OS」タグアーカイブ

正統派のハイ・アマチュア機器・その名はEOS 90D (10-最終章)

ユッコのポートレートは
パパさんは勿論、学校でも
ジュニア・アイドルを兼任しているのは
周りも既成事実なので掲載しても全然構わなかった
のですが、万が一のことを考えて「会員限定」の
非公開Blogに別に掲載しておきました。
(強いて申せば、所属事務所はココ?www)

実に学生たちは私から“特段の指示”でもない限り、
好き勝手に歩き回っては好きに遊んで、
好きなゲームで対戦したりしてます。
冬休みの真っ最中なので当然ですが

御多分に漏れず、私もゲームは大好きだし
今ではチビたちをめぐるゲームの環境も
eスポーツを始めとした「プロの世界」が
用意されているのも素晴らしいが、まだまだ発展途上ですね?
何にせよ吹きっ晒しの寒空の下で
黙々と撮影してはレンズの交換でまよったり
被写体とのワーキング・ディスタンスを
試行錯誤しながら前後左右に身体を動かして
“俺様アジャストメント状態”が続きます

カメラやレンズにはカビや埃とは無縁の
好条件が揃った冬の季節も
肝心の撮影者たる私には堪える季節ですね!
風邪だのインフルエンザだの
特に極端な乾燥条件はレンズのピントリングや
ズームリングにカメラ本体のラバーグリップなど。
各種の合成皮革や天然革をボロボロにするので
防湿庫の『湿度メーター』も梅雨時とおなじように
けっして疎かには出来ない季節です。

こうした諸条件を乗り越えても
なお、撮影したい欲求が上回るのだから
ここまで神経が図太くなれば
りっぱな職業病なんですが(´∀`)

 

 

2019/12/05 09:52
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF16-35mm F/4.0L IS USMで
F/4.0、ISO-800、スピード1/3000、焦点距離16mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:ゾーンAF
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/12/05 09:52
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF16-35mm F/4.0L IS USMで
F/4.0、ISO-800、スピード1/6000、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:ゾーンAF
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/12/05 09:54
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF16-35mm F/4.0L IS USMで
F/6.7、ISO-400、スピード1/500、焦点距離28mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:ゾーンAF
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/12/05 09:55
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF16-35mm F/4.0L IS USMで
F/4.0、ISO-400、スピード1/3000、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:ゾーンAF
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/12/05 09:57
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-400、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:ゾーンAF
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/12/05 09:58
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-400、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:ゾーンAF
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/12/05 09:58
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/6.7、ISO-400、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:ゾーンAF
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/12/05 09:59
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-400、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:ゾーンAF
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/12/05 10:01
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-400、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:ゾーンAF
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/12/05 10:03
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/6.7、ISO-400、スピード1/750、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:ゾーンAF
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/12/05 10:04
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-400、スピード1/6000、焦点距離105mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:ゾーンAF
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/12/05 10:04
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-400、スピード1/4000、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:ゾーンAF
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/12/05 10:07
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-200、スピード1/2000、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:ゾーンAF
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/12/05 10:08
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-200、スピード1/2000、焦点距離105mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:ゾーンAF
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/12/05 10:08
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-200、スピード1/1500、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:ゾーンAF
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/12/05 10:09
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-200、スピード1/1500、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:ゾーンAF
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/12/05 10:09
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-200、スピード1/1500、焦点距離105mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:ゾーンAF
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/12/05 10:11
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-200、スピード1/500、焦点距離105mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:ゾーンAF
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/12/05 10:12
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-200、スピード1/350、焦点距離50mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:ゾーンAF
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/12/05 10:13
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-200、スピード1/350、焦点距離105mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:ゾーンAF
ホワイトバランス:日陰、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

市川市動植物園の側にある
大町公園ではこの時が紅葉の盛りでしたね!
週末の空の荒れ具合で
すっかり「花散らし」になったので
急いで行動票を見直して新型EOS 90Dで
精力的に撮影しておく必要性が有りましたが
この辺りは「してやったり」という訳です!

さて・・・帰宅してからも息つく暇も無く
カメラ本体とMicrosoft社のSurface Book2 15型の
両方を手にして撮影機材に囲まれた
無機質な仕事部屋で現像処理や
サーバーのスペックを強化したり。

サーバーのOSに展開されたセキュリティや
ApacheやPHP、MySQLなどといった
多くのオープンソースのアプリケーションの変更や制御を行える
Webminを監視・ログを確認したりと。

こうしてBlogの下書きをDPEが終わるまでの間に
ちょくちょくと記述を繰り返したり。
また、Panasonic製のHC-VX985Mで記録した
4K動画をYouTube用途に加工したり
Blu-rayディスクへの「マスタリング」作業などで
公開の一つ手前の「最終候補版」と似た感覚で
そのままBlu-rayへの書き込みを想定した
ファイル形式でサーバーに保存されたり・・。

たった撮影、この一言で済むのですが
仕事として、時にはパパさんたち
クライアントの要求に沿う形で「成果物」も
変えて提出するのも「プロ」なので
そこは仕方が無いですよね?
喩えて云うなら
『ポスター印刷に耐えられるだけの、高画質を』
『故郷へカレンダーの挿絵に使いたい』
『大会で惨敗した原因を知りたいので、動画が欲しい』
静止画の種類も、動画の種類も千差万別ですがね!

