CMOS」タグアーカイブ

正統派のハイ・アマチュア機器・その名はEOS 90D (01)

今年最後になるで有ろう
この私の、物臭Blog

意外な事に私のようなイロモノ要素の強い
YouTubeのCHが好評でして
少ない人数ですが、特にトラブルなく
撮影地での4K動画やレンズのレビューに
ゲームの動画など・・・好き勝手に満足してます。

今更感ですが語るに及ばず、
YouTubeのCHでは、文字通り『動画メイン』で
日々の出来事やレンズやカメラサーバーPCや
ゲームソフトのリプレイ動画の公開などが主なコンテンツです。

撮影先での動画機材は上の様に
Panasonic製のHC-VX985Mで記録しています。

「自分の思った事」や
普段Blogでは書かないようなネガティブ要素な
愚痴なども収録されてます。
勿論、嫌ならば見ないで私のYouTubeのCHから
出て貰って差し支えないので
“苦情や異論”を書き込んでも
即座に私の独断で削除するし、
書き込んだユーザーはブロックするので
無駄と思ってください。

いちいち「モンスタークレイマー」を
相手にするほど私も暇人では無いので
動画chが荒れてきたらWordPressのBlog同様に
「書き込み不可能」にするだけですから、
私は痛くもかゆくも無いですね?

YouTubeでの私のポリシーや
「考え方」なども、此処のBlogとまったく同じなので
“気に入ったモノ同士”が
楽しく活動できるのが一番なので
お気に召さないのなら
出て行って貰って構いません
そして二度と私の動画チャンネルに
立ち寄らないで下さい

さて撮像素子にCanonとしては異色の最も多い
3250万画素のCMOSセンサーを搭載。
それも、その筈で映像エンジンはDIGIC 8です。
APS-Cサイズのデジタル一眼レフでは
EOS 7D Mark IIをはるかに凌駕する“超”のつく
高解像度の写真が撮れるわけですね?

そんなEOS 90Dが手元にきてから
早くも1か月を迎えたのだから
本当に今の「師走」まで一瞬でしたね?

 

 

同じAPS-Cクラスの一眼レフで
「現在進行形のライバル機」といえば、
同棲中の彼女が常日頃から自慢している
Fマウント最強のAPS-Cフォーマットである
Nikon D500になるだろう。
ただ、Nikon D500は2088万画素であるのに対して
EOS 90Dは3250万画素で、
Nikon D500より3年あとに発売されているのだから
「後を追うもの強し」ですね?

高速連続撮影が10枚であることや
Wi-FiにBluetooth搭載は、NikonもCanonも同じですが、
ただ・・・Canonの正統進化のEOS二桁は
すでにディスコンとなって久しい
70Dのときからバリアングル液晶のEVFや
タッチパネルは「当たり前」の機能だったので、
このへんは“Canonに分がある”でしょう。

さて、3250万画素の6960 × 4640の
「モンスタースペック」を活かすには
「レンズへの投資」も相当行わないと
“本領発揮”しない恐れは内包してますね?
まずは作例からどうど!
近隣の公園と本土寺の第一次撮影遠征と
市川市・動植物園での作例です。

 

 

2019/11/16 11:33
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF16-35mm F/4.0L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/2000、焦点距離20mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/16 11:34
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF16-35mm F/4.0L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/2000、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/16 11:44
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF16-35mm F/4.0L IS USMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/2000、焦点距離20mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/16 11:47
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF16-35mm F/4.0L IS USMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/1500、焦点距離20mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/16 11:49
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF16-35mm F/4.0L IS USMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/1000、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/16 11:52
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.2、ISO-200、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/16 11:52
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.4、ISO-200、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/16 11:53
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/2.8、ISO-200、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/16 11:54
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/2.0、ISO-200、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/16 11:56
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/2.0、ISO-200、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/16 11:57
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/16 12:00
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF16-35mm F/4.0L IS USMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/2000、焦点距16mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/16 12:00
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF16-35mm F/4.0L IS USMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/1500、焦点距20mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/16 12:00
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/16 12:05
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/16 12:06
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/16 12:09
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/350
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/16 12:10
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/125
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/16 12:11
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

 

普通に従来の考え方を踏襲すると、
解像力は高くても質感再現は劣ると思いがちでしょうが、
ファースト・インプレッションとして
EOS 90Dの3250万画素CMOSと
DIGIC 8の組み合わせはダイナミックレンジが広く、
冬の公園の紅葉や落ち葉などの細かいディテールまで
見事に表現できました。

これも『優れたレンズ』を所有して
はじめて活きてくる要素なので
Canon EF16-35mm F/4.0L IS USMで
公園の広々とした紅葉全体をおさめて。

Canon EF50mm F/1.2L USMで
目にはいった情景をナチュラルに専念して
ストリート・スナップの銘玉である
Canon EF135mm F/2L USMで撮影しました!

枝先の紅葉や梢の様子や大学を象徴する
モニュメントなども見事に解像してますね?
実際にマルチコントローラー1による
測距点移動もスムーズに行えて使いやすいですね!

40mm、何という中途半端な画角(1)

デジタル一眼レフのオーナーであれば
デビューしてから5年も経てば
キットレンズの組み合わせから『卒業』して
大きな明るい単焦点レンズに憧れて
カメラ専門店のガラスケースの前を
嘱望の眼差しで“アテ”もなく動物園のパンダのように
ウロウロと歩き回ったり。

或いは家族には内緒でボーナスや
虎の子の預金を下ろして購入したりwww
いずれにしても「レンズメーカーの顔」と称すべき
フラッグシップなレンズが欲しいですね!(((^-^)))

とりわけ・・・画角が35mmに50mmや
ポートレート御用達の85mmなどは
明るさがF/1.4以上の
プロ専用の大口径レンズを何処のメーカーも
競って販売しているので
ここはF/2.8通しの大三元のズームレンズと
変わりない立ち位置ですね!
そんな中にあって一際異彩を放つのが
Canon EF40mm F/2.8 STMでなかろうか?
実を云うと、このエレメントは
私が所有者では無い・・・後継者でもあり
可愛い子供のチビの持ち物なのだ!

