TAMRON SP 70-300mm F」タグアーカイブ

目は口ほどに物を言う (1)

モデル撮影に於いて、ここ2・3年の短いスパンだが
最近の潮流をよくネット掲示板や
デビュー間もないルーキーが妙な愚痴をこぼしています
グラビア写真で女の子の写真が撮りたい
練習として、女の子の被写体を探しています。
とか、
思った通りの写真撮影ができないし
帰宅してDPE処理にかけると
想像と現実のギャップに悲しくなった
とかね!

正直云わして貰えれば・・・
こういう相談を持ちかけてくる奴は
写真撮影の世界に“まったくの不向き”なんですね!
そもそも論、何のために撮るのさ?
アルピニスト(登山家)に、こう訊いてみると良い。

何故、そうまでして山に登るのか?と・・・
其処に『山』が、あるからだ
有名なセリフだが、奇しくも
私や彼女にチビ達が目指す写真の世界も殆どが同じなのだ。

切り撮る一瞬があるから撮る
たった、その一言で済みそうな単純な世界に見えるが、
実は登山家と変わりない、
非常に危険で命懸けの場面も多々ある。

現に、熱中症の危険性のあるすぐ側で撮影するのも
珍しい光景では無い。

それでも撮り続けるのは
先の土浦キララ祭り2017や2018の時の様に
大成功を遂げた撮影の画像を手に入れると、
やはり撮って正解だったな・・・と、
悔いなく次の被写体を探して
Priusのステアリングを
東西南北と奔走出来るチカラ・・・もとい
原動力が一層強くなるからだ。

今でこそ、同じ撮影する人間が羨む程
レンズにもカメラにも
現像すらサーバーにも苦労しない
贅沢な環境下で撮影に集中できるが。
     ・
     ・
     ・
しかし私という人間はレースクイーンは
追い掛けないタイプですね
理由は自分の好みにあった
可愛い女の子が存在しないから!
お世辞でも“綺麗”でもなく“若い”でもない
スターウォーズの酒場に出てくる
クリーチャーも顔負けな『年増のババア』が
ドヤ顔しながら笑っているから正直いって気味が悪い
あの手のイベントは絶対に関わらない!
     ・
     ・
     ・
アイドルを追い掛ける!
だいぶ以前の話になりますが、
グラビア中である有料の会員制サイトに
永らく籍を置いていた私ですが、
気が付いてみたら・・・そんな有料サイトもキッパリ退会して
好きなグラビアの女の子は
個人的に追いかけるに結論しました。

退会の理由はかなり前のBlogでも触れてますが
要するに『可愛い女の子』が
次々と消えていき、自分の趣向とする
範囲から大きく乖離して
年増の賞味期限切れを未練ある感じで
何時までも看板に据えているのが
我慢出来ないので、有料サイトを止めた訳です。

2011年2月14日に入会してから5年が経過した
2016年6月5日を以てして完全解約した。
Stage2まで会員限定のページも閲覧できた私ですがね!

Webサイトの紹介には

>>「現役の女子高生にこだわりぬいた
>>エロかわいい究極の女子高生グラビア動画サイト。
>>制服、ブルマ、スク水はもちろん、
>>競泳水着やコスプレ等の画像が盛りだくさん!」

と有るが・・・ぶっちゃけ不細工揃いの低品質の女子を揃えても
有料課金の私から言わせると“ふざけるな”の一言だ。
どちらかと云えば、今の私は特定のアイドル
2-3人を集中して追い掛けるタイプだし
DVDやBlu-rayなども特定の女の子しか買わない。

こうなると、自分の趣味趣向と
著しく離れた有料サイトが
看板に偽りあり・・・と、感じるわけだ。
それ以降はグラビアを扱った通販サイトが
競合他社でリリースされているので
電子書籍なりBlu-rayでも、
こういった第三者販売店を利用するのが
メインになってます。

即ち・・・花は美しくてあってこそ花なんですね!

 

 

最近ではグラビアだけで無く
男の娘アイドルやコミックなども
自分の琴線に触れる分野なので、退屈はしませんね!
絵師の方も非常に頑張っておられるので
私も撮影の世界とはいえ負けてたまるか!と思いますね。

あと補足事項ですが、これからの写真撮影の
成果物に施す「可視型・透かし」ですが
原則的に撮影した年月に合わせることに
今後はフォーマットを統一するので宜しく!
例えば下の西永彩奈さんを凡例に挙げると
2018年と、先月の個人撮影会の
2019年が混在するかたちになります。

本音を語れば“自分で撮影した写真”なので
画像の劣化や品位を損なう「透かし処理」なんてイヤですね!
手間も増えて諸雑務が増えるだけで
私には何のメリットも有りませんが

聞いた事も写真生活で付き合いも取引もない
WallPartという胡散臭い外国の無断画像販売の海外サイトに
一方的に商売のツールとして写真を使われて
私は被害に遭った“クチ”なので
こうでもしないと危険なんですよ!

それでも「危険が迫ったな」と私が判断した場合は
間違った盗用などが私たちのサークルに判り次第
いつでもBlogの記事の限定公開や
完全非公開にいつでも切り替える準備は出来てますよ?
Blogが無くなった所で、メンバーは自由に閲覧できますからね!
また、当ブログで公開扱いされている
モデルの写真は被写体である
人物の許可を得た上で使用されています。
変な気持ちは起こさないように!