最近ではサークルの全権を掌握するチビも
当時とは比較にならないほど
“精神的な逞しさ”が増しているので
色々と手伝わせているので、「楽な部類」なんですよ?
技術的なウンチクは無論ですが
私がプロジェクト・リーダーを目指していた頃の
スキルも、LAMPサーバーや
事業継続計画(BCP)や災害復旧でのディザスタ・リカバリーの概念や
Disk to Diskや先頃に関東一帯を直撃した際の
台風被害の軽減を目的とした
各種サーバーやワークステーションPCでの
縮退運用『デ・グレード』の考え方など・・・。

正に“情報工学の怪童”なのだ!
未だに付き合っている弓道部の彼女も
こういう場面では適わないようだ

まァ・・・実質的な後継ぎであり
サークルの全権を掌握しているチビですが
新潟加納テックから譲渡された
フルサイズEOSも役に立たないようで
だいぶ前に売却しましたね?

豚に真珠、猫に小判と揶揄されるように
われわれ外野が如何に羨む環境でも
その事実や見方を、本人が無自覚ならば
なんら意味を為さいわけだし、
そこを無関係の他人が、どうのこうのと
ネトウヨ・ネトサヨみたいに騒ぎ立てても
当のチビ本人からは“馬耳東風”の出来事ですよね?

さて!私も近隣の総合公園から
近くの動植物園やお寺に咲きほこる紅葉や
護国寺の「もみじ谷」での複数回の撮影や
袋田の滝への撮影遠征や
地元の筑波山での撮影などを「駆け足」で
巡った1か月でした。

そうですね・・・新型EOS 90Dが手元に来てから
こちらも同じく1か月と少しが経過した訳ですが。
取り立てて百家争鳴するほどの騒ぎはないですね!
むしろ、そうした「ミーハー的」な話題のトピックでは
同棲中のNikonオーナーである彼女が
「随分と待たされた」と、ドヤ顔でD 500を
速攻で購入した時ほどではない。

しかし・・・である!
「正統進化」を着実に遂げていると
公式も認めているように、
けっして技術革新で手抜かり無いように
前機種から間違いなくパワーアップは果たして
今まで以上にアグレッシブな撮影が可能になったのは
間違いなくCanonが着実に進化している証だろう。
未だにカメラメーカーの全部を見渡しても
“一眼レフで電子シャッターに対応”する機種は
ごく一部しか無いが・・・このEOS 90Dなら大丈夫です。

無音シャッターが使いたくてミラーレスに移行する
そんなシチュエーションも多々あり
かくいう私もチビたち学生の「寝顔」や
猫や昆虫などをマクロ撮影するにも重宝しますよ?
特にマクロ撮影では相当近付くも「機械操作」の音や
シャッター音で逃げられた経験はあるので
素直に有難い機能が『一眼レフ』に搭載されました
このEOS 90Dの無音シャッターの速度は
最速1/16000秒なので、光学ファインダーでの
1/8000には未だ未だ勝てませんが、
日中の絞り開放を明るいレンズで考える
EOSオーナーであれば露出オーバーを防ぐために
「減光」ことNDフィルターは常備アイテムなので
メリットばかりですね!

そうは云うモノの、連写モードでは使えないので
単写のみの使用になるが。
ちなみに無音シャッターを使うには、
ライブビュー状態でメニュー画面から選択です。
瞳AFの設定と同じで
ミラーレス機能はライフビューで使えるわけです

公式ページ上は7Dとの統合でなく、
飽くまで80Dの後継を記している。
7D1や7D2は、こと連射機能をウリにした
Canonでも異色の存在なのは認めますが
如何せんにも「古すぎる」感じがある。

次に使っていて実感したのが
低感度や低照度下での
ノイズ軽減が大躍進しているのには
ほんとうに驚かされましたね!

海外のレビューでもダイナミックレンジの分析が行われており、
90DのDISIC 8のダイナミックレンジは、
80Dに搭載されているDISC 6と比べると
ほんとうに「技術革新」がわかります。

実際に護国神社そばの「もみじ谷」では
日の入りを境にして「ライトアップ」が恒例なので
ワザワザ閑散期の護国神社での“撮影目当て”で
常磐自動車道をつかって大子町から南下して
使い捨てカイロを何個も使いながら寒い車中で日没を待っていた私。
その間にコンビニの食事で済ませたり
レンズの清掃やメモリーカードや
同伴したMicrosoft Surface Book2 15型で
今まで撮影した成果物をビューアで確認したり。

さて、実際に夜間撮影を行えば
誰しもが痛切に思う事!
「もっと明るいレンズが欲しいな」
これは既に所有している私にとって「杞憂」であり
仕事であれプライベートであれ
使うレンズはズバ抜けて明るいエレメントが
豊富にあるので当日のレンズの選定には
一苦労して取捨選択したほどです。
さて・・・

ISO 1600では80Dより約1段分優れてるとか。
2420万有効画素を誇ったかつての
80Dで私はユッコ達をイベントで撮影して
見事にポスター印刷が出来るクオリティを叩き出した訳ですが。
高画素と画質のバランスが見事な
今回のEOS 90Dですが、
メーカー問わずにデジタル一眼レフの
アーキテクチャの“お手本”として
この90Dが基軸になれば
オーナーの私は更に嬉しいですね!