 

 

うちのチビはこれと外観が瓜二つの、
APS-C専用設計の
Canon EF-S24mm F/2.8 STMも所有しているので
殊更『パンケーキレンズ』に関しては
うちのチビが最先端を知る数少ない
CanonのEFレンズのオーナー、という立場です( ´▽`)
     ・
     ・
     ・
閑話休題、なんだかんだと今月の初めには『立春』を迎えたし
数日前には“雨水”を経験した私。
これで来月初めには『啓蟄』を通過しようというのだから
イヤハヤ何と表現すべきか
本当に季節の移ろいが早く感じますね?
まァ私が年齢を重ねたのも大きいでしょうが
決して“その1つ”だけがファクターでは無い。

それは『撮影』する事が常態化した
ここに尽きると思うのです!
当たり前だが外に出て撮影するのが基本スタイルなので
天候やピンポイントな雨雲といった
気象条件は。その日の撮影場所を決定するに留まらず
撮影者たる“私自身”の安全を守るための
欠かせないファクターだ。

しかも同棲中の彼女とは何時でもベタベタと
くっ付いて行動する訳でも無い!
逆に離れて行動するのが多いほどだ。
お互いに所持するカメラメーカーは違うし
(私はCnaon、彼女はNikon)
一口に「風景」といっても写す被写体は微妙に違うので
当然ですが追い掛ける対象も場所もチグハグだ

前回のグラビア撮影関係のBlogでも既報の通り
先にCanonで発売されたEOS R システムで
新マウントのレンズ中で
RF50mm F/1.2 L USMが、多少なりとも気になる私ですが
メーカーの価格が32万5千円という“強気設定”を垣間見るに
同社が長年に渉って積み重ねてきた「ノウハウ」が
間違いなく凝縮されているでしょうね?

 

 


新採用するRFマウントに
35mmフルサイズセンサーを搭載したミラーレスのカメラ。
センサーは3,030万画素のCMOSだとか?

Canonのミラーレスは初号機から知っているのですが
その余りにもレスポンスの悪い
当時のメカニカル構造に
閉口したモノですwww
さすがに時代が進んでいるので“大失敗”はしないでしょうが
まだまだ『デジタル一眼レフ』のレーゾン・デートル
(存在理由)は侮りがたく、一眼ならではの世界観も健在なので
うまく共存していける手応えは感じますね?私心ながら・・・。

ただ、フルサイズ・ミラーレスは
競合他社のSONYによる“フルサイズ・ミラーレス”のショックを
旧ミノルタ時代の「αショック」以来の大ヒットにのし上げましたから
容易なビジネス戦略では“負けるのがオチ”でしょうね?
Canonにしか出来ないニッチな市場である
パイの開拓と成熟を車の両輪として実行しないと
技術としては成功しても
ビジネスとしては失敗した
かつてのNECのインターネットTVのセレブと
同じ轍を繰り返すでしょうね!
要は此処からが新採用するRFマウントと
フルサイズミラーレスの正念場がスタートした訳ですね?

そんな結論に至ることから、
“自らすすんでミラーレス”とは行動しないタイプですね。
世の中は広いですからね!
APS-Cタイプの一眼レフはフルサイズに換算して
超望遠に強いので、遠くの被写体を撮るしか使わない。
こんな具合に少し残念な考えを持っている方
多少ならずと存在しますが。

私なりの『持論』を展開すると
撮影する被写体や遠征地によって、
デジタルカメラの種類を使い分けたら
それこそ財産がいくら余っても足りないのが
写真の世界ですからね!

私であれば仮にマウントアダプターを使用しても
レンズを交換してい今現在のEOS二桁シリーズを
今後も使用すると思いますよ?
やはり35mmフルサイズは
『気軽に持ち歩く』には重量面でも厳しいのは
うちのチビさんのCanon EOS 5D Mark 3を使っている
現場を見ていて実感しましたね?

さて、それでも撮影現場にチビのように
アシストが同伴して撮影できる場合は
まだまだ恵まれている部類ですよ?
大概は撮影当日は単独行動が基本なので
その為の“レンズ選定”は前の晩に
いつも防湿庫がズラッと並んだ撮影室で
格闘していますね(≧∀≦)
グラビアの西永彩奈さんであれば
もう場数を相当に経験しているので
つぎに個人撮影会でチャンスがあったら
ズームは必要ないですね!
ただし!こうなるまでが一苦労なのだ!

 

 

2019/02/23 09:36
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:38
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:38
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/750
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:39
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/2000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:39
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/2000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:40
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:40
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/750
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:40
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:41
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:42
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/2000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:43
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/6000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:44
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:45
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/6000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:48
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:48
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:48
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:48
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:48
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/6000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:49
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

だから私みたいな場合は
初めての撮影場所や久し振りの被写体を撮影する場合は、
どうしてもズームレンズが行動計画の指針となります。

そこで真っ先に挙がるのが
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMか
Canon EF24-105mm F/4L IS USMこの2本です!

 

 

シグマの
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artと
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artの2本も
それは純正にさえ存在しない明るいレンズですが
とにかく“手振れ”が目立ちやすいので
結構気を遣うエレメントです

地元の茨城県フラワーパーク
今年のイルミネーションを撮影した時も
この2本を携えて撮ったのですが
特にSIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artの
テレ端では手振れが盛大に発生していた作品が多く
極端に「歩留まり」が悪かったので
さすがにショックでしたね!
ISO感度も800から1600と高めの設定値なのですが
エレメントが重量級なので僅かな手振れも
ダイレクトに結果に出てしまうので驚きました!

 

 

次のイルミネーション・フェスタでは
もっと考えて撮影に赴かないとダメですね?
     ・
     ・
     ・
閑話休題、皆さんの想像とは裏腹に普段撮りでも
確かにシグマのレンズは活躍してますよ?
ただしF/1.8と明るいレンズなので
ND-4クラスの減光フィルターは欠かせません。

それに純正と比較すると
どうしてもAFの速度に不満が残るので
激しい動体撮影には不安が残ります
それでも「ライトバズーカ」の異名を誇る
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporaryのように
F値が暗くても充分に追従できるモデルが
最近ようやく各社からリリースされていますが・・・。

また最近の私の撮り方(スタイル)を考察しますと
Canon EF50mm F/1.2L USMでの
スナップやグラビアでの成功例などで経験を重ねているので
どうしても『50mm』という焦点距離をカバーしていないと
さすがに窮屈で肩が張ってきます;´Д`)))
そういった撮影者とレンズのミスマッチだけは
御免被りたいので
レンズ選定の作業で思案に暮れると大体
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMか
Canon EF24-105mm F/4L IS USMと
この2本に落ち着く訳ですよ!

ただ・・・いつも同じエレメントばかり
これはコレで継続は何とやら!ですが、
往々にして“器用貧乏”に陥る側面もあるのですよ。

好きなレンズを使うことは造詣が深まる意味で
私も大賛成なのですが
どうしても撮影対象が“似たり寄ったり”と云う
シチュエーションになる傾向があり、
よその人達よりも写真の上達を更にと
野心を持つのであれば?
時にはザックリと思い切った感覚で
持ち歩くレンズの幅を刷新するのも『手段』ですね!
それでも最初は決心が簡単に付かないので
モヤモヤと考えるだけでしょうから、
「サブレンズ」としての意味合いで
好きな常用レンズと性格が重複しない
エレメントを購入してはいかがでしょうか?
そこで今回はチビ愛用の
Canon EF40mm F/2.8 STMを借りて
1日中を撮影しました。
(実際には1時間程度だが)

今昔・グラビア撮影術 (08)-最終章

我が家にきたMicrosoft社のSurface Book 2 15型
早いもので2カ月を迎えようとしてます!

