの「エントリー機器」としての色合いが強い
EOS X5という機種でRAW記録で
5184×3456の1800万画素を誇る
DISIC 4の映像エンジンでしたね!


2012/06/14 12:50
撮影機材カメラ:Canon EOS X5
SIGMA AF10-20mm F/4-5.6 EX DC HSMで
F/4.0、ISO-200、スピード1/4000、焦点距離10mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:不明
DPEソフトウェア:PaintShop Pro 14.00

 

 

その間に「東日本大震災」や
様々な社会現象を経験して
私が学生の頃に“趣味”で立ち上げた
サークルの全権を、気が付いてみれば
正統な後継者であるチビに委譲しました。

そんな私が『もっとキレイに写したい』という
撮影者共通のメタファーを内包して歩んできた十年です。
ミドル機器であり「ハイ・アマチュア層」への追及がメインの
EOS二桁の70Dを初めて購入した時は
しばらく“武者震い”が止まらなかったことを
昨日の様に覚えています

なんにせよEOS X5でのデビューが
EOS 70Dが2013年08月29日の発売で
後続機種のEOS 80Dが2016年03月25日なのは
「偕楽園・梅祭り」の真っただ中での機材交換だったので
“あの時の慌ただしさ”は、生涯忘れないでしょうね?

それから、キッチリと3年後の2019年11月15日に
私はEOS 90Dを入手する事に成功しました

云うまでも無く、このEOS 90Dは、EOS 80Dの
正統な後継モデルとなるミドルクラスの一眼レフです。
それを裏付けるように外観もEOS 80Dと“瓜二つ”で、
バリアングル式の液晶モニターも同じく装備されてます。

それと同時進行でPCやサーバー、通信機器をめぐる
エンドユーザーの私達の環境も激変しました。
ADSLでの常時接続にフィーチャー携帯での
19200bpsでの接続環境。

写真を撮ってからリアルタイムで
RAW現像してプレゼンの場所で
ストレスフリーで相手先との打ち合わせなどでは
Android端末のタブレット10型や
Windows10のOSであるHP-15-AF100では
正直言って「苦痛」のレベルですね!
AMD Quad-Coreの1.5GHzの4コアで
ストレージ容量500GBですが、これはOfficeが何とか動くだけで
一昔前の「無双orochi Z」も満足に稼動しません。


そこで2018年8月18日の土曜日に購入したのが
Surface Book 2 15型モデルという訳です!

それだけに留まらず体育祭や文化祭、
各種イベントの動画記録に
Panasonic VX985Mを導入して
本格的な『4K動画』のデビューを果たした瞬間です。


図らずもディスコンになってチビに
お下がりのEOS 70Dは譲渡しましたが
今でこそ見劣りするとは申せ、
画素数は2020万画素で映像処理エンジンが
DIGIC 5+で5472×3648だったので
この時から4Kへの布石は存在していたわけですね?

EOS 80Dからの進化点としては、
SDカードスロットが高速なUHS-II規格に対応したこと。
地味だが大切なファクターで3000万画素を超える
高解像度で秒間約10コマ(ライブビュー時は約11コマ/秒)の
連写をしたり4K動画を記録したりすると
高速なメモリーカードは絶対に欠かせないですね?
そしてサーバーへの転送も高速で快適そのもの!
こうしたストレスフリーな撮影や現像作業には、
UHS-II対応は大きなメリットですが
こうした肥大化する一途を辿る巨大なデジタルデータを
快適に使おうものなら、私の愛機である
Microsoft Surface Book 2 15型でが筆頭候補ですね!

ただ・・・プロアマ問わずに私の様に
HV車を使って外出先で撮影する機会も多い筈だ。
新幹線や在来線のみならず最近では
移動中のサービスエリアや“道の駅”などでも
作業を強いられる場面がダントツに増えましたね!
忙しくて目が回りそうですが、
各地のお祭りやパレードを撮影して
結果として親御さんに信頼されて
定期的な撮影依頼を受けるのだから悪い気分はしませんね?

