SIM」タグアーカイブ

君、旧暦を計算で理解する事なかれ(04)

私達の身の回りでは
季節を知る手段として
“二十四節気”が使われてます

皆さんも御存知の小寒だ大寒だの、
立春とか冬至など・・・。
約半月ごとの季節の目安が二十四節気で、
昔の暦の計算方法は中国大陸から伝来したものです。
現在でもニュースの気象情報などで、
季節を表す言葉として
見聞きする人も多いと思いでしょうね?

実は二十四節気は意外にも便利な代物で、
現在の暦での月日は毎年ほぼ同じになる。
さてと、日本の旧暦は?
太陰暦というのは月の満ち欠け(これを“朔”という)
の周期(大体29.53日)に基づいているので、
1ヶ月は30日(大の月)か29日(小の月)、
1年は約354.36日(約29.53日×12ヶ月)となる。
巷で曰く『二四六九士』とは、
小の月の暗証方法である
事が判る・・・。
春夏秋冬の季節は太陽の位置を基本にして
大体365.24日周期で移り変わる。
純粋な太陰暦では17年もたつと
約185日も季節との対応がズレて
春と秋・夏と冬が逆転してしまうのだ!

こうなると暦の日付を裏付けにして
農作業などは出来ない訳だ。
そこで閏月を置いて暦の日付と
季節のズレを調整した訳だが

よく掲示板などでは“旧暦のほうが自然に近い”
とか言う原理主義者を通り越した
左巻きがタムロしているが・・・全くのお門違いですwww
ひな祭りや端午の節句、
七夕などは月と日が同じ数字の日だから
新暦の日付でおこなう。

満月を愛でる十五夜や茶葉の収穫などは
当たり前に月に依存するから旧暦でやる。
さてと・・・なんで私が
カメラやレンズ以外の事で
Blogの口火を切ったのかと尋ねられると?
ここ最近は70Dのカメラ本体に
お気に入りのレンズを前の晩から磨いて
ブロアでダストを飛ばしながら
次の日は、どんな画角と
フレーミングを考慮して
どんなレンズにしようか?

-と、独り防湿庫の前で胡坐しては
ニヤニヤと物思いに耽る日々が続いてます\(^o^)/
フと窓に目を移せば、ついこの前までは19時を過ぎても
まだ明るかったのに
今では16時にもなるとスッカリ影は長くなり
騒々しくセミが喚いていた酷暑の夏が
惜しいような懐かしいような感傷をおぼえます。

よくよく背後の気配に気が付くと
彼女もNikonのレンズを同じように
防湿庫から出し入れしては
翌日に使用するレンズのラインナップに頭を痛めながらも
相好を崩しながらマイクロファイバー不織布(ふしょくふ)で
レンズやフィルターを念入りに磨いてます。
いきなり防湿庫から取り出して作業に取り掛かると
何かと慌ただしさに拍車をかけるだけで無く、
庫内と室内の温度&湿度の激変を嫌う性格なので、
ドライボックスに縦置き保存か
キャリングバッグに乾燥剤をタップリと入れてから
2人で最近は話をする機会も多くなりました。
私は早めに済ませてしまうと、
ファミレスや撮影した外出先で
ASUS ZenFone 5 32GB仕様の格安SIMで
Blogの下書きや仕上げにHTML文法などを
テキストエディタでチェックしながら
少しずつ完成へと近付けていく訳ですが・・・。
中でも帰宅してから自分のモンスターサーバである
Windows 7 Proにて仕上げ作業を行いながら
必ず目に通すのが“恒例”となっている書籍が有る。

old-calendar_04_001.jpg

2015/09/18 19:18
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
SIGMA 50mm F/1.4 EX DC HSMで
F/1.4、ISO-400、スピード1/45
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
old-calendar_04_002.jpg

2015/09/18 19:20
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
SIGMA 50mm F/1.4 EX DC HSMで
F/1.4、ISO-800、スピード1/125
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
以前にもBlogでも既報の通り
くらしのこよみである

最初はスマートフォンに標準装備されていた
Googleのカレンダーでは余りにもお粗末

“玩具以下”の雑な作りに辟易としながら
サードパーティー製のカレンダーを探したのが
懐かしい思い出です。
そこで出逢ったのが『Jorte』という
カレンダーやToDoリストなどを
包括的に管理できるアプリの存在でした。

このカレンダーは、一言では表現できない程多彩な追加要素、
つまりプラグインによって
拡張出来るのが
最大の強みなんですね!

いまではJorteのカレンダーは当然ながら『私仕様』に
凝ったカスタマイズが施されているし、
地方や田舎・僻地などに赴いた際にも
旧態依然とした「非科学的な妄言」に固執した
高齢者や冠婚葬祭関係のために「六曜」を追加したり

Facebookと連動して知り合いや家族の記録を
追加したり・・・楽天球団の速報などを追加したりwww

そこで目に留まったのが
「くらしのこよみ」でした

そのプラグインを見て私は、
それまで忘れていた「何か」を
強烈な感情によって支配されていく自分自身に
恐怖にも近い強い強い衝撃が身体中を駆け抜けたのを
今も鮮明に覚えています。

やがてはカレンダー付属のオマケだけに飽き足らなくなり
「くらしのこよみ」のアプリそのものをスマートフォンに展開して
凡そ5日周期で更新される72の季節を読むのが
今でも楽しみで続けています。
old-calendar_04_003.jpg

2015/09/22 15:03
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/4.5、ISO-100、スピード1/500、距離50mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
old-calendar_04_004.jpg

2015/09/22 15:04
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/4.5、ISO-100、スピード1/350、距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
old-calendar_04_005.jpg

2015/09/22 15:10
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/1500、距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
old-calendar_04_006.jpg

2015/09/22 15:11
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/1500、距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
old-calendar_04_008.jpg

2015/09/22 15:11
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/350、距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
old-calendar_04_009.jpg

2015/09/22 15:12
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/350、距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
old-calendar_04_010.jpg

2015/09/22 15:14
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/250、距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
何気なくCanon EF70-200mm F/2.8L IS II USMを向けた先には
いつもの手賀沼らしい風景がファインダーに飛び込んできました。
こうして中望遠から遠距離を担うCanonオーナーであれば
誰もが一度は夢見る“憧れの白レンズ”
そんな嘱望の眼差しは
やはり如何なるイベントに赴こうとも
必ず遠巻きに私のレンズを注視してるのが
背中を通して痛いほど判るんですね、視線が!www

まァ・・・悪い気分じゃ無いですよ?
ましてや私自身は後ろ指されるような
犯罪に加担している訳でもなく
気分の赴くままにカメラとレンズを
バッグに詰め込んで当て所も無く彷徨うことを生業にしている
流離(さすらい)のブロガーですからね?
こうしてファインダーに飛び込んでくる情景を
自らの本能に忠実に従って撮影する
と、
改めてCanon EF70-200mm F/2.8L IS II USMの
秘めたる潜在能力の高さに慄然となりますね!
上記の作例も或る程度キリッと
引き締まった絵作りがしたかったので
絞り値もF/5.6まで絞っているんですが、
普及価格帯のズームレンズのように
或いは廉価版のコンデジの様に
背景まで一緒に写るなんて皆無です!
無論、それは被写体までの距離や
種々雑多な条件が重なってこそ実現できる
レンズワークの妙なる技なんですが
とにかくTokinaのAT-X 828AF PROで
経験したようなスタジオ撮影の時みたいに
ジックリとMFで腰を据えて息を止めて・・・
は、グッと少なくなりましたよ?
old-calendar_04_011.jpg