当初はマグネシウム合金の美しいボディを
ただニヤニヤと相好を崩して悦に入る我が身でした
今では完全に『移動書斎』でして
それまで5.5型のスマートフォンに
Bloetooth対応のキーボードを繋いで
狭い画面で限られた編集作業などを行っていた私。

もうPCもWindows7 Proの64bit版で
当時から鳴り物いりで稼動していた
AMD-Phenom2の6コア3.2GHzを
軽く凌駕しているのですから
いやはや本当に技術革新は
恐ろしささえ感じる最近ですね!

物理メモリが16GHzの「化け物仕様」なのは
AMD-Phenom2もSurface Book 2も同じですが
完全にアーキテクチャがWindows 10 Pro 64bitに
最適化されているのだ!
最近では“ねじれ現象”として極端に重い作業である
Panasonic VX985M-Kでの4K動画の編集や
デジタル一眼レフを直接繋いで
リアルタイム撮影に特化した「テザリング撮影」などは
完全にSurface Book 2が快適で
RAW現像などは鬼の速さでパッチ処理が終了します!

そんな訳で今では自宅でも外出先でも
キララ祭りのマーチングバンドで
先頭で可愛らしく行進した
娘さんや親御さんの依頼をうけて
目の前でRAW画像と編集後の差異を
プレゼンしながら歓談するので
とにかく「撮影が楽しくなる」
ドラえもんの“ひみつ道具”なんですよ!

 

 

果てさて、我が家のチビたちの騒がしい喧噪も
普通ならば“今週まで”なのだが
ちょっと普段とは違って考え込む日々が多く、
なにを行うにあたっても億劫な感じでアクションとるので
少し二学期の遅らせてから通学させる予定です。

それと云うのも同人作家の某氏が
外国通貨の急転直下な下落をモロ受けして
それまで株やFXといった取り引きで
儲けた利益を完全に失くした。

ここまでなら割合“何処にでもある投資の失敗談”
で済むのだが事もあろうか
うちのチビに対して
『責任取れ!』と怒鳴り散らして
家に上がり込んだから始末が悪い!

つーか、それ以前に如何なる取引を行う時も
商品を取り扱う会社側は
事前に“元本割れの可能性”や
“損益にかんする留意事項”という説明を
担当者から受講して「念書」を書いたうえで
はじめて取引のスタートラインに立つはずだ。

それを私が「返す刀」で怒鳴り散らしても
まったく聞く耳持たずで
損を出した金額分を返せと止まないので
“非常措置”として某氏をサークルから叩き出して
実質上“永久追放”としました

何を考えて今まで生きてきたのか?
よくも厚かましく今まで
人間社会で生活できたな?などと
妙に納得してしまう私ですが、
いくら現役であるサークルの責任者とはいえ
学生のチビに怒鳴り散らすとは
とんだ『お門違い』ですよ!!!!( ゚Д゚)

投資であれ取引であれ
行うからには“自己責任のもとで
運用をはじめて然るべきですよ?

こうした凡愚の類・・・21世紀の今でも
袁術と変わらないで世の中を闊歩しているのだから
全く始末に負えませんね?
     ・
     ・
     ・
そんな訳でチビには法的にも道義上でも
全く責任も無ければ弁済する“筋合いもない”のですが
一見大らかで細かい事象は気にしない素振りを見せるチビも
殊のほか冷静で神経質な一面があります。
良く例えるなら用心深いで済むが、
悪く喩えるなら史実上の曹丕さんみたいに
陰湿で執念深い側面ですね?

自分の威令が伝わらなかった
みたいに思い悩んでいるので
私と同棲している彼女で揃って
馬鹿を相手にするな!とだけ釘をさしました。

それでも自殺でも考えると
マジで洒落にならないので
近くの付属病院の「思春期外来」や
精神科のアドバイスやカウンセリングなども受けてから
慌てることなく二学期をスタート出来れば幸いです。

 

 


2018/04/22 13:46
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF35mm F/1.4L USMで
F/4.0、ISO-400、スピード1/30
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 


2018/04/22 13:46
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF85mm F/1.4L IS USMで
F/1.4、ISO-400、スピード1/250
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 


2018/04/22 13:47
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF85mm F/1.4L IS USMで
F/1.4、ISO-400、スピード1/180
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 


2018/04/22 13:47
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF85mm F/1.4L IS USMで
F/2.0、ISO-400、スピード1/60
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 


2018/04/22 13:47
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/2.8、ISO-800、スピード1/90
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 


2018/04/22 13:50
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.8、ISO-800、スピード1/500
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 


2018/04/22 13:51
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/2.0、ISO-800、スピード1/180
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 


2018/04/22 13:51
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/2.8、ISO-800、スピード1/125
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 


2018/04/22 13:51
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/2.8、ISO-800、スピード1/125
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 


2018/04/22 13:51
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/2.8、ISO-800、スピード1/180
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 


2018/04/22 13:52
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.8、ISO-800、スピード1/180
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 


2018/04/22 13:53
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/2.8、ISO-800、スピード1/60
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

伏し目がちな西永彩奈さんの
表情を狙って撮影しました
とにかく明るいレンズなので
制御が利くように少し絞りを絞って
彼女の左目だけにピントを合わせたのですが、
もう少しハッキリと解像して欲しかった
悔しい場面ですね!

とにかく開放F値の明るいレンズを
使いこなす最大のポイントは
大変にシビアなピントの合焦が要求されます!
50mmであれ85mmであれ、
明るいレンズの専売特許である
独特のボケ味を生かすには
どこか画面に中心点を決めてから
撮影する必要が有ります。

ポートレートの場合はモデルの目に
ピントを合わせることが基本です
・・・が、此処まで明るくて被写界深度が浅い場合だと
「眼」だけでは不十分なんですよ?

モデルの眼の「まつげ」に
ジャスピン出来るように事前に
EVFで構図を綿密に決めるなり
拡大機能でフルタイムMFで厳密に
ピントを追い込んでいくのも有効策ですね?