-使い続けて分かったことは
とにかく判で押した様に『基本に忠実』な写りを
みせてくれます。
私はEOS 80Dの時代よりピクチャースタイルを
「ディテール重視」を中心に使ってましたが
今回の新型EOS 90Dでも、同じ条件な訳です!
ホワイト・バランスも同じ設定を使ってますし

 

 

[総論]

さてはて・・・EOS 90Dは3250万画素で、
そこの“旨み成分”を存分に引き出して
相応な高画質を堪能するには
オーナーの私たちも気を付けるべき箇所は有りますね?
APS-Cのセンサーサイズなので「物理的」に
画素ピッチは小さく、軽微なブレやピンぼけにも
じゅうぶん注意して撮影を行いたいですね?

もっとも今は「第二次東京五輪」が開催される
2020年を迎えようとしているいま、
Canonに限らずAPS-Cだろうがフルサイズ然り
マイクロフォーサーズ然りですが
“高画素化”は自然なトレンドです
90DのDISIC 8のダイナミックレンジは、
今までなら「普通に諦めていた」撮影を
いとも簡単に出来るようになっています。

これからは他メーカーもこの位の画素数が
標準になって
ミラーレスとは違う立ち位置で
レーゾン・デートル(存在理由)を証明したので
今後のミドルレンジ・カメラ全体の
ブレイクスルーに繋がるでしょうね?

実際に護国神社そばの「もみじ谷」では
夜間撮影を行えば
さりげなく成果物を得られる「アドバンテージの広さ」には
逆に驚きましたね!
世間ではISO 1600では80Dより
約1段分優れてるとか噂がありますが、
「嘘」とも思えませんね?
高画素と高ダイナミックレンジを両立してきた点は
さすがとしか褒めようが有りません。

とくに護国神社そばの「もみじ谷」では
オールSIGMAでのレンズ構成や
Canon純正での組み合わせなど
複数の実体験ができたのは素直に嬉しいですね!
なんにせよ5年も前の話だが2014年の2月から
36回の分割払いで入手した
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artですが
APS-Cでよかったと今でも
胸を張れるレンズの1つですよ(o^∀^o)

正統派のハイ・アマチュア機器・その名はEOS 90D (03)

このEOS 90Dを手にして撮影を
繰り返していくと立ち止まり考えること
3250万画素の6960 × 4640の
「モンスタースペック」を活かすには
「レンズへの投資」も相当行わないと駄目ですね?
しかしながら、幸か不幸か?
いま私の手元には
Lレンズなどの“プロ御用達”は勿論ですが
レンズの選択肢は、実にバリエーション豊かです!

さて・・・水戸の偕楽園ちかくにある
護国神社での「もみじ谷」の紅葉シーズンを撮るために
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artと
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artを組み合わせた
エレメント構成で試してみました。

 

 

2019/11/21 13:15
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-100、スピード1/6000、焦点距離18mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:スポット1点AF
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/21 13:15
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-100、スピード1/6000、焦点距離18mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:スポット1点AF
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/21 13:16
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/2.8、ISO-100、スピード1/2000、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:スポット1点AF
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/21 13:17
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/2.8、ISO-100、スピード1/2000、焦点距離20mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:スポット1点AF
ホワイトバランス:自動(ホワイト優先)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/21 13:18
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/5.6、ISO-100、スピード1/500、焦点距離18mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:スポット1点AF
ホワイトバランス:自動(ホワイト優先)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/21 13:19
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-100、スピード1/8000、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:スポット1点AF
ホワイトバランス:自動(ホワイト優先)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/21 13:23
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/2.8、ISO-200、スピード1/4000、焦点距離18mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:スポット1点AF
ホワイトバランス:自動(ホワイト優先)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/21 13:27
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/2.8、ISO-400、スピード1/4000、焦点距離20mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:スポット1点AF
ホワイトバランス:自動(ホワイト優先)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/21 13:34
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/5.6、ISO-400、スピード1/1500、焦点距離20mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:スポット1点AF
ホワイトバランス:自動(ホワイト優先)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/21 13:36
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-200、スピード1/2000、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:スポット1点AF
ホワイトバランス:自動(ホワイト優先)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/21 13:36
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-200、スピード1/4000、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:スポット1点AF
ホワイトバランス:自動(ホワイト優先)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/21 13:37
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/8.0、ISO-400、スピード1/500、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:スポット1点AF
ホワイトバランス:自動(ホワイト優先)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/21 13:37
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/8.0、ISO-200、スピード1/500、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:スポット1点AF
ホワイトバランス:自動(ホワイト優先)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/21 13:39
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/8.0、ISO-400、スピード1/500、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:スポット1点AF
ホワイトバランス:自動(ホワイト優先)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/21 13:52
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/2.8、ISO-200、スピード1/2000、焦点距離18mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:スポット1点AF
ホワイトバランス:自動(ホワイト優先)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/21 13:55
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-100、スピード1/8000、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:スポット1点AF
ホワイトバランス:自動(ホワイト優先)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/21 13:56
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-100、スピード1/1000、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:スポット1点AF
ホワイトバランス:自動(ホワイト優先)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/21 13:56
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-100、スピード1/1000、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:スポット1点AF
ホワイトバランス:自動(ホワイト優先)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/21 13:57
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-100、スピード1/1000、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:スポット1点AF
ホワイトバランス:自動(ホワイト優先)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/21 13:57
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/2.8、ISO-100、スピード1/2000、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:スポット1点AF
ホワイトバランス:自動(ホワイト優先)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/21 13:59
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/4.0、ISO-100、スピード1/1000、焦点距離50mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:スポット1点AF
ホワイトバランス:自動(ホワイト優先)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/21 14:00
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-100、スピード1/4000、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:スポット1点AF
ホワイトバランス:自動(ホワイト優先)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/21 14:01
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-100、スピード1/8000、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:スポット1点AF
ホワイトバランス:自動(ホワイト優先)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/21 14:02
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/2.0、ISO-100、スピード1/2000、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:スポット1点AF
ホワイトバランス:自動(ホワイト優先)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/21 14:03
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/2.0、ISO-100、スピード1/8000、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:スポット1点AF
ホワイトバランス:自動(ホワイト優先)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/21 14:05
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-100、スピード1/8000、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:スポット1点AF
ホワイトバランス:自動(ホワイト優先)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/21 14:07
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporaryで
F/5.6、ISO-400、スピード1/350、焦点距離400mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:スポット1点AF
ホワイトバランス:自動(ホワイト優先)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/21 14:08
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporaryで
F/5.6、ISO-400、スピード1/2000、焦点距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:スポット1点AF
ホワイトバランス:自動(ホワイト優先)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/21 14:08
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporaryで
F/5.6、ISO-400、スピード1/2000、焦点距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:スポット1点AF
ホワイトバランス:自動(ホワイト優先)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/21 14:10
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporaryで
F/5.6、ISO-400、スピード1/2000、焦点距離202mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
測距エリア選択モード:スポット1点AF
ホワイトバランス:自動(ホワイト優先)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