カメラで撮影した画像を自動的にPCに転送して、
文字通り“その場”で成果物(写真・動画)の
取捨選択にレタッチが可能です。

まァ世間一般の『テザリング撮影』ですが
転送された画像を即座に表示するには、
PC側に相応のハイパワーが必要ですね?

って云うよりPlayStation 4 Proで
BRAVIAに接続して遊んでわかった事なのだが
もう1920 x 1080も終焉ですよ?
3840 x 2160の4K時代は
既に市民権を得ているし、情報量も格段に多く
圧倒的な解像度の4Kは一度味わうと
もう元には戻れないのが実情です!

そこで「ココナッツの独断と偏見に満ちた日々」では
今後の写真撮影での作品は
このEOS 90Dと予備要員の80Dの二台体制です。
それによって私のAcer 28型モニターでも
確認しましたが、画像がノイジーで汚いと
思われる場合は、素直に『4K環境』のスクリーンを
用意して画像を出力してみて下さい。

画像は見事に結像して高感度撮影でも
極めつけにキレイな写りが確認できます

よって、
このBlogをご覧いただくにはフレーム対応のブラウザが必要で、
動作確認はMicrosoft Edgeで
Firefox Quantumで Ver.70以上で
解像度→3840×2160の4K、True Color(32bit)で
49型から65型の液晶をオススメします!

解像度が従来の1920×1080でのTrue Color(32bit)や
ChromeやOperaにMacでの閲覧行為は
撮影作品のテクスチャーや
レイアウトが崩れる恐れがあり、保証できません。

帰れ、50mmの標準域へ (03)

なぜ私のBlogは『読み取り専用』なのか?
たまにだが運営している自分自身でさえ
“不思議”に思えてならない。
勿論これには“Blogの炎上”や
余計な厄介事を防ぐ意味合いから
こうした設定にしている訳だ。

一応「コメント欄」こそ残しているが
これが正しく機能するには、
Blogにログインする必要性があるわけで
それには私からの「招待制」の限定公開記事や
コメントを可能にするための「会員登録」と
パスワードの貸与が絶対条件になります!

それには最低条件として「現実世界」で
撮影仲間として顔見知りである事が条件なので
「相互リンク」だけでは、絶対に許可しないわけだ。

私は投稿しているBlogの書き方から推察できる通り
私の最優先事項である『写真を撮ること』が
大原則として存在するサークルですね!
それ故に私の発言はBlogにおいても過激であり、
他人を気遣うセリフや配慮に欠ける場合も多々有りえますが・・・。

まだWindows 95の時代から
(厳密にはMS-DOS時代)行なっていた
パソコン通信なるものも経験して
自分が好きなジャンルの「草の根BBS」にも在籍してましたが
理論武装のオバカ連中に多対一の袋叩きにされたりして
散々苦汁を舐めてきた記憶は、死ぬまで忘れないでしょう。
“多対一のイジメ”を経験して散々苦汁を飲んできた私は
思案の結果・・・・ネット世界と現実世界に
『ひとつの線引き』をつくる事にしました。

そういった数々の反省点を考慮して
私のBlogでは『原則・書き込み禁止』で
文字通り私の写真という成果物や
主義主張を一方通行に発信するに至りました。
逆に云えば此処のBlogでコメントや
レスポンスが存在する場合は
サークルの厳しい審査をパスした
選ばれた撮影仲間と考えて構いませんね?
それこそが情報発信の場所では
必ず『読み取り専用』にして無用なデジタルノイズを拾わない!
このような結論に至り、現在にまで続く訳だ。
したがってTwitterも行わないし
インスタントが何とかも必要ない。