 

 

2018/08/30 19:18
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF35mm F/1.4L USMで
F/1.4、ISO-400、スピード1/500
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:18
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF35mm F/1.4L USMで
F/1.4、ISO-400、スピード1/500
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:18
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF35mm F/1.4L USMで
F/2.8、ISO-400、スピード1/60
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:20
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/2.8、ISO-400、スピード1/90
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:20
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/2.8、ISO-400、スピード1/90
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:20
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/2.8、ISO-400、スピード1/125
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:20
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.2、ISO-400、スピード1/750
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:20
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.2、ISO-400、スピード1/750
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:20
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.2、ISO-100、スピード1/125
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:20
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.2、ISO-100、スピード1/125
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:21
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.2、ISO-100、スピード1/180
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

50mmレンズは「標準レンズ」と呼ばれ、
グラビア撮影に限らず
写真の世界ではもっとも基本です。
多くの人が必ず経験する
登竜門と例えるべきエレメントです
ただし!使いこなすには
肉眼に近いナチュラルテイクな味付け
大口径レンズによる明るいF値が
存在感を出すキーポイントですね!

標準レンズは50mm前後をカバーする単焦点と、
“その領域を含む”ズームによって構成されている。
誰もが相談してくる質問事項として
「単焦点かズームか?」
を毎日の様に尋ねられますwww
結論としては、撮る対象が決まっていれば
自然と決まるわけで、
人物や静物を撮るなら単焦点で
神出鬼没なスナップや風景がメインならばズーム

 

 

上記2枚のレンズの写真は
ただ漠然と陳列したわけでは無い!
“唯一の共通事項”として
50mmの画角が存在するレンズ群だ
ただし、これら全てを私は
完全に棲み分けながら撮影してます。
明るさ・絞り羽の枚数・重量にエレメント固有のクセや傾向など。

それでもエレメントの性格が被らない場合は
両方を体験してみるのも
上達の足掛かりになるでしょうね?
     ・
     ・
     ・
よく私は人物の個人撮影会等では
使用するレンズとして
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMという
プロ御用達の「大三元レンズ」で済ませるのが通例ですが
撮影スタジオの中には
お世辞にも「明るい」とは掛け離れた
暗くてシャッタースピードの低下が避けられない場所も
たしかに存在します。

そんな時こそ私が愛用して止まない
Canon EF50mm F/1.2L USMの出番ですね!
ただし、この無類・無敵のレンズにも弱点は存在します。
一般的にF1.4よりも明るい単焦点レンズは
カメラ本体が「全自動で合焦」出来るピント精度を
とっくに超えているのです。
つまりピンボケの恐れがあるので
上手くエレメントの特性をしって付き合うのか?
じゃじゃ馬レンズとして使うのを放棄するのか?
この辺もレンズ購入時には補足事項として
覚えておきたいですね?

なんにせよ画角の変更を頻繁に行うかどうか?
ファインダーから覗いた被写体で
「あれ?」と窮屈な感じや妙な違和感を覚える場合は
すぐさま別の特性を持つレンズに交換したほうが
歩留まりの良い成果物が得られますね!

パッと見すると望遠でも広角でもない画角は、
特徴を出しづらくもありますが、
それこそが“最大のキーポイント”です。
際立った強い個性がないのが特徴!
カメラ本体やレンズベンダーに限らず
50mmという単焦点レンズが自在に使える事は
写真に対する理解が深まるのは当然ですが、
より写真が上達することは勿論
「綺麗に」「可愛い」「格好良い」こういった
ポートレートに留まらず私が風景写真にいたるまで
統一した考えが根底にあることも判るでしょう?

50mmという画角は人間の視界の見え方に
最も近いとされてパースペクティブ(遠近感)が
一番ナチュラルで有ると一般定義されてます。

写真が上達すればするほど
50mmを使う機会は必ず増えます。
端正で落ち着きのある画角は、
すなわち『過ぎたるは及ばざる~』の弊害が少ないのです。
極端なパースや望遠レンズ特有の圧縮効果などが
つかないから落ち着いた表現ができる訳です。

私みたいな“絞り開放・原理主義者”になる必要性もないので
単焦点=開放という決まりも法律も無いし
ズームだから必ず絞りを1つ2つ絞る約束事も無い。
まァこの手のテクニックは確かに
小技として有効なので知っても損は有りませんが!

仮に人間の視覚に一番近い明るさやボケを
考えた場合はF4~5.6あたりが近似値。
背景が適度に分かる程度にぼけます。
最も自然とも言われています。
実際に人間の目ではF/2.8よりも明るく
大きくするのは医学上・生理学の観点から絶対に無理だし
だからこそ写真を撮るという行為は
日常から非日常へのドラスティックな展開ともいえます!
つまり先述した
綺麗に・可愛い・格好良い
此処に起因するからですね!
     ・
     ・
     ・
被写体を立体的に表現するときには、
テクスチャーをどのように生かすか?
絞ることで被写界深度が深くなりますが、
必要以上にカミソリピントになると急激に立体感が失われます。
他にも絞り過ぎは「回折現象」を生むので
自分の使用頻度の高いレンズ程、
避けたいFの“しきい値”は
事前にテストしておくのが有効ですね?
被写体の質感を重要視するならば
逆に「絞り開放」で撮影ですね!
細かいテクスチャーなどが埋没しないよう気をつけます。

それでも等倍角で観賞すると
瞳のキャッチライトで
成果物が「色収差」をだしている作例と
キッチリと同じ1.2でも成功しているのが上記の3枚になりますね!

