NewFD」タグアーカイブ

あの頃の新緑が眩しい (04)

今しがた世間を騒がせている“台風9号”だが
御多分に洩(も)れず
サーバーが設置してある家も例外なく厳戒態勢で
臨むことになった。

南の洋上を彷徨う進行をとった相方の台風10号は
今のところ無害に等しい存在なのだが
以降どう変わり身するのか?油断は禁物だろう。
首都圏・関東一帯を直撃する台風も
正直なところ何年振りかな?

広島の土石流や常総市の鬼怒川の決壊にしても同じで
実は犯人は台風ではなく
ゲリラ豪雨に与する気象条件が真打ちだ
裏を返せば、それだけ普段の雨風に神経を遣う
なんとも悩ましく粗暴な“猫の目”の様相を呈するので
特にカメラの世界に身を置くようになってからは
人一倍に天候変動に関しては敏感になりました
     ・
     ・
     ・
さて首都圏を襲う深刻な渇水対策に
少しは窮余の一策となったのでしょうか?
残念ながら希望的観測は
しょせん“希望”にすぎない様子で、
国土交通省の関東地方整備局・河川部が公表している
首都圏の水資源状況についてのページと睨めっこしている
立場から云わせてもらえれば“微増”といったところで

http://www.ktr.mlit.go.jp/river/shihon/river_shihon00000111.html

大幅に改善するには
程遠いという表現がベストだろう
なににも増して・・・自然の降雨と
台風が持ち込んでくる降雨は
かなり性格の違う水質であることを知っておきたい所だ。
     ・
     ・
     ・
ゲリラ豪雨も含めてだが、
普通の雨は地表と対流圏の間を
行き来しながら相転移しながら循環する『水』だ。

これに対して台風やハリケーンの類は
海水を巻き込んで強引にかき回す
そして地表に大雨となってくる訳だ。

これだけ塩分が多いと農作物やインフラが痛むし、
淡水域・汽水域で塩分濃度が乱高下するので
いろいろと厄介なのが台風が持ち込んでくる降雨だ。

だからといって台風が皆無になると
また面倒な事態が発生する
海水が巨大なエネルギーで掻き混ぜられないので、
深層部への酸素供給がパッとしないで、
生態系の食物連鎖に影響を与えて、
漁業資源が減るおそれが有りますね!
私が、ファミレスでBlogの推敲をする時の
アイスコーヒーだが・・・あれを地球の海水と考えて
上から垂らしたミルクを“酸素”と置き換えれば
少しはビジュアル・イメージがし易いだろう。
そして、ストローやマドラーが“台風”だ。

そして掻き回さないで飲むと
ガムシロップやミルクがダイレクトに沈殿してるから
甘くて不味い訳ですねwww
そこでストローで掻き回して自分の呼気を
ブクブクと泡立ててやると全体に行き渡る・・・。

親しい親友や彼女の前ではフツーに行う日常光景だが
サラリーマンたちの営業活動で
この行いはチョット蛮行なのでNGですよ!(^_-)-☆

さて、ドイツ国内だけで700kmの長さを誇る
ライン川やヨーロッパを縦断するダニューブ川と違い
島国で河川が寸詰まりで短い日本では、
夏場の水資源を台風による雨の供給に頼っているのは
事実だけに台風が来ないと色々と不都合が出てくる。

もっとも私からの経験則だと
こと、20世紀後半からの台風は
予報の精度や推定雨量の計算などが飛躍的に高いので
極端にあわてる必要性は無いでしょう。

事実、今回の台風も前々からTVやニュース
果てはスマートフォンの天気アプリなどで
再三にわたって注意喚起された台風だけに
首都圏直撃でも恐ろしいほど冷静でした

それよりも
ゲリラ豪雨に与する気象条件が
一番始末が悪いですね!
予報は当てにならないし、私が今のチビ達と同じ子供時代に
“夕立”などと表現したレベルの非ではない。
     ・
     ・
     ・
ああ、そうだ。そう云えばチビが新しく単焦点レンズを
買いましてね、レンズのベンダーは確か
Voigtlander(フォクトレンダー)の、
COLOR-SKOPAR 20mm F/3.5 SLII Asphericalに
フードが付属したモデルです!