 

 


2018/04/22 13:53
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/2.8、ISO-800、スピード1/125
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 


2018/04/22 13:54
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.8、ISO-800、スピード1/180
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 


2018/04/22 13:54
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/2.8、ISO-800、スピード1/125
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 


2018/04/22 13:55
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/2.0、ISO-800、スピード1/350
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

さすがに何処の焦点距離のレンズでも
見事の一言に尽きますね!
欲を云えばもっと35mmでの成功率を
他のLレンズ同様に高める必要性が有ります!
     ・
     ・
     ・
先にCanonで発売されたEOS R システムですが
レンズも複数発売が決定してる中で
2018年10月25日に発売予定されている
RF50mm F/1.2 L USMが、多少なりとも気になる私ですが
メーカーの価格が32万5千円という“強気設定”を垣間見るに
同社が長年に渉って積み重ねてきた「ノウハウ」が
間違いなく凝縮されているでしょうね?

新採用するRFマウントに
35mmフルサイズセンサーを搭載したミラーレスのカメラ。
センサーは3,030万画素のCMOSだとか?

Canonのミラーレスは初号機から知っているのですが
その余りにもレスポンスの悪い
当時のメカニカル構造に
閉口したモノですwww
さすがに時代が進んでいるので“大失敗”はしないでしょうが
まだまだ『デジタル一眼レフ』のレーゾン・デートル
(存在理由)は侮りがたく、一眼ならではの世界観も健在なので
うまく共存していける手応えは感じますね?私心ながら・・・。

ただ、フルサイズ・ミラーレスは
競合他社のSONYによる“フルサイズ・ミラーレス”のショックを
旧ミノルタ時代の「αショック」以来の大ヒットにのし上げましたから
容易なビジネス戦略では“負けるのがオチ”でしょうね?
Canonにしか出来ないニッチな市場である
パイの開拓と成熟を車の両輪として実行しないと
技術としては成功しても
ビジネスとしては失敗した
かつてのNECのインターネットTVのセレブと
同じ轍を繰り返すでしょうね!
要は此処からが新採用するRFマウントと
フルサイズミラーレスの正念場がスタートした訳ですね?
     ・
     ・
     ・
閑話休題、再び歯科治療のための通院が始まりました。
正直言って「気乗りしない日常」が
しばらくは続く訳ですが、ここで根管治療を放置すると
却って状況を悪化させるとドクターと相談を行い
治療する方針に決めました。

本来ならば激痛で転がり
満足な日常も暮らせないほど
歯根の部分に『膿』のようなものが
レントゲン写真で確認できました

それにも関わらず私は無痛覚で無自覚だ

なぜなのか?答えは明瞭で
過去に歯の神経(歯髄)を綺麗に除去したからだ!
つまり痛みを感じないので症状が進行してしまった訳だ。
まだまだ子供たちの祭りや吹奏楽の祭典などが
スケジュールとしてギッシリ詰まっている状況ですが。
そこはスマートフォンの「Jorte」などを駆使して
写真撮影の進捗などは管理できます。

問題は私の歯科治療における
“医師の質”が著しく低下していた事だ

掛かり付けのドクターと何度意見交換しても
私が歯科治療において激痛を伴う治療には
必ず麻酔を用いること
を前提条件に治療のプランを進めたいと申し上げても
この若いドクターは何故か『聞く耳持たず』で
まったく取り合ってくれないのですよ!
そればかりか『自分のスキルで充分に回避できる』とか
『最初から麻酔ありきの治療はできない』まで公言されては
私は、これ以上医者を信頼することが出来ませんからね!

何より腹立たしい事実として
私が過去に治療を受けたカルテや病歴などは
全て“電子カルテ”に移行されて久しいので
過去のカルテやレセプトを見たら
私の特徴や治療記録を参考にして
無駄な質問や意味のない検査は
最小限に抑制出来て当然と思います。

-にも関わらず
同じ部位のレントゲンを繰り返し
素人目にもわかる無駄なことのオンパレード!
大学サイドから派遣されてくる立場は理解できるが
医者の面子はコロコロと紙風船のように変わるし、
先述の電子カルテの引継ぎも放置状態。
患者の特徴などが完全に「ド忘れ」してるから
正直呆れてしまいますよ!
     ・
     ・
     ・
それで結局8年間も通い続けた歯科ですが
思い切って別の歯科医に”セカンド・オピニオン“のつもりで
受診したのですが、これが大当たり!

インフォームドコンセント(説明と同意)は
非常に平易(わかりやすい)で、
通院する患者の身体負担を軽くすべく、
「抜かない・削らない」という
MI(ミニマルインターベーション)治療が基本指針だ!
麻酔時も温度を温めたり「痛みの少ない治療」で、
とにかく治療を受ける私には大変にありがたい事なのです。

実をいうと、これが出来て
“当たり前”の医者なんだけどね!

自宅から県道を直線で走らせるだけで
到着できる距離で
クリニックの駐車場は少ないですが
徒歩1分で隣接の超大型店舗の地下駐車場があるので
治療の帰り際に必要な総菜や
雑貨品をまとめて購入できるのは非常に助かる。
なんぼエコなEV車のプリウスでも
「地の利」が優れているので診察当日は
今までみたいにブルーで憂鬱な気分になりません。

逆に「歯科治療」の日が待ち遠しくて
早く完治に向けて通院したい!
ショッピング・モールのソファーで
好きな時間潰しやMicrosotのSurface Book 2
こうしてBlogの推敲を繰り返してます。

光と闇を駆使せよ (05)

今は秋の真っ只中
この前まで駐車場に停めるときはサンシェードが必須だったが
今は逆に太陽を精力的に取り込まないと
辛い車内空間となってしまう。

その為にもBlogで既報の通り
黒色塗装はこの時期から“本領発揮”と相成る訳ですが。
さて・・・修理が完了する頃には
まかり間違えば『冬の季節』に差し掛かるのは
想像に容易いことである。

夏場とは違って朝晩の猛烈な冷え込みは
バッテリーパックの化学反応を
鈍化させてしまうし、
虎の子のエネループにも似た事は起きる。
light-and-darkness-05_001

light-and-darkness-05_002
こうなると撮影の方法を根底から見直さないと
思うように撮るのは難しいので
この季節での使い捨てカイロは
或る意味・・・私やチビが住む写真世界で
必須のマストアイテムだと断言しても大丈夫でしょう。

また冬場独特の真横からの光線は
上手く使えば趣きある作品が出来ますが、
私みたいな人間は
冬将軍と付き合うには経験が浅いので
静物や食べ物など部屋で行える被写体は
極力屋内撮影に切り替えるのがベストです

そうは云ってもレンズのファースト・インプレッションや
カメラ本体のセットアップ。
まだ試していない要因やピントの微調整など。
ひとくちに “屋内”だけでも真剣に討議すると
結構な被写体や場面があったので
今年の秋口から冬は極端に退屈しないでしょうね?

