iPod」タグアーカイブ

Ubuntu運用サーバがダウン・・・(2)

当初は頭に来てWindows XPの導入を考え、
検証作業に入ってたのだが・・・
もう少しUbuntuと付き合ってみようと
駄目元でマコサバ(Appro 1224Xi)9.10に展開させてみた。

こいつはS-ATAでは無く、レガシー接続の形態をとっている為か
9.04では何故かOSの立ち上がった時に
自動マウントされない面倒な部分があった。
あとは・・・かなり前の日記でも触れたであろう
LCDの「解像度」も。
そんな訳で9.10で敢行したのだが、
ようやくマコサバのUbuntuの入れ直しが一段落した・・・。



あ~~~
疲れた・・
orz

もう、去年の秋口からリリースされた9.10だけど、
あれから何度システムの「総入れ替え」を経験してるんだろ?
この、訳の分からない癇癪さえ無ければ、
間違いなく神OSなんだがな・・・。

iPodやタブレット・スキャナにプリンタ等の自動認識は勿論、
DVDの視聴からMP3のアルバム管理など、
ホームユース向けの機能だけを見ても、
Windows XPと遜色ない出来栄えなのに・・・。

もう、リカバリ作業が酷なんで、
定期的にバックグラウンドで復元ポイントをNASに保存する様にしました。
こうしておけば、
又システムが吹き飛んだりした際に、
OSのリカバリ直後に復元して戻せる可能性があるので・・。

とにかくね・・・何が“悪さ”してるか
皆目見当が付かないんだな、これが

そう云えばスラッシュドットにも
Ubuntu 9.10に関する不具合が書いてあったな。

暫くの間は、
Ubuntuのフォーラムから目が離せないな。
まずは9.10関係のトラブルを洗い出して整理しないと・・。


実は先週の土曜日、ネットオークションで落札したフィギュアが
手元に届きました。
GOODSMILEが去年の夏場限定で受注販売していた
初音ミクの1/8サイズです。
最初はIM@Sの雪歩や千早と同じ大きさ(1/7)を考え、
通常版を視野に入れて探索?していたが、
商品状態や値段など・・どうにも納得いかないのでパス!
諦めかけていた所、
希望する娘を拉致することに成功した訳ですww

20cm以下か・・・
大分予想より縮むな

などとブルーな感じが脳内を占めていたが、
いざミクが嫁入りしてきて、
実際に見てみると、ハァハァ・・・可愛いじゃないか!
しかも・・・目を瞑っているせいか
非常に歎美な雰囲気を感じる。

通常版と比較すると・・・
表情一つで様変わりしてますね。

まァ・・・私のは“未開封新品”なので、
本当にラッキーでした。
勿論、届いた娘を
携帯のカメラで下から覗き込んでカメラ小僧
なりきってますが;´Д`)))

気が付いてみると・・・
何だか身の回りがミックミクになっている。
PCのデュアル・ディスプレイの壁紙から、
携帯の待ちうけに至るまで・・。
今は知り合いの卸さんやオークションを徘徊して
APC社製のUPS(無停電電源装置)を狙ってます・・。
スペースの都合上、ラックマウント型のアウトレットか中古を探してますが、
これが実現したら、
今度は間違いなく「ミクサバ」と命名する事になりそうデスww

2TBの恩恵を余すところ無く受けるには?(TeraStation X考察 2)

まず、この製品は「RAID」に対応しているのが、
普通の外付けHDDと異なる特徴ですね。

対応してるRAIDの説明は割愛しますが、
自分は初期型のTeraStationでも
RAID 5で今まで運用しており、
実際になんどかディスクエラーにも遭いましたが、
パリティの為に1/4を使っていて正解だったな~と
あらためて思います。