普段はなにかと“邪魔者扱い”される「収差」だが
Canon EF50mm F/1.2L USMの設計思想は
「画質」の柔らかさと「幻想感」なので
同じCanonでも1.8や1.4とは全然違う“レンズの味”が楽しめます。
メーカーの公式サイトでもエレメントの断面図を見れば一目瞭然。
歴史の古いガウスタイプの
6群8枚構成のアーキテクチャであり
F値を自在に駆使することで
自分だけが納得できる成果物に仕上げるのも朝飯前だ。
作例でも御存知でしょうが絞り開放ならば
まるでソフトやフォギーフィルターに酷似した
雰囲気を出すのも簡単なので追加出費も抑制できます。
だから収差が意図的に残してあるレンズなんですよ!

それでも“快晴”のピーカン照りの状況下では
露出がオーバーになって作品が白くなるでしょうから
減光フィルターを同時購入するのは賛成できますね!
私の機種みたいに1/8000が最高シャッタースピードならば
フィルタのガイドナンバーはND-4で。
うちのチビが愛用する私の「お下がり」である
X5は1/4000なのでND-8の口径72mmは
必ず揃えておきたいですね!

 

 

2018/08/30 19:21
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/45、焦点距離24mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:22
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-400、スピード1/90、焦点距離24mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:22
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-400、スピード1/125、焦点距離24mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:22
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-400、スピード1/125、焦点距離24mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:22
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-400、スピード1/45、焦点距離35mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:23
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-400、スピード1/90、焦点距離70mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

ボケはピントを合わせる撮影距離にも関連して
グンと近付けると良くボケて
遠いほどボケ味はスマートに薄くなります
結果的に、望遠的に撮るために寄れば
自動的にボケ量も増大するし
広角的に撮るために引けば自動的にボケ量も減る。

それでも・・・どんなレンズでも同じですが
極端な近接や遠距離撮影をすると
採用しているエレメントのバランスが狂います

当たり前だがレンズ鏡胴にも撮影距離の目盛りが存在して、
メーカーも一定の基準にレンズ設計を行ってます。
エレメントに対して優しくなることが、
意外にも“上達のステップ”であるのだな
つーか、50mmで上手く撮れない時や
窮屈な感じをうけたなら
素直に別のレンズで撮影するのが賢い考え方でしょう?
その為の別名“レンズ交換式カメラ”なのだから!
そればかりか・・・
表現力アップに対しても有効な本格的な考え方です。
屋外ではCanon EF100mm F/2.8L MACRO IS USMで
草花のクローズアップ撮影も容易ですが
部屋の中でブツ撮りには向きませんよ?
     ・
     ・
     ・
開放からシャープで高コントラストな描写を実現し、
絞るごとに“お手本”のように
解像力が右肩上がりに増していきます。
そういう「物の見方」では
上記の作例でも使用したCanon EF24-70mm F/2.8L II USMは
カメラバッグに必ず入れておきたい定番です
Lレンズでもクラス最高峰の描写力を持つので
プロからハイ・アマチュア層に至るまで
絶大な信頼が寄せられているのも頷けますね?
レンズによっては、 カメラのAF性能を
フルに使えないものもあり初期では私も苦労しました。
TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDが
その顕著な悪例でしたね!

「手振れ補正」というメカニカル機構は
本家本元のCanonをリードする高性能で
ファインダーで覗いた被写体が
ビシバシと気持ち悪いほど止まってくれるのは流石でしたが。
カメラ本体のAF測距点を有効に使えないので
大変に窮屈な思いをしながら撮影してました。
しかし、このレンズはそういった制限もなく
正確無比にAFを働かせることができます。

実際に特殊硝材やUDレンズなどを
湯水の如く使用しているので
エレメント構成は13群18枚で重量は805gだが
防塵・防滴に私の手元にあるLレンズでは
当然のシーリング技術だ。
作品の写りの良さは作例のとおりで
絞り開放からでもガシガシ使えるのは
“道具”としてもレンズのコレクションとしても
本当に頼もしい相棒ですね!

お世辞にも“お手軽価格”とは呼べない
高価格帯のズームレンズですが
それこそ部品やネジにピントリングに至るまで
キットレンズとは別次元なので
『本気でカメラ撮影』を志すなら
絶対に購入することを強くオススメしますよ!
また、同じLレンズの
Canon EF50mm F/1.2L USMで
絞りを2.8まで絞ったときと比較しても
まったく異なるテイストをしているので
その辺の違いも考えながら使うのも
スキルアップやトリビアを知ると
写真撮影の世界が面白くなるのは間違いないでしょう!

頑張れ、チビッ子のマーチングバンド (01)

この記事は「招待制」の限定公開記事です。

閲覧には私からのパスワードが必要です。
基本的に「現実世界」である程度
撮影仲間として顔見知りである事が条件です。
「相互リンク」だけでは、許可しません。

 



束の間の夏休み (01)

さて大寒も真っただ中だった
ついこの前だが
西日本や北陸を襲来したドカ雪も
今度は融雪しての“表層雪崩”というリスクを持っているので
正直始末が悪いときたモノだ!

そんな最中でも際立って目立った積雪もなく
大きく交通機関が乱れることもなく
無事に一段落ついたので助かりましたね!
     ・
     ・
     ・
と云うのも昨年の12月から
冬場の身を斬るような寒さが
どうにも出足が鈍い!