2015/09/22 15:28
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1000、距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
old-calendar_04_012.jpg

2015/09/22 15:29
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/2000、距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
old-calendar_04_013.jpg

2015/09/22 15:31
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/2000、距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
old-calendar_04_014.jpg

2015/09/22 15:35
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1000、距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
old-calendar_04_015.jpg

2015/09/22 15:39
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/500、距離170mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
old-calendar_04_016.jpg

2015/09/22 15:41
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/8000、距離140mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
old-calendar_04_017.jpg

2015/09/22 15:41
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000、距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
old-calendar_04_018.jpg

2015/09/22 15:43
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/500、距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
old-calendar_04_019.jpg

2015/09/22 15:47
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 107 DX Fisheye F/3.5-4.5で
F/8.0、ISO-100、スピード1/350、距離10mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
子供達の背中を何気なく撮ってみましたが
どんな感じに映るのか?
如何なる情景なのか?

やはりF/2.8の明るさは半端じゃ無く
最後まで距離を下回って
手振れの危険が近い現象は皆無
でした。
そればかりかシャツの目地や
帽子のトーンなども判別できれば良いなあ

などと思ってF/4.5辺りまで絞り込んで撮ってみるも
これも見事に成功です!
これならば最初の水鳥の作例同様に
F/5.6あたりまでは全然許容範囲でしょうが、
やはり背景を綺麗にボカしたい思いが強かったので
F/4.5で留めたわけですが
old-calendar_04_020.jpg

2015/09/22 15:53
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 107 DX Fisheye F/3.5-4.5で
F/8.0、ISO-250、スピード1/180、距離17mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
old-calendar_04_021.jpg

2015/09/22 15:54
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 107 DX Fisheye F/3.5-4.5で
F/8.0、ISO-250、スピード1/3000、距離13mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:スポット測光
こうして最近は「くらしのこよみ」の書籍を
撮った作例でもわかるでしょうが、
私の所有するSIGMAのお気に入りである
単焦点の 50mmや85mmのF/1.4 EX DC HSMにも又、
熱中し始めた最近です(o^∀^o)www
こうやって様々なレンズの表現力の違いを
自分で探求できる環境は
やはり素直に有難いと思います

如何にCanonのEF70-200mm F/2.8L IS II USMが
歩留まりに極めて優れたスナップシューターであろうが
単焦点が持ちうる“表現力”には敵わない
逆に機動力やシャッターチャンスの観点からすると
CanonのEF70-200mm F/2.8L IS II USMは
確かに化け物レンズであるし
TAMRONのSP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDで
挑もうモノなら、
更にシャッターチャンスの
守備範囲は鉄壁にとなります!

TokinaのAT-X 107 DX Fisheye F/3.5-4.5で
迫りくる雲海や人の雑踏などを
まとめて写し込むならば
ちょっと度胸の必要?な画角ですが
こういった対角魚眼レンズで
眼前の切り取りたい1枚を自分の直感に従って
パシャリと写すのも結構面白いですね!

old-calendar_04_022.jpg

先月の9月27日に
Windows 10 Homeが私の手元に来てから
早くも3週間が経ちましたね!

元々がWindows10・・・つまりはネイティブなので
大したトラブルや重篤な不具合なども見受けられず
今ではこうしてファミレスで食事をした後は
デザート片手にBlogの下書きやHTMLの文法チェックなどを
快適に行っている最近です。
-とは云え、全く弱点が無いかと訊かれるなら
答えはNoでして、相変わらず爆速で名高い
GoogleのIME入力ですが、
MicrosoftのIMEはと尋ねられると・・・。
やはりまだまだ変換時に
独特の“もたつき感”が存在しますね!

こうして入力を続けても、入力で固まるので不安です。
一応学習能力は向上してるのでしょうか?
ちょっと実感が沸きにくいのが本音でして、
未だ素直には喜べません。
もう少し何とか改善できないかと悪戦苦闘の毎日なんですが。
こうしてキーボードに向かって打ち込む私の入力速度は
かなり早く乱暴なので?
取り分けキータイプには神経を使っています。
そんな中でもHP-15-AF100は
フラットなノート型に適しているとはいえ、
幅広なキーピッチを備えて、タッチタイピングで
キーボード全体が歪む様な現象も皆無
なので、
IMEの変換効率が頗(すこぶ)る悪いのは
頂けないウイークポイントですね・・・。
うーん、どうなんでしょうね?
少しずつでも改善されてるのでしょうか?
IMEの変換する一瞬に固まって
各種アプリケーションのウインドウに『応答なし』と
表記されるたびに冷や汗が流れますね!
( ;∀;)
まだまだ、固まる時が多々有ります
Webなんかで情報を集めていますと
Windows 8からのアップデート組に私と酷似した症状で
同じように困っている書き込みを散見するんですが、
ネイティブでWindows10の私は
どう対処したら一番の対処法なのか?
とにかく固まるのが改善されないと
本当に困った状況です
・・・(‘Д’)

辞書やカスタマイズ性は、
明らかにMicrosoftのIMEが1枚も2枚も上手
なんで
あとは、この変換時のカクカクする遅延が直れば一番で
わざわざGoogleのIMEを使わなくても大丈夫なので
はやく改善したいですね!
それにしても・・・Windows 7と10では
似ている箇所もあれば、結構様変わりした部分もあります。
中でも私を悩ませているのが、IME関連の不具合ですね!
さてと・・・取りも直さず
外見からチェックしてみました

old-calendar_04_023.jpg

old-calendar_04_024.jpg

old-calendar_04_025.jpg

old-calendar_04_026.jpg

old-calendar_04_027.jpg

old-calendar_04_028.jpg

軽量・薄型なコンパクトなボディに、
今がトレンドと称される機能は
一通り揃っているから驚くほかはない。
開封の儀式を経て真っ先に目に飛び込んで
強いインパクトを与えるのが
まるでMacノートを髣髴とさせるキーデザインに
暫し唖然とする事でしょう。
左側面にUSBポートが2基、HDMIが1つ配置されてます。
ヘッドフォンとマイクの入出力が一番手前側にあり、
USB3.0は丁度HDMIと2.0に挟まれる格好で配置されているので
初めてだと少し戸惑うポジションかも知れない。
電源コネクターは、モバイルノートでは御なじみの
L型端子で、通風口が隣接しているのが判りますね?
ちょっと暗い画像なので判別が難しいでしょうが、
右側にはSDカードスロットにUSB2.0と
光学ドライブが並んでいます。
HDDへのアクセスランプが相当に目立たない場所に
LEDとして有るので、よく右側に気を遣うべき個体ですね?

肝心の入力デバイス・・・取り分けキーボードは
15.6Wという“この手”のノートでは
キーピッチも大体フルサイズ規格なので
まずまず打ち易いですね(o^∀^o)
ただ・・・変則的な役割も存在し、
カーソルキーの上下キーが大変に小さく、
指の太いユーザーには扱いくいでしょうね?
また、ビジネスシーン用途では多用するテンキー付きなので
Excelなどで大量の帳票を作成する時などに
威力抜群は間違いないでしょう!

