Facebook」タグアーカイブ

久し振りです。Blogは暫くお休みです

皆さん驚いたのでは?
それも、その筈ですね
ここのBlogから広告類のバナーが
一斉に消えてしまったのだから!
“儲け”に繋がらなかったから?
まァ、そういった気持ちが無いといえば嘘になりますがね?

一番の要因は「私のBlogで広告は意味をなさない」と
気付いたので、契約先のアフィリエイトを解除した訳です。
ちょっと前に違法配信で問題視された
『漫画村』の一件は皆さんも記憶に新しいでしょうが、
ああいったダークWebの類が、世間でしぶとく活動している原因に
アフィリエイトなどの広告代理業の存在が指摘されてます。

だから、そこと同一視されると
大変な損害に繋がりかねないと
教えてくれた学生が、今ジュニア・アイドルで
グラビア撮影のモデルを快諾してくれるユッコですね!
瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず
って奴ですね!

元々Blogを開設しているであろう何百・何千万人のなかで
契約先のアフィリエイトだけで副業として食べていけるなど
せいぜい2~3人なので、意味が無いのですよ。
意味を成さない広告バナー=デジタルノイズという
方程式が出来上がります。

綺麗・可愛い・格好良いとは
無縁の存在であれば広告バナーも
たしかに必要ないですからね!

あ、そうそう新型の『EOS 90D』は既に
前金で一括支払いを済ませましたが、
手元に来るのが「二か月」ちかく遅れる、そうです!
カメラ専門店さんが「横着」してる訳でなく
どうも本家のCanonの在庫やロット数の「見積もりが甘い」のが
原因のようでしてね?
お陰で90Dのデビューは12月となれば
まずお祭りや吹奏楽fesも終わっているので
それまでは旧来のEOS 80Dで頑張る予定です。
(90Dで、お祭りを撮影するのは無理みたい、来年以降ですねBlogの紹介も)

新型の『EOS 90D』も縦置きバッテリーグリップや
アイピース・エクステンダーに電池などは”共通モジュール”なので
今回の予約品は90D本体に液晶保護フィルム
(最高の硬さを誇るKENKO製品のアレ)
予備バッテリーの「3つ」ですがね?

入荷次第スマートフォンにTELが来るので
あとは腕をさらに磨いて、
捲土重来を期するだけですね?
    ・
    ・
    ・
皆さん、既に御存知の方もおられるでしょうが、
今、私は今はTully’s Coffeeの土浦駅の店舗にて、
みなさんに、こうして伝えてます。
そう、昨日の初日にリアル親友と一緒に
学生たちによるマーチングバントの隊列が
国道を行進するまで、放置状態のBlogや
Facebookの下書きを推敲している、あの場所です。
二日間にかけて行われるイベントの中でも
初日の昼過ぎから気合を入れて撮影するのが
この小学生たちのマーチングバンドの行進なのです!
凛々しく・また可愛い面影を残した
大切な思い出の場面なので、最高のレンズ構成で挑むわけです。

-とは申しても、私が写真を撮るうえで『大成功』を
収めたキッカケも、この『土浦キララ祭り』なので
邪険には出来ませんよね?
数年前にもマーチングバンドの先頭で
威風堂々と行進しなが撮影に快諾してくれた
ユッコや親御さんとも知り合って、
今では契約書を相互に交わして撮影するので
金額の大小にかかわらず『プロ入り』を果たした私-。
    ・
    ・
    ・
今でこそ2017年の『土浦キララ祭り』から
2年ちかくが経過したので、ユッコも進級したわけで
今年の『偕楽園・梅祭り-2019』の時は
新しい友達との“出会い”や不安を
今では親権者と同じ立場である私が、つぶさに訊いてましたが-。
さすがにユッコも少し成長して
背も高くなり、普段の何気ない「立ち振る舞い」から
人と会話するところも「落ち着いた感じ」が出てますね!

さて・・・きのうは生憎と全ての学生たちを撮影するのが
次の撮影の兼ね合いから厳しいと
緊急連絡があったので
前半部の鼓笛隊を撮影して帰宅しましたが-。

想像以上に「抜群の写り」なので
その場で親御さんにMicrosoft Surface Book2 15型で
プレゼンしてお見せしたところ
『わたしたち夫婦が、ダブルレンズとかで
高い買い物したスマートフォンは、所詮あの程度なのね~』
などと云われたので“これは不味い場面を撮影したかな?”と
冷や汗してましたが・・・事実は全くの逆で
早い話、ユッコのパパさんやママと同じように
今後も、その生徒たち男女を継続して撮影する
契約の話に昨夜はSkypeでの合同会議で決まり
週明けの火曜日には土浦市のユッコの自宅で遊んだあとに
複数の家族と生徒たちが集まって『契約書』を取り交わします。
    ・
    ・
    ・
まァ、私としては威風堂々と国道を
怖じる事無く行進した可愛い生徒たちを
これで「何時でも、好きな時」に撮影できるので
まさに『願ったり叶ったり』なんですが(≧∀≦)

なぜ、それほどまでして
グラビア撮影の契約書を急ぐのか?
実は詳しい家庭環境はさすがにNGなので
ボカシて記述しますが、意外にも裕福で恵まれた
家庭環境で育ってきた生徒たちです。
ユッコのパパさんなんて中小企業の社長だからね!