それと理由付けるのも
先ごろ水戸の偕楽園にリアル親友と一緒に
第二次調査撮影を行ったのですが
例年になく暖かくて充分な日光に恵まれた気象条件は
園内の梅の花を活気づかせるのに苦労しなかった様子
すでに1月6日に行った第一次調査の撮影時よりも
ハッキリと花のつぼみが大きく
或いは“早咲きの品種”などは丁度良い感じで咲いてます。

実際に暖かいし
このBlogが掲載予定の週末には立春を迎えているに相違ない

うーん、冬と春の同居状態か?

今回は親友を連れ立っての撮影でしたが
代車のVitzも機嫌良くて頗る(すこぶる)快調!
親友も仕事の内容が現場主体になると
変則的な日程になりがちで
何かと“写真撮影”が生業の私とはスケジュールを
一致させて遠出するのが難しい立場に有ります

その為か、撮影までの道程はモチロン
宿営地での『撮影者』としての
立ち振る舞いや基本的なカメラの操作方法などを
現場で体験させる訳です!
(つまり私の説教と講釈、私がコンデジで凡例を見せるのですが)
     ・
     ・
     ・
彼のカメラは云うところのコンデジですが
従来まで使っていた
IXY 200Fも既に年季の入った感じは否めなくなり
昨今の多様な被写体を追いかける点では
完全にパワー不足といった所です。

 

 

そこで昨年にPowerShot SX620HSへと
リファインしたのですが実際にこの機種に落ち着くまでに
結構な時間が掛かったりしてます。

特にズーム比率と手振れ発生を天秤にかけて
幾度の推敲の結果、この機種になったのですが
実際には私は直接助言も購入もしてません。
ウチのチビによる購入なのだ!

こうなるとチビの方が若いし
私みたいにコンパクト・デジカメを
上から目線で蔑むこともしないので
基本に忠実になって購入に踏み切った訳です。

今のコンデジは写りは当然ながら
耐久性や汎用性でも
IXY 200Fとは雲泥の差があります!

特に1210万画素のズーム比率4.0の
35 mmフィルム換算で28mm-112mmで明るさが
F/2.8-F/5.9だったのが、
PowerShot SX620HSに機種変更してからは
2,020万画素の
25mm-625mmで明るさはF/3.2-F/6.6だ。
レンズ構成は10群13枚で
両面非球面レンズは勿論、UDレンズ2枚も使うなど
蛍石と同等の画質を追及したモデルで
諸元をみつめても欠点は見つからない!
光学ズーム倍率 25倍も強烈なインパクトなので
模型の祭典や人混みを縫って撮影するような
アクティブな撮り方には威力を発揮するだろう。

その分、前述の『手振れ』がテレ端では是が非でも
影響著しく・・・丁寧に被写体に向き合う必要性
彼はまだ重要視してない証拠なんですね!

さて・・・そんな偕楽園を親友と訪れて
撮影と園内の散策に時間を掛けるのは
随分と久しぶりな感じですが、
ここは好文亭も例外なく訪ねて
林立する梅を一望できる場所にも立って撮影しました。
     ・
     ・
     ・
閑話休題、私は四季を通して全ての時期が好きなのだが
取り分け“夏”は、私にとっても思い入れの深い季節で
初夏の紫陽花から向日葵にと
数多くの草花が萌黄色に染まる季節は
猛暑日の気温だけでなく
私のモチベーションも大幅上昇するのです!
さて、まずは昨年の夏から年末までの作例を
少しずつ公開していく予定です(^_^)

 

 

2016/07/26 17:03
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/350
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/26 17:04
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/350
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/26 17:05
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/350
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/29 12:11
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/4.5、ISO-100、スピード1/2000、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:太陽光、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/29 12:12
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/4.5、ISO-100、スピード1/1500、焦点距離44mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:太陽光、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/29 12:13
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/4.5、ISO-100、スピード1/750、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:太陽光、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/29 12:17
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/4.5、ISO-100、スピード1/500、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:太陽光、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/29 12:18
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/6.7、ISO-100、スピード1/350、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:太陽光、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/29 12:20
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/6.7、ISO-100、スピード1/350、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:太陽光、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

まるで迷路そのものですよ(*^o^*)
同棲状態の彼女と あけぼの山農業公園にいった時の写真ですが
本当に人目に付かない辺境に、
こんなにも向日葵のある風景が
こんな身近にあったとは

正直いまだに半信半疑の私です!

 

 

2016/07/29 12:24
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDで
F/4.5、ISO-100、スピード1/1000、焦点距離209mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/29 12:24
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDで
F/5.6、ISO-100、スピード1/1000、焦点距離300mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/29 12:29
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDで
F/4.5、ISO-100、スピード1/750、焦点距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

先述のとおり去年の夏から冬まで振り返る事が
当面のBlogでの作品報告になりそうです

・・・が、やはり『自分が撮った作品』だけに
1枚1枚に思い入れがあって
どれを例に挙げても“私の写真”である!
上手だヘタレなどスキル云々以前に
自分がファインダー覗いて撮った作品を
こうして振り返ることで
被写体を撮る私の“癖”やアーキテクチャが
少しながらでも判るBlogの環境は素直に有難いですね?
そこは素直にWordPressといったCMS
(コンテンツ・マネジメント・システム)で
Blogの基本設計からセキュリティ対策のプラグイン導入まで。
チビが作った環境は非常に使い勝手に優れます!