ましてやWindows 10が64bitなので
10万行くらい平気で使えます。

過ぎ去りし夏・迫る秋の空(02)

さて・・・連日続いた、うだる様な暑さが
今では信じられないほど
ちょうど良い感じに涼しくなってます

いつもお腹出して寝ている
チビを起こさない様に
ソッと夏掛けを被せるのが最近の日課だったりします。
その都度思うのは
就寝前と夜明けの気温が
快適・・・いや寒い場合まで下がる傾向なので、
風邪など罹患しないように神経を使ってますね。
実に1カ月振りのBlogの再開ですが、
私は御覧の通り無事ですよ!
(^^)/

つーか、それでも私の様な年齢に差し掛かると
色々と身体の彼方此方に“ガタ”が出てくるモノでして
行きつけの口腔外科で6か所の治療をしないと
マズいという衝撃の真実を告げられました。
取り敢えず、ここ1カ月ばかりは
歯科治療に専念する憂悶の日々が続きそうなので
気分は思い切りブルーですが
いつも以上にカメラやレンズに対する愛着は
それ以上にパッショナブルに、よりアクティブに活動している
ので
Blogでの本格的な活動記録を公開できるのは
10月下旬を目途に考えています。

隣接する市町村でお祭りやイベントが相次ぐので
普通に連絡を試みても留守が多くなるでしょう。

それでも私個人やサークルの仲間を知っているならば
私のIP電話やSkypeなどでコンタクトを試みるのは
構いませんが・・・ビジネス用途以外は
原則ブラックリストに入れて無視する方向なので
そこは御了承ください。
元々0120から始まるフリーダイヤルや
怪しげな電話セールスなどは
問答無用で叩き切る性格なので
止むを得ないですね?
私も詐欺まがいのセールストークに付き合えるほど
暇な立場では無いですからねwww
このBlogを推敲している時点で
洋上には台風20号が迫っているそうですが
なるべくなら関東直撃は避けて欲しいのが本音です。
-とは云うモノの
台風が全く来ないとなると・・・
また別の意味で狂った季節感に変貌する
ので
空模様とは斯くも悩ましい存在ですね?
まァ結果論として先述の台風20号は
遠く洋上を掠めながら
北上して事なきを得ましたので、
まずはホッと一息
胸を撫で下ろしている私です

sugisarishi-aki_02_001.jpg

2015/09/02 14:39
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/8.0、ISO-100、スピード1/1000、距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
sugisarishi-aki_02_002.jpg

2015/09/02 14:45
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000、距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
sugisarishi-aki_02_003.jpg

2015/09/02 14:45
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-200、スピード1/1000、距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
sugisarishi-aki_02_004.jpg

2015/09/02 14:46
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-200、スピード1/2000、距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
sugisarishi-aki_02_005.jpg

2015/09/02 14:47
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-200、スピード1/500、距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
sugisarishi-aki_02_006.jpg

2015/09/02 14:50
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000、距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
sugisarishi-aki_02_007.jpg

2015/09/02 14:50
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/6000、距離105mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
このBlogの下書きは
私の愛機であるASUS ZenFone 5 32GB仕様の
格安SIMとWindows 7 Proの間を
文字通り「行ったり来たり」しながら
こうしてBlogにアップロードすべき
完成版へと近付いていく。
前からもBlogで告知している通り、
打ち合わせ→撮影→DPE(現像処理)
→Blog見直し→FC2アップロード→公開~
と、
以後、繰り返しである。
従ってBlogへのアップロードした日時と
実際に撮影した日時が概ね2ヶ月くらい
誤差が出てしまうのは仕方のない話だが・・・。
この文節を書き綴る時点で
季節はすでに秋分
古より喩え伝わる通り
暑さ寒さも彼岸まで

と言うのも、強ち嘘では無いようだ。
常夏の綿飴を彷彿とさせる入道雲が
“ナリを潜めた”代わり

この時期ならではの鱗雲が
ファインダーに飛び込んでくる回数も
グッと増えましたね。
台風も次から次へと発生している様子で
このままでは航空祭の撮影にも
影響が出る可能性が大アリなので正直不安ですね。
sugisarishi-aki_02_008.jpg

sugisarishi-aki_02_009.jpg

2015/09/12 10:19
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1500、距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
sugisarishi-aki_02_010.jpg

2015/09/12 10:20
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/180、距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
sugisarishi-aki_02_011.jpg

2015/09/12 10:22
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/250、距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
sugisarishi-aki_02_012.jpg

2015/09/13 08:49
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4で
F/11.0、ISO-1600、スピード1/2000、距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
sugisarishi-aki_02_013.jpg

2015/09/14 14:55
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/1000、距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
sugisarishi-aki_02_014.jpg

2015/09/14 14:57
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/8000、距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
いつも足繁く通う公園
そんな日常の一コマでさえ
こうしてF値が明るいレンズだと訳なく
スナップシューターとしても大活躍なんですね!
アスレチックフィールドで無邪気に遊ぶ
子供のシャツの皺から髪の毛までが
克明に写し出されている様は“サスガCanonのLレンズ”

としか例えようが有りません。
情緒的な雰囲気を狙った構図なので
少し暗めにしたのですが・・・正解の様ですね?(o^∀^o)
sugisarishi-aki_02_015.jpg

2015/09/14 15:00
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000、距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
sugisarishi-aki_02_016.jpg

2015/09/14 15:06
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1000、距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
sugisarishi-aki_02_017.jpg

2015/09/14 15:07
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000、距離190mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
sugisarishi-aki_02_018.jpg

2015/09/14 15:07
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1000、距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
sugisarishi-aki_02_019.jpg

2015/09/14 15:09
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000、距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
sugisarishi-aki_02_020.jpg

2015/09/14 15:10
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/1500、距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
sugisarishi-aki_02_021.jpg

2015/09/14 15:19
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/2000、距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
秋の訪れを感じさせる様な雲海ですが
実は・・・このワンショットは愛車のNHW-20の
助手席側のパワーウインドウを開け放してから
伝国の宝刀でもある
CanonのEF70-200mm F/2.8L IS II USMで
運転席側から狙ったものですが、思いのほか良く撮れていたので
まずはホッと一息です。
sugisarishi-aki_02_022.jpg

2015/09/14 16:20
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-400、スピード1/180、距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
sugisarishi-aki_02_023.jpg

2015/09/14 16:21
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-400、スピード1/60、距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
sugisarishi-aki_02_024.jpg

2015/09/14 16:23
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/8.0、ISO-400、スピード1/60、距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
sugisarishi-aki_02_025.jpg

2015/09/14 16:24
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/8.0、ISO-400、スピード1/60、距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
自宅の庭に咲いていた花を狙い撃ちしたのですが
この様に花弁が大きいタイプの場合、
F値を8.0まで絞っても
全部がピタリとジャスピンするのは極々稀
でして、
大体は上記の作例に様に
何処かがボケたりします
が、
レンズパワーに助けられたのか
そう眉をひそめる程酷い結果にならず
そこそこの構図に生成されていたので驚きました。

Canonの大三元を入手せよ!(05)

さてと何とも鬱陶しい暑さでは有るが、
私の身の回りでは“急転直下”で
新しい動きが広まりつつあるのも事実でして。
中でも『格安SIM』と称される通信媒体には、
寝ても覚めても話題が事欠かない日々ですね!