しかしながら企業の責任ポジションや
母親も仕事持ちなので
昔風にいうところの“鍵っ子”なんですね?
よって夏休みなどに不要不急の事故や事件に
遭遇するのが恐ろしいのです。
だから「撮影の縁を機会にして、私と契約してしまおう」
という魂胆なんですね!
ユッコと同じようにグラビア撮影なら
必ず私やサークルの大人がベッタリと帯同しているので
まァ、お手頃価格で“モデル兼ボディガード”を
考えているのは容易に想像が付きます
学校写真関係の業者の腕前が、
素人目でもわかるほどドンドン下手糞に
そして消費税にかこつけた便乗商法で
ボッたくるので『個人間契約』が
トータルで安上がりなのは私も知っておりますが。

たいせつな修学旅行の「思い出の集合写真」で
なにも考えずに円周魚眼レンズを使って
「1枚に収めた」と自画自賛している
馬鹿業者も中にはいますよ?
    ・
    ・
    ・
取り合えず二日目の『土浦キララ祭り』を
4K動画撮影と静止画をEOS 80Dで撮影したあとで
小学校近くのユッコの家に立ち寄ってから
みんなとワイワイと「進撃の巨人2 Final Battle」で
パーティ・プレイでした!暑いから
近くの屋内プールで遊ばせてか撮影しました。

何しろ・・・昨日の撮影が終わって帰宅したら
リアル親友いわく「熱中所」に罹患してましたからね!
室内の熱中症は、冗談抜きに「シャレ」にならないですよ!
(首と腋窩の両方に、保冷剤をあてて事無きをえましたが)

さて、土浦入りする度にユッコのパパさんとは
たびたび夕食をしてますが地元の冠婚葬祭などでつかう
料理屋を予約するのもスッカリ“日常の一コマ”となりました。
だから正確には「週明け」を待たずして
ユッコの自宅で遊んだあとにモデル撮影ですね!

私が誘拐・監禁の常習犯であり
手の付けられない『ヘタレゲーマー』
である事もバレてしまった!
う~~む、困ったな・・・小遣いが少ないから
学生を誘拐して身代金をもらわないと
ファミレスのランチのグレードが落ちるのだが(´∀`)
(おれも性根がケチだよな・・・)

そうだ!ユッコたちの通う小学校の近くには
イカガワしい“横浜直系”が存在したな?
そこで無理やり食べさせて廃人に堕とす!
と凄めば、或いは?
あとは“某ステーキハウス”で
300gを2枚お替りさせて(強制的に)
肉奴隷に堕とす!と脅迫するのも「手段」ですね?
どちらにせよ学生たちの胃壁がジ・エンドになるが。
ま、私もソコまで鬼畜外道ではないから
取り敢えずは誘拐した後に脅迫電話をいれて
50億を要求しよう!ジンバブエ・ドルでwww

最近は“質や状態の良い”ジンバブエ・ドルも
高値傾向ですよね?
熱帯雨林やオークションなどで
定期的にチェックしてますが。
額面によっては驚くような「高値設定」もあるので
インフレ紙幣コレクターの
私とチビ・そしてユッコがコンプリートする頃には進級しているかな?
(遠い目・・・・・・)
    ・
    ・
    ・
閑話休題、かく言う私も2020年以降からは
『土浦キララ祭り』での
学生たちによる“マーチングバンドの行進”を
原則として全部の出演校の行進を
Panasonic HC-VX-985Mで
完全4K動画として録画撮りを依頼されている。
それまでにリアル親友が「腕前」上げてくれるなら
『冗談抜き』に、アシスト料金は支払いますがね!
    ・
    ・
    ・
つまり今まで静止画のEOS 80Dでの撮影がメインで、
動画はオマケ付きな扱いでしたが。
親御さんが私が今までYouTubeに
アップロードした向日葵の中継番組や
天空のポピーやネモフィラの実況中継を
過分なほどに気に入って貰えました。
つまり、コレからは4Kそして将来的な
技術面のブレイクスルーである
8Kハンディカメラの時代に合わせて
超・高精細な動画で保存して
好きな時に関係者の手元に動画編集ソフトウェアで画像化して
非公開のサーバーに残して欲しいと。
    ・
    ・
    ・
ただ一つ確かな事は、
私自身がBlogで以前に主張した通りで、
もうADSLやWindows XP時代の1920 x1080pの解像度も、
Blu-rayの市場支配で「時代錯誤」になって、
仕事場や教育現場に家庭のカルチャーや
美術世界でも『4K』が主流になってきた
世界的な潮流ですね?

とにもかくにも今後はデジタル一眼レフは
グラビア撮影や決まった被写体
つまり「ある程度、予測できるモノ」
に使い、動画ハンディカメラでは
お祭りや運動会に部活動の発表会などに。

撮影できた学生の頭数こそ今年は少ないので
正直ブルーでしたが、或る意味
得られた経験則は例年以上に内容の濃い活動でしたね?
確かに昨今に流行っている
『4K動画に完全対応のデジカメ』も
まずまずの市場開拓は可能性として充分ですが、
此処まで機能満載だと
ますますバッテリーに厳しい世界ですよ?

『餅は餅屋』・・・デジタル一眼レフでも
窮屈さや違和感を覚えたら
速攻で交換します!
それでこその“システム・レンズ交換式”であるし

そんな訳で、しばらくは
Faxebookでの更新が優先事項となるでしょう

-かといってcoconuts-photo.comのドメインは
非常に分かり易く便利なので手放す気も有りませんが・・・。
まァ、ちょくちょくとマイペースで
作品をアップロードする予定です

ゲームの攻略法や、日常生活での
ボヤキとか愚痴なんかは
基本的にはYouTubeのchで公開してますので
”お暇な人種”の方達は、どうぞwww
     ・
     ・
     ・
劣化ステーキ弾

その人智を超越した胃壁への破壊力と、
肉質の改良と宣伝しながら、
実際は劣化の一途を歩み続ける
21世紀最大のBC兵器である。

この劣化ステーキ弾を不幸にも食べてしまった
人間には「確実な最後」しか残されていない。

この様な余りにも「非人道的な兵器」の
使用は
第二次世界大戦の戦勝5ヶ国では無く
皮肉にも我が国において最も研究が
進んだ究極のステーキ弾で、
国際社会からの非難が多いにも関わらず
粛々と研究・開発が続けているので
不幸にも食べてしまった犠牲者には
治療法は無く対処療法のみである。

この様な劣化ステーキ弾を提供する
地下組織が存在するのは
非常に恥ずべき事で、一刻も早い
肉質改良が待たれるところであるのは
言うまでもない。

民明書房刊:戦慄すべき兵器・食卓編

帰れ、50mmの標準域へ (03)

なぜ私のBlogは『読み取り専用』なのか?
たまにだが運営している自分自身でさえ
“不思議”に思えてならない。
勿論これには“Blogの炎上”や
余計な厄介事を防ぐ意味合いから
こうした設定にしている訳だ。

一応「コメント欄」こそ残しているが
これが正しく機能するには、
Blogにログインする必要性があるわけで
それには私からの「招待制」の限定公開記事や
コメントを可能にするための「会員登録」と
パスワードの貸与が絶対条件になります!