Web Application Firewallなども導入している都合上
重めなのが玉に瑕ですが・・・。

文字通りチビさんの大手柄なんですが
私自身も個人でホームページを開設していた時期があるので
アクセスカウンターや
BBSのパーミッションなどを理解するために
HTMLやCGIにCSSといった
最低限のプログラミングの知識が今もなお役に立っています。

無論、焚書坑儒の著しいFC2 Blogから
一人立ちしてWordPressでBlogの情報発信を希望するなら、
MySQLにPHPといった更に難易度の高いスキルも
基本を撫でるていどは必要だし
そためには、レンタル・サーバー業者の選定も
そこに特化していると相性はグッと良くなりますね?

こういった諸作業・・・その気になれば私自身でも
完結できたマネージメントだったのだが。

ある程度、求められるスペックが高いにも関わらず
(ヒューマンリソース、機器的リソースも)
敢えてチビに任せて自分は撮影に専念するという
無言のアピールを試してみたが。
結果的に実績を作ったチビに反対する輩はいなかった様子だ
所詮“親バカ”目線の私からの寸評だし
スルーして一向に差し支えないのだが
この辺りの『処世術』や用心深さ
同年代の学生には到底真似できない“達人の域”

 

 

2016/07/29 12:30
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDで
F/4.0、ISO-100、スピード1/250、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/29 12:31
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDで
F/8.0、ISO-100、スピード1/180、焦点距離300mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/29 12:32
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDで
F/8.0、ISO-250、スピード1/500、焦点距離300mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/29 12:32
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDで
F/8.0、ISO-400、スピード1/1000、焦点距離300mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/29 12:33
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDで
F/8.0、ISO-400、スピード1/180、焦点距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/29 12:34
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDで
F/8.0、ISO-400、スピード1/750、焦点距離300mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/29 12:35
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDで
F/5.6、ISO-400、スピード1/1500、焦点距離300mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/29 12:37
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDで
F/5.6、ISO-400、スピード1/1500、焦点距離141mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/29 12:38
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDで
F/5.6、ISO-100、スピード1/750、焦点距離141mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/29 12:38
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDで
F/5.6、ISO-100、スピード1/750、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/29 12:39
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDで
F/5.6、ISO-100、スピード1/750、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/29 12:41
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDで
F/5.6、ISO-100、スピード1/1000、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

このBlogを書いている時点ですが
TAMRONから私が“便利ズーム”で愛用してる
TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDですが
遂にリニューアルされて発売されるそうですね?

私の旧モデルと比較して
「張り付く感じ」と好評を博した手振れ補正や
レンズのコーティングが更に高まっているとか?

2017年2月の終わりに発売だそうですが、
私はSIGMAであれTAMRONであれ
金色リングが施されたデザインが好みですね!

それに旧型の70-300mmも現役バリバリなので
今回ばかりはリプレイスは見送る方針です
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDや
TAMRON SP AF60mm F/2 Di II LDとも
お揃いの外観も大変に気に入っているので(o^∀^o)

春も「過去形」になる今日この頃 (04)

昨年のBlogで『Canonの大三元を入手せよ!』を
大変に長いスパンでレビューを書いたのが
今でも頭の中にハッキリと残っています。

そうこうして気がついて見れば
Lレンズで武装を始めた最近の私見として。

確かにLレンズは高いのですが
等価交換は“嘘”じゃ無い事が判りました
    ・
    ・
    ・
特にプロ用途を前提とした造りには
相応の理由があって、
実に多様な硝材や特殊コーティングに
防塵・防滴構造がデファクト・スタンダードになってます。

デパ地下やステーションモールなどで見かける
大河ドラマのA1を超えるクリアな紙質と確かな写り。
或いは歩行者天国などで街を歩けば目に留まる
様々なポスターやPOPに使われる写真など。
現在私たちが目にする商業写真の大多数は
こうした“プロ御用達”の
大口径ズームで撮影された物が殆どでしょうね?

無論、プロに限った『限られた世界』だけでは有りません。
カメラを趣味とする人間やハイアマ層にも
人気のあるレンズだけに、
メーカーは此処のフラグシップ・レンズに
莫大な投資とR&D(研究・開発)を行い、販売しているんですね!

私や彼女とて“リアル極限流”を地でいく
へたれカメラマンなので、
安くて写りが優れていれば実際に助かりますよ?

 

 

haru-kakokei-04_001

haru-kakokei-04_011
その典型例がレンズのサードベンダーから
リリースされて、今なお高い人気と
確かな技術力が凝縮された
TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDなどが
好例ですね?

同社の十八番とも称すべき『手振れ補正』
気持ちが悪いほどビシビシと被写体に喰らい付き
ファインダーでAFを定めたときは
抜群の安定感があります!
事実、Canon EF70-300mm F4-5.6L IS USMを
店頭で装着して当時70Dで比較しても
TAMRON側に軍配が上がったのを強烈に覚えています。

それでも純正側にシフトしたのは
AFの正確性や追認性能など
使いこんでいく間に不満も出てきたのだ

 