 

シグマと云うサードベンダーのエレメントも
「世界初」というキーワードを度重なるレセプションや
プレス会見などで度々話してますが。
ズーム全域でF1.8撮影が可能になる「化け物レンズ」と
「モンスタースペック」のEOS 90Dが
タッグを組むと、どうなるのか?

うーん流石にシグマ、恐るべしです(´∀`)
絞り開放でも凄まじい解像度ですが
F/2.8あたりから猛烈にキレキレの描写になって
恐らくはF8.0あたりが、ピークの山場でしょうか?
ただ“絞り開放”でガシガシ使いたいとなると
ピントはカミソリ同然になる訳で
それはCanon EF24-70mm F/2.8L II USMを中心に揃えた
大三元レンズよりも厳しい条件での撮影です!
しかし、こうした諸条件をクリアして
使い続けていくと上記のような作例が撮れるわけです。

ただ、それ以外は特筆すべきことは無いですね!
強いて云うのなら『基本に忠実』な写りを
みせてくれます。
私はEOS 80Dの時代よりピクチャースタイルを
「ディテール重視」を中心に使ってましたが
今回の新型EOS 90Dでも、同じ条件な訳です!
ホワイト・バランスも同じ設定を使ってますし
高感度における「ISO上限値」なども従来通り。

ただ3250万画素の6960 x 4640を
上手に使いこなすには、ちょっとした一工夫も必要です。
また、護国神社での「もみじ谷」の
紅葉シーズンを撮るには
マイクロ・アジャストメントの「煮詰め」が
ちょっと甘かった感じで、いまは反省してます。
カメラ本体のセッティングや「マイ・メニュー」程度ならば
前機種の80Dから“流用”もできるので
「キッティング作業」と割り切れば楽なものです。
が、エレメント本体とカメラ本体では
当然ながら“個体差”というものも有るので
こればかりは撮影を重ねることで
適正に限りない「近似値」を得る事が可能ですね?

ただ・・・ノイズ関連の処理は
映像エンジンはDIGIC 8が、相当に躍進しているのか
「高感度撮影時のノイズ低減」は
「弱め」に設定して
「高輝度側・階調優先」は
「しない」、「するD+」と「強D+2」の
三種類に分類されましたが
撮影当日の様に雲一つ点在しない「ピーカン照り」には
『強D+2』が結構踏ん張ってくれるので
素直にありがたいですね!
一応、明るいエレメントなので
減光フィルターは72mmと82mmの
ND-4を前日に揃えておきましたが。

実は“テレ端”の不足分をカバーしようと
「ライトバズーカ」の異名を誇る
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporaryも
コッソリ持ち運んだのですが、大正解ですね!(o^∀^o)
このライトバズーカもワイド端は100mmからですが
エレメントの使い方や「得意分野」がまったく異なるので
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artのテレ端の
100mmとは全然ちがった趣を出していますね?

Exif情報などの「詳細」を記載しないと
どのレンズか区別さえ容易でない!
しっかりとCanon EOS 90Dでも
不具合もなく綺麗に撮影ができるのは
オーナーとして当然ですが“嬉しい”ですね?