それには最低条件として「現実世界」で
撮影仲間として顔見知りである事が条件なので
「相互リンク」だけでは、絶対に許可しないわけだ。

私は投稿しているBlogの書き方から推察できる通り
私の最優先事項である『写真を撮ること』が
大原則として存在するサークルですね!
それ故に私の発言はBlogにおいても過激であり、
他人を気遣うセリフや配慮に欠ける場合も多々有りえますが・・・。

まだWindows 95の時代から
(厳密にはMS-DOS時代)行なっていた
パソコン通信なるものも経験して
自分が好きなジャンルの「草の根BBS」にも在籍してましたが
理論武装のオバカ連中に多対一の袋叩きにされたりして
散々苦汁を舐めてきた記憶は、死ぬまで忘れないでしょう。
“多対一のイジメ”を経験して散々苦汁を飲んできた私は
思案の結果・・・・ネット世界と現実世界に
『ひとつの線引き』をつくる事にしました。

そういった数々の反省点を考慮して
私のBlogでは『原則・書き込み禁止』で
文字通り私の写真という成果物や
主義主張を一方通行に発信するに至りました。
逆に云えば此処のBlogでコメントや
レスポンスが存在する場合は
サークルの厳しい審査をパスした
選ばれた撮影仲間と考えて構いませんね?
それこそが情報発信の場所では
必ず『読み取り専用』にして無用なデジタルノイズを拾わない!
このような結論に至り、現在にまで続く訳だ。
したがってTwitterも行わないし
インスタントが何とかも必要ない。

自分にとって有益な情報源である
FacebookとBlogの二つだけで充分なのだ!
『読み取り専用』とする以上
よほど私が脆弱性のあるシステムや
強度の弱いパスワードを使ったり
リアル親友の選定でミスを犯さない限り
この記事を見ているアナタ達には“なす術”が無い。

それゆえに私は好き勝手に“思った胸の内”を
誰の目を気にすることなく書くことが出来る!
     ・
     ・
     ・
つい最近ではPS4の『閃乱カグラ』の
コミュニティBBSに訳の分からない能書きホザイて
“お前たちが露骨な画像や動画を投稿するから
規制が厳しくなった”などと妄言録をのたまう
左翼団体の存在には、さすがに呆れてしまったので
暫くは自分でコミュニティBBSを立ち上げて
好き勝手に活動しようと決めましたよ!

お色気がメインであるゲームソフトですよ?

今更顔されて説教されてもコミュニティBBSの
メンバーは嬉しくないですよ?
まァ・・・元々『規制』だの『圧力』などという
意見が最近では目立ち始めており
“ゲームを楽しむ”という本来の趣旨から逸脱していた
コミュニティBBSだったので
今後は一匹狼でプレイしますよ。
     ・
     ・
     ・
昔からだが意味の分からない事で
クレームを入れる狂気に満ちた左翼団体の人達が多いです。
戦後間もなくや高度成長期などは国政などへ批判して
活動するキチガイが大半だが。
21世紀あたりからゲームやアニメの
『どうでも差し支えない部分』に
満足な予備知識も無い凡愚ががクレームを入れて
脅迫行為を繰り返していたのは記憶に新しいでしょう?

チビクロサンボや手塚治虫の
ブラック・ジャックなどが良い判例でしょう?
常に自分たちが正しいと“確証バイアス”と感情論だけで
他人が端正こめて作ったコンテンツまでに
土足で踏み荒らすポリティカル・コレクトネスの馬鹿共ですね!

こういう『端にも棒にもかからない凡愚』が
結果的にはゲーム表現の自由を妨げている
メディアやBlogなどの情報発信の
業界全体を衰退させてるに過ぎない!
お気に召さないのなら出て行って貰って構いません
そして二度と私のBlogに立ち寄らないで下さい

 

 

2019/03/05 11:08
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:09
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:10
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:11
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/5.6、ISO-250、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:14
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:16
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-250、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:16
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-250、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:17
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/4.0、ISO-250、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:25
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:26
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:28
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:32
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/350
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:35
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/8.0、ISO-100、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:36
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/8.0、ISO-100、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2
     ・
     ・
     ・
この前のスナップ撮影では近所の公園を散策して
適当にスナップ撮影と洒落こみましたが
広角サイドにCanon EF35mm F/1.4L USMだけで任せたので
少し“息苦しい”と表現すべきか、
やや圧迫感の強い構図になってしまったのが残念です。
標準域はCanon EF50mm F/1.2L USMと変わりませんが、
前回のCanon EF135mm F/2L USMで
存分に溶けるような描写と
絞りを絞るとカリッとしたシャープな画質になるので
今回は手持ちのEFレンズの中でも
唯一中望遠マクロである
Canon EF100mm F/2.8L MACRO IS USMを持ち込んだのは
大正解ですね!!

さて、そうは云うモノ全体的な総括としては
やはり広角サイドに『物足りなさ』を感じたのは事実であるし
一度でもCanon EF14mm F/2.8L II USMで写し出される
全てを飲み込むような圧倒的なパースと
広大無比なランドスケープ調にする青空レンズの魔力に
魅了されると抗うのは容易では有りません(≧∀≦)

過去にはSIGMA AF10-20mm F/4-5.6 EX DC HSMや
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4も所持していました
シグマは使い勝手の良い10-20mmをカバーするも
F値が暗すぎて、屋外専用になってしうのが“玉に瑕”で
今では新潟加納テックに譲渡した
SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMも
今の高画素時代には私の思い描いた画質が難しいです。

トキナーは12-28mmをカバーする守備範囲の広さが
『謳い文句』なのですが如何せんにも暗い!
もともとフィールドや風景などを
超広角レンズで撮る私は絞るときは多いので
F4でも構わないのですが
時には思い切り近付いてボカす手法も使うので
F4クラスだと背景が硬くなりがちです。
その辺はチビ愛用のCanon EF16-35mm F/4.0L IS USMや
私のCanon EF24-105mm F/4L IS USMでも実証済み。

Canon EF14mm F/2.8L II USMであれば
最短撮影距離は驚きの20cmで
色のりが濃厚な印象でダイナミックな画を
かんたんに出力できます。
事実、チビのフルサイズでも私のAPS-Cでも
画面の四隅から画面中央部まで
とにかく開放からシャープで気持ち良い画作りが可能です。

実勢価格が23万円前後と非常に高価なレンズですが
Lの称号纏う単焦点だけに一切の不具合や
エレメントの妥協なく鏡胴の堅牢性も併せ持つので
“記憶に残る印象を”と本気で考えるならば
決して無駄遣いでは無いと私は思うのです

重さも645gと同じCanonの
EF50mm F/1.2L USMが580gである事を考えると
65g程度の重量差なのでLレンズの中では『軽い部類』ですね!