自分にとって有益な情報源である
FacebookとBlogの二つだけで充分なのだ!
『読み取り専用』とする以上
よほど私が脆弱性のあるシステムや
強度の弱いパスワードを使ったり
リアル親友の選定でミスを犯さない限り
この記事を見ているアナタ達には“なす術”が無い。

それゆえに私は好き勝手に“思った胸の内”を
誰の目を気にすることなく書くことが出来る!
     ・
     ・
     ・
つい最近ではPS4の『閃乱カグラ』の
コミュニティBBSに訳の分からない能書きホザイて
“お前たちが露骨な画像や動画を投稿するから
規制が厳しくなった”などと妄言録をのたまう
左翼団体の存在には、さすがに呆れてしまったので
暫くは自分でコミュニティBBSを立ち上げて
好き勝手に活動しようと決めましたよ!

お色気がメインであるゲームソフトですよ?

今更顔されて説教されてもコミュニティBBSの
メンバーは嬉しくないですよ?
まァ・・・元々『規制』だの『圧力』などという
意見が最近では目立ち始めており
“ゲームを楽しむ”という本来の趣旨から逸脱していた
コミュニティBBSだったので
今後は一匹狼でプレイしますよ。
     ・
     ・
     ・
昔からだが意味の分からない事で
クレームを入れる狂気に満ちた左翼団体の人達が多いです。
戦後間もなくや高度成長期などは国政などへ批判して
活動するキチガイが大半だが。
21世紀あたりからゲームやアニメの
『どうでも差し支えない部分』に
満足な予備知識も無い凡愚ががクレームを入れて
脅迫行為を繰り返していたのは記憶に新しいでしょう?

チビクロサンボや手塚治虫の
ブラック・ジャックなどが良い判例でしょう?
常に自分たちが正しいと“確証バイアス”と感情論だけで
他人が端正こめて作ったコンテンツまでに
土足で踏み荒らすポリティカル・コレクトネスの馬鹿共ですね!

こういう『端にも棒にもかからない凡愚』が
結果的にはゲーム表現の自由を妨げている
メディアやBlogなどの情報発信の
業界全体を衰退させてるに過ぎない!
お気に召さないのなら出て行って貰って構いません
そして二度と私のBlogに立ち寄らないで下さい

 

 

2019/03/05 11:08
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:09
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:10
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:11
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/5.6、ISO-250、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:14
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:16
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-250、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:16
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-250、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:17
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/4.0、ISO-250、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:25
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:26
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:28
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:32
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/350
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:35
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/8.0、ISO-100、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:36
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/8.0、ISO-100、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2
     ・
     ・
     ・
この前のスナップ撮影では近所の公園を散策して
適当にスナップ撮影と洒落こみましたが
広角サイドにCanon EF35mm F/1.4L USMだけで任せたので
少し“息苦しい”と表現すべきか、
やや圧迫感の強い構図になってしまったのが残念です。
標準域はCanon EF50mm F/1.2L USMと変わりませんが、
前回のCanon EF135mm F/2L USMで
存分に溶けるような描写と
絞りを絞るとカリッとしたシャープな画質になるので
今回は手持ちのEFレンズの中でも
唯一中望遠マクロである
Canon EF100mm F/2.8L MACRO IS USMを持ち込んだのは
大正解ですね!!

さて、そうは云うモノ全体的な総括としては
やはり広角サイドに『物足りなさ』を感じたのは事実であるし
一度でもCanon EF14mm F/2.8L II USMで写し出される
全てを飲み込むような圧倒的なパースと
広大無比なランドスケープ調にする青空レンズの魔力に
魅了されると抗うのは容易では有りません(≧∀≦)

過去にはSIGMA AF10-20mm F/4-5.6 EX DC HSMや
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4も所持していました
シグマは使い勝手の良い10-20mmをカバーするも
F値が暗すぎて、屋外専用になってしうのが“玉に瑕”で
今では新潟加納テックに譲渡した
SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMも
今の高画素時代には私の思い描いた画質が難しいです。