ましてや倍の2TBときたら、
万が一ディスクの交感の場合に、
高くつくので、日頃からRAID 5での運用がベストだと思います。

それでも実質的に使用できる領域は
1.5TB前後は保障されている訳だし・・・。

旧型と新型の大まかな使い方、
つまり
「すみ分け」も
重要なキーパーソン

だと思います。

これまではプライベートなVideoや
iPodのデータから仕事に使う資料のアーカイブまで
共存してましたが、
これからは>第一線を退いた旧型を「プライベート用」、
新型の仕事やサークルなどの仲間内で使う
“Web Access機能”を利用したオンラインベースの
「公的使用」の2つに大別できます。

このWeb Access機能はBuffaloの指定した
アドレスを入力して、個人が設定したパスワードで
アクセスすると、
自宅のXに蓄積したファイルを
外出先から利用できる
優れモノなのです。

X側のポートは出荷時から固定されてるので、
手持ちのルーターがUPnP対応なら、すぐでも使えますよ。
もっともルーター側でもアドレス変換などの作業は
少なからず必要でしょうが・・・。

実のところ、このXを購入してから後ですが、
Gigabit対応のHub機器とカテゴリー6の20mLANケーブルなどを
別途購入しました。
やはりJumboFrameの恩恵にあずかるには、
経路すべてをGigabit化
する必要性があるので・・・。

購入したのはコレガの8ポートタイプの金属筐体Hubですが、
いずれはこのHubもポート全部を使い切ることに
なるかも知れないと予想してます。

ポートトランキングという技術も見逃せない1つだろう。
2 本の LAN ケーブルを使用して、
二重に通信経路を確保することで LAN ポートを冗長化して、
通信の信頼性を高めることが可能なシステムだが、
これもやはり・・・元を辿れば“業務用”のシステムだ。

LAN ケーブルの二重化により、
片方のケーブルが断線してもTeraStation へのアクセスが可能な訳だから、
高い信頼性を求めるヘビーユーザーや、
中小規模・SOHOなどでも
Xの能力を余すところ無く発揮できるのは大きな強みですね!

もっともポートをトランクさせるには、
対応するインテリジェント・スイッチを別途購入しなければ意味無いんですが・・。

しかし、それ以外にもこの「第2のLANポート」には
様々な使い方があり、
TeraからTeraへとダイレクトに接続して
「NAS自体の冗長性」をさらに高める事も可能です。

最後ではTeraStation Xの欠点や、
総合評価、その他トリビアを書きたいと思います。

理想の移動書斎を求めて(ネットブック考察 2)

とうとう衝動買いしましたよ
ASUSのEeePCを!
ww

購入したモデルは
もち、S101Hです!

実際に何度か店頭に置かれている
デモ機を使用した結果、
このモデルに落ち着いたわけですが・・・。

今回このモデルを購入する際、
こだわったポイントは?
と聞かれると・・・。

1. ブラインド入力のし易さ
2. バッテリーの持続性、及びパワーマネージメント・ツール系
3. 将来における記憶措置の換装など
4. ボディーの外観
5. 全体重量

この5つに焦点を絞って
競合他社のモデルも比較しました。
AcerにDELL、MSIやHPなど。
日本製のネットブック?
ハァ?論外だよ!
(`∀´;))

まず商品がエアパッキンに覆われていて、
梱包をほどくと中から
シャレた外装の黒い箱が・・・。


外箱の脇には2GBのメモリーモジュールが
くっついているので、内容を良く見ると・・・。
Elixirという会社のモジュールで、
CFDが販売元として国内での実機検査をパスして、
Vistaに完全対応。あ・・2枚差しにも対応か!