事実、相当に裕福な人物から
余りにも余りにも暴利だ!
もう少し基本料金を安くできないのか?
などと相談を受けるのだから、
正直今の携帯業界の高利貸し手法には
猛省を促したいくらいだ。

 

 

canon-3lenz_05_001.jpg2015/06/24 13:45
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/6.7、ISO-400、スピード1/1500、距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_05_002.jpg2015/06/24 13:47
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/3000、距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_05_003.jpg2015/06/24 13:50
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/3000、距離47mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_05_004.jpg2015/06/24 13:50
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF24-105mm F/4L IS USMで
F/8.0、ISO-100、スピード1/500、距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_05_005.jpg2015/06/24 14:18
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4で
F/8.0、ISO-200、スピード1/1500、距離16mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_05_006.jpg2015/06/24 14:22
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4で
F/6.7、ISO-200、スピード1/2000、距離20mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_05_007.jpg2015/06/24 14:23
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4で
F/4.0、ISO-200、スピード1/8000、距離28mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_05_008.jpg2015/06/26 11:44
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
SIGMA 50mm F/1.4 EX DC HSMで
F/2.8、ISO-200、スピード1/350
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_05_009.jpg2015/06/26 11:45
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
SIGMA 50mm F/1.4 EX DC HSMで
F/2.8、ISO-200、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_05_010.jpg2015/06/26 11:46
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
SIGMA 50mm F/1.4 EX DC HSMで
F/1.4、ISO-200、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

さて・・・第三の案はSIGMAやTAMRONに
Tokinaからラインナップされていると思われる
画角70-200mm辺りのF/2.8通しの
中望遠ズームを購入するのが“最も現実的な解”と
最初は思いましたが・・・色々と調べていくウチに
或いは実際にサードベンダー製のレンズを
装着してテスト撮影していくウチに、
色々と不満点が出てきました。

実際に近所のカメラショップで二泊三日の
ミディアムレンタルを快諾して頂いたのは感謝です( ゚∀゚)

こういう時って
地元に自分への理解者や
協力者がいると非常に助かります!
なんで政治家の小汚い面々が選挙で地盤・看板なんて
重要視するのか、少しずつ判ってきましたよwww

さて・・・今回はTokinaのレンズにのラインナップには
CanonのEFマウントでリリースが無いので
比較から外してますので悪しからず。
つまり比較したのは純正のCanonとサードベンダーである
SIGMAとTAMRONの大三元という事になる訳だが。

この三社に共通した・・・言うなれば
「大三元の遺伝子アレル」が
共通して存在するのだ。
インナーフォカースにインナーズームなので
レンズ自体は全く伸縮しない
フィルター枠も回転しないので
CP-Lフィルターを使うには理想的なレンズで
フィルター径も77mmと三社共通だ。
そして皆がAFは超音波タイプで、
テレ端で大敵となる“手振れ補正”はモチロン、
フルタイムマニュアルと円形絞りを採用している。

現状で一眼レフのレンズに『蛍石』と
正式に銘打っているのは
“CanonとNikonだけ”と
覚えていれば間違いない
他のメーカーは余計な企業間同士の
不要不急の係争を避けるためか
特殊硝材とかFLDガラスとか異常低分散などと総称している。
詳しく諸元表を眺めると
この特殊レンズで蛍石と同等の性能を発揮・・・
とか書いてあるので直ぐに理解できるかと思いますwww

 

 

canon-3lenz_05_011.jpg2015/06/27 19:13
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4で
F/6.7、ISO-400、スピード1/20、距離12mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_05_012.jpg2015/06/28 11:05
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4で
F/8.0、ISO-400、スピード1/8000、距離12mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_05_013.jpg2015/06/28 11:38
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 280AF PROで
F/6.7、ISO-800、スピード1/8000、距離28mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_05_014.jpg2015/06/28 11:55
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 280AF PROで
F/2.8、ISO-400、スピード1/6、距離28mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_05_015.jpg2015/06/28 11:56
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 280AF PROで
F/2.8、ISO-400、スピード1/10、距離41mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_05_016.jpg2015/06/28 12:23
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 280AF PROで
F/5.6、ISO-800、スピード1/4、距離18mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_05_017.jpg2015/06/28 12:56
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4で
F/5.6、ISO-400、スピード1/1500、距離12mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_05_018.jpg2015/06/28 12:58
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4で
F/6.7、ISO-400、スピード1/1500、距離16mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_05_019.jpg2015/06/28 13:51
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 828AF PROで
F/4.5、ISO-400、スピード1/750、距離80mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_05_020.jpg2015/06/28 13:57
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 828AF PROで
F/6.7、ISO-400、スピード1/125、距離80mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

canon-3lenz_05_021.jpg2015/06/28 13:58
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 280AF PROで
F/4.5、ISO-400、スピード1/125、距離50mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

canon-3lenz_05_022.jpg2015/06/28 14:02
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 280AF PROで
F/2.8、ISO-100、スピード1/180、距離28mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

canon-3lenz_05_023.jpg2015/06/28 14:03
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 280AF PROで
F/4.5、ISO-100、スピード1/180、距離58mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

canon-3lenz_05_024.jpg2015/06/29 10:29
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4で
F/8.0、ISO-200、スピード1/1000、距離12mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

canon-3lenz_05_025.jpg2015/06/29 10:30
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4で
F/8.0、ISO-200、スピード1/1000、距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

まずは単焦点レンズで24mmや30mmに50mmや85mmと
ズラっと揃えているサードベンダーの雄・SIGMAの
APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM
なのだが・・・2010年7月23日に発売された
純正と同じ5年前のレンズである。canon-3lenz_05_026.jpgレンズ構成は17群22枚
絞り羽根枚数は9枚
焦点距離は70~200 mm
最短撮影距離1.4 m
最大撮影倍率1:8倍
重量は1430g

 

蛍石と同等性能のガラスを前面に配列したタイプで
三社の中で唯一レンズのズーム指標に
85mmが刻印されているのも
同じSIGMAの単焦点85mmを愛用してる自分にとっては
非常にありがたい存在です!

肝心のAFは多くのスポーツや
野生動物などを容易に撮影できた。
手振れ補正に関してもいうことなく優秀な性能だ。

ただ・・・致命的な欠陥として、
ワイド端の開放での解像度が酷い有様で、
私の70Dとの相性も有るのだろうが・・・。
それらを差し引いたとしても
相当に汚いワイド端である!
正直なところF/2.8は中央以外が使い物にならないのだ!
自分的にはF/8.0からF/11.0あたりまで絞って
ようやく周辺画質が落ち着いてくる
と云ったフィーリングなのだ。

これでは大口径F/2.8通しではなく
普及型の便利ズームと変わりない無いぞ!
その周辺画質の酷さは
等倍鑑賞で慣れているユーザーならば
直ちに気が付く“残念な性能”だろう。
自分のように広角レンズからの
デジタル一眼レフのデビューを果たした側の人間
にすると
ちょっと我慢するには厳しいワイド端です(( _ _ ))
次には大本命であるTAMRONの
SP 70-200mm F/2.8 Di VC USDだ。
3つの中でも一番新しいアーキテクチャで設計されており
2012年の霜月中旬のレンズである。

 

 

canon-3lenz_05_027.jpg
レンズ構成 は17群23枚
絞り羽根枚数 は9枚
焦点距離は70~200 mm
最短撮影距離は1.3 m
最大撮影倍率1:8倍
重量は1470g

 

SIGMAと同じで蛍石と同等性能のガラスを
前面に配列したタイプでコチラが心持ち重いかな?
-という些細な重量増加である。

写し出される絵の作り方も『私好み』で
当初はTAMRONを考えていたのだが、
一つ大きな問題に直面してしまった。

何故か手振れ補正がまったく
ウンともスンとも反応しなくなり
カメラのEVFにエラー表示を
出してしまったのだ!
お借りしていた店舗の責任者の方に
実際のエラー表記を見ていただいて、
急ぎ別の同製品に換えてリトライしたが、
それでも何十枚かに1回はエラー表記が出るのだ。

SIGMAで皆無だったのに
相性の悪さは
正直受容できるレベルで無い!
手元に有る他のTAMRONはバリバリと
最前線で撮れるだけに・・・この個体差は
何とか改善できないモノでしょうか、TAMRONさん?