目は口ほどに物を言う (8)

写真を加工してはWordPressなどのBlogにアップロードして
文章全体の“仕上がり”や最終チェックを行う。

使うカメラも例外なく『デジタル一眼レフ』だし
現像処理も文章構成もサーバーや
Microsoft社のSurface book2 15型などを
好んで外出先では使用するので
結果として写真家のワークフローにおける
Surface Bookの活用法は、想像以上のイノベーションを
私に与えてくれましたね!

『現代はデジタル世代。
衣食住からモノの価値観や戦争などに至るまで。
だからエンドユーザーもデジタルで武装するのがベスト』
そんなデジタル・ガジェットで武装していながら
“私も一個の人間”なので
しっかりとアナログ部分も残しています。
     ・
     ・
     ・
意外かも知れませんが此処のサークルでは
大人から子供に至るまで
呟くソフトだの、インスタが何だとかは、殆どが利用してませんね?

どこかも知らぬ馬の骨の『愚痴』や『呟き』など
他人には価値観ゼロなので私は使わない。
リアル世界で知っている者同士は
だいたいFacebookを持ってある程度しっかりした
活動進捗(アクティビティ)がわかるので、
聞く必要性の無い“デジタル・ノイズ”は
本当に一切合切知らない訳だ!

本当に『愚痴』や『呟き』を聞いて欲しいなら
直接会ってから見聞きして済む簡単な事ですね!
こんな姿勢を普段から見ているのは事実ですが
生徒たちも利用数は少ないですね!
さすがにBlogを知らない学生も居ませんがwww
有料・無料だ、提供されるサービスに関わらず
何らかの形でBlogで必ず情報発信は行ってますね?
勿論、ヒヤリとした経験を持つ生徒もいるのですが
そういう学生がリアルに話してくれるので
本当に呟くソフトだの、インスタが何だとかは
必要ないですね?
“生の声”を知っている者同士が集まって
打開策などを話しているのは日常茶飯事です。

だから・・・Blogを私と同じように
「会員制」にしたり「読み取り専用」で
運用しているのが実に90%を超えますね!
だからBlogの使用中に『炎上したから助けて欲しい』と
救済策を求めたり泣きついてきた事案も無い。
自分と同じ価値観が集えばいい
嫌なら見るな、出て行け
これが確かに分かり易いなwww

自分の筆がノッている時に集中して書いて
好きなタイミングや場所にアップロードして。
忙しいときや気が塞ぐブルーな時は
なにも操作しないで学校生活や日常を過ごす訳だ。
日頃から、こうした生活スタイルが常態化しているので
巷で噂される『SNS疲れ』や『Blog疲れ』といった
メンタル面でのSOSを発信した学生も居ない。
うちのチビ曰く
『SNS疲れ』を訴える輩は
デジタルとの付き合い方が間違ってるでしょう?
目的と手段が逆転してるじゃん!

-まァ・・・至って正論なので
私から特に意見具申するのが少ない最近ですが(0^~^0)

 

 

2019/01/27 13:45
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-400、スピード1/500、焦点距離41mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/27 13:46
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-400、スピード1/180、焦点距離35mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/27 13:48
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF35mm F/1.4L USMで
F/1.4、ISO-400、スピード1/1500
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/27 13:48
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF35mm F/1.4L USMで
F/2.0、ISO-400、スピード1/750
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/27 13:49
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/2.0、ISO-400、スピード1/500
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/27 13:49
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.2、ISO-400、スピード1/1500
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/27 13:49
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.2、ISO-400、スピード1/1000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/27 13:51
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-400、スピード1/180、焦点距離30mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/27 13:51
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-400、スピード1/180、焦点距離44mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/27 13:51
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-400、スピード1/250、焦点距離53mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

フワフワした感触の再現などを撮りたい
或いは同じクラスの女子を撮影したい!
実際問題こうしたニーズは多々あるし
そうした需要にこたえる為にも『単焦点』は存在します。

とくに学生は使える金額も限られているのが
セオリーなので“相手の立場”で
写す為の道具も一緒に考えることも増えましたね!
最近のトレンドの1つを挙げるなら
Canon EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM
プラス自分が欲しい画角の単焦点
この2パックの考えで話す機会が多くなりましたね?

部活動やイベントなどで集合写真を
よく撮影する生徒は
ズームレンズのワイド端で1段ばかり絞ってから
撮影するのがセオリーのようです。

かたや、特定の同級生や兄弟姉妹を追いかける
この場合は単焦点をメインに使ってますね!
“ツワモノ”の生徒になると
50mmと85mmの組み合わせや
35mmと85mmだったり
24mmと50mmの単焦点を好む生徒も居ますね!

ここまで来ると
本人の趣向が最優先される世界ですからね!
周りが話すのは補足事項的な
アドバイスに留めるように言葉を選んでから話しかけますよ?
     ・
     ・
     ・
問題は“望遠側”で、
詰まるところは望遠ズームを
教えてあげるのが限界なんですよ!

私みたいに超望遠で写りもよく
などと考えると必然的にLレンズくらいしか
候補が見つかりません!
こうなったら方法はただ1つ
私たち大人から借りるわけですね
勿論ハイ・アマやプロが使用するのが大前提な訳ですから
生徒の側にも“ある程度の写真歴”は
必要最低限なので
日頃から優れた成果物、
または印象に残る写真を残しているのか?を優先して
貸与する順番をサークル内部で決める訳ですが

 

 

2019/01/27 13:51
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/5.6、ISO-400、スピード1/45、焦点距離38mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/27 13:52
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-400、スピード1/180、焦点距離38mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/27 13:52
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-400、スピード1/180、焦点距離42mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/27 13:52
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-400、スピード1/180、焦点距離50mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/27 13:52
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-400、スピード1/180、焦点距離47mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

さて目まぐるしく使用レンズが変わります!
西永彩奈さんのようなグラビア撮影時には
何かと威力を発揮する標準区域の大三元
自分で動かなくても
ある程度の距離ならばズームで稼いで
画質も一切破綻を起こすことなく撮影だけに集中できます!