しかし撮る人間の私が典型的な低血圧なので
朝にたいして滅法弱いのがアキレス腱!

なんとかコンディションを整えて
寒さの到来を偕楽園で撮影したいと痛切に思ってますね?

その為にも、早寝早起きは勿論のこと
いま治療中の歯科も完治までのプロセスが可視化すると
行動のスケジュールも立て易いので
ドクターと今まで以上に意見交換を重ねて
早いところ撮影に専念したいですね?
さて・・・心配していた歯科治療も
思いの外スムーズに事が運んだ感じですね。

私のケースは雑菌が原因で歯肉炎も
同時併発してる立場なので
歯根治療を入念に行う事で
欠損した部分に金属製の支柱を打ち込む
噛み合わせを行ってから最終的に
歯に被せる形となる。

これがドクターと話した内容で、
一番辛過ぎなのは歯根治療で使う
ゾンデの様な細かい針で
歯の中心部を作るのですが、
コレが相当に激痛伴う難治療なのですよ!

従って痛みは完全にブロックしてから
好きなように削って構わないと自分の意志を伝えました。
バナナのような甘ったるい香りの表面麻酔を
脱脂綿に染み込ませて、それからキシロカイン注射。
今日中に薬液と支柱を埋め込む形が整ったので
早く決着を付けたいところです。
     ・
     ・
     ・
まァ愛車のNHW-20であれ私の歯科であれ
どちらかが元に戻るだけでも相当な戦力になるので
今現在の『飛車角落ち』から脱したいのが本音です

 

 

light-and-darkness-05_003
2016/10/26 00:01
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/90
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:電球、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_004
2016/10/26 00:02
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/125
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:電球、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_005
2016/10/26 00:03
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/125
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:電球、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_006
2016/10/26 00:04
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/125
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:電球、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_007
2016/10/26 00:04
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/125
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:電球、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_008
2016/10/26 00:46
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/2.8、ISO-100、スピード1/30、焦点距離50mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:電球、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_009
2016/10/26 00:48
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/2.8、ISO-100、スピード1/20、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:電球、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_010
2016/10/26 00:53
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/5.6、ISO-400、スピード1/20、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:電球、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_011
2016/10/26 12:54
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/8.0、ISO-400、スピード1/125、焦点距離20mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_012
2016/10/26 12:55
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/8.0、ISO-400、スピード1/125、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

勿論、直したてのブラインドの影を
どこの辺りまで残すか?
は最後まで苦慮した部分ですが
日も傾いてきたので
ファミレスのメニューと睨めっことはいきません。

そこで自分なりに好きなカットを何枚か撮って
後は潔くDPEソフトウェアに任せよう
結論付けて、この明るさに調整しました

前のBlogの時と明らかに違うのは
本来、人形の持っている“立体感”などは
今回のほうが一層リアルですね?

前の作品は相当にですが、
自分のデスクトップ壁紙を意識して
ちょっとアニメ塗りというか、
セル画の厚塗りみたいに写ってますね?

まァ蓋を開けてみればドチラも
自分好みに出来ていたので
結果は大満足なんですが
その一方で“お蔵入り”が確実視されていた下のような作例もあります。
実際のところ人形同士の奥行きは
10cmと離れていないのですが、
明るいレンズと開放撮影、加えて
近接というファクターが幾つも重なると
こうした有り得ない情景も思うままに画に出来ますよ?
(それを具現化するのが、一苦労なんですが)

 

 

light-and-darkness-05_013
2016/10/26 12:56
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/1.8、ISO-100、スピード1/6000、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_014
2016/10/26 12:52
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/1.8、ISO-100、スピード1/125、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_015
2016/10/26 12:53
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/1.8、ISO-100、スピード1/125、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_016
2016/10/26 12:54
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/1.8、ISO-100、スピード1/90、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_017
2016/10/26 12:58
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/1.8、ISO-100、スピード1/125、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_018
2016/10/26 12:59
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/1.8、ISO-100、スピード1/125、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_019
2016/10/26 12:59
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/1.8、ISO-100、スピード1/125、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_020
2016/10/26 16:00
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/1.8、ISO-100、スピード1/125、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_021
2016/10/26 16:03
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/1.8、ISO-100、スピード1/125、焦点距離28mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_022
2016/10/26 16:04
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/1.8、ISO-100、スピード1/125、焦点距離28mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_023
2016/10/26 16:05
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/20、焦点距離28mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_024
2016/10/26 16:12
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50mm F1.4 EX DC HSMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/90
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_025
2016/10/26 16:12
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50mm F1.4 EX DC HSMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/90
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_026
2016/10/26 16:20
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/2.8、ISO-100、スピード1/60、焦点距離50mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_027
2016/10/26 16:20
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/2.8、ISO-100、スピード1/60、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_028
2016/10/26 16:22
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/2.8、ISO-100、スピード1/45、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_029
2016/10/26 16:22
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/2.8、ISO-100、スピード1/45、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_030
2016/10/26 16:23
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/2.8、ISO-100、スピード1/45、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

さて久し振り感が否めないTAMRONの大口径レンズ
SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDですが
相変わらず素晴らしい画作りを
サポートしてくれますね?

実際のところ最近の私の動向をこうしたBlogをはじめ
Facebookなどでチェックしている?
(とても、そうは思えないが・・・)
奇特な誰かさんならば、大体同じことを考えているのでは?

大三元の標準域を担うズームレンズが
Canon純正じゃ無いのも珍しいですね?
最近では、こういった真面目な質疑応答のメールも
頂くようになったので、
時間が許すかぎり返信したり交流は深めてますが。

値段が馬鹿みたいに高いのも原因ですが
実際には純正よりも優位な条件が重なっているので
TAMRONがF/2.8通しの標準域をカバーしてるのです。

特に同社のマクロレンズ90mmや高倍率ズームは
SIGMAの超広角レンズとおなじく
純正メーカーよりもR&D(研究開発)に余念がなく
1歩も2歩もリードするサードベンダーだ!

従ってフルサイズ対応の大三元ながら
低価格で尚且つ『手振れ補正』のアシスト付きで
簡易防滴を備えるときたら・・・買わないと損をします!

事実、1/20秒以下の撮影になると、
ワイド端でも微振れを起こしているのが
等倍角で観賞すると、すぐに分かる時代です!
それでも、このレンズと80Dがあれば鬼に金棒ですね?