 

 

canon-3lenz_05_028.jpg2015/06/29 13:22
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4で
F/8.0、ISO-100、スピード1/500、距離16mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

canon-3lenz_05_029.jpg2015/06/29 13:35
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4で
F/4.0、ISO-100、スピード1/2000、距離20mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

canon-3lenz_05_030.jpg2015/06/29 13:39
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4で
F/4.0、ISO-200、スピード1/750、距離12mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_05_031.jpg2015/06/29 13:40
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4で
F/6.7、ISO-200、スピード1/350、距離12mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_05_032.jpg2015/06/29 13:42
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4で
F/6.7、ISO-200、スピード1/20、距離20mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_05_033.jpg2015/06/29 13:47
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 280AF PROで
F/2.8、ISO-200、スピード1/500、距離41mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

canon-3lenz_05_034.jpg2015/06/29 13:50
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 280AF PROで
F/2.8、ISO-200、スピード1/1000、距離34mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

canon-3lenz_05_035.jpg2015/06/29 13:54
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 280AF PROで
F/4.5、ISO-200、スピード1/250、距離66mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

canon-3lenz_05_036.jpg2015/06/29 13:57
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 280AF PROで
F/8.0、ISO-200、スピード1/7250、距離346mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

さて・・・私が考えに窮している所に
仲間内や彼女からのアドバイスがあって
たまにぐらい純正レンズで
基本に立ち返るのは駄目なのか?
こう諭された事に端を発して、
気が付いてみれば毎度お世話になっている
カメラ屋さんに赴いて何枚か試し撮りと
フィーリングを試しましたが・・・。

最高ですか~~!
(このネタが判る奴は、私と同い年だなww)

 

 

canon-3lenz_05_037.jpg
三社の中では一番古い2010年3月のレンズですが、
このEF70-200mm F/2.8L IS II USM、
立志伝中の化け物レンズですね!

レンズ構成は19群23枚
絞り羽根枚数は8 枚
焦点距離は70~200 mm
最短撮影距離は1.2 m
最大撮影倍率は0.21倍
重量はもっとも重く1490g

恐るべきはAF合焦の速さであり
無限遠から最短まで試しても
0.3秒~0.5秒くらいでファインダーの像はピタリピタリと
気持ちが悪い程、持ち手に応えてくれるレンズだ!

この爆速AFでこの白レンズに付いていける
他所のレンズは皆無ですね!
作動音は無音に近く、
鏡筒のクオリティ一つ見てとっても素晴らしく
追随を許さない仕上げになっています。

レンズ構成は、他の二社とは設計思想が違うらしく
ほぼ鏡筒のド真ん中に
蛍石が配置されていることに注目
でしょうね?

 

 

canon-3lenz_05_038.jpgまた、同じCanonで私の虎の子の1つでもある
EF135mm F/2L USMに使われている
UDレンズとかいう奴は2枚1組で
蛍石レンズ1枚に匹敵する性能なのだとか。

つまり、このEF70-200mm F/2.8L IS II USMでは
蛍石3枚プラスαという贅沢な構成なのが
オーナーにしては心地良いし、
他所では真似のできない絵が私の70Dに飛び込んできたのは
なにか身体を突き抜ける衝撃を受けた感じがしました。

前述で申し上げた通り
なによりもAF合焦が気持ちいい程速い!
そして狙った被写体に息つく暇なく
ピント面がドンピシャでファインダーを覗く
撮影者の私の視界に飛び込んでくるのは
もう・・・オナニーやセックスと同じ
“快感そのもの”でして・・・サスガは
Luxuryをレンズ名に冠するだけの王者ですよ!

レンズも携帯も、世代交代(03)

日本人の“悪い癖”でして、
何かが急に無くなるとか消えると判ると
名残惜しくなって力一杯大騒ぎする傾向
にあります。
この前、長い歴史に幕を下ろしたブルートレイン然り、
飛行機の機体然りと。
これが最後だからと、詰めかけて記念撮影や
思い出を作るのは否定する気など毛頭無いのですが、
ホームに入線してくる鉄道にストロボを遠慮容赦なく焚いたり
或いは自分で持ち込んだ食べ物のゴミを
悪びれる様子もなく公道に撒き散らしたりと、
最低限のマナーも知らない無知な鉄オタ
ファミレスで我が子を放置プレイしてパズドラに夢中な
バカ親な連中をみると吐き気を催しますねwww

さて・・・今は暦の上では『立夏』だそうで、
丁度春分と夏至の中間に位置するのが、この呼び名だそうです。
ただ・・・実際には梅雨時を超えないと“本格的な夏到来”にならない訳だから、
ゴールデン・ウィークを過ぎて
私の大好きな紫陽花や向日葵の季節まで、あと少しですね?
特に新緑が目に眩しい朝を迎えると云うのは、
撮影する立場にとっても私個人にとっても悪い気はしませんからね!
さてはて、ここまでは今の現状を褒めすぎた感じなんですが、
特に備忘録を書き綴っている、ここ数日間は
連日が25度を超える・・・いや、既に30度を超えているので
真夏日から猛暑日へと季節が一足飛びといった感じが否めない。
そこで私も手放す寸前まで使っていた
SIGMAのAF 10-20mm F/4-5.6 EX DC HSMで、
ゴリゴリと撮った稚拙な作品を
いつもの様に展示していますので・・・こんな毒舌モードで
周りを省みることさえ眼中にないショボいBlogが好きだという
奇特な人種は、是非最後までお付き合い下さいませ!!( ´ ▽ ` )ノ

lenz-mobile-change_03_001.jpg

2015/04/02 12:52
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 280AF PROで
F/6.7、ISO-400、スピード1/3000、距離28mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

lenz-mobile-change_03_002.jpg

2015/04/02 12:49
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 280AF PROで
F/6.7、ISO-400、スピード1/3000、距離80mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

lenz-mobile-change_03_003.jpg

2015/04/02 12:50
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 280AF PROで
F/4.5、ISO-400、スピード1/8000、距離80mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

lenz-mobile-change_03_004.jpg

2015/04/02 12:58
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
SIGMA AF10-20mm F4-5.6 EX DC HSMで
F/11.0、ISO-100、スピード1/90、距離11mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

lenz-mobile-change_03_005.jpg

2015/04/02 12:59
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
SIGMA AF10-20mm F4-5.6 EX DC HSMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/750、距離14mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

lenz-mobile-change_03_006.jpg

2015/04/02 13:01
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 280AF PROで
F/6.7、ISO-100、スピード1/180、距離28mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