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_001

Sentimental-Fresh-Green-04_002

Sentimental-Fresh-Green-04_003

Sentimental-Fresh-Green-04_004

Sentimental-Fresh-Green-04_005
さて、まずは見た目の雑感から-。
なんせチビが主導で使うレンズだけに
たとえ私でもカンタンに“私物化”するのは
ナンセンスの極みです!
我が家のちっこい責任者が存分に使い倒して
一息入れたら『借用願』を上申する予定ですwww
     ・
     ・
     ・
こうして見渡すと先に私が入手した
Carl Zeissと同じコシナが日本の窓口なだけに
所有欲・達成感は“並”じゃ無いだろう?
まぁそれだけにチビの気持ちも
痛いほど分かるのだが

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_006

Sentimental-Fresh-Green-04_007
本当ならばSIGMAから昨年の秋口にリリースされた
Artラインに属する20mm F/1.4 DG HSMが
欲しかったのが本音でしょうね?
ましてや私が飛びぬ抜けて明るい単焦点である
Canon EF24mm F/1.4L II USMを持っている事実。
そして何よりもチビにも“大口径レンズ”を実際に触らせて
撮らせることによって『プロの求めるエレメント』が
どんな世界かを知ってもらう為にも
色々な意味で刺激を与えたのは想像に難しくないです。

-それでも未だに実売価格は10万円を超える
レンズのサードベンダーにしては珍しいほど
チャレンジでハイスペック価格だけに
サスガの私も簡単に買うだけの
資金的な体力がありません

さて、そうなるとチビの行動は
自分の手の届く範疇で他のレンズを探すわけです。
     ・
     ・
     ・
仮に手に入った所でチビの腕力じゃあNGですよ!

チビもソコは熟知しているので
自分に出来ること出来ないことの判別は
ガキンチョにしては割合しっかりしてます

取り分け“単焦点”に嵌まると
文字通り『レンズの沼地』なので
チビも大変でしょうが・・・そこは覚悟して飛び込んだのか
あまり女々しい愚痴や能書きはクチにしませんね?

そこで目を付けた20mmの単焦点
それこそがVoigtlanderの、
COLOR-SKOPAR 20mm F/3.5 SLII Asphericalなんですが。

このレンズ・・・パンケーキとしても
立派に役目が果たせるのは勿論、
ねじ込み式の金属フードに上から被せるタイプで
もう1つのフタが付いているのは地味に有難いですね?

鏡胴全体もCanonの純正とは一線を画す作りで
金属の塊から作り上げた
VoigtlanderのCOLOR-SKOPARは
クラフトマン達の叡智が結集している証拠でしょう。

SIGMA 20mm F/1.4 DG HSMが11群15枚で
重さは堂々たる950gなのに対して
チビのVoigtlander COLOR-SKOPAR 20mmは
6群9枚で205gだから・・・単純計算4.6倍の重量差だ。
絞り羽根は9枚で共通。
最大撮影倍率は2つとも似たような値だし、
最短撮影距離はVoigtlanderが優位だ
それにしてもねェ、うちのチビがVoigtlanderか
時代は変わっていくんだな、確実に!

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_008

Sentimental-Fresh-Green-04_009

Sentimental-Fresh-Green-04_010
考えても見れば、私自身も昔は
FDやNewFDレンズをマウント・アダプタ介在して
このように楽しんだのが未だ脳裏に蘇ります。

出来ることなら大枚叩いて買ったオールドレンズ
数多く所有していたので手元に残したかったのが
本音なんですが・・・さすがに自分で面倒見るには
限界までレンズの頭数が多くなってしまいましたからね!
手放すしか無かったのですが、
なまじ手元に何本かあると諦めが付かない恐れが充分あったので
思い切って整理整頓したのですよ。
先述したマウント・アダプタも含めてね!
     ・
     ・
     ・
-とは云え、まさかまさかチビが写真の世界に
飛び込んで来るとは想定外のサプライズだったので
正直なんつーか・・・複雑な心境ですね?

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_011
2016/05/28 11:33
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_012
2016/05/28 11:33
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_013
2016/05/28 11:35
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_014
2016/05/28 11:36
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_015
2016/05/28 11:37
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/2000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_016
2016/05/28 11:39
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-200、スピード1/2000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_017
2016/05/28 11:40
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-200、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_018
2016/05/28 11:40
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-200、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_019
2016/05/28 11:41
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_020
2016/05/28 11:42
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_021
2016/05/28 11:43
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/350
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_022
2016/05/28 11:46
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_023
2016/05/28 11:47
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_024
2016/05/28 11:48
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_025
2016/05/28 11:49
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/350
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_026
2016/05/28 11:50
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_027
2016/05/28 11:54
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

同じ被写体でもストリートスナップの王者135mmと
特定のターゲットを引き寄せて写すことに特化した
300mmの世界では、
背景の溶かし方も主題の存在感も変わってきます。

そこを考えに入れると
ある程度の背景も作品の1つとして
混然一体とした持ち味を活かすならば
下の作例のように85mmはマスト・アイテムでしょうね?