確かにメーカー純正の大三元ならば
“ボディ内・補正”も当たり前で可能ですが、
私のようにDxO OpticsProに代表される
レンズだけで無く
サードベンダーのDPEソフトで固めているならば
レンズ収差補正を必要としないほど、
エレメントが超優秀なのだから気にしなくても大丈夫ですね?
(おまけに私はRAW撮影と現像を基本原則で行動してるので尚更です)
     ・
     ・
     ・
閑話休題、銀塩のフィルム時代は純正の
Canon EF28-80mm F3.5-5.6 III USMあたりで旅の風景から
鉄道模型まで割合広範囲で使っていた記憶があります。
デジタル時代のデビューを先駆けたX5で
(つまりは、今のチビの愛機ですね)
ダブルズームから単焦点のプロセスを踏襲していく間に
なぜか時代の間に置き去りにされた感じのレンズ。
light-and-darkness-05_031
まだWindows 95が日本で発売される前の話ですが
1995年8月の時価で
2万7千円~3万円くらいは掛かった筈だから
決して「ヘナチョコ・レンズ」では有るまい?

勿論、バリバリのアナログ時代の遺物なんで
今の2000万画素や4000万画素を普通にしている
デジタル一眼レフには“荷の重いエレメント”に間違いない。
旧いデジタルカメラ本体に最新技術のレンズを装着すると
多少なりとも解像感もシャキッと鮮やかになるが
その逆は本当に期待できないので悪しからず!

古いがポンコツとは違う!にしろ
モノには限度が有りますからね?
     ・
     ・
     ・
それでも手元にあると助かるレンズでしょう。
特に現在の市場ではほとんど評価すら存在せず
驚くほど安価で取引されているのだが。
もしもオークションなどで状態の良い個体を見つけたら
絶対に買って損は無いでしょう!

私たちサークルが主戦力にしている
APS-Cサイズのボディとの組み合わせると
厳密には概ね45mm-128mmとなって
標準領域から近望遠をカバー出来る。

Tokina AT-X 280AF PRO(28-80mm)や
Tokina AT-X 828AF PRO(80-200mm)の上質なレンズが
急激に見掛けなくなっているので
ここで旧・大三元を無理して探すよりも
こうしたエレメントで“標準ズームに慣れる”事も
遠回りだが大切な学習方法でしょうね?

さすがにフィルム時代なので『手振れ補正』は勿論のこと
『特殊コーティング』も無い時代です。
ワイド端から絞りを絞るのは当然ですが、
下手にISO上げると即座に画像の破綻に直結するので
そういう時は素直にCanon EF-S24mm F/2.8 STMや
Canon EF50mm F/1.8 STMといった
単焦点で大きく明るく撮ってください!
綺麗にボケて明るく寄れて
高感度での耐ノイズ性能も向上してるので
ISO感度も常識範囲であれば上げても大丈夫と
死角無しの優等生ですからね!

 

 

light-and-darkness-05_032
2016/10/25 23:45
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF28-80mm F3.5-5.6 III USMで
F/5.6、ISO-400、スピード1/60、焦点距離80mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:電球、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

light-and-darkness-05_033
2016/10/25 23:46
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF28-80mm F3.5-5.6 III USMで
F/5.6、ISO-400、スピード1/45、焦点距離80mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:電球、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

試しに翌日付けの26日の16:20から22分の間に撮影した
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDと等倍角で
比べてみると良く分かると思いますよ?

いくらISO感度が100と400とは云え
歴然とした画質の差がハッキリ露呈しました!
頬と喉のテクスチャが破綻してるし
バイザーの艶にセーラーリボンの
リフレクション(反射)も違ってますね?
これがフィルム時代と今のCMOS時代の
アーキテクチャの広がりだろう

今のデジタル一眼レフが、
どれだけレンズに対して厳しく妥協無い世界で
撮ることを宿命にしてるのか?
最近の交換レンズは特に数世代先を見越して
5000万画素でも充分に結像するモノ作りが求められているそうです。
実際にCanonから5000万画素のフルサイズは
好評発売中ですからね!

レンズに対して、そのレンズが持ちうる“しきい値”
ギリギリを見切って使うのは難しいように聞こえますが
前のBlogでも話したとおり
そう面倒な事柄ではありません
ただ、上記でも述べた通り、昨今のレンズベンダーは
大変な苦労とR&Dのもとでレンズ1つを例にしても
市場に送り出しています。

今後はレンズの潜在能力を・・・もとい
『旨み成分』を存分に引き出すには
私たちエンドユーザーも相応の覚悟が必要だし、
明暗の差、即ち光と闇が交差する場所では
ことのほか妥協せずに撮りたいのが“本音”ですね?

Tokinaの超広角は、思いのほか使える存在だ (04)

自分が撮影をするまでに至るプロセスや、
サーバPCに向き合ってDPEから保存までの行程は
考えてみると結構複雑なことに気付く。

これがスマートフォンやコンデジといった「お気楽カメラ」なら
撮影した瞬間からMicrosoft社のクラウド・ストレージなどに
瞬時に自動でアップロード
されてバックアップ作業が
滞りなく完了する・・・実に勝手の良い時代だ。
しかしながらデジタル一眼レフだと、
そうも簡単に事は済まされない!

記録メディアに保存する画像形式は、大体がRAW形式だ。
おまけに、この画像形式は一眼レフのメーカーごとに独自で有るから
皆さんがファミリーユースで使用する時のOS(基本ソフトウェア)の
Windows7や8に10などで最初から付いている画像ビューアなど
まったく使い物にならない。

AdobeやCorelにISLなどで発売してる編集・ドローソフトが必要になるだろう。
オマケに、この手のソフトウェアは“プロフェッショナル用途”を前提としてて
開発・販売されている都合上、総毛立つほど高額な商品だ!
-つまりは、本格的にデジタル一眼レフを行おうとしたら
こうした編集ソフトの値段だけでなく
それらのヘビー級のアプリケーションをストレス無く
サクサクと動かせるだけ能力の高い業務用やプロ用のサーバPCが
当たり前のように必要となる。
駅前で随時生徒を募集しているパソコン教室のレベルでは
到底使い物にならない世界なのだ!