正統派のハイ・アマチュア機器・その名はEOS 90D (02)

EOS 7D Mark IIの機能を
そのまま搭載して、
200g以上軽量化したモデル。
それでDISIC 8搭載の3230万画素で
6960 × 4640なのだから
本当に地味ながら『堅実な進化』を
遂げている・・・それがEOS 90Dかも知れない。

『不要不急な画素戦争は必要ない』
と述べる同業者の写真家の方も居ますが、
先述のEOS 7D Mark IIのように
2020万の画素数では、
最近の高級コンデジの
Canon PowerShot G7 X MarkIIと
大差ないでしょう?
そうした観点からも技術進歩は
必要不可欠だしハイエンドやプロユースなどの
トップダウンが起きるのは私としては大歓迎!

そうした考えは松戸市・本土寺や
市川市動植物園での撮影を行って
改めて実感しましたね!

 

 

2019/11/19 10:45
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF16-35mm F/4.0L IS USMで
F/4.0、ISO-200、スピード1/1500、焦点距離16mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/19 10:46
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF16-35mm F/4.0L IS USMで
F/6.7、ISO-200、スピード1/350、焦点距離20mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/19 10:48
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF16-35mm F/4.0L IS USMで
F/8.0、ISO-400、スピード1/750、焦点距離16mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/19 10:52
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/19 10:54
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/750、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/19 10:58
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000、焦点距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/19 10:58
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000、焦点距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/19 10:59
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1000、焦点距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/19 11:00
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1000、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/19 11:01
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1000、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/19 11:01
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1000、焦点距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

こうして判るのはキメ細かい高解像度で
画質の良さも当然なんですが、
CanonのEFマウントのAPS-Cオーナーにとって
あるいみ大事件と述べても差し支えないでしょう
3250万画素を有する「一眼レフの完成形」とまでの宣伝も
あながち嘘では無いのだ!

 

 

2019/11/19 12:19
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1000、焦点距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:AI FOCUS AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/19 12:19
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/180、焦点距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:AI FOCUS AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/19 12:21
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/350、焦点距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:AI FOCUS AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/19 12:22
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/180、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:AI FOCUS AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/19 12:24
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/350、焦点距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:AI FOCUS AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/19 12:25
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/6000、焦点距離120mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:AI FOCUS AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/19 12:27
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/350、焦点距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:AI FOCUS AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/19 12:32
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
Canon Extender EF1.4X IIIを装着
F/4.0、ISO-100、スピード1/1000、焦点距離265mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:AI FOCUS AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/19 12:37
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
Canon Extender EF1.4X IIIを装着
F/4.0、ISO-400、スピード1/8000、焦点距離280mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:AI FOCUS AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/19 12:47
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-400、スピード1/3000、焦点距離41mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:AI FOCUS AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

2019/11/19 12:48
撮影機材カメラ:Canon EOS 90D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/8000、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(4500K)、フォーカスモード:AI FOCUS AF
DPEソフトウェア:Digital Photo Professional 4

 

 

こうして撮影して判ったことは
高画素は少ない画素に変換できるが
その逆は絶対に不可能なんだと
ただ、3230万画素の6960 × 4640の
「モンスタースペック」を活かすには
「レンズへの投資」も相当行わないと
“本領発揮”しないで遠い将来に「お役目御免」を
向かえる・・・なんていう情けない珍事を経験するかも?

実際に、それは「肌で感じた」素直な印象ですね?
決して「スイートスポットが狭いカメラ」ではないが
こと装着するレンズに関しては妥協しないで
Lレンズで揃えておくなどの
別出費を考えておくのがベストでしょうね?
このセクションで撮影に使用したレンズは
Canon EF16-35mm F/4.0L IS USMで
超広角のノビノビとした視界が欲しくてチョイス。

Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
まずまずの広角から標準域・ポートレートまで
幅広く汎用性の高いレンズで。
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
ポートレートから
遠距離では200mm超えを・・・。
そう考えると結局いつもと変わらない
面子に落ち着きますね?(o^∀^o)

また、当日は松戸市の本土寺と
市川市の動植物園二か所をたずねて撮影したので
被写体によるカメラ固有の「特性」や
カメラ本体とレンズの微調整
マイクロ・アジャストメントにも有用な
結果が得られました。

幸いにも、レビュー当日にはフォトベストを
着込んでいたので
Canon Extender EF1.4X IIIが
そのままCanon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
使えたのは・・・大きな収穫でしたね!
撮影当日は「季節外れ」の暖かい陽気で
11月のインディアン・サマーを彷彿とさせたのも
行動範囲がひろがった一因ですが。

いやはや、呆れるほどに見事です!
ぶっつけ本番で立ち寄ったのですが
ここまで解像してるとは、想像外です!
猿山のおサルさんたちは
当初は予定外でしたが「遠距離」の被写体も
必要だなぁ・・・と本能的に撮影したのですが。

何を隠そう、このテレコンは純正で
Canon Extender EF1.4X IIIが
高いエレメントの能力なので非常に助かりますね!
私は「写真を撮るのが仕事」の環境なので
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporaryを
持ち出して撮影することも普通に有ります。
場合によっては純正Canonレンズとの
混成軍団も珍しくありません!

が・・・例えば私がチビたちの運動会や
対抗戦に文化祭を撮影する場合を考慮しても
年に一度あるかどうか?の航空祭での
戦闘機の撮影くらいしか無いですね?
そうなるとエクステの出番が増えましたね!