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_028
2016/05/28 11:57
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 85mm F/1.4 EX DG HSMで
F/2.8、ISO-200、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_029
2016/05/28 11:58
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 85mm F/1.4 EX DG HSMで
F/2.8、ISO-200、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_030
2016/05/28 11:59
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 85mm F/1.4 EX DG HSMで
F/2.8、ISO-200、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_031
2016/05/28 12:02
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 85mm F/1.4 EX DG HSMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_032
2016/05/28 12:03
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 85mm F/1.4 EX DG HSMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_033
2016/05/28 12:04
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 85mm F/1.4 EX DG HSMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_034
2016/05/28 12:05
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 85mm F/1.4 EX DG HSMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_035
2016/05/28 12:09
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S17-55mm F/2.8 IS USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/60、焦点距離17mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_036
2016/05/28 12:09
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S17-55mm F/2.8 IS USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/180、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_037
2016/05/28 12:10
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S17-55mm F/2.8 IS USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000、焦点距離55mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_038
2016/05/28 12:13
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/2000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_039
2016/05/28 12:14
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_040
2016/05/28 12:16
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_041
2016/05/28 12:17
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/2000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_042
2016/05/28 12:17
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_043
2016/05/28 12:17
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/2000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.1

 

 

Sentimental-Fresh-Green-04_044

Sentimental-Fresh-Green-04_045
自分が信じた直感にしたがい
自分が『撮りたい一瞬』をカメラに収める
そういう意味合いでは“遣り甲斐”や
達成感は他では味わえないだろう。

だが・・・渡瀬恒彦さん扮する十津川警部シリーズでも
記憶に残る台詞だが、どんな仕事であれ光もあれば闇もある
そんな格別な結果を出すには、
血の滲むような修練も必要になってくるし
自分の命や健康を削る覚悟で臨まなければ
相応の作品が結実しないのも事実だ。

他に幾らでも楽な選択肢はワンサカある訳で
なにも進んで苦労を買う必要も無い年齢だ
もう少しヤンチャに生活しても
罰は下らないと思うのだが・・・

超望遠レンズの魅力に迫る・・・広角派閥の私も納得(1)

総てを呑み込むような、強大無比なパースペクティブ。
裸眼では決して体感し得ないランドスケープに
私は酔心
してる訳だが・・・ここ最近は中望遠・超望遠の画角も
気になって気になって、
もう『魂此処に有らず』の状態でしてwww

super-telelens-01_001.jpg

2014/05/28 13:29
Canon EF-135 F/2L USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/125、距離135mm
彼女も最近ではファミレスで呆れながらも
何だかんだ言って“私が曾て辿った道”をトレースしてるので
結局いつもの通り会話は「カメラとレンズ」だけになるんですね!(*^_^*)
特に最近では自然風景の「圧縮効果」
近付けない遠距離から狙いすましてピンポイントで切り取った
独特の写真も捨てがたい魅力を持ってます。
super-telelens-01_002.jpg

2014/06/01 11:19
Canon NewFD 135mm/F2.8で
F/11.0、ISO-100、スピード1/15、距離135mm
super-telelens-01_003.jpg

2014/06/01 11:28
Canon EF-135 F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/750、距離135mm
実のところ・・・私達は繰り返し話し合った結果、
同じ望遠レンズでも毛色の違う個体を購入して
お互いに比べてみよう
と決めました。
条件として列挙したのは・・・
1) お互いに純正は高いので、今回は対象外
2) レンズのベンダーは統一する
3) マウント違いは、今更ガタガタ云わない

こう取り決めたのが先月の初めで、実際の購入が中頃でしたが
異様に高止まりで長続きする『高温多湿』に
身体をヤられて入院していた
ので、
私の自宅宛てに転送してから「手渡し」してあげました。
んで・・・彼女と私が
行き着いた結論

レンズのベンダーはシグマ

彼女はシグマのレンズ・リニューアルに伴う
初のSportsラインの『APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM』のニコンマウントを、
私は・・・キットレンズや普及レンズの画角とは異世界を求めて
『APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM』のEFマウントを購入したのですよ!
super-telelens-01_004.jpg

super-telelens-01_005.jpg

super-telelens-01_006.jpg

super-telelens-01_007.jpg

それにしてもデカいですな!\(◎o◎)/!
私のモデルは重さは1910g、フィルター口径は86mmですが
彼女の2.8通しは、2950gでフィルターが105mmなので
完全に狙った構図を打ち抜く『大砲』そのものです。
いずれにせよ
三脚は絶対不可欠ですよ?