JEDECやRoHSにも準拠か・・・。
それで「永久保障」と銘打つからには、
相当の自信作なんだな・・・メモリーが激安の今だからこそ出来る
投売りセールか;´Д`)))

EeePCと刻印されたフタを開けると
専用のインナーケースに入った状態で
ネットブックが収められてました。
てっきり別々になっているのを想像したが・・・。

これが中々に手触り感が良く、
生地に縫い込められたマグネットで
フタをするという“こだわりの一品”に仕上がっているのだ!
合成皮革なんだろうけど、
ここまで手触り感を良く出来るんだ・・・。

次にケースから本体を取り出して、
箱を覗くと・・・どうやら二重底になってるようです。

ここからPC本体以外の付属品を確認するために
マニュアルとリカバリーに必要なDVDなどを、
取り出します。
ワン・パッケージで中箱のわき腹に収納されているんだけど、
なーんか初めて
iPod Classicを買ったときを思い出しました(´∀`)

(いまだ現役バリバリの30GB仕様ですが・・・)


で・・・まぁ、全部必要な付属品を確認したので、
カメラを構えながら考えてた事は、
これだけ限られた収納スペースに
よく見事に収めたな

などと、変に感心してましたww




次は、いつ頃になるのか・・・。
暇を見つけては
チョコチョコと日記をUPしていきたいと思いますが・・。

ようやく「元の環境」に・・・。



お陰さまでXbox 360が無事に帰還致しましたw
-といっても、
マザーボードを交換しただけで、
破損したゲームディスクの交換には応じてもらえず、
ディスクトレイの開閉の不具合も
そのままという粗末な結果ですが・・・(-_-;

いずれ新年を迎えたら
あらためてトレイの一件は
サポセンにTELして相談しないと・・・。


ところで、Xbox-Liveで私のゲーマーTagを
見た方ならばご存知かもしれないが、
アイコンが変わっているのですね。

それも星彩に!

勿論このアイコンパック、
日本では配信されてません。
北米アカウントを取得して、
なおかつ北米用のMSポイントを
入手してから実現する事なんですが・・・。

最初は『Hitman Blood Money』の
テーマ&アイコンが欲しくて、
日本のコンビニで買えるポイントを
買って試したのですが、どうもポイントのコード自体に
互換性は無いようす・・・。

そこで某輸入ゲームShopから取り寄せた
プリペイドカードを使って購入したわけです。


ながかったよ・・・11月に予約を入れて
手元に届くまでの間にXbox 360を修理に出す状況になって、
結局北米用プリカを試す機会は
ドンドン先延ばしに・・・(-_-;

岩のように待ち続けた甲斐が有ったな。
だが・・・遂に“この日”が来たのだ。

PCや360の壁紙。携帯の待ち受けに
iPodの壁紙・ベンツの中に有る有機ELカーナビ
の壁紙からTシャツの自家製プリントに至るまで、
すべて『星彩一色』に染まる日が・・・。

ヒヒヒヒ・・・(`∀´;)))

取捨選択の『難しさ』・・・。


一昨日の日曜、
近くの大型電気店で話題の『iPod』を
買ってきました。


前からW32Hの携帯で
配信されてる着うたフルよりも
手持ちのMP3が豊富に有る私としては、
携帯式の音楽プレーヤーでも
そのままIN⇔OUTが可能なことを
最重要視していたのですが・・・。

そのあたりは本家のBlog
http://dream-canvas.at.webry.info/
でも書いてあるんで割愛しますが、
操作性はバッチリですな。

正直云えば30Gモデルは必要なかった私ですが。

『CDのジャケット写真』での
視認性が優れていないと我慢なら無い
性格なので、nanoを諦めた訳ですよ。

ただ、最後まで東芝の『gigabeat』と
どちらを買うか、
随分と悩んだのは事実でね・・・。
gigabeatならwindowsベースなので、
余計なソフトをインストールして
レジストリを汚さずにすむ可用性は
大きかったと思う。

ただバッテリーの消耗がiPodに比べると
厳しいという評価が
価格コムでレビューを沢山見たので・・・。

ヒョウタンから駒なのか、
スケベな動画を沢山いれても
全体容量の1/3も使用して無いので、
外出先では重宝してマス;´Д`)))

もっともっとエッチぃ動画を
ジャカジャカ入れるぞ!
女子中学生がブルマーで運動会してる盗○モノとか
関×援交シリーズとか、
NASのTeraStationにためこんだ
ハァハァ動画をガッツリと・・・(≧∀≦)