トキナーは12-28mmをカバーする守備範囲の広さが
『謳い文句』なのですが如何せんにも暗い!
もともとフィールドや風景などを
超広角レンズで撮る私は絞るときは多いので
F4でも構わないのですが
時には思い切り近付いてボカす手法も使うので
F4クラスだと背景が硬くなりがちです。
その辺はチビ愛用のCanon EF16-35mm F/4.0L IS USMや
私のCanon EF24-105mm F/4L IS USMでも実証済み。

Canon EF14mm F/2.8L II USMであれば
最短撮影距離は驚きの20cmで
色のりが濃厚な印象でダイナミックな画を
かんたんに出力できます。
事実、チビのフルサイズでも私のAPS-Cでも
画面の四隅から画面中央部まで
とにかく開放からシャープで気持ち良い画作りが可能です。

実勢価格が23万円前後と非常に高価なレンズですが
Lの称号纏う単焦点だけに一切の不具合や
エレメントの妥協なく鏡胴の堅牢性も併せ持つので
“記憶に残る印象を”と本気で考えるならば
決して無駄遣いでは無いと私は思うのです

重さも645gと同じCanonの
EF50mm F/1.2L USMが580gである事を考えると
65g程度の重量差なのでLレンズの中では『軽い部類』ですね!

最高の青空レンズ、その名は14mm (3)

広い範囲を写しむことが容易く、
ダイナミックな描写を得意とする広角レンズ
そんな広角レンズは実際にカメラ店舗でも
ズラリと陳列されているので、
自分に合う1本を見つけるには
やはり足繁く自分が撮りたい現場に足を運んで
最適な画角を見つける必要がありますからね!

前にもBlogで話しましたが
単焦点は“画質”に於いては
ズームに対して圧倒的に有利だ!
また、私がチビから借りている
Canon EF16-35mm F/4.0L IS USMで
広角ズームたる特徴やエレメントの個性も
少しずつではあるが理解できている。

元々ズームレンズにおいて
広角側と望遠側のエレメントでは
光学的に相反する関係なので、
どうしても片方を補正すると反対が性能劣化する。

それだけに画質を優先するフラグシップの
ズームレンズでは私の知る限り
だいたい2~3倍程度の比率がセオリーだ。

そうした常識の中でチビがオーナとなった
Canon EF16-35mm F/4.0L IS USMだが
想像以上にフットワークが優れている!

いまや2千万画素から5千万画素が
素人の機材として撮る選択肢として
市場に売り出されている。

そんな中で周辺画質の向上を行い
非球面やUDといった特殊材料を湯水の如く使っている
Canon EF16-35mm F/4.0L IS USMは
最新のテクノロジーと「手振れ補正」の恩恵を
タップリと享受するエレメントだ!
そんな現代テクノロジーの“申し子”とも云うべき
レンズの先祖を辿るとき
一体どんな写りやエレメントに出逢うのか?


そう、今回の単焦点は先祖返りなのだ!
今回のCanon EF14mm F/2.8L II USMでは
大体レンズ群の真ん中と後ろ玉に
UDレンズも奥まった箇所にある。

今回私が譲らなかったファクターの1つに
“最短撮影距離”がある!
これは直接的なライバル関係にある
SIGMA 14mm F/1.8 DG HSM Artが27cm、
同じCanonのEF11-24mm F4L USMが
28cmを考えると驚異的な数字だ!

超のつく広角レンズで
充分被写体に近付いて周りをボカす!
こうした芸当も楽に出来るのは大変に嬉しく思うし
ワイドマクロな表現は
実にSIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSMが持つ
24cmを上回るのだ。

 

 

2018/04/08 13:49
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/6000、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 13:50
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 13:50
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 13:52
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000、焦点距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 13:53
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000、焦点距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 13:55
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/6.7、ISO-400、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 13:56
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 13:56
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

綺麗な混色の黄色系チューリップ
そんな花の芯にピントを置いた上と
輪郭の再現性を写した下の作品。

隠れたワイドマクロと新潟加納テックが絶賛するとおり
接写ではマクロと変わらない
非常にシビアなピント合焦が要求されます!