かくいうSIGMA 100-400mmも発売当初は
Canon Extender EF1.4X IIIと接続して
当時のEOS 80Dに装着するとエラー表記で
使えなかった組み合わせも、
最近の繰り返されたアップデートなどで
しっかり正常に使えます!
もっともAF測距点が中央1点しか使えませんが。
全点F8対応なのですが、
対応レンズでないと駄目な模様で
新しいEOS 90Dも例外なく
AF測距点が中央1点でしたが(*´ω`)

何にせよ超望遠のアプローチも
以前とは比較にならないほど安価で
選択肢も増えているので、
“リアル極限流”を生活している私には朗報ですが
それでも500mmを超える単焦点は
非常に高価なので、しばらくは無理ですね。

実際に、年明けから忙しく活動して
来るべき「偕楽園・梅祭り」に備えて
有料化された区域を撮影したり、
Canon EF400 mm F/5.6L USMなどの
手振れ補正もなにもない
「古い設計」のレンズも試したいですね!

当Blogを閲覧される前に

速いモノで、私が「デジタル一眼レフ」の世界に
デビューしてから十年が経ちました

Blogの記事でも2013年には「お知らせ」していますが、
実際には、それより早い時期からデジカメに接していました。
当時のデジタル一眼レフは
初心者向きの「エントリー機器」としての色合いが強い
EOS X5という機種でRAW記録で
5184×3456の1800万画素を誇る
DISIC 4の映像エンジンでしたね!


2012/06/14 12:50
撮影機材カメラ:Canon EOS X5
SIGMA AF10-20mm F/4-5.6 EX DC HSMで
F/4.0、ISO-200、スピード1/4000、焦点距離10mm
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:不明
DPEソフトウェア:PaintShop Pro 14.00

 

 

その間に「東日本大震災」や
様々な社会現象を経験して
私が学生の頃に“趣味”で立ち上げた
サークルの全権を、気が付いてみれば
正統な後継者であるチビに委譲しました。

そんな私が『もっとキレイに写したい』という
撮影者共通のメタファーを内包して歩んできた十年です。
ミドル機器であり「ハイ・アマチュア層」への追及がメインの
EOS二桁の70Dを初めて購入した時は
しばらく“武者震い”が止まらなかったことを
昨日の様に覚えています

なんにせよEOS X5でのデビューが
EOS 70Dが2013年08月29日の発売で
後続機種のEOS 80Dが2016年03月25日なのは
「偕楽園・梅祭り」の真っただ中での機材交換だったので
“あの時の慌ただしさ”は、生涯忘れないでしょうね?

それから、キッチリと3年後の2019年11月15日に
私はEOS 90Dを入手する事に成功しました

云うまでも無く、このEOS 90Dは、EOS 80Dの
正統な後継モデルとなるミドルクラスの一眼レフです。
それを裏付けるように外観もEOS 80Dと“瓜二つ”で、
バリアングル式の液晶モニターも同じく装備されてます。

それと同時進行でPCやサーバー、通信機器をめぐる
エンドユーザーの私達の環境も激変しました。
ADSLでの常時接続にフィーチャー携帯での
19200bpsでの接続環境。

写真を撮ってからリアルタイムで
RAW現像してプレゼンの場所で
ストレスフリーで相手先との打ち合わせなどでは
Android端末のタブレット10型や
Windows10のOSであるHP-15-AF100では
正直言って「苦痛」のレベルですね!
AMD Quad-Coreの1.5GHzの4コアで
ストレージ容量500GBですが、これはOfficeが何とか動くだけで
一昔前の「無双orochi Z」も満足に稼動しません。


そこで2018年8月18日の土曜日に購入したのが
Surface Book 2 15型モデルという訳です!

それだけに留まらず体育祭や文化祭、
各種イベントの動画記録に
Panasonic VX985Mを導入して
本格的な『4K動画』のデビューを果たした瞬間です。


図らずもディスコンになってチビに
お下がりのEOS 70Dは譲渡しましたが
今でこそ見劣りするとは申せ、
画素数は2020万画素で映像処理エンジンが
DIGIC 5+で5472×3648だったので
この時から4Kへの布石は存在していたわけですね?

EOS 80Dからの進化点としては、
SDカードスロットが高速なUHS-II規格に対応したこと。
地味だが大切なファクターで3000万画素を超える
高解像度で秒間約10コマ(ライブビュー時は約11コマ/秒)の
連写をしたり4K動画を記録したりすると
高速なメモリーカードは絶対に欠かせないですね?
そしてサーバーへの転送も高速で快適そのもの!
こうしたストレスフリーな撮影や現像作業には、
UHS-II対応は大きなメリットですが
こうした肥大化する一途を辿る巨大なデジタルデータを
快適に使おうものなら、私の愛機である
Microsoft Surface Book 2 15型でが筆頭候補ですね!

ただ・・・プロアマ問わずに私の様に
HV車を使って外出先で撮影する機会も多い筈だ。
新幹線や在来線のみならず最近では
移動中のサービスエリアや“道の駅”などでも
作業を強いられる場面がダントツに増えましたね!
忙しくて目が回りそうですが、
各地のお祭りやパレードを撮影して
結果として親御さんに信頼されて
定期的な撮影依頼を受けるのだから悪い気分はしませんね?