それだけに少し使い方を間違えたり
惰性で撮影するような横着をおこすと
“器用貧乏”な画角しか得られません。

せっかくの個人撮影会に参加しても
得られる画角が「通常運転」ばかりも
ちょっと面白味に欠けます
次のチャンスがあった場合は
もっと望遠側での表情の撮影や
強烈なデフォルメ効果が期待できる
広角側での近接撮影などもチャレンジしたいですね?
     ・
     ・
     ・
仮にレンズを貸与する順番を
サークル内部で決めたところで
実力があれば優先的に考えるし
これはレンズのミスマッチだな
と懸念がある場合は、他の撮影手段を考えるのですが。

逆に風景でも人物でも
よく絞ってから使うのでレンズのF値には固執しません。
こうハッキリと目的を告げられた場合もあり
この時はEF24-105mm F3.5-5.6 IS STMを
オススメしましたね?
EF24-105mm F4L IS USMは
既に後継機種のエレメントが市場に出てますが
案の定と云うか・・・評価は今ひとつ。

 

 

ゆえに私が手元で未だに愛用している
旧機種の中古相場が騒がしいのは事実です
そんな“裏”をかくように
EF24-105mm F3.5-5.6 IS STMという
エレメントの存在を教えてあげましたが。
それでも値段が半端無いので買えません!

そこでサークル内部の審査を経て
この前は私自身が使う
EF24-105mm F4L IS USMを貸してあげました
想像以上に小憎らしい出来栄えの画像を残すので
(もちろん良い意味で)
まァ将来が楽しみですね(*^-^*)

新年ですね、ですが年末から私は波乱含みでした (4)

子供たちが増えるとなれば
自ずとトラブルも増えます
確かに賑やかになるし
今まで1人か2人で静かにスマートフォンの
SNSゲームで“時間潰し”を行っていた割合も少なくなり
結果としてPlayStation 4 Proなどの
「据え置き型ゲーム」ことコンシューマ機器の稼働率は
以前とは比べ物にならないほどグッと激増しましたね!
     ・
     ・
     ・
ただし!うちのチビを始めとした
子供たちに少し“良からぬ兆候”も散見できます
(勿論、キララ祭りのパレード撮影で知り合った女の子も例外無いが)

それは特に格闘系のゲームに於いて
相手の技を喰らいたくない思いが強過ぎるのか
暇さえあれば“けん制技”と称して
画面の端まで自分から後退して飛び道具を連発したり
相手が何もアクションしてないのに
遠距離で無敵の超必殺技などを出して
『自分は何時でも迎撃できるそ!』
相手に心理戦でプレッシャーかけて揺さぶっている
こんな感じなんですね!

 

 

しかし、こういったワンパターンな動きも
文字通り1~2種類しか持ち合わせていないので
クラスの女の子からボコボコにされて
大体は意気消沈して布団被って泣き寝入りするのが
恒例の一コマになってますwww

まァ私が今のチビたちと同じ年頃の三十数年前は、
プログラム本体も恐ろしく今と比較しても陳腐で
技術的に制約の多い時代背景でした。

例えば“ファイヤー波動拳”などが良い例で
元々は一定確率でリュウ・ケンが出すバグ技でしたが
のちにメーカー側が正式採用したり。

ところが今は違います!
なにか不具合が発生したらFacebookやBlogなどで
不具合の情報が即時発信できて
ブロードバンド網が発達した今では
マンションでもFTTHの敷設条件は
不動産価値を左右す立派なバロメーターだそうです。

こうなると一昔前に流行したような
バグ技やハメ技は直ちにプログラムのアップデートで
修正モジュールが自動的に適応されますし、
第一ね、昨今の格闘ゲームが織り成す
システムに於いては“ハメ技”が存在しないように
最初から基礎の部分を作っています。

例えば今おとな連中が中心になって楽しんでいる
ソウルキャリバー6などが代表ですが
このメーカーの売りは“前後左右”を
自由に動き回って戦うのが基本コンセプトでえすが
Webでの取扱い説明書を熟読すると
ちゃんとピンチになっても一発逆転が狙えたり
スピード感あるコンボが誰でも出せる工夫があります。

「3すくみの法則」という奴で
元々は旧テクモが考案したゲーム要素で
ジャンケンにおける“グー・チョキ・パー”と
同じロジックを取り入れたのが発端なんですね!
そして時は流れて、
今では合併したKoei Tecmo Gamesの
無双シリーズやSNSゲームでさえ
このシステムを積極的に取り入れている
タイトルホルダーは結構存在しますね!

つまり・・・絶対的なボロ負けや
連続した勝利の連続などが続かないように
綿密かつ平易なシステムなので現代のゲームでは
『けん制技』は意味を為さいと断言できるのです!

 

 

それでも性懲りもなく“けん制”と称して
中途半端な間合いから飛び道具を連発したり
意味のない必殺技を出したり
     ・
     ・
     ・
まァ我々が子供時代に体験したゲームと
現代のゲームでは
通信環境もプログラム本体や
アーキテクチャも違うので、
私が学生時代に通用した「けん制・ハメ技」などは
完全に駆逐された様相です。

そこを、どうやってチビたち学生連中に
理解させるのか?
これが結構な重労働なんですが
詰まるところは大人連中に混ざって
勝ち星が上回るように“現代風”な戦い方にうまくエスコートする

しばらくは家庭用ゲーム機器での
対戦を繰り返して“場数”を重ねて
もっとロジカル面での鍛え方を教えながら
町内・市内での優勝者と同等の実力がないと
とてもじゃ無いですが
ゲームセンターの首都圏デビューなんて
恥ずかしくて許可できませんね(≧∀≦)

 

 

2019/01/14 17:43
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-1600、スピード1/350、焦点距離60mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/14 17:45
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-800、スピード1/90、焦点距離50mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/14 17:46
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-800、スピード1/180、焦点距離50mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/14 17:47
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-800、スピード1/250、焦点距離50mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/14 17:47
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-800、スピード1/180、焦点距離50mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/14 17:48
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/2.8、ISO-1250、スピード1/20、焦点距離85mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/14 17:49
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/2.8、ISO-3200、スピード1/90、焦点距離85mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/14 17:50
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/2.8、ISO-1250、スピード1/60、焦点距離50mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/14 17:51
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-800、スピード1/250、焦点距離100mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

2019/01/14 17:51
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-800、スピード1/180、焦点距離100mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

さすがに、これだけの大口径レンズとなると
テレ端の絞り開放では口径食が目立ちます
・・・しかしながら絞りを2.0辺りまでに行なえば
綺麗にボケると思いますね?