 

haru-kakokei-04_003
2016/04/05 14:08
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/2.8、ISO-100、スピード1/180、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

haru-kakokei-04_004
2016/04/06 11:18
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1500、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

haru-kakokei-04_005
2016/04/06 11:19
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/4.5、ISO-100、スピード1/350、焦点距離50mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

haru-kakokei-04_006
2016/04/06 11:20
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/4.5、ISO-100、スピード1/1000、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

haru-kakokei-04_007
2016/04/06 11:23
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Tokina AT-X 107 DX Fisheye F/3.5-4.5で
F/6.7、ISO-100、スピード1/500、焦点距離10mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

haru-kakokei-04_008
2016/04/06 11:28
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-200、スピード1/4000、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

haru-kakokei-04_009
2016/04/06 11:29
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/8.0、ISO-200、スピード1/500、焦点距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

haru-kakokei-04_010
2016/04/06 11:29
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-200、スピード1/3000、焦点距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

チビが愛用しているX5をはじめ
70Dや上越地方を生活の根城とする
新潟加納テック・・・かつての5D Mark 3という
フルサイズ・オーナーのカメラ本体も含めてだが-。
(彼が80Dをメイン機器に設定して、サークルからCanonフルサイズは消えたが)

「 写真はレンズで決まる」というフレーズは
私をカメラの世界に引き込んだ
X5デビュー以前から“活教訓”として
現在のデジタル時代にも立派に当てはまり、
レンズの重要性は日毎に増すばかりだ。

-とは云うモノの、フィルム時代の感光素材とは
比較できないほど、現代レンズには「直進性」が必要だし、
膨大なRAWデータも、
レンズと電子接点を正確に行き来できなければ
昨今の交換レンズは、まず無用の長物となる。

云わば「複合パッケージ」で
デジタル一眼レフを構築しないと
せっかくの投資も帯に短しタスキに何とやら
    ・
    ・
    ・
サードベンダーのレンズも最近でこそ
大きなトラブルは激減しているが、
私みたいに“初物好き”になると
不具合御免の人柱覚悟でチャレンジしなければ駄目なので
結構神経を遣う場面も有りますよ?

事実、EOS 80Dと一部のサードベンダーのレンズは
光学ファインダー使用時の
AF測距点が使えなかったりと不具合も散見できる。

こうして考察すると撮影時には、否
写真の世界に限った持論でないのだが
すべて人の行いには、利益(ベネフィット=リターン)と
不利益(リスク)が結果として表れるのであって、
何かとリスキーな部分ばかりに目が止まりがちだ。

そこをカバー出来る分の利鞘が見込まれるなら、
即断して売却したりせず修理可能な範囲かどうかを
メーカーのサポセンにTELしたり
ファームウェアの更新などで改善が期待できないなら
EVFとMFでの撮影でピントを追い込むなど。
結構面白い生活が送れますね?
それでも手持ちの外部ストロボである
(スピードライトの表現は、語呂が悪くて好かん)
PZ42Xが完全に使用不能になって
Canon 550EXを2個購入した経験則をもちます。

 

 

haru-kakokei-04_002

haru-kakokei-04_012
2016/04/06 11:32
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

haru-kakokei-04_013
2016/04/06 11:35
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

大して変わらないF値と
同条件のSSとISO感度ですが、
上の神社を含めた全体像がテクスチャの溶けた
失敗作になっていたのはちょっとショックですね?

そうかと思いきやチビが愛用している
Canon EF-S24mm F/2.8 STMで撮るほど近寄れないが
それでも『寄れるL単焦点』なので
下の超アップ撮影が意外なほど成功の歩留まりが
良かったり・・・上手くいかないものです(+_+)

 

 

haru-kakokei-04_014
2016/04/06 11:36
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/2000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

haru-kakokei-04_015
2016/04/06 11:37
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

haru-kakokei-04_016
2016/04/06 11:40
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/350
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

haru-kakokei-04_017
2016/04/06 11:42
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/9.5、ISO-250、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

自分でも『おっ?』と目を疑うほど
綺麗に撮れた成功例の組み合わせです
2枚目のF値が些(いささ)か中途半端で
手ブレ限界=1/焦点距離はあくまでも目安であって
被写体が勝手に動かなければ割合
このレッドゾーンを下回ってもキッチリと
いい写真は残せますね?

おまけに1枚目の背景のボケ具合も
見事に美しく仕上がっています!
(変に口径食を起こしたり、渦を巻いている様子も無い)
昼間撮影とはいえ、旧設計での手振れ補正なので
現在のような4段5段と助けてはくれません。
それだけに最近・・・特に旧本体70Dに
悲願だった大三元である
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMを手に入れてからは
やばい!と感じたら即、ISO感度を上げるか
カーボン三脚を敷設して撮るようにしてますね?

 

 

haru-kakokei-04_018
2016/04/06 11:43
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

haru-kakokei-04_019
2016/04/06 11:44
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/11.0、ISO-100、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

haru-kakokei-04_020
2016/04/06 11:48
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/2.8、ISO-100、スピード1/350、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

haru-kakokei-04_021
2016/04/06 11:48
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/8.0、ISO-100、スピード1/30、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

haru-kakokei-04_022
2016/04/06 11:51
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/8.0、ISO-100、スピード1/125、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

haru-kakokei-04_023
2016/04/06 11:52
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/11.0、ISO-250、スピード1/500、焦点距離42mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

haru-kakokei-04_024
2016/04/06 11:54
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/2.8、ISO-250、スピード1/6000、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

 

haru-kakokei-04_025
2016/04/06 12:02
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDで
F/4.5、ISO-100、スピード1/1500、焦点距離24mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF

 