今回、私が判断基準にしたのは
ズバリ『異世界』
30万近い値段がネックだったのも確かですがww
既存のレンズでも近い250mmがあったので
見送る結果に。
-とは云ったものの2.8通しの300mmは非常に明るく
動きの速い被写体を止めるのに苦労しないのが身の上。
プロも“サンニッパ”と呼んで使い込んでる
望遠単焦点レンズ・・・それを美味しい所して
ズームにまとめてしまった。
なので、持ってみたい本音も最後まであったのですが・・・。
実際に単焦点でなく120mmからの「ズーム通し」とあって
使い勝手は抜群!
super-telelens-01_008.jpg

だから店舗にて両レンズとも試写したうえで
私はAPO 150-500mmに決定したのです。
一番決定的なのは『重量』でしたね。
さすがに2.9kgのバズーカ砲は自分の体力に
追いつかないだけで無く
三脚などのオプションも買い替える必要性があり
持ち運びが辛くなって使わない~(以下略)の悪循環では
意味をなさないので。
実際に一眼レフのオーナーが
レスポンスの悪いミラーレスなどに転身する大半が
「カメラシステム全体の重量」という調査結果
なども勘案すると
この“重さ”は大切なファクターなので
APO 150-500mmならば許容範囲内です。
普段から愛飲してるスポーツドリンク2Lと
殆ど一緒ならば・・・不要不急の手持ち撮影でも
ISO感度を適切に上げて4段分の「手振れ補正」も使えば
そこそこ仕上がるのでは?
super-telelens-01_009.jpg

本当に他所のレンズ群を
見下すような威厳です
www

赤いテーピングは“単なる遊び心”です。
実際にCanonのLレンズを所有するオーナーとしても、
黒色と赤色系のカラーバランスは見栄えが良いので
県内(茨城県)の撮影スポットで知り合ったシグマオーナーの
同じレンズと混同しない
で助かってますね(^^♪
super-telelens-01_010.jpg

super-telelens-01_011.jpg

86mmのフィルターともなると・・・
ノーマライズなプロテクトフィルターでも
馬鹿に出来ない値段
だったので驚いてますよ!
サーキュラーPLはいつもの海外製ですが、
さすがに普段の72mmや77mmよりも高額です・・・。
と、いうか・・・販売店の方曰く
このフィルター口径はサードベンダーも量産してないので
仕方ないとか・・・確かに、ですよね・・orz
super-telelens-01_012.jpg

super-telelens-01_013.jpg

ズーム可動域は「ロックスイッチ」にて切り替え可能なんですが、
どうにも掛りが甘くて・・・
専用ポーチや後述するキャリーバッグの中で
変わってしまい心許ないですね!

もっと硬めにしたスイッチが欲しいデス・・・。
そういえば・・・この超望遠レンズを私のカメラシステムのファミリーとして
迎えたと同時に、プロ用カメラバッグを出している
AostaのFONTANAのリュックタイプを追加購入
してみました。
super-telelens-01_014.jpg

super-telelens-01_015.jpg

super-telelens-01_016.jpg

実際に長距離に及ぶ『遠征』や『複数のシステム』を
持ち歩くときに、このバッグは重宝してます。
写真はレンズだけが写ってますが・・・。
実際70Dにレンズを装着された状態でも
300mmから500mmあたりなら普通に使えますよ!
パーティションを上手く考えてやれば
更にレンズも入るでしょう
が私の背中がキツいのでパス!((+_+))
super-telelens-01_017.jpg

super-telelens-01_018.jpg

super-telelens-01_019.jpg

ご覧の様に
バッグ本体は“浮き張りメッシュ”が有るので
ここ最近のような酷暑でも
汗で蒸れたり、不快なベトツキは皆無です。
アーチ形状のフレームなので結構快適です。
今年購入したサブシステムの中でも
相当お買い得感あるので
気に入ってます!

また、予想できない雨などの場合にも
緊急のレインカバーが備品として
この様にコンパクトに収納されている
ので
スマートフォンにインストールしたゲリラ豪雨の
予測アプリでも不安な時は、こうした事前の備えを行ってますが、
やはり自分で経験した『勘所』などが一番だったりしますww
特に自分みたいに“筑波山”だの、何処かの湖で写真とか
経験すると・・・否応なしで天気の変化には
敏感に、そして用心深くなる
んですよ。

第三次レンズ大戦・ストリート135mmガチンコ対決!