これでも“手持ち撮影”で
焦点距離がテレ端なのに対してSSが1/180なので
充分に安全マージンは保たれている部類なんですよ?

 

 

2019/01/14 17:53
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-800、スピード1/750、焦点距離50mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/14 17:54
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-800、スピード1/60、焦点距離18mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/14 17:55
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/2.8、ISO-1600、スピード1/45、焦点距離24mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/14 17:56
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/2.8、ISO-1600、スピード1/125、焦点距離18mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/14 17:57
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-800、スピード1/90、焦点距離24mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/14 17:57
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-800、スピード1/500、焦点距離24mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/14 17:57
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-800、スピード1/350、焦点距離18mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/14 17:57
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/5.6、ISO-1600、スピード1/10、焦点距離18mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/14 17:57
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/5.6、ISO-1600、スピード1/15、焦点距離18mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/14 17:58
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/5.6、ISO-1600、スピード1/10、焦点距離18mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/14 17:59
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-800、スピード1/45、焦点距離18mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/14 17:59
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-800、スピード1/60、焦点距離18mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/14 18:02
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-1600、スピード1/45、焦点距離35mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/14 18:02
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/2.8、ISO-1600、スピード1/350、焦点距離23mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/14 18:04
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/2.8、ISO-1600、スピード1/45、焦点距離18mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/14 18:05
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/2.8、ISO-1600、スピード1/90、焦点距離18mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/14 18:06
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/2.8、ISO-2000、スピード1/30、焦点距離24mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/01/14 18:07
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-640、スピード1/60、焦点距離35mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2
     ・
     ・
     ・
閑話休題、夜間撮影に於いての
ISO感度や“具体的に必要なモノ”などは
前述のBlogの通りです。

SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artも
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artも
同じF1.8通しの化け物ズームレンズです!
18mmから100mmまでを明るさ1.2で
この二本のエレメントで実現できてしまうのだから
さすがにシグマの技術力、恐るべし!
なんですが、
私は慎重を期してISO感度を800から1600あたりを
主軸に使いました。

綺麗な光芒を見せるには
何もクロスフィルターだけが決める訳では無いのです!
それは絞りは極力絞ること!
こうする事によって一層クロスフィルターの効き目は
強く効きますし、ノーマルのプロテクト・フィルターでも
そこそこ綺麗な光芒は楽しめますよ?
ただし、絞り羽根が奇数か?偶数か?でも
結構変わってきて、オールドレンズ程
絞ったときの絞り羽根が今主流の「円形絞り」では無く
多角形絞りなので、
この辺も覚えておくと“光線の流入量”と
シャッタースピード低下と“手振れのしきい値”なども判るので
自分にあったベストな設定方法は、やはり自分自身で経験を積んで
いざ撮影の現場では迷うことなく
カメラとレンズに周囲の環境を合わせた値を
即座に実行できれば
冗談抜きに綺麗な夜間撮影はできますね?

Surfaceで肩こり (02)

購入しから早いもので1週間が経ちました
Surface Book 2 15型モデルの“意外な使い方”も
次第に明らかになってきました。

まずはファースト・インプレッションが一段落したので
「おさらい」から始めたいと思います。

1) 軽量薄型ボディー

しかしながらマグネシウム合金と
計算し尽くされた
蛇腹のような形状の多関節ヒンジを採用して
剛性は極めて高く、少々雑に扱った程度では
不具合どころか“掠り傷”さえ無縁の存在だ!

2) 高いパフォーマンスを約束した
本格的クリエイティブ向けの
GeForce GTX 1060にVRAMの6GB

なんと云ってもSurface Book 2 15型モデルでのみ
約束された異次元のような遣い易さと
レスポンスの良さは、
3D制作や動画変換などにも活用できるほか
RAW画像編集などに大活躍なので本当に助かる部分ですね!
ストレスフリーで利用できるのは驚くほか無いです!

3) 場所やスタイルを気にせずTPOに合わせた形で

Surface Book 2 15型モデルは
液晶ディスプレイを取り外して「独立タブレット」としても使える、
いわゆる「2-in-1タイプ」のノートPCだ。

重量は公称値で1.905kgだが
同スペックのグラフィックス搭載のゲーミングノートなら、
3kgオーバーが普通なので驚嘆すべきだ!
タブレット時は大体800gなので
よくも頑張ってここまでスケールダウンに成功したものです!

スタイリッシュな外観と高い剛性を誇るだけに
無駄に出っ張る部分やスイッチ類は見当たらない
インターフェース(端子類)の数は
必要最低限です。

4) 本当にマイナス点は無いのか?

そうですね・・・意外な事に、使いにくい部分として
「10キー」の欠落が挙げられます!
元々少ない拡張ポート群なので
今はBluetooth接続の10キーを利用しています。
しかし、これはSurface Book 2 15型モデルは3:2であるのに対して
HP-15-AF100は15:6の比率なので16:9の
今デファクト・スタンダードなLCDの大きさです。

だから16:9の横長LCDには
普通に10キーが付いている訳です

OSも64bitでOfficeも64bitなので
動きは物凄く快適で
時代遅れの32bitで甘んじている底辺とは違いますからね!
Excel 2016で5万行で『限界』なんて無いので
普通に何十万行という膨大な数値入力を利用して
Accessのデータベースと連動させて使うのが
普段のスタイルですね!