本体(カメラ側)のAF性能がここまで技術躍進している。
普通に考えても“撮れないから無理”
撮影行為を憚(はばか)るなら却って怪しまれるだろうwww

私のようなサンデーカメラマンでさえ
撮影のイロハ(基本)を叩き込んでおけば、
優れた光学性能を秘める高性能レンズで
比較的らくに撮影が出来るようになるからだ。

でも裏返すと、撮影してる人間の技量が
ダイレクトに作品として写る訳だから
一層気は抜けない・・・というのが正直な感想だ。
そういう意味合いでは同じEOSの5Ds Rに
代表されるような5000万画素の到来も
あまり不自然さは感じない・・・。
なにしろ、ミドルレンジでさえCanonやNikon問わずに
2~3000万画素を超えている今、
明確な撮影意図を持たないと駄作の連発する危険もあるか?
当ても無く彷徨う“街撮り”も
それはそれで否定しませんが・・・

束の間の休息と、新顔EOS 80Dの雑感 (01)

月並みな報告で、なんとも味気ないのですがwww
このBlogを推敲してる時点の話ですが、
3月25日に発売された
Canon EOS 80Dを
無事に購入する事が出来ました!

勘の鋭い方は、ここのBlog辺り
何かと折に触れては“それとなく”購入の意思を
伝えていたのでビッグ・サプライズ!
・・・とはイカなかった様子ですね?(*^^*)

それでも手元のEOS 70Dが最前線で
ゴリゴリと稼働して貰わねば困る時に限って
やれダストが混入したり
センサー面にシツこい汚れが付着したり
その都度、デジタル一眼レフのシステムを
Canonの二桁機からエントリー機へ
操作デバイスが変わってしまうのは、正直イタダケません。

それにCanonの製品比較ページで
私のEOS 80Dと
新潟在住のオーナーの愛機でもある
EOS 5D Mark 3を比較すと
面白い事実が判明しました!

フルサイズとAPS-Cを比べるのも
ナンセンスと云えば所詮それまでだが、
有効画素数に映像エンジン、RAWファイルの記録画素数に
連続撮影速度に枚数も80Dが上回っているんですね?

EOS 5D Mark 3が勝っているのは
AF測距点が61点であるのに対し
80Dでは45点に抑えられてます。
それでも従来機種になった70Dでは19点なので
有り難い改善点ですがね!
ファインダー視野率も
EOSの二桁機の悲願でもあった100%を確保したのは
大きいですね!
    ・
    ・
    ・
こうしてスペックを改めて見直すと、
ミドルレンジの立ち位置であるキャノン新型デジタル一眼レフ
『EOS 80D』は、或る意味従来の二桁オーナーが
待ち望んだ機能を満載して引っさげてきたモデルとも云えるだろう。

場所や被写体を気にする事無く、
上位モデルに迫る性能・機能を搭載しており、
オールマイティーに使えるハイレベルなカメラとなっている。

 

 

 

easy-listening and eos80d_01_001

easy-listening and eos80d_01_002

easy-listening and eos80d_01_003

easy-listening and eos80d_01_004

easy-listening and eos80d_01_005

easy-listening and eos80d_01_006

easy-listening and eos80d_01_007

easy-listening and eos80d_01_008
今期80Dの一番の外観的特徴は
カメラ本体左サイドのHDMI端子やUSBに
各種リモート端子が細分化されて、
配置が見直された所であろう。

ほかにも写真の通りCanonのミドルシップでは
今や馴染み深いバッテリーも
新型の“LP-E6N”が採用されており、
従来のLP-E6バッテリーは店頭在庫のみとなる。

何よりも有効画素数や連続撮影速度などは
80Dが上回っているのでRAWの等倍角で撮影すると
6000×4000ピクセルなので、
今まで使用していた32GBのSDカードでは
「999」とカンストしないので、
今後は64GBのSDカードが最低限の条件となるでしょうね?

 

 

 

easy-listening and eos80d_01_009逆に云えば外箱から内容物の同梱品に至るまで
気持ちが悪いほど酷似しています

前述の通り、兄貴分の80Dは測距点が19から45へと
大幅なパワーアップを果たして、
私の第一印象ではファインダーの四隅に
別途、測距点が設けられたことで
決められたセンサー面積を無駄なく使って
AFが気持ち悪いほどビシビシと決まります!

45すべてがピント合わせに貢献しているので
クロス距離も当然の様に装備してある。

この大幅な測距点のチューンは
動きモノの被写体を追従するに大きな武器となる!
これが予想ですね?

購入先の店舗で伺ったところ、
低輝度でのピントも大変に良く
EV-3という同じCanonのフラグシップである
1D- X Mark2と同じというから恐れ入りますwww

私は同時発売のキットレンズなる類は
忌避する傾向にあるので
今回も80D本体だけの購入なんですが。

-それでもバッテリーグリップや
予備電池や視力補正レンズに
外出時はサングラスを多用する事から
エクステンダーを噛ませてラバーキャップを
別途注文して写真のように
グッと突き出た格好は「こうした理由」からですね!

 

 

 

easy-listening and eos80d_01_010
それよりも今回、バリアングル液晶の
保護フィルムが新型設計が手に入らなくて
KenkoのZetaシリーズ70Dタイプを
騙されたのを覚悟で貼り付けてみましたが・・・。
凄い見易くて使い易いですよ!
実際に70Dと80Dの背面写真を見れば
一目瞭然でしょう?