3rd_gachinko_022.jpg

2014/05/24 11:14
Canon EF-135 F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/4000、距離135mm

3rd_gachinko_001.jpg

2014/05/24 11:15
Canon EF-135 F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/6000、距離135mm

3rd_gachinko_002.jpg

2014/05/24 11:38
Canon EF-135 F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/500、距離135mm

3rd_gachinko_003.jpg

2014/05/24 11:41
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-250、スピード1/500、距離24mm

3rd_gachinko_004.jpg

2014/05/24 11:45
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-250、スピード1/3000、距離24mm

3rd_gachinko_005.jpg

2014/05/28 11:39
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-250、スピード1/500、距離24mm

3rd_gachinko_006.jpg

2014/05/28 11:45
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-250、スピード1/1500、距離24mm

3rd_gachinko_007.jpg

2014/05/28 12:04
SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/1000、距離8mm

3rd_gachinko_008.jpg

2014/05/28 12:32
Canon NewFD 135mm/F2.8で
F/2.8、ISO-100、スピード1/1500、距離135mm

3rd_gachinko_009.jpg

2014/05/28 12:32
Canon NewFD 135mm/F2.8で
F/2.8、ISO-100、スピード1/500、距離135mm

3rd_gachinko_010.jpg

2014/05/28 12:43
Canon NewFD 135mm/F2.8で
F/2.8、ISO-100、スピード1/750、距離135mm
やはり何度撮影してもNewFD 135mm/F2.8は
全体が白っぽいと云うか粉っぽいと表現すべき
独特の粒状画質になってしまいますね?
まぁそれでもL2版やA4版なら全然問題ないでしょうが-。
これを「オールドレンズ」の特徴と称して大丈夫でしょうか?

3rd_gachinko_011.jpg
 

3rd_gachinko_012.jpg

2014/05/28 13:00
Canon EF-135 F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/3000、距離135mm

3rd_gachinko_013.jpg

2014/05/28 13:04
Canon EF-135 F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/750、距離135mm

3rd_gachinko_014.jpg

2014/05/28 13:05
Canon EF-135 F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/1000、距離135mm

3rd_gachinko_015.jpg

2014/05/28 13:05
Canon EF-135 F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/3000、距離135mm

3rd_gachinko_016.jpg

2014/05/28 13:06
Canon EF-135 F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/3000、距離135mm

3rd_gachinko_017.jpg

2014/05/28 13:11
Canon EF-135 F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/3000、距離135mm

3rd_gachinko_018.jpg

2014/05/28 13:13
Canon EF-135 F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/1000、距離135mm

3rd_gachinko_019.jpg

2014/05/28 13:14
Canon EF-135 F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/2000、距離135mm

3rd_gachinko_020.jpg

2014/05/28 13:26
Canon EF-135 F/2L USMで
F/8.0、ISO-100、スピード1/90、距離135mm

3rd_gachinko_021.jpg/

2014/05/28 13:28
Canon EF-135 F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/2000、距離135mm

3rd_gachinko_023.jpg

こうして魅力あふれる単焦点レンズや、
Lズームを揃えていくと・・・当然ながら、
蒸し返すような真夏の季節でも、財布が常に冬将軍になる訳ですがwww
中でも「レンズフィルター」は、私のカメラ生活の中でも
1~2を争うほどのチープな品揃えなので
たまに彼女もファミレスなんかでニヤ~っと馬鹿にしてますよ((+_+))

3rd_gachinko_024.jpg

好きでフィルター揃えてない訳無いよ!
まァ・・・彼女も似た者同士ですが
それでも「UVカット」を、
手持ちのレンズ殆どに着けていますね!
対する私がド・ノーマルのフィルターですからね。
たまにジャンクショップなんかで適合するフィルター径を見つけても
「ソフトフィルター」だの「クローズアップ」だのと
見当違いばかりがヒットします。
そんな最中にAmazonで見つけたのが
TiANyAという海外製の妖しげなCPLフィルターでしたww
ダメ元で使用頻度の高い72mmと77mmの2個を注文して、
取り付けてみましたよ!
3rd_gachinko_025.jpg 3rd_gachinko_026.jpg

3rd_gachinko_027.jpg

中身が固定されるように硬めのスポンジで保護されてました。
こういう所は日本製も見習って欲しいな・・・。
フォトベストなどのポケットやカバンなどに結構持っていくので
レンズ本体と同じく神経を使いますからね!

3rd_gachinko_028.jpg
 

3rd_gachinko_029.jpg

色ノリは国産のCPLが相当濃い目に作ってあり、
私の海外製は薄い色ノリです。
もっとも同じ72mmでも海外製は広角レンズに配慮して
ケラれない様に「薄枠設計」してます

手持ちの国産CPLは古いので結構厚めです。
とはいえSIGMAの 18-35mm F1.8 DC HSMが実質的に
広角から準広角までをカバーしており、
同じSIGMAでも 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMには
メカニカル部分がフィッシュアイに近いのでレンズフィルターは
取り付けられないのです。