カメラで撮影した画像を自動的にPCに転送して、
文字通り“その場”で成果物(写真・動画)の
取捨選択にレタッチが可能です。

まァ世間一般の『テザリング撮影』ですが
転送された画像を即座に表示するには、
PC側に相応のハイパワーが必要ですね?

って云うよりPlayStation 4 Proで
BRAVIAに接続して遊んでわかった事なのだが
もう1920 x 1080も終焉ですよ?
3840 x 2160の4K時代は
既に市民権を得ているし、情報量も格段に多く
圧倒的な解像度の4Kは一度味わうと
もう元には戻れないのが実情です!

そこで「ココナッツの独断と偏見に満ちた日々」では
今後の写真撮影での作品は
このEOS 90Dと予備要員の80Dの二台体制です。
それによって私のAcer 28型モニターでも
確認しましたが、画像がノイジーで汚いと
思われる場合は、素直に『4K環境』のスクリーンを
用意して画像を出力してみて下さい。

画像は見事に結像して高感度撮影でも
極めつけにキレイな写りが確認できます

よって、
このBlogをご覧いただくにはフレーム対応のブラウザが必要で、
動作確認はMicrosoft Edgeで
Firefox Quantumで Ver.70以上で
解像度→3840×2160の4K、True Color(32bit)で
49型から65型の液晶をオススメします!

解像度が従来の1920×1080でのTrue Color(32bit)や
ChromeやOperaにMacでの閲覧行為は
撮影作品のテクスチャーや
レイアウトが崩れる恐れがあり、保証できません。

40mm、何という中途半端な画角(1)

デジタル一眼レフのオーナーであれば
デビューしてから5年も経てば
キットレンズの組み合わせから『卒業』して
大きな明るい単焦点レンズに憧れて
カメラ専門店のガラスケースの前を
嘱望の眼差しで“アテ”もなく動物園のパンダのように
ウロウロと歩き回ったり。

或いは家族には内緒でボーナスや
虎の子の預金を下ろして購入したりwww
いずれにしても「レンズメーカーの顔」と称すべき
フラッグシップなレンズが欲しいですね!(((^-^)))

とりわけ・・・画角が35mmに50mmや
ポートレート御用達の85mmなどは
明るさがF/1.4以上の
プロ専用の大口径レンズを何処のメーカーも
競って販売しているので
ここはF/2.8通しの大三元のズームレンズと
変わりない立ち位置ですね!
そんな中にあって一際異彩を放つのが
Canon EF40mm F/2.8 STMでなかろうか?
実を云うと、このエレメントは
私が所有者では無い・・・後継者でもあり
可愛い子供のチビの持ち物なのだ!

 

 

うちのチビはこれと外観が瓜二つの、
APS-C専用設計の
Canon EF-S24mm F/2.8 STMも所有しているので
殊更『パンケーキレンズ』に関しては
うちのチビが最先端を知る数少ない
CanonのEFレンズのオーナー、という立場です( ´▽`)
     ・
     ・
     ・
閑話休題、なんだかんだと今月の初めには『立春』を迎えたし
数日前には“雨水”を経験した私。
これで来月初めには『啓蟄』を通過しようというのだから
イヤハヤ何と表現すべきか
本当に季節の移ろいが早く感じますね?
まァ私が年齢を重ねたのも大きいでしょうが
決して“その1つ”だけがファクターでは無い。

それは『撮影』する事が常態化した
ここに尽きると思うのです!
当たり前だが外に出て撮影するのが基本スタイルなので
天候やピンポイントな雨雲といった
気象条件は。その日の撮影場所を決定するに留まらず
撮影者たる“私自身”の安全を守るための
欠かせないファクターだ。

しかも同棲中の彼女とは何時でもベタベタと
くっ付いて行動する訳でも無い!
逆に離れて行動するのが多いほどだ。
お互いに所持するカメラメーカーは違うし
(私はCnaon、彼女はNikon)
一口に「風景」といっても写す被写体は微妙に違うので
当然ですが追い掛ける対象も場所もチグハグだ

前回のグラビア撮影関係のBlogでも既報の通り
先にCanonで発売されたEOS R システムで
新マウントのレンズ中で
RF50mm F/1.2 L USMが、多少なりとも気になる私ですが
メーカーの価格が32万5千円という“強気設定”を垣間見るに
同社が長年に渉って積み重ねてきた「ノウハウ」が
間違いなく凝縮されているでしょうね?

 

 


新採用するRFマウントに
35mmフルサイズセンサーを搭載したミラーレスのカメラ。
センサーは3,030万画素のCMOSだとか?