しかし幸運にも明るさは本家マクロの100mmと同じF/2.8だ!
これならば超広角レンズ特有の
飲み込まれるような強烈なパースを利用して
思い切り近付くことからワイドマクロのデビューとしたい。

 

 

2018/04/08 13:58
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/6.7、ISO-400、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 13:59
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/6.7、ISO-400、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

本当は二作品とも川からの視点に納めたかったが
当日は人混みも相当なモノで
どうしても引くとゴチャゴチャして整理できないので
このような構図にしました。

特に下のほうは川の流れが判らない恐れもあるので
右下をギリギリ残して
河川の流れを見えるようにして
ダイナミックな雲を納めることにしました

超広角レンズに属するのは
このレンズ以外では
Tokina AT-X 107 DX Fisheye F/3.5-4.5が
画角180度をもつ対角魚眼レンズだ。
両方に共通したアーキテクチャとして
人間の視覚を超えた存在という事だ!
事実わたしが室内で撮影したら
タダでさえ強調されるパースは鬼の様に凄まじい!

広角に寄るほど被写体は小さく写るので
このエレメントの特性とも云うべき最短撮影距離を
思い出して被写体まで1歩といわず
2歩3歩と普段以上に距離をつめたい!
     ・
     ・
     ・
広角レンズではすっかり聞き慣れた
“非球面レンズ”はレンズ構成のなかで
特殊形状のレンズを全般的に示します。

なにかと面倒な収差を打ち消す目的で
全体のレンズ枚数の削減に一役買うわけだ
もちろん、レンズ全体のダウンサイジングも容易い
だからと云って何処でも気軽に使えず
非球面レンズパの持つパワーは想像以上に大きく
麻薬のように強烈な利き具合をレンズ全体に与える。

特に撮影時に接近して撮るときに
背景がのボケに対して顕著に影響を与える!
だから本当は使わないでレンズ設計が
出来るのが一番なのだが・・・。

 

 

2018/04/10 09:25
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/6000、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/10 09:27
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/10 09:45
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000、焦点距離44mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/10 09:47
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/8000、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/10 09:51
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/10 09:52
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/10 09:53
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/10 09:53
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/10 09:55
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/2000、焦点距離50mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/10 09:56
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1500、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/10 09:57
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000、焦点距離140mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/10 10:13
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/10 10:13
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/8.0、ISO-100、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/10 10:14
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/8.0、ISO-100、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

自分が信じた世界で
こうして作品として結果に残せるのは
素直に嬉しいですよね?

ただ悔しいかな腕前が足りない私では
撮り始めると面白くて夢中になるあまり
駄作量産機器と化すので
SDカードの領域を無駄に占拠してしまうのですが;´Д`)))

当日の国営武蔵丘陵森林公園の作例を早くも
載せてみましたが、いやはや春を通過した
真夏日和で暑いくらいだったので
快適な撮影ができましたね!

ただし、吹き付ける風は涼しいので
まだまだ“春に過ぎない”ことも実感しました!
それでもフォトベストに忍ばせたスポーツ飲料の
ジェルタイプは全て「売り切れ御免」となりましたwww

 

 

2018/04/10 10:35
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000、焦点距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:太陽光、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/10 10:36
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000、焦点距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:太陽光、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/10 10:36
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000、焦点距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:太陽光、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/10 10:37
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/8000、焦点距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:太陽光、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/10 10:38
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/4000、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:太陽光、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/10 10:38
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/3000、焦点距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:太陽光、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/10 10:45
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/8.0、ISO-100、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:太陽光、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

さて・・・実際の作例から見ると
私のEOS 80DがAPS-Cのフォーマットなのも影響してか
四隅の周辺光量落ちは皆無だ!
(これは、全てのレンズに云える事だが・・・)

開放こそ少し解像度が甘ったるい部分も散見できるが
基本的には“超広角”らしく
開放からビシバシと写ってくれる
周辺画質が飴のように溶けてしまった
SIGMA AF10-20mm F/4-5.6 EX DC HSMと比較したら
グッと抑制されている!