この辺りに関しては前のBlogあたりで読んでもらえれば判ります。

3rd_gachinko_030.jpg
 

3rd_gachinko_031.jpg
 

3rd_gachinko_032.jpg
 

3rd_gachinko_033.jpg

今まで前玉が反射で光っていたのですが、
ご覧のとおりです・・・CPLを挟んだだけあって
写りは濃い目にメリハリある階調でハッキリと写ります。
ただ、回転枠を操作して、自分が気に入ったコントラストに
合う“ジャスピンの許容レンジ”が
国産製に比べて心なしか狭い感じがしました。
元々の画質に対して大小有れど「劣化」のリスクを背負う訳なので、
レンズ保護の為である「素通しフィルター」以外は
なるべく使用しないのがセオリー
なんですが・・・。
山川や渓谷を撮り始めた自分にとっては、
薄くモヤが掛かった状態の作品は
これ以上量産したくない訳でして
ww

まぁ、適宜空模様や太陽の角度を考えて
使っていきたいと思いますよ!

第二次レンズ大戦・ストリート135mmガチンコ対決!

当初なら新開通した「朝日トンネル」を多用してましたが、
ここ最近では目的地の筑波山は勿論素敵ですが、
その道中の「風景」などを切り取っておきたい欲求が強いので
今では殆どが「県道199号線」や、
236号線・・・そう、表筑波スカイラインを常用してますね!

2nd_gachinko_001.jpg

2014/05/20 12:25
Canon EF-135 F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/8000、距離135mm
2nd_gachinko_002.jpg

2014/05/20 12:39
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/6000、距離24mm
2nd_gachinko_003.jpg

2014/05/20 12:38
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/2000、距離50mm
ここは2006年4月27日に『無料化』されて既に久しい。
それまでは普通乗用車で400円、バスや大型で1000円超えの料金が必要な
“有料区画”だった
のだが、
私は無論・・彼女も知る由さえ無い・・・。
Webなどで調べれば、まだまだ「有料時代」の写真が
何枚かヒットすると思うので、
是非比較して年月の移り変わりを実感して欲しいデス(^^)/♪
料金所の跡から察するに
ちょうど画像の右端あたりかと思う
のですが・・・。
2nd_gachinko_004.jpg

2014/05/20 13:03
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/3000、距離105mm
2nd_gachinko_005.jpg

2014/05/20 13:04
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/350、距離24mm
2nd_gachinko_006.jpg

2014/05/20 13:04
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/750、距離50mm
2nd_gachinko_007.jpg

2014/05/20 13:05
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/4000、距離35mm
2nd_gachinko_008.jpg

2014/05/20 13:06
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/4000、距離105mm
2nd_gachinko_009.jpg

2014/05/20 13:07
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/350、距離24mm
2nd_gachinko_010.jpg

2014/05/20 13:08
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/350、距離24mm
2nd_gachinko_011.jpg

2014/05/20 14:08
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/8.0、ISO-100、スピード1/1500、距離24mm
2nd_gachinko_012.jpg

2014/05/20 14:20
Canon NewFD 135mm/F2.8で
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000、距離135mm
2nd_gachinko_013.jpg

2014/05/24 10:47
SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/6000、距離18mm
2nd_gachinko_014.jpg

2014/05/24 11:04
SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/2000、距離18mm
2nd_gachinko_015.jpg

2014/05/24 11:06
SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/3000、距離8mm
2nd_gachinko_016.jpg

2014/05/24 11:09
SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/3000、距離8mm

第一次レンズ大戦・ストリート135mmガチンコ対決!

このBlogは写真を撮るだけで無く・・・DPEや出力(L版・2L版)なども
行う為に、どうしても2か月位の“ズレ”が生じてしまいますね。
もっとも最近では気象条件を数日前から確認したり、
撮影現場となる現地の様子をWebで確認したりと・・・。
いま書いている段階でこそ、カメラやレンズにとって
最も忌むべき「カビの季節」ですが、
もしかしたら記事の途中で季節感がコロッと変わっているかも?
さて・・・唐突なんですが
CanonのLレンズを急遽買いました!

今回入手したレンズは
Canonの EF135mm F2L USMというレンズで、
立派なラグジュアリー=Luxuryなのだ!
まあ同じCanonのEF24-105mm F/4L IS USMが
F4通しで、私にとっては「便利ズーム」のレンズ
なので
次に目標定めるとすれば“通称L単”にいくのは
自然の成り行きでしょうが・・・。

1st_gachinko_01_001.jpg

なんとか使用回数の少ない「良品中古」を
オークションや譲渡します系列のサイトで候補を探していたのですが。
何処も高い値段を付けていますね~?
私はカメラやPC関連で「価格.com」を参考にして、
新品と中古の相場をグラフで確認しているので
ある程度は判るのですが・・・。
このレンズに関して云えば
まだまだ「高値安定」ですね!