厳しい事を云うだろうが、現実なので仕方がないですね!
A:「新しいサーバは速いか?」
B:「物理メモリだけで動かしてるし、32GBだから心配ないよ」
A:「七海さんの起動は、ブースト使ってる?」
B:「うん、SSDにTMPとかも環境変数を変えて移したよ」
A:「デフラグ解消ツールは、別に買ったろうな?」
B:「やったよ・・・相栄のDiskeeper 12でしょう?」
B:「そっちこそ、次は光物どこを狙ってるの?」
A:「うーーーーん!SIGMAのArtで24mm F1.4 DG HSMか、
Canonの純正白レンズのニニッパも、いい加減欲しいな」
   ↑
まァ、ザッと割愛して大体こんな会話が、
いつもの光景としてファミレスで続いてるんですがねww(≧∇≦)
この、なんの変哲もない日常会話・・・。
そんな内容を瞬時で理解できないと
アナタはデジタル一眼レフのオーナーとして
資金面も知識面も両方足りない
ので諦めた方が無難ですよ!

tokina-wide-lenz_04_001.jpg

2015/04/24 12:17
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/2.8、ISO-200、スピード1/4000、距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:中央重点
tokina-wide-lenz_04_002.jpg

2015/04/24 12:18
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/4.5、ISO-200、スピード1/1500、距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:中央重点
tokina-wide-lenz_04_003.jpg

2015/04/24 12:19
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/4.5、ISO-400、スピード1/1500、距離57mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:中央重点
tokina-wide-lenz_04_004.jpg

2015/04/24 12:19
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/6.7、ISO-200、スピード1/500、距離57mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:中央重点
tokina-wide-lenz_04_005.jpg

2015/04/24 12:22
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/2.8、ISO-200、スピード1/2000、距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:中央重点
tokina-wide-lenz_04_006.jpg

2015/04/24 12:25
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDで
F/6.7、ISO-200、スピード1/500、距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:中央重点
tokina-wide-lenz_04_007.jpg

2015/04/24 12:27
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDで
F/6.7、ISO-200、スピード1/1250、距離104mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:中央重点
tokina-wide-lenz_04_008.jpg

2015/04/24 12:27
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDで
F/6.7、ISO-200、スピード1/350、距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:中央重点
tokina-wide-lenz_04_009.jpg

2015/04/24 12:32
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4で
F/6.7、ISO-200、スピード1/350、距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:中央重点
tokina-wide-lenz_04_010.jpg

2015/04/24 12:34
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4で
F/4.0、ISO-200、スピード1/2000、距離28mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:中央重点
tokina-wide-lenz_04_011.jpg

2015/04/24 12:34
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4で
F/4.0、ISO-200、スピード1/2000、距離12mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:中央重点
tokina-wide-lenz_04_012.jpg

2015/04/24 12:35
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4で
F/5.6、ISO-400、スピード1/2000、距離12mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:中央重点
tokina-wide-lenz_04_013.jpg

2015/04/24 12:36
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4で
F/8.0、ISO-400、スピード1/750、距離28mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:中央重点
tokina-wide-lenz_04_014.jpg

2015/04/24 12:36
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4で
F/8.0、ISO-400、スピード1/1500、距離16mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:中央重点
こうして撮りながら身体にレンズを慣らしていく事で、
はじめてレンズ自体が秘めているポテンシャルや
“微妙な使い勝手の良し悪し”などが、
確かな手応えとして撮影者である私に自然とフィードバックされる訳だ。
事実私の愛機であるEOS 70Dは、競合他社を寄せ付けない
優秀なライブビュー機能を搭載してデュアルなCMOSや、
バリアングル液晶モニターで完全武装しているので、
撮影環境という視点でも自由度がグンと上昇した。
過去のBlogでも何回となく作例を載せているが
ライブビューならではの表現方法があるので、
ローアングルな視点の撮影に関しては無類の強さを発揮する訳だ。
とくに、超広角レンズ使用時のピント合わせでは
ローアングルだけでなく
ファインダー視認が近視の為に一苦労な私にとっては
EVFでの“ピントの裏付け”が出来るので
広角や望遠問わずに大活躍である

そこに、こうしてTokinaからリリースされている
AT-X 12-28 PROとの相性も抜群で、2000万画素オーバーにも対応。
これは非常にありがたい存在でしょう。
-と同時に従来まで使用していたSIGMAの
AF10-20mm F4-5.6 EX DC HSMで撮っていた時とは
明らかにワイド端で窮屈に感じて、即レンズ交換!の回数は
だいぶ軽減されましたよ!(o^∀^o)
のみならず、このAF10-20mmは発売日が2005年の7月とあり、
早くも10年選手になる
んですね~。
勿論、私の手元には似たり寄ったり、或いは更に骨董品レベルのレンズまで
揃っていますが、撮影する立場から本音を云えば
新しい設計思想で作られたレンズが、
今現在の最新のボディともバランスも性能もベストマッチ
なのは
子供でも判る簡単な計算ですからね!
tokina-wide-lenz_04_015.jpg

2015/04/24 12:37
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4で
F/13.0、ISO-200、スピード1/250、距離12mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:中央重点
tokina-wide-lenz_04_016.jpg

2015/04/25 09:18
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4で
F/8.0、ISO-200、スピード1/750、距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
tokina-wide-lenz_04_017.jpg

2015/04/25 09:19
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4で
F/8.0、ISO-200、スピード1/750、距離28mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
tokina-wide-lenz_04_018.jpg

2015/04/25 09:25
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4で
F/4.0、ISO-200、スピード1/2000、距離28mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
tokina-wide-lenz_04_019.jpg

2015/04/25 09:26
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4で
F/6.7、ISO-200、スピード1/500、距離16mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
tokina-wide-lenz_04_020.jpg

2015/04/25 09:32
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/4.5、ISO-100、スピード1/500、距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
tokina-wide-lenz_04_021.jpg

2015/04/25 09:33
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/6.7、ISO-100、スピード1/500、距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
tokina-wide-lenz_04_022.jpg

2015/04/25 09:33
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/6.7、ISO-100、スピード1/250、距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
tokina-wide-lenz_04_023.jpg

2015/04/25 09:35
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/4.5、ISO-200、スピード1/2000、距離50mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
tokina-wide-lenz_04_024.jpg

2015/04/25 09:40
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
SIGMA 85mm F/1.4 EX DG HSMで
F/1.4、ISO-200、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
tokina-wide-lenz_04_025.jpg

2015/04/25 09:40
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
SIGMA 85mm F/1.4 EX DG HSMで
F/2.8、ISO-200、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
tokina-wide-lenz_04_026.jpg

2015/04/25 09:41
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
SIGMA 85mm F/1.4 EX DG HSMで
F/2.8、ISO-200、スピード1/2000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
tokina-wide-lenz_04_027.jpg

2015/04/25 09:43
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
SIGMA 85mm F/1.4 EX DG HSMで
F/2.8、ISO-200、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
tokina-wide-lenz_04_028.jpg

2015/04/25 09:47
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
SIGMA 85mm F/1.4 EX DG HSMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/320
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
tokina-wide-lenz_04_029.jpg

2015/04/25 09:49
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
SIGMA 85mm F/1.4 EX DG HSMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/320
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
tokina-wide-lenz_04_030.jpg

2015/04/25 09:50
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
SIGMA 85mm F/1.4 EX DG HSMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/640
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
tokina-wide-lenz_04_031.jpg