それだけで無くパンフォーカスを意識して撮影するのも
14mmなら独壇場でF/6.7から顕著になるでしょう。
恐らくはF/11辺りでキレキレの
シャープな写りになると思われます!
被写体ブレを防ぐために絞った作例では
ISO感度を400まで上げてますが
ポスター印刷や等倍角観賞でもしないなら無視できる範囲ですね!

また、佐倉市の第30回 佐倉チューリップフェスタ
リアル親友と撮りに行った撮影当日は
『寒の戻り』と春の嵐のためか
冷たい突風が頭上に吹きつけたり
真茶色な砂埃が横殴りで舞っていたりと
御世辞にもカメラにもレンズにも優しいとは云えぬ
“過酷な環境”だったのですが
さすがにCanonのLレンズ
カメラバッグのブロアーで出目金レンズは綺麗に成りましたwww

私は出目金レンズの扱いには慣れていたので
これからも普通に接して撮影の共にできます!
が・・・もしも、このCanon EF14mm F/2.8L II USMが
初挑戦の出目金レンズだったら?

答えは付属の専用かぶせ式キャップを
こまめに取り付ける!
これしか存在しないでしょう?

フィルターを被せられない出目金レンズに
抵抗があってまったく利用しません!
これでは本末転倒だ!
それに、このかぶせ式キャップは
ちょっとした一工夫が仕掛けられている・・・。

確実に定位置でフードを被せるために、
キャップには対照的な凹凸が存在して
これが左右のフードに完全にはまり込む訳だ!

最高の青空レンズ、その名は14mm (2)

毎回御世話になっているカメラ店舗で試写をして
地元のカメラ専門店で幸運にも
3日間を丸々借り受けることを承諾してくれました!
(購入した店舗は、また違いますが・・・)

ショーウインドウ展示用だけあって
埃や手垢は皆無!
幾度か使用された小傷が鏡胴一体の金属フードに
少し点在するくらいでコンディションは上々!
後玉も綺麗で、これなら安心して
自分の80Dに装着できました。

結果は・・・
う~ん、これだ!この画角だ!
SIGMA AF10-20mm F/4-5.6 EX DC HSMの
ワイド端みたいに強すぎる“引き”では無く
チビ愛用のCanon EF16-35mm F/4.0L IS USMで撮ったときの
16mmより明らかに超広角であることを主張してます!
また、Tokina AT-X 107 DX Fisheye F/3.5-4.5の
14mmは対角魚眼レンズなので比較自体がナンセンス!

 

 

2018/04/08 12:49
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 12:51
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 12:55
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000、焦点距離50mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 12:56
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 13:00
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/6000、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 13:04
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/8000、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 13:09
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

Canonの“純正”だけあって流石にラグジュアリのLですね!
色乗りも私好みでなのがGood!
非常に濃厚な印象で端から端まで
ダイナミックな画角は折り紙付きといった所でしょうか?
周辺の口径食も最低限に抑えられており
Tokina AT-X 11-20 PRO DXにみられた
喧(やかま)しいボケも少ないです

中央部は開放より大変シャープで、
嫌味な描写は一切存在しません。
Canon EF24mm F/1.4L II USMよりも
さらに広角側にシフトした文字通り
“超広角”の伸びやかな写り!
勿論それを満喫できるのは14mmという焦点域ならではだ!