気泡も入らないでバシッと一発で張れたので
非常に助かってますし、
何よりも皮脂や指紋なども付着しないし
仮に付いたとしてもマイクロファイバーの不織布で
サッと拭いてやれば文字通りのピカピカに戻ります!
うーん、次のクレジットカードの締め日が過ぎた
来週には、早速旧機種にも、このKenkoのZetaフィルムを
買って張り付ける予定ですねwww

さて・・・キットレンズなる類は
忌避すると前にも申し上げました
だったら如何なるレンズをチョイスしてるの?
などという身内からの質問も相次いだので
ザッと割愛すれば今まで70Dで使用していた
レンズを、そのまま愛用してますよ♪
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USDや
TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDあたりも
お家芸とも称すべき「手振れ補正」の限界値が使いやすく
今回の低輝度でのAF合焦に寄与するEV-3という
機能も手伝ってか、
鬼の様にブレが収まってくれる
豪華仕様です!(o^∀^o)

SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMの
化け物ズームレンズや
SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSMから
SIGMA 50・85mm F1.4 EX DC HSMといった
単焦点でも、今まで以上に歩留まり良く
ビシバシと写せる印象です!

Canon EF24-105mm F/4L IS USMや
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4に代表される
F4通しの小三元も中々に良くて、
今までの機動力にプラスαの要素として
「表現力」も一層の磨きが掛かった写り具合ですね!

Canon EF135mm F/2L USMや
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMに
Canon EF300mm F/4L IS USMといった
最強ズームや最強単焦点
正直言葉として表現するのが難しいですよ?

今年の水城高等学校の茶道部の皆さんを
撮影するに当たって、
翌日までに手持ちのレンズ全てで
動作チェックとバッテリーの充電やら
フィルム張りからバッグの整理整頓まで。

正に防湿庫周辺は「戦場さながら」と
化したのですが、こうした戦場ならば
幾らでも大歓迎ですよね?写真を目指す人間ならば!

あと、こんなモノグサBlogを見てくれる
奇特なリピーターの皆さんなら気付いたでしょうが
高校生の茶会を問わず、
学生関係のスナップ写真を『限定公開』に
変更させて頂きました。
    ・
    ・
    ・
顧問の先生の意向を伺ったところ
完全に一般公開すべきガイドラインも
詳しくお話を聞いてきたので
今後は、そのレギュレーションに添う形で
写真撮影を継続していきます。

写真撮影は今後も行うプレゼンスに
何ら変わりはありませんので
今後も宜しくです!
早い話・・・『子供みこし祭り』と同じ
身内限定の公開になっただけの事です。

まずは旧機種70Dでの
近所の公園に訪れた春の報せを便りとして
皆さんに届けるとしましょう・・・。

 

 

 

easy-listening and eos80d_01_011
2016/02/25 14:56
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF24mm F1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

easy-listening and eos80d_01_012
2016/02/25 14:56
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF24mm F1.4L II USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

絞り開放でも、それは素晴らしい描写をする
Canon EF24mm F1.4L II USMですが、
周辺画像を安定させたいのなら
上記の作例比較のように少し絞るだけで
ビシバシとシャープな像を結ぶのは
サスガに『Lレンズ』の単焦点、
プロ御用達と云われる所以が判りますね?

光学系列に対して一切の妥協をしない
その敬虔真摯なCanonの方向性には
再評価を始めている私なんですが、
如何せん、お値段までが妥協しないモンスター設定なので
私や彼女みたいな“リアル極限流”を
地で行く写真の人間には辛いのが現実です

そういう意味合いでも純正レンズに
敢えて真正面から喧嘩売る形で参入した
SIGMAの24mm F1.4 DG HSMも
最後まで比較検討したレンズなんですが、
色々と情報を精査してた結果、
Canonの純正に決めた訳ですね!

 

 

 

easy-listening and eos80d_01_013
2016/02/25 14:57
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF24mm F1.4L II USMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

easy-listening and eos80d_01_014
2016/02/25 14:58
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF24mm F1.4L II USMで
F/11.0、ISO-100、スピード1/180
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

easy-listening and eos80d_01_015
2016/02/25 14:59
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF24mm F1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

easy-listening and eos80d_01_016
2016/02/25 15:00
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF24mm F1.4L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

easy-listening and eos80d_01_0172016/02/25 15:01
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF24mm F1.4L II USMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

easy-listening and eos80d_01_018
2016/02/25 15:03
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF300mm F/4L IS USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

easy-listening and eos80d_01_019
2016/02/25 15:05
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF300mm F/4L IS USMで
F/11.0、ISO-200、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

easy-listening and eos80d_01_020
2016/02/25 15:08
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF300mm F/4L IS USMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

easy-listening and eos80d_01_021
2016/02/25 15:14
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/2.8、ISO-100、スピード1/2000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

easy-listening and eos80d_01_022
2016/02/25 15:15
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/4.0、ISO-160、スピード1/125
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

easy-listening and eos80d_01_023
2016/02/25 15:17
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/4.0、ISO-160、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

easy-listening and eos80d_01_024
2016/02/25 15:19
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZEで
F/2.8、ISO-200、スピード1/350
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

うーん、やはり実際に自分がZeissのオーナーとなって
再認識させられる事も多々あるのですが、
こうしてPlanarの85mmがビシッと決まった時は
鳥肌が立つクオリティですよね?

撮影当日の日照条件や被写体との距離などによっては
いつも悩まされているパープル・フリンジも
或る程度は緩和される様子なので