2015/04/25 09:51
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
SIGMA 85mm F/1.4 EX DG HSMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
tokina-wide-lenz_04_032.jpg

2015/04/25 09:53
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
SIGMA 85mm F/1.4 EX DG HSMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/2000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
tokina-wide-lenz_04_033.jpg

2015/04/25 09:56
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDで
F/6.7、ISO-100、スピード1/2000、距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
tokina-wide-lenz_04_034.jpg

2015/04/25 09:58
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDで
F/8.0、ISO-200、スピード1/2000、距離141mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
tokina-wide-lenz_04_035.jpg

2015/04/25 10:03
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDで
F/4.5、ISO-200、スピード1/1500、距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
tokina-wide-lenz_04_036.jpg

2015/04/25 10:04
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDで
F/5.6、ISO-200、スピード1/1500、距離300mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
生憎と当初訪れる予定だった羊山公園は
コンディション不足と準備不足にあえなくスケジュールを変更。

そして代替候補として挙がったのが
此処のチューリップの散策となったのですが・・・。
まァ、目を惹かれるばかりの眩いチューリップが
眼前に所狭しと花咲かせている様相は圧巻ですね!

Tokina AT-X 12-28と2種類のTAMRONレンズ。
そして、これ又久振りの防湿庫からの出動となった
自慢の銘玉・SIGMAの85mm F/1.4ですがwww
tokina-wide-lenz_04_037.jpg

こういった植物を被写体にすると、
各々のレンズの特性や弱点などが分かり易くなります。
そう、私が普段撮っている静物よりも遥かにです。
赤いチューリップを真横から俯瞰してのアングルと
意識して撮影しましたが、
背景のボケ具合などはレンズの性格が顕著に出ています
ドチラの比較写真もF値やISO感度などがバラバラな為、
精密な再現性にこそ欠けますが、
自分の手元に有る「お気に入りのレンズ」を復習する意味合いでは
充分リトマス紙になる
でしょう。
さすがに私の虎の子であるSIGMAの単焦点の面々
良い写りをみせてくれます!

そんな中でもポートレイト・レンズの異名を持つ
SIGMAの85mm F/1.4 EX DG HSMの描き出す
繊細且つ滑らかなボケ具合は、他の追随を許しませんね?
このボケ具合と光源の形はTAMRON SP 24-70mm F/2.8通しでも
容易には敵わない“明るい単焦点”の魔力たる所以でしょうね!
ただ、F/5.6まで絞った作例では
残念ながら多角形のボケになってますが・・・。
この85mmに限った事でなくSIGMA製の単焦点は
9枚羽根の円形絞りを採用する例が多いですが、
完全円と形成すのは大体開放からF/2.8辺りでしょうか?

飽くまで私の個人的な経験則で申し訳ないデス・・・。
tokina-wide-lenz_04_038.jpg

2015/04/25 10:13
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4で
F/4.0、ISO-200、スピード1/2000、距離20mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
tokina-wide-lenz_04_039.jpg

2015/04/25 10:14
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4で
F/6.7、ISO-200、スピード1/1000、距離20mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
風車を形作る煉瓦の目地から
羽根に取り付けられた国旗の布地の折り目までが
忠実に再現されている様を見て
ちょっと驚きを隠せませんでした!ww
最新の2020万画素CMOSセンサーにも対応してるだけあって、
その有無を言わせぬ圧倒的な解像度を叩き出した1枚です。

手すり近くの満艦飾なフラッグは勿論、オランダ風車の解説板から
空模様までが克明に写し出されていた。
こうして考えると・・・
Tokina AT-X 12-28も侮れない実力派ですね?

チューリップの作例も花弁付近のシャープさに
レンズ性能の高さが見て取れる。
作例の黄色と赤の花は、
双方ともテレ端28mmの焦点域で撮ったモノですが、
元々がオールラウンダーな画角で、
その優れた近接撮影能力から静物・人物問わない。

それでも文字通り端から端まで「広角」に属するレンズなので、
ワーキング・ディスタンスが短かく、俯瞰に向いているので
当然ながら先のTAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDや
SIGMA 85mm F/1.4のような「上から目線」でも
充分に花の中央を捕えるのは想像に難しくないですね?
(事実、幾度となく成功させてる私です)
tokina-wide-lenz_04_040.jpg

2015/04/25 10:15
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4で
F/8.0、ISO-200、スピード1/500、距離28mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
tokina-wide-lenz_04_041.jpg

2015/04/25 10:18
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4で
F/8.0、ISO-200、スピード1/750、距離12mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
TAMRON製のレンズに関しては、いかにも“らしい”
暖かみのあるボケ具合を
成しています

元々マクロレンズで滅法評価の高い同社のレンズも
自分は手元に有るので判るのですが、
こうした自然物の接写や近接での美しさ・適度な背景の処理などは
TAMRONの十八番(オハコ)
でしょう!
また、SIGMAの単焦点のようにカミソリ・ピントでは無いので
最初のときは作例の様に1~2段絞って運用する
AFも迷うことなくピタッと決まる筈です!
望遠レンズまで予算が・・・そんな時でも
作例のF/5.6まで絞った
TAMRONのSP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDでも
135mmと300mmの縦フレーミングを見たら納得!
特に300mmのテレ端は背景が水飴のようにキレイにボケて
その有り様は私の秘蔵っ子であるCanonのL単焦点こと
Canon EF-135 F/2L USMを彷彿とさせるボケ味です。

被写体までの距離をギリギリまで短くすることによって得られる
ボケ味も望遠ならではの“味”があって楽しめるし、
手元のキットレンズでも充分に応用のきくテクニックです。
事実、TAMRON製のSP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDは
同社60周年のセレモニーである
「御祝儀レンズ」の側面も有りますからね!

最後になりましたが・・・
デジタル一眼レフのデビューを行うに際しては、
カメラ本体に明るい単焦点レンズ
広角と望遠のキットレンズか
一つグレード上げたプロ用の大口径ズーム。
防湿ケースにメンテナンスキット。サーバPCに外付けHDD。
写真をプリントする為のプリンターに、
撮影したデータをキレイに補正するソフトウェアなど。
ピンキリの幅が広すぎて
一概に“これくらい”と断定は出来ませんが。
少しでも我が子や親しい人の記念すべきイベントなどを
キレイに残しておきたいと切望するなら
100万円近くの出費を考えておけば間違い無いでしょうね!
これを高いと思うか、安いと喜ぶか?
あとで自分が撮った被写体の人物から
自分の事を、こんな薄汚い写メールで記録したなんて
自分の占める存在は、この程度って事なんだね?

こんな風に後々嫌味を云われないように、是々非々に気をつけたいモノですね?