lenz-mobile-change_03_007.jpg

2015/04/02 13:03
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 280AF PROで
F/6.7、ISO-100、スピード1/1000、距離80mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

lenz-mobile-change_03_008.jpg

2015/04/02 13:03
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 828AF PROで
F/5.6、ISO-400、スピード1/6000、距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

lenz-mobile-change_03_009.jpg

2015/04/02 13:08
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 828AF PROで
F/5.6、ISO-400、スピード1/6000、距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

lenz-mobile-change_03_010.jpg

2015/04/02 13:09
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 828AF PROで
F/5.6、ISO-400、スピード1/2000、距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

lenz-mobile-change_03_011.jpg

2015/04/02 13:11
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 828AF PROで
F/4.5、ISO-400、スピード1/2000、距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

lenz-mobile-change_03_012.jpg

2015/04/02 13:14
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 280AF PROで
F/4.5、ISO-100、スピード1/1500、距離80mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

lenz-mobile-change_03_013.jpg

2015/04/02 13:14
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 280AF PROで
F/4.5、ISO-100、スピード1/350、距離80mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

lenz-mobile-change_03_014.jpg

2015/04/02 14:14
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 280AF PROで
F/4.5、ISO-400、スピード1/250、距離80mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

lenz-mobile-change_03_015.jpg

2015/04/02 14:14
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 280AF PROで
F/6.7、ISO-400、スピード1/125、距離80mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

lenz-mobile-change_03_016.jpg

2015/04/02 14:15
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Tokina AT-X 280AF PROで
F/6.7、ISO-400、スピード1/500、距離50mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
さて・・・実は先のゴールデン・ウィークの最中で有りましたが、
10年近くも長期契約下にあったAU KDDIとの関係を
キレイサッパリと解消しましたよ!!!!

その最たる理由はスマートフォンの維持に金が掛かり過ぎる

lenz-mobile-change_03_017.jpg

その上に既存のFTTHを廃して1GBのプランに
何度となく申請しているモノのサービスエリアの対象外なので不可能です
いつも、この客を客とも思わない舐めきった態度に、いい加減キレる寸前だったのでMNPを利用して
今が最も旬とされている楽天モバイルに加入を決めました!
対象外の光エリアが有るなら、
急いで拡充させろよ
ドマヌケが!

AUは対象外のエリアには自分たち組織のヒモツキ犬であるケーブル回線を
強く勧めますが・・・お前ら馬鹿共、なにか勘違いして無いか?
今更、犬のクソにも足しにもならない150MBのサービスなんかに
新規契約できるかよ?阿呆じゃないのかwww

お前たちメーカーや低能な契約社員の“飲み代”に
高い金を10年以上も払った訳じゃ無いぞ!

勘違いするなよ、三国人・・・
メーカー在っての市場じゃ無い、
ユーザー在っての市場だぞ!!!!

lenz-mobile-change_03_018.jpg

結局、これだけの長期契約にも関わらず、
契約する時は仏顔・解約する時は夜叉の如し

この例えは事実でしたねwww
それにしても某ショップのレベルの底辺な事、底辺な事!




それにしても・・・なぜ、携帯キャリアは
長期契約者をココまで優遇しないのだろうか?
余りにも理不尽過ぎやしないか?

Optimus G LGL21 au_02

-が、その真相はぶっちゃけ明朗で、長期契約ユーザーがキャリアの売り上げ維持をすることに貢献しても、
昨今主流とされるパケット定額制などが
当たり前なので売り上げを伸ばすことにはあまり貢献しないそうだ。
この辺りに関しては
日経Trendyの記事を参考にしてみると良いかも知れませんね。
さて、私がAUに見切りをつけてGW初日の数日間は音声通話のみと云う
不自由な数日を過ごしましたが、
その間に『格安SIM』と称される世界を勉強し、
自分なりに東京周辺を散策しては実機を体感したりして
その感触を自分の頭の中で経験則に基づいたフィードバックを繰り返した
成果物が楽天モバイルとDoCoMoの回線を利用する事
でした。
元々が楽天との付き合いは古く、とりわけ楽天銀行に関しては
商号が変更される前のe-bank時代から使っている
ので
楽天市場も楽天クレジットカードもデポジットカードも
全部が一元化して管理できるのも便利だし・・・撮影の為、
外出して遠出するのも珍しくない自分としては大いにプラスですね!
しかも回線がDoCoMo系列なんで、
少々辺境の地でもギリギリの所で踏ん張って回線が使えるのも強みです!
そして肝心の本体ですが・・・価格コムでも断トツ首位の人気を誇る
ASUS ZenFone 5に決定しました!
ただし!楽天では専用コールセンターに問い合わせた所、
既に大容量モデルの32MBが枯渇して、
今では8MBのモデルしか無くカラーも限られる事も聞かせてもらい、
オマケに担当者曰く
ウチ(楽天モバイル)ではSIMを販売するのがメインですから
機種は他所から都合されても全然大丈夫ですよ?

-と、初心者当然の格安SIMデビューにしようとする私に
ここまで懇切丁寧に何日も応対して下さったのは助かりました。
実際ZenFone 5の端末は他の通販で入手して
後日に渋谷の楽天カフェで契約成立となった訳です!

lenz-mobile-change_03_019.jpg
 

lenz-mobile-change_03_020.jpg
 

lenz-mobile-change_03_021.jpg

こうして全体を眺めると、彼女が使っているASUS MeMO Pad 7と
何処となく似ている・・・いや、外見のみならず
一部の付属ソフトや省電力ユーティリティに関しては殆ど変わりないので
AndroidがKitKatの4.4でも躊躇せず操作できるのは強み
ですね!
それよりも驚いたのが、MNPの手続きに現状2~3日かかると
記憶にあった私でしたが、楽天カフェに直接赴いた所
当日受け渡しなので大変にスピーディ且つ、分かり易い説明で感心しました。
最近ではBlogの等倍写真の鑑賞や動画の視聴なども頻繁なので
当初よりもワンランク上の10GBプランで契約した私ですが-。
Google Play Storeで提供されている「楽天ブモバイル」を
ダウンロードしておけば、APN設定の手間をある程度省くことができるので、
事業者間違いで一騒動おこす心配も少ないし、
直近3日の使用量まで一目瞭然なので、
必要以上のパケットを使って都市伝説宜しくの帯域制限も身構えずに
前もってWi-Fiで使う準備ができるので有り難いですね!
これまでの『縦開き』から手帳方式の横開きのハードケースに
ZenFone 5をパチンと填めこんで、覆うフリップの内側になめし皮の
軟質な生地が使われているので、そこに2つあるカードホルダーに
これから毎月の決済に利用する楽天クレジットカードに
Edyの2枚を入れて上手く活用してますよ!