そんな折ですが「室内撮影」で中古とは云え
使用回数の少ない品で、
レンズ・プロテクター常設の賜物で
レンズ内の目立った埃や傷もなく
・・・外観も綺麗な
該当品を見つけたのですよ!
フードには多少の擦れは認められるが、
使用に関しては屋内のみで
未使用時は防湿庫で保管というから
競合する他所の方の同レンズと比較しても
「頭二つ、飛び抜けている」印象のレンズ
でした。
譲って下さったS氏には改めてお礼申し上げます(^^♪
1st_gachinko_01_002.jpg

このF2通しのレンズですがメーカーの発売日が1996年と古く、
フィルム時代のレンズの為に、
昨今のようなデジタル一眼世代に適したコーティングや
「円形絞り」を採用してません。

その為か同じCanonのEF24-105mm F/4L IS USMと比較しても
些か設計思想の旧さに不安も感じましたが、
「実際に撮って納得」の素晴らしいL単焦点です!

因みにCanonマウントは旧FDや現在の電子マウントのEFも
ある程度共通の意味を持った「ロットナンバー」が
マウント部に刻印
されているそうです。
その法則によると、私の手元にきた135mm F/2Lは
2008年・宇都宮工場での生産
・・・・だそうです!(^^)/
-この法則から考えるに6年前に実質製造されたレンズのロットならば、
全然、大丈夫じゃ無いですか!
もっとも以前から(X5購入と程なくして)購入していた
同じ赤ハチマキであるCanon EF24-105mm F/4L IS USMは
2012年の6月2日の購入ですから
「創りたてのホヤホヤ」なんですよ!

刻印が“UA~”となってましたからね!
つまりは同年製造です(^^)/♪
1st_gachinko_01_003.jpg

1st_gachinko_01_004.jpg

それにしても・・・息を呑むクオリティです♪
かくして私の手元には35年前のFD 135mm F2.8と
EF135mm F/2L USMの二つが防湿庫にスタンバってる訳ですが、
外観から実際の写りは勿論・・・
咄嗟のワーキングディスタンスや携帯性までもチェックして
このストリートスナップの王道である2本をメインに比べてみました。
撮影時のレンズ構成の都合上、
比較対象外のレンズも含まれてますので予め記載しておきます。

まずはレンズのファースト・インプレッションとして、
毎度・・私が大好きで大好きで堪らない
猫丸サークルの作品
である
アイドルマスターから好きな女の子である
菊地 真を撮影して比較してみました。
尚、オールドレンズのNewFD 135 F/2.8は
マウントアダプタを介在してるので
無限遠のレンズ一枚分、差異が出ますから
被写体までの距離が違って見えます

取り付けた三脚台座も、カメラの設定内容も同じです。
今回はホワイトバランスを「電球色」に設定してるだけが、
いつもと唯一違う個所です。
あと、New FD側はKENKOのサーキュラーでは殆ど駄目なので、
同社製品のプロテクター52mmに、
EF-135はKENKOの72mmのサーキュラーを付けたままです。
(無精者の根性で、スイマセン)
全てレリーズ使用で撮っています。
1st_gachinko_01_005.jpg

2014/05/18 11:21
Canon NewFD 135mm/F2.8で
F/2.8、ISO-100、スピード1/4
1st_gachinko_01_006.jpg

2014/05/18 11:22
Canon NewFD 135mm/F2.8で
F/5.6、ISO-100、スピード0.7、距離135mm
1st_gachinko_01_007.jpg

2014/05/18 11:23
Canon NewFD 135mm/F2.8で
F/11.0、ISO-100、スピード4s、距離135mm
1st_gachinko_01_008.jpg

2014/05/18 11:24
Canon NewFD 135mm/F2.8で
F/16.0、ISO-100、スピード8s、距離135mm
1st_gachinko_01_009.jpg

2014/05/18 11:27
Canon EF-135 F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/4、距離135mm
1st_gachinko_01_010.jpg

2014/05/18 11:28
Canon EF-135 F/2L USMで
F/5.6、ISO-100、スピード2s、距離135mm
1st_gachinko_01_011.jpg

2014/05/18 11:29
Canon EF-135 F/2L USMで
F/11.0、ISO-100、スピード8s、距離135mm
1st_gachinko_01_012.jpg

2014/05/18 11:29
Canon EF-135 F/2L USMで
F/16.0、ISO-100、スピード15s、距離135mm
う~~ん・・・(T_T)/~~~
New FDの方は、どうしても全体が白っぽいと云うか
粉っぽいと表現すべきか・・・。
色乗りは似ているんですが
やはり似て非なる二つの135mmですね?
ちょっとアクセントが違います

New FDはカリカリのチューンアップな感じですが、
まだまだ綺麗に撮れる感じです。
EF-135は流石に『L単の長』でしょうか?
開放での写り具合は・・・なんと表現すべきか
独特の水彩絵の具を溶かしたような
ボケ具合は見事の一言に尽きますね!