 

 

2018/04/08 13:10
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 13:12
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 13:14
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 13:14
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 13:15
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 13:17
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/6000、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 13:19
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/8000、焦点距離50mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 13:20
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/8000、焦点距離50mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 13:21
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 13:22
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/2000、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 13:24
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 13:26
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 13:28
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 13:32
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 13:34
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 13:36
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/8.0、ISO-400、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 13:39
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 13:40
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/2000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 13:44
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000、焦点距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 13:44
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/6000、焦点距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 13:45
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/6000、焦点距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 13:47
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1500、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

他のEFレンズとの“連携プレイ”も
極めて快適でストレスを感じる事無く
撮影のためにファインダーとEVFを注視できる!
なんだか久し振りな感覚で少し気恥ずかしいと表現すべきか?
不思議な感覚もしましたが数十ショット撮る間に
違和感もかなり軽減されてます。

この赤いチューリップのショットも
前述のCanon EF14mm F/2.8L II USMと殆ど変わらないのだから
デジタル一眼レフは
レンズ交換を如何に適切に行うか?
最大の悩みどころでもあり楽しむべき“勘所”でもある!

普段使いのレンズがF/1.8やF/2.8といった
明るいズームから単焦点まで。
今では殆どの焦点距離をLレンズが占有しており、
Lレンズの無い写真生活も少し考えられない。

また、受け止めるボディがフルサイズだろうがAPS-Cでも
レンズに間違いない投資をすることで
此処まで表現の幅は拡がるものです!

 

 

2018/04/08 13:48
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/8000、焦点距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

最高の青空レンズ、その名は14mm (1)

使用頻度という観点でモノ申すなら
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMと
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMが圧倒的である!

初めて訪れる撮影のための宿営地などでは
勝手が違うので
Canon EF16-35mm F/4.0L IS USMや
Canon EF24-105mm F/4L IS USMといった
F/4.0通しが大活躍する。

それでも14mmが欲しかった理由
超広角ならではのアンダーな世界!
過去に私は
SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMや
SIGMA AF10-20mm F/4-5.6 EX DC HSMに
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4といった
超広角のエレメントを使ってましたが
どれも不満が残る結果しか残せませんでした。

今でこそチビの愛器であるEOS X5ですが
このカメラでデビュー果たした私は
“レンズの明るさ”と“AF合焦の正確性”に悩む日々が続きました。

APS-Cのフォーマットである私には
SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMは貴重な存在でしたが
現行機種の1つ前の70Dから著しく解像度が落ちてしまい
まともに解像できない作品ばかり。

 

Tokina AT-X 12-28 PROに関しては
F値があまりにも暗すぎて不便な事ばかり!

 

一番長く使った
SIGMA AF10-20mm F/4-5.6 EX DC HSMでも
バチピンで解像している過去の作品は
数えるほどしか存在しませんでした。

 

NAS(ネットワーク・ストレージ)を3台運用している私は
過去の作品をアーカイブから出して暇なときに
観賞しますが・・・この結果には正直ショックでしたね?

 

さて、ここから問題!
Canon EF16-35mm F/4.0L IS USMは
チビの所有するレンズなので
いつでも好きなときに使えません!

SIGMA 14mm F/1.8 DG HSMも考えましたが
超広角で1キロ超える重量は“断固としてNO”なので
当然ながらCanon純正のEF11-24mm F/4.0L USMも候補から外れました。
(値段が割高なのは判るが、重すぎ暗すぎ!)

 

 

第一私の風景撮影で超広角を意識すると
普段から使っている対角魚眼レンズの
Tokina AT-X 107 DX Fisheye F/3.5-4.5で
使用域がとくに高い14mmがベストな選択肢です。

そこで考えました
風景はパンフォーカス前提で、ある程度絞るとはいえ
近接撮影にも強くて明るいレンズは無いのか?