Canonのミラーレスは初号機から知っているのですが
その余りにもレスポンスの悪い
当時のメカニカル構造に
閉口したモノですwww
さすがに時代が進んでいるので“大失敗”はしないでしょうが
まだまだ『デジタル一眼レフ』のレーゾン・デートル
(存在理由)は侮りがたく、一眼ならではの世界観も健在なので
うまく共存していける手応えは感じますね?私心ながら・・・。

ただ、フルサイズ・ミラーレスは
競合他社のSONYによる“フルサイズ・ミラーレス”のショックを
旧ミノルタ時代の「αショック」以来の大ヒットにのし上げましたから
容易なビジネス戦略では“負けるのがオチ”でしょうね?
Canonにしか出来ないニッチな市場である
パイの開拓と成熟を車の両輪として実行しないと
技術としては成功しても
ビジネスとしては失敗した
かつてのNECのインターネットTVのセレブと
同じ轍を繰り返すでしょうね!
要は此処からが新採用するRFマウントと
フルサイズミラーレスの正念場がスタートした訳ですね?

そんな結論に至ることから、
“自らすすんでミラーレス”とは行動しないタイプですね。
世の中は広いですからね!
APS-Cタイプの一眼レフはフルサイズに換算して
超望遠に強いので、遠くの被写体を撮るしか使わない。
こんな具合に少し残念な考えを持っている方
多少ならずと存在しますが。

私なりの『持論』を展開すると
撮影する被写体や遠征地によって、
デジタルカメラの種類を使い分けたら
それこそ財産がいくら余っても足りないのが
写真の世界ですからね!

私であれば仮にマウントアダプターを使用しても
レンズを交換してい今現在のEOS二桁シリーズを
今後も使用すると思いますよ?
やはり35mmフルサイズは
『気軽に持ち歩く』には重量面でも厳しいのは
うちのチビさんのCanon EOS 5D Mark 3を使っている
現場を見ていて実感しましたね?

さて、それでも撮影現場にチビのように
アシストが同伴して撮影できる場合は
まだまだ恵まれている部類ですよ?
大概は撮影当日は単独行動が基本なので
その為の“レンズ選定”は前の晩に
いつも防湿庫がズラッと並んだ撮影室で
格闘していますね(≧∀≦)
グラビアの西永彩奈さんであれば
もう場数を相当に経験しているので
つぎに個人撮影会でチャンスがあったら
ズームは必要ないですね!
ただし!こうなるまでが一苦労なのだ!

 

 

2019/02/23 09:36
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:38
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:38
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/750
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:39
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/2000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:39
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/2000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:40
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:40
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/750
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:40
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:41
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:42
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/2000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:43
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/6000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:44
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:45
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/6000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:48
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:48
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:48
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:48
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:48
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/6000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/02/23 09:49
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF40mm F/2.8 STMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:AI SERVO AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

だから私みたいな場合は
初めての撮影場所や久し振りの被写体を撮影する場合は、
どうしてもズームレンズが行動計画の指針となります。

そこで真っ先に挙がるのが
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMか
Canon EF24-105mm F/4L IS USMこの2本です!

 

 

シグマの
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artと
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artの2本も
それは純正にさえ存在しない明るいレンズですが
とにかく“手振れ”が目立ちやすいので
結構気を遣うエレメントです

地元の茨城県フラワーパーク
今年のイルミネーションを撮影した時も
この2本を携えて撮ったのですが
特にSIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artの
テレ端では手振れが盛大に発生していた作品が多く
極端に「歩留まり」が悪かったので
さすがにショックでしたね!
ISO感度も800から1600と高めの設定値なのですが
エレメントが重量級なので僅かな手振れも
ダイレクトに結果に出てしまうので驚きました!

 

 

次のイルミネーション・フェスタでは
もっと考えて撮影に赴かないとダメですね?
     ・
     ・
     ・
閑話休題、皆さんの想像とは裏腹に普段撮りでも
確かにシグマのレンズは活躍してますよ?
ただしF/1.8と明るいレンズなので
ND-4クラスの減光フィルターは欠かせません。

それに純正と比較すると
どうしてもAFの速度に不満が残るので
激しい動体撮影には不安が残ります
それでも「ライトバズーカ」の異名を誇る
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporaryのように
F値が暗くても充分に追従できるモデルが
最近ようやく各社からリリースされていますが・・・。

また最近の私の撮り方(スタイル)を考察しますと
Canon EF50mm F/1.2L USMでの
スナップやグラビアでの成功例などで経験を重ねているので
どうしても『50mm』という焦点距離をカバーしていないと
さすがに窮屈で肩が張ってきます;´Д`)))
そういった撮影者とレンズのミスマッチだけは
御免被りたいので
レンズ選定の作業で思案に暮れると大体
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMか
Canon EF24-105mm F/4L IS USMと
この2本に落ち着く訳ですよ!

ただ・・・いつも同じエレメントばかり
これはコレで継続は何とやら!ですが、
往々にして“器用貧乏”に陥る側面もあるのですよ。

好きなレンズを使うことは造詣が深まる意味で
私も大賛成なのですが
どうしても撮影対象が“似たり寄ったり”と云う
シチュエーションになる傾向があり、
よその人達よりも写真の上達を更にと
野心を持つのであれば?
時にはザックリと思い切った感覚で
持ち歩くレンズの幅を刷新するのも『手段』ですね!
それでも最初は決心が簡単に付かないので
モヤモヤと考えるだけでしょうから、
「サブレンズ」としての意味合いで
好きな常用レンズと性格が重複しない
エレメントを購入してはいかがでしょうか?
そこで今回はチビ愛用の
Canon EF40mm F/2.8 STMを借りて
1日中を撮影しました。
(実際には1時間程度だが)