バックに据えてみた遮光ブレードの溶け方で
簡単に判別できると思います。
真が身に付けているステージ衣装も
キラキラしたアクセントが有るので、
F値によって当然ながら違いが出ています。

人形の“目”や“口元”にピントを合わせているので
今一度見て下さい(^_^.)
ただ・・・F11あたりから先の写り具合に関しては
何とも表現出来ないです。
サスガにココまで絞ると、服飾に使うラメやスパンコールの類は
キラキラと光り輝きながら
構えたレンズへと迫る
ので圧巻ですね!
自分的には135mmクラスだったら
F2からF5.6辺りが
“旨みの相場”でしょうか?

・・・が、この手のストリート系である中望遠から撮影すると、
本来なら離れているはずの被写体が、
まるで近接しているかのような錯覚を覚える
に相違ないでしょう。
『圧縮効果』と呼ばれる望遠レンズ独特の世界なんですよ!
こうして写すと真がゲームの世界から
飛び出てきた様な錯覚が体験できます!
実際にはブラインドのブレードと真の距離は
相当に離れているんですが・・・。
窓枠の幅は、一般的な一間両開きと考えて、
人形が概ね22cm~24cmの1/7のスケール・フィギュア属です。
私が普段から愛飲してる
ペプシNEXTの500mlのペットサイズが大体1/7の背丈なんですよ?
だから、ここまで迫力あるのは
望遠レンズ独特の風合いである事が判ります

135x135_02.jpg

私の愛して止まない『超広角レンズ』の世界とは、
まさに真逆の世界なんですが、
こういうレンズワークによる演出も良いかもしれません。
さて、今回はマウントアダプタが前から使用してる愛用品でしたが、
これを最近購入した焦点工房あたりで試すと
どう写るのか・・・いずれは実施したいですね!
今私がメインに据えているFD-EOS変換アダプタは
無限遠が固定なんですね。
もっとも絞り羽を制御する「Open-Close」は適度に重く
抵抗も有るので使い勝手が抜群
ですが、
KIPONは変にリングがスカスカなので
ともすれば撮影中に動いてしまうアクシデントも・・・。
それこそ135mm以上の中望遠以上からは
無限遠レンズを取り外して、
文字通り「マウント変換オンリー」に出来るので、
焦点距離や画角などはKIPONが正確かも知れません。
(ある程度、望遠寄りなら無限遠は必要ないでしょう?)
ただし、手元のKENKOのサーキュラーを付けると
洒落にならない画像破綻を起こしてしまいました・・・orz
もっとも、どちらの135mmも同じで他の画角のレンズも
条件は同じなんですが・・・デジタル時代に作り直した
フィルターは殆ど持ってない
のですよ!
如何せんにも
欲しいフィルターは高いので
フィルム時代のを応用してます

せめて・・・使用頻度の高いレンズだけでも
サーキュラー位は付けておきたいのが本音
です。
ですが・・・Amazonで掘り出し物を発見!
この記事は、いずれ後日談にてwww
1st_gachinko_01_013.jpg

2014/05/19 13:02
SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/2000、距離8mm
1st_gachinko_01_014.jpg

2014/05/19 13:02
SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/4000、距離8mm
1st_gachinko_01_015.jpg

2014/05/19 13:25
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/1000、距離24mm
1st_gachinko_01_016.jpg

2014/05/19 13:27
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/500、距離35mm
1st_gachinko_01_017.jpg

2014/05/19 13:28
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/500、距離24mm
1st_gachinko_01_018.jpg

2014/05/19 13:32
Canon EF-135 F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/2000、距離135mm
1st_gachinko_01_019.jpg

2014/05/19 13:32
Canon EF-135 F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/3000、距離135mm
1st_gachinko_01_020.jpg

2014/05/19 13:35
Canon EF-135 F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/3000、距離135mm
1st_gachinko_01_021.jpg

2014/05/19 13:35
Canon EF-135 F/2L USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/350、距離135mm
1st_gachinko_01_022.jpg

2014/05/19 13:42
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/125、距離105mm
1st_gachinko_01_023.jpg

2014/05/19 13:43
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/30、距離24mm
1st_gachinko_01_024.jpg

2014/05/19 13:44
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/60、距離24mm
1st_gachinko_01_025.jpg

2014/05/19 13:50
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/3000、距離24mm
1st_gachinko_01_026.jpg

2014/05/19 14:01
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/8.0、ISO-100、スピード1/750、距離32mm