そこで今月に購入したレンズが
Canon EF14mm F/2.8L II USMです

 

ザッと外観は、こんな感じ
製造番号がUF0809と刻印があるので
此方のサイトを参考に製造年月を計算すると・・・。

2017年3月に宇都宮で組み立てられたロットであると
確認ができます!
(Lレンズは宇都宮で製造している)

よって去年に出荷されたバリバリに新しい光学系だ!
古いロットならば在庫の塩漬けとか
他倉庫からの融通も有り得ますが、
これならば一安心ですね?

 

 

2018/04/08 12:15
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 12:15
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 12:16
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 12:26
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/2000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 12:29
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 12:30
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 12:34
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF85mm F/1.4L IS USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 12:35
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF85mm F/1.4L IS USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 12:36
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF85mm F/1.4L IS USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 12:37
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF85mm F/1.4L IS USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 12:37
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF85mm F/1.4L IS USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 12:40
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/6000、焦点距離140mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 12:41
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/6000、焦点距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 12:42
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/6000、焦点距離102mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 12:42
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/6000、焦点距離102mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 12:42
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/6000、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 12:46
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/08 12:47
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

さて・・・SIGMA 14mm F/1.8 DG HSM Artとの比較を
表にしてから考察しましょう!本来ならば自分のCanonと彼女が使うNikonのFマウントの
比較だけで充分だが
判りやすく比較ができるように行いました。

こうして一覧表をつくって眺めると
改めてレンズの特性やターゲット層などが
網羅的ですが見えてきました
シグマの14mm F/1.8 DG HSM Artだけが
去年にリリースされた新しい光学系
残りは2000年前半のエレメントが主流です。

私のEF14mm F/2.8L II USMも既に発売から
11年が経過した“古株”であり
前モデルがデビュー果たしたのが
確か高校1年生のときだから
単純に考えるとEFマウントに切り替わってから
僅か3~4年過ぎての話だから、年月が経つのは早いものですね?
しかし前述の通り製造自体は
昨年に宇都宮で組み立てられたロットなので
実質的には2017年3月のレンズという訳です

またサークルでも私やチビを除くと
(厳密にはCanonとNikonの二刀流だが・・・)
数少ないCanonマウントのオーナーである
新潟加納テックに、今探しているレンズの薀蓄(ウンチク)や
様々なトリビアを伺って
筑波山の麓にある蕎麦屋で時間をすごしました。

私が旧トキナーの大三元を揃えているので
Tokina AT-X 11-20 PRO DXと
SIGMA 14mm F/1.8 DG HSM Artを
それぞれ試写しましたが、案の定というか
2つとも駄目でした
私の要求をすべてクリア出来ないなら投資は出来ません!

Tokinaの11mm-20mm F/2.8通しは
APS-C専用設計なので
光学系も抜かりなく重量も納得できます。

問題は絞り開放での周辺画質が酷く
特に16mm-18mm付近での遠景のボケが
非常に騒がしくF/4.5まで絞れば少しは改善。
これではF/4.5通しレンズと変わりないよ!

Tokina AT-X 12-28 PROのときはF値の暗さに
しばしばISO感度を否応無く高めて使っていたので
F/2.8通しの広角ズームは非常に有り難いのだが
私が主戦力にする14mmが納得できない!

次はSIGMA 14mm F/1.8 DG HSM Artですが
確かに写りは今のシグマらしく
シャープで切れ味は優秀ですが、
個体差なのか若干シアンが強くでる傾向があります。
大変に重量のあるレンズで、その質量は
Canon EF11-24mm F4L USM凌ぐのだから
バリアングルEVFでアオって強烈なパースを作る
傾向がある私には少し無理のあるエレメントだ。

さて、こうして1つ1つを消去法でいくと
もう超広角レンズのデビューは三度失敗に終わるのでしょうか?
SIGMA 14-24mm F/2.8 DG HSM Artは?
いや、そういう問題ではなく
単焦点で考えていることを相手に伝えると・・・。

Canonの純正を試写したのか?
云われてみれば未だCanonの単焦点は
かんぜんに未経験の状態でした
しかも“候補”にさえ入って無かった
死角の中の死角!