まァ・・・不足している周辺機器なら
Bluetoothでサクッと繋いでしまいましょうwww
こちらも最新規格の4.1なので
考え方によっては自宅ではUSBのハブを活用して
デスクトップに仕上げることも容易なのです!
(実際に私が、据え置きPC同様に使ってます)

こうして旧機種と並べると
一目瞭然ですね!

特にキーボード配列やストロークなどは
“個人の好み”が大きく反映される部分ですが、
ある程度は・・・こうして比較検討することで
Surface Book 2 15型モデルを
買おうか自作PCに費用を充てるか?で悩んでいる
オーナーの皆さんの背中を押す
キッカケになれば幸いですが;´Д`)))

又、傷や汚れから守る目的と
スタイリッシュな外観を更に高めたい私は
Surface Book 2 15型モデル専用の
ボディ全体に貼り付けるタイプのシートで
化粧を施したり。

またペン入力に対応し、別売りのペンを使えば
筆圧の感知は4096段階ですが
一部のネットの感想では保護フィルムを張ると
筆圧感知が大幅に下がるような記事を散見しましたが
私は大切な“移動書斎”を守る意味合いから
後日に改めてプロの業者に
保護フィルムの施工をして貰いました。

総称

今やデジタルカメラの進化たるや
凄まじい“モノ”で、
画素数対決とは少し距離を置く私のCanonでさえ
実際のところ画素数は確実に増え続けてます。
いまや5,000万画素クラスのモデルも存在します。

画像の現像や編集などを快適に行なうには、
現在“オモテと裏”で動かす
プログラムを遅延させずに
高い処理性能が要求されるのだ!

これが自宅ならば現像に編集作業は、
普通に据え置きのデスクPCで行なえば済むので
一つパワフルなデスクトップを購入しておくだけで
現像作業はもちろんですがプライベートや
WordPressで構築されたBlogの管理なども容易ですね?

ただ・・・プロアマ問わずに私の様に
HV車を使って外出先で撮影する機会も多い筈だ。
新幹線や在来線のみならず最近では
移動中のサービスエリアや“道の駅”などでも
作業を強いられる場面がダントツに増えましたね!
忙しくて目が回りそうですが、
各地のお祭りやパレードを撮影して
結果として親御さんに信頼されて
定期的な撮影依頼を受けるのだから悪い気分はしませんね?

カメラで撮影した画像を自動的にPCに転送して、
文字通り“その場”で成果物(写真・動画)の
取捨選択にレタッチが可能です。

まァ世間一般の『テザリング撮影』ですが
転送された画像を即座に表示するには、
PC側に相応のハイパワーが必要ですね?
特に最近では前述のとおり
画素数対決とは少し距離を置く私のCanonでさえ
いまや5,000万画素クラスのEOS 5Ds Rも存在します。
私の愛機であるEOS 80Dも2420万画素なので
RAW画像は6000 x 4000という
1枚の容量でも25MBから30MBという
ファイルが『普通に使える環境』が要求されます。
     ・
     ・
     ・
こうなると
たしかに撮影する人間の呼吸やリズムに
ダイレクトに影響を与えるので
“テザー撮影は嫌だ”というカメラマンも居ますね?

ただ、この場合落ち着いた環境である
職場や自宅でDPEするのは当然ですが
現場でスマートフォンの気軽さで
成果物(写真・動画)を示す事ができないと云うシチュエーションは
“商機”という概念からすると明らかにマイナスですね?

そうなると気軽に持ち歩けるノートPCが必要になる
だからと云っても選定条件は
恐ろしいほど厳しいハードルが待ち構えてます!

高画素データも快適に現像できるだけの性能は当然ながら、
高いスコアを叩き出すグラフィックスや
LCDの発色の正確さが要求されます。
加えてタッチ操作やペン操作に対応していれば、
DxO OpticsPro 11や
CorelのPaint Shop Proといった
本格志向のソフトを使っても普通に快適だ。

こうした条件をすべて満たす唯一ともいってよい製品が、
今年の2018年4月8日に発売された
日本マイクロソフトの
Surface Book 2 15型モデルです
スタイルは見た目通り多種多様で
タブレットやノートPCとして使えることはもちろん、
画面側を逆にキーボードに差し込むことで
プレゼン仕様として使用できたり。
正に七変化の使い勝手の良さが光ります!

撮影の合間にノートPCとして
Office 2016から思い通りのソフトで
BlogやFacebookの確認や返信も容易で
スマートフォンの電池を節約できるのは
素直に有り難いですね!

タブレットとして存分に活用して、
成果物(写真・動画)の確認を行なうのも
いっそう人間に直感的に簡単に訴えかけるので
本当に助かる存在ですね?
変幻自在なスタイルを活用して、
端末の大きさや重さを苦痛に感じること無く
シームレスに利用できるのは非常に有意義です。

大量の撮影画像を次々と表示できるし
一貫して安定したパフォーマンス!
スライドショーも途切れることなく快適です。

ただし!Surface Book 2 15型モデルは
値段が相当高い点が唯一にして
最大の弱点と公言して良い!
256GB SSD搭載モデルなら税込30万円少しで購入可能だが、
ゲームなどには容量が絶対的に足りないので、
最低でも512GB以上のSSDモデルを選ぶべきでしょう。
最高1TBのSSDまで選択できます!

ただ・・・私の何十年間のPC生活を振り返ってみると
Windows 7から10の現在に至るまで、
OneDriveの使い勝手は、磨きをかけて良くなっています。

Surfaceシリーズはストレージ容量による価格差が大きめなので、
主にオフィスワークを行うことを目的とするなら、
この「Core i7 / 16GB / 256GB」モデルは一番お買い得です。
つまりROI(投資 対 効果)が高い品物です!

もしも大量のデータが発生するならクラウドに置くか
ポータブルHDDなどに置いておくのも手段です
     ・
     ・
     ・
さて競合他社のMacBookProを見てみると?
幸いにも「検証用途」でMacBookProを所持している方の
現行マシンのスペックを詳しく伺って見聞きした情報によると。
確かにSurface Book 2 15型モデルは非常に高価だが、
1TBモデルで比較しても、
瓜二つの構成であるMac Book Pro 15インチより
有利なスペックがSurface Book 2 15型モデルには有る。

付け加えるならMacBookProは、
展開済みだったブラウザのFirefoxで
YouTube動画を1080pを再生していると
明らかにコマ落ちしているくらい酷いのだ。
CPUが直接の原因とするのは少し乱暴だが
フルHDから4K画質でYouTubeを快適に楽しむには
やはり力不足の感じは否めませんね?
百歩譲って4Kの動画編集は高負荷が掛かるので
ある程度モタつくのは諦めるのだが
並みのフルHD動画の再生でコマ落ちする
MacBookProは正直言って使い物なりませんね!