AU KDDI時代には“オサイフケータイ”だったので
Edyは携帯本体で兼用していた。
今回非対応機種になるので改めてアナログカードのEdyを買い直した・・・って奴です。
クレジットカードを作った当時は電子マネーに依存していないので
Edy併用型は作らなかったんですが、大した不便は感じませんよ?
ましてや自分には楽天が発行している
VISAのデポジットカードも緊急時に備えて持っているので
インターネット関連の決済から“すき家”の決済に至るまで
殆どがプラスチックマネーだけの生活です

数年前のBlogでも触れているので
興味のある方はアーカイブ記事をどうぞです(^^♪

君、弘法の筆を選んで撮影に挑みたまえ(4)

スマートフォンと云えばAU-KDDIとの契約も
自分の契約ページで確認してみれば
10年近い事が判明した。
デザインケータイの走りである
Talbyから、結構時間が経ったんですね~。

koubou-satsuei-04_001.jpg

2014/09/25 0:00
SIGMA 50mm F1.4 EX DC HSMで
F/5.6、ISO-1600、スピード1/30
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

koubou-satsuei-04_002.jpg

2014/09/25 0:01
SIGMA 50mm F1.4 EX DC HSMで
F/1.4、ISO-400、スピード1/125
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

koubou-satsuei-04_003.jpg

2014/09/25 0:03
SIGMA 50mm F1.4 EX DC HSMで
F/1.4、ISO-400、スピード1/90
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
最近では4G-LTEの通信でゴリゴリと
ネットワークを楽しんでますが・・・。
テザリングなども最近ではヘビーに使ってますが
上限の7.5GBを超過した経験は
幸いに?一度も無い。
そういえば携帯キャリアも最近では
『SIMフリー』や『音声定額』などが注目されているが
海外に足繁く赴く行動がないので
SIMフリーなんざ関係ない出来事だし、
音声を定額にしてもらう程・・・膨大に掛けていない。
知り合いや彼女とはSkypeかLINEの二択で
用事が足りてしまうからだ。

自分のこれまでの使い方では
新しいメニューにした場合、計算も出来ている。
ワザワザ“割高になる”と知っていて
火中の栗を拾うほど
私もバカでは無いからね!

・・・で、ここまで複雑且つパワーの必要な作業が
当然のように出来てしまう現代なので、
東芝のGenioやモバイル・ギアなどでテキスト打っては
貧弱なアナログ携帯の回線で自宅のサーバにアップロードしていたのが
懐かしく感じるこの頃です・・・ww
それにしても最近はリッチなボケ味を活かすべく
F値の小さい単焦点がサークルでも注目されている。

koubou-satsuei-04_004.jpg

2014/09/03 11:50
SIGMA 85mm F1.4 EX DC HSMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/2000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

koubou-satsuei-04_005.jpg

2014/09/03 11:51
SIGMA 85mm F1.4 EX DC HSMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/125
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

koubou-satsuei-04_006.jpg

2014/09/03 11:52
SIGMA 85mm F1.4 EX DC HSMで
F/5.6、ISO-400、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
よくファミレスなんかで中高生から
どんなレンズシステムを考えるべきですか?
と訊ねられるわけだが・・・大体そんな子達は
手持ちのスマホやコンデジなんかで
表現できない作品に興味がある
・・・これが大半なんですね。
まァ、そんな時はコチラのページを紹介して
それだけで無く自分も例外に洩れず
「単焦点」をオススメするんですが(^^♪

koubou-satsuei-04_007.jpg

2014/09/03 11:58
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-400、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

koubou-satsuei-04_008.jpg

2014/09/03 11:58
SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMで
F/5.6、ISO-400、スピード1/180、距離150mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

koubou-satsuei-04_009.jpg

2014/09/03 12:07
SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMで
F/11.0、ISO-400、スピード1/45、距離500mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
スッカリお馴染み、
茨城県にある「フラワーパーク」ですが、
こうしてカマキリが実際に捕食する場面を見るなんて
この年齢になって初めての体験ですよ・・・\(◎o◎)/!
どうやらセミを捕えた様子ですが、
思わず近間でL単135mmを使ってしまい
驚かせたから
逃げられてしまうな

と、後悔しつつ距離を取るため後ろにバック!
これ以上はダリアとバラの植え込みの境界が有るので
下がれないギリギリまで後退してから
ニーリング(立膝)の姿勢で、APO 150-500mmを手持ち撮影という
何とも命知らずで大胆な撮影方法
を選びましたよwww
程なくして数ショット撮っていたら
奥へと逃げていきましたが・・・。

koubou-satsuei-04_010.jpg

2014/09/03 12:13
SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMで
F/5.6、ISO-400、スピード1/250、距離150mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

koubou-satsuei-04_011.jpg

2014/09/03 12:14
SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMで
F/5.6、ISO-400、スピード1/250、距離500mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

koubou-satsuei-04_012.jpg

2014/09/03 12:15
SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMで
F/5.6、ISO-400、スピード1/750、距離250mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

koubou-satsuei-04_013.jpg

2014/09/03 12:17
SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMで
F/5.6、ISO-400、スピード1/500、距離500mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

koubou-satsuei-04_014.jpg

2014/09/03 12:19
SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMで
F/5.6、ISO-400、スピード1/1500、距離160mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

koubou-satsuei-04_015.jpg

2014/09/03 12:23
SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMで
F/8.0、ISO-400、スピード1/60、距離340mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

koubou-satsuei-04_016.jpg

2014/09/03 12:26
SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMで
F/8.0、ISO-400、スピード1/180、距離150mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

koubou-satsuei-04_017.jpg

2014/09/03 12:38
SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMで
F/8.0、ISO-400、スピード1/500、距離150mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

koubou-satsuei-04_018.jpg

2014/09/03 12:39
SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMで
F/8.0、ISO-400、スピード1/350、距離150mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

koubou-satsuei-04_019.jpg

2014/09/03 12:40
SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMで
F/8.0、ISO-400、スピード1/350、距離150mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

koubou-satsuei-04_020.jpg

2014/09/03 12:42
SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMで
F/8.0、ISO-100、スピード1/10、距離150mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
この様に一息入れる感覚で絞って撮るだけで、
隅々まで再現されている事実に圧巻!

実際の所は、望遠レンズだから遠くを切り取って・・・
とか
マクロレンズだから接写して
近くの草花を・・・なんて制約は『全然無い』ですね?
『人間の適応力』とは恐ろしいモノで
この大砲が自分の体の一部となって支える事で
1週間も経ってくると環境に適応できるんですよww
それでも限界在りますが、
緊急時で2Lのペットボトルを短時間なら辛くは無い。
元々は野鳥撮影や広角レンズ以外が魅せる
大胆なランドスケープが興味津々で、
前から“野心を抱いていた”と認めはするモノの、
誰に悟られる事なく幾星霜・・・って奴ですね!(#^.^#)
私は一人になると必ず
「自身の撮影スタイル」を
考えるように習慣付けています

自分が得意にしてる撮影のフォーマットや
足りない部分や未完成な所など・・・。
牛久の森・自然公園やフラワーパークなど、
こうした中をさまよいながら偶然であった
野鳥や動物達を撮影する手持ち主体では、
少しでも軽く・明るい事の方が
絶対的にアドバンテージは良いのでAPO 120-400に軍配が上がります。
それでも重いシステムは無理だと思われるなら
同じSIGMAの
17-70mm F2.8-4 DC OS MACRO HSMや
18-125mm F3.8-5.6 DC OSなどの
便利ズームなる存在も有るので
システム全体の軽量化に寄与するのは間違いないですね。
画質は保証できませんが

lenz-hito-02_024.jpg
 

lenz-hito-02_025.jpg

それでも1.7キロのAPO 120-400mmと
APO 150-500mmでは160gの差異しかない!

これからF値(レンズの明るさ)を比較して
APO 150-500mmに決定した訳ですが、
購入の前後にはTamronの
SP 150-600mm F/5-6.3も候補に挙がりましたが、
熟考の上自分はパス・・・彼女と話し合ってシグマに決定したのですが
結果は良い方向に流れてますね!

最近ではレンズで満杯になった防湿庫を
夜中に眺めても、APO 120-400mmから
さらにテレ側にシフトした
本モデルにして正解だったと云えますよ

結果論とは申せ、
知り合いの学生から体育祭の写真撮影を頼まれた時や
バードウォッチング果ては鉄道写真から・・・意外にも静物まで!
この長玉でワイド&テレ端共に100ショット以上は経験しましたが
どちらかといえば風景撮影よりも動物などに
相性が良いかも?と、
先の私見の通りですが・・・
もっと場数踏めば
万能向きに化けるかも?

koubou-satsuei-04_023.jpg

2014/09/04 13:15
SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMで
F/8.0、ISO-400、スピード1/180、距離150mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

koubou-satsuei-04_024.jpg

2014/09/04 13:16
SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMで
F/8.0、ISO-400、スピード1/125、距離500mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

koubou-satsuei-04_025.jpg

2014/09/04 13:27
SIGMA 50mm F1.4 EX DC HSMで
F/8.0、ISO-200、スピード1/90
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

koubou-satsuei-04_026.jpg

2014/09/04 13:35
SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/180、距離18mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

koubou-satsuei-04_030.jpg

2014/09/04 13:35
SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/20、距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

koubou-satsuei-04_031.jpg

2014/09/04 13:37
SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSMで
F/1.8、ISO-100、スピード1/180、距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

koubou-satsuei-04_032.jpg

2014/09/04 13:39
SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/125、距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

koubou-satsuei-04_033.jpg

2014/09/04 13:41
SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/125、距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

koubou-satsuei-04_034.jpg

2014/09/04 13:43
SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSMで
F/8.0、ISO-100、スピード1/180、距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
この日は生憎の曇り空でしたが、
ピーカン照りに比べたら
ずっと撮影し易い・・・これも前述のとおりですが。

場所は若柴公園ですが、
少し涼しい風が吹いていたのが印象的です。

koubou-satsuei-04_037.jpg

2014/09/04 13:52
SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSMで
F/1.8、ISO-100、スピード1/350、距離20mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

koubou-satsuei-04_038.jpg

2014/09/04 13:59
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-200、スピード1/2000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

koubou-satsuei-04_039.jpg

2014/09/04 13:59
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-200、スピード1/2000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

koubou-satsuei-04_040.jpg

2014/09/04 13:59
Canon EF135mm F/2L USMで
F/8.0、ISO-200、スピード1/125
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
いずれもが単焦点か、
F/1.8通し(全域F/1.8)と呼ばれる大口径ズームで撮影した写真を
それぞれ2枚ずつ載せてますが・・・。
全然違いますね?
似た鏡胴にソックリの背丈、
重さも750gと810gですからね。

koubou-satsuei-04_041.jpg

モチロン、高いレンズなので
なかなか決定を出せないでしょう。
とは云え、こればかりは『レンズの沼地』で生きていく人が
最終的に購入の可否をしなければ、
当たり前だが“そこから先”には進めない。

色んな製品のレビューサイトや
メーカーの紐付きで甘んじている
ポータルサイトでさえ・・・ステマやネガキャンを排除しようと
動く姿勢は評価するモノの、
全面的に「信用」するには不十分です。
実際に店頭で触り、自分のカメラマウントで試し撮り
行って・・・これを複数の店舗で実施してから
一度自分のカメラ・スタイルと一緒に考えてから
決断を出すのも良いでしょう。
(現場百回と・セカンドオピニオンって奴です・・・)
それでも決心が使い無い時や
判らない要素が有ればレビューサイトや
私のココに代表される個人のBlogなどで相談されるのは
大変に参考になるでしょう。

koubou-satsuei-04_042.jpg

2014/09/05 16:10
SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSMで
F/5.6、ISO-400、スピード1/1500、距離18mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

koubou-satsuei-04_043.jpg

2014/09/05 22:46
SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMで
F/8.0、ISO-100、スピード1/90、距離500mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

koubou-satsuei-04_044.jpg

2014/09/06 00:02
SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMで
F/16.0、ISO-100、スピード0.7、距離500mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

koubou-satsuei-04_045.jpg

2014/09/06 00:06
SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMで
F/11.0、ISO-400、スピード20.0、距離150mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

super-telelens-01_007.jpg

とにもかくにも長い焦点距離なので、
レンズ構成は15群21枚と多く重量もある。
これでも『手振れ補正』が搭載されている分だけ、
なにかと心強いデス!
そう・・・特に三脚をリニューアルしてからは
撮影時のスタビリティに死角は無くなったので、
“切り取り感”のあるピンポイントのスナップ撮影を
もっと行いたいと思い実践も始めてます。
開放F値がF5-6.3と
APO 120-400mmと比較しても「チョット暗めが玉に瑕」ですが、
昨今のデジタルカメラの高感度特性があれば
普通にカバーできる事も分かってきました。
動きの激しいモータースポーツ撮影などは辛いでしょうね?
(300mm F2.8とかの、プロ用が必要ですね)
あとは最短距離が2.2mなので
間合いの感覚を掴むには相応の経験が物言う
でしょうね?
それでも、ある程度は“被写体の動き方”が予測できれば
置きピンの応用でスポーツも出来るポテンシャルを秘めているのが
このレンズかも知れません。

ココまでの画角になると、
お目当ての被写体を
大迫力で引き寄せるのがセオリー
だろうが、
ヒネクレ者らしい?私なりの使い方も検討中です(^^♪
なんの世界であれ『~道具を選ばず』は理想形だが
実際の所は、そこまで甘くない訳で
初心者だからこそ『どれだけ初期投資できたか?』は
重要なファクター
だと私は思うのですが・・・。
そこで私は投資できる額が決まっている
主な学生達にはキットのズームレンズは否定する事もしないで
自分にとって大切な画角を
単焦点で買って使うように

と“重ね購入”をススメるのが増えたでしょうか?
F値の小さい単焦点がサークルでも注目されているのは
生粋のレンズマニアのである私も嬉しいのですが
F1.2から1.4の大口径タイプは
プロでも簡単には購入が難しいほど
『高価』で『重量』もある

そこで自分と同じように
普及価格帯やスタンダードなF1.8クラスを教えると
殆どの皆が買って、今は私と会うたびに撮影をしてますね!
APS-Cが殆どですが
何人かはフルサイズにデビューした子もいる
(それがNikon Dfだったりするから、味な選択で有るが・・)
ちょっとCanonが少ないので寂しいですね((+_+))
それでも2~3人同じマウントが増えたのは
嬉しいんですが・・・。

画角は7倍から11倍近くの便利ズームが1本に
35mmや50mmの単焦点で揃えてます。
男子は憧れのコスプレ姉さんなどを撮る目的が
ハッキリしてるので85mmのポートレイトや
100mmとかのマクロレンズを重要視してますねww
それでも昨今のスマートフォンや
コンデジに見受けられる“撮って出しの画角”に馴れているのか
原因不明ですが24mmの単焦点は
男女別なくして人気が有るので驚きました!

もう、28mmは廃れてしまったのでしょうか・・・orz
何かと「お金の掛かる」世界だが、
まさか興味を抱いて同じ世界にくるとは
まったくサプライズな事が続くんですが、
存外これが面白かったりする・・・。