対するSurface Book 2 15型モデルは
最上位で第8世代のCore i7-8650U(4コア/8スレッド)を
使うことからパフォーマンスの意味合いでは
私のデスクトップPCである
AMD-Phenom2の
6コア3.2GHzのThunderstorm GXを上回るのだ!

確かに私のデスクPCは年代が少し旧世代のモデルですが
当時のWindows 7 Proを動かすには必要充分
4K動画もバック・グラウンドのプログラムを
必要最低限にしてから編集ソフトを使えば
まだまだ現役で使用できますよ?

Surface Book 2 15型モデルの
GeForce GTX 1060のVRAM・6GBは
FarCry5 推奨動作環境を余裕で満たしているので
モバイラーのデビューを果たすに
差し当たり気がかりなのは
内蔵バッテリーの持続時間だろうが
特筆すべきは軽く「半日」は稼動できるモデルです
Windows 10 Proになってから
一層の省電力と“きめ細かい”パワーバランスの調整が
簡単に設定できるので
是非とも購入されたオーナーの皆さんは
頑張ってチューニングに励んで貰いたいですね(≧∀≦)

LCDの液晶画面も光沢仕様(グレア)の
エクセレント・シャイン・ビューだが
真昼の太陽の下でも作業は快適に行えます。
逆に夜間に多用する
キーボードのライト点灯などは常時OFFでタイプするので
余計な電力は此処でも抑える事が出来ますね?
     ・
     ・
     ・
こうした諸々の所見も勘案するなら
現在最高品質のノートPCが30万~40万円で
購入できるのは
充分にチャンスなのです!
この1台を導入することで、
実に様々な可能性を秘めていて
まだまだ未知の出会いや使い方があると実感しました。

元祖を遡ると日本マイクロソフトが、
Surface Bookでターゲットとしている市場のひとつが、
クリエイターという話も伺った。

何もプロの写真家だけでなく、
総額で100万円規模のカメラやレンズを持ち、
写真を趣味とするハイアマチュア層も立派なターゲットで
正に私や彼女が該当する世界!という訳だ。

クリエイター、ハイアマチュア層をターゲットとするだけに
LCDもsRGBを100%カバーする再現性を実現している。
付け加えると、出荷時にはキャリブレーション(色相再現性調整)を施して
鮮明に映し出すことを狙ったチューニングを行っている。

留意点

いうまでも無く「2-in-1タイプ」のノートPCなので
カタログスペックで半日以上バッテリーが持つのは
「ノートPC」の形態をしている場合のみだ!

タブレット単体で運用となれば
当たり前だがLCD側のバッテリーだけでの
運用を強いるので
私の使い方では7~8時間といった具合だった。

私のようにスマートフォンに於ける
“パケット節約”が身に染みている人間ならば
Surface Book 2 15型モデルを『航空機モード』の様に
Wi-Fiはいうに及ばずBluetoothなども
オフラインにして利用する場面も有るだろうから
その時はカタログ以上の長時間駆動も
まんざら夢物語では無いだろう

と云うよりもSurface Bookのユーザー層で有れば
Office 2016の使用率もグッと高いことから
OneDriveの年間契約済みの方も多いだろう。
現に私もそうだがOneDriveで同期を取った場合に
私は冗長と知りつつも直近2千個のファイルに
50GBの容量は必要なので
外出前には必ず同期を確認してから
撮影に飛び回ってます。要はローカルのSSDに保存ですね?
その中でも使用頻度が高いファイルやフォルダを
更新日時の順序でソートしているので
実際に使うファイル数や容量は小さいモノですが。
最初のWindows10のOSであるHP-15-AF100から
今まで変わらない日常の風景です。

Surface Book 2 15型モデルは
確かにGeForce GTX 1060にVRAMの6GBを
搭載しており凄まじいスペックを約束する
それはキーボードに内蔵されているので
タブレット運用で分離した場合は
Intel HD Graphics 620によるシステムで起動する。

故にアプリケーションによっては
タブレット単発では動作できないので注意したい。
その場合は、分離&統合する度に
オーナーにポップアップ画面で教えてくれますが(´∀`)

また、このSurface Book 2 15型モデルを
入手してからですが、
親御さんからダイレクトな写真の出来栄えなどを
求められる機会はダントツに増えましたね?

それだけに外出先での運用は
今ではスマートフォンより稼働率が高いのだ!
SNSのゲームをする機会も減りましたが
それでもASUS ZenFone 2よりも
バッテリーが持つのは嬉しいですよ!

またLCD上部には、Windows Helloの
顔認証のための赤外線カメラを内蔵してあるので
SF映画などでスッカリお馴染みの“バイオメトリクス認証”が
普通に出来るので、パスワードを入力することなく
LCDを覗き込むだけでOSのロック解除が可能なのは
本当に助かりますね?

離席や自分の着席位置が頻繁にかわる
学校の体育館や学習センターなどでは
不要な覗き込みを防止する意味合いでも
大活躍の機能!と云う訳です
     ・
     ・
     ・
って云うよりPlayStation 4 Proで
BRAVIAに接続して遊んでわかった事なのだが
もう1920 x 1080も終焉ですよ?
3840 x 2160の4K時代は
既に市民権を得ているし、情報量も格段に多く
圧倒的な解像度の4Kは一度味わうと
もう元には戻れないのが実情です!

いずれにせよ“本気”でデジタル一眼レフの世界に飛び込んで
エグゼクティブな立ち位置で作品向上や
打ち合わせ先やサークル内で※齟齬・乖離がおきる事無く
シームレスに意思決定する重要ツールと呼ぶに相応しい。
※(そご・かいり=食い違い、かけ離れる)

撮影後のイメージやヘビー級の
編集ソフトを多用する私のようなポジション
カメラマンにとって、強い味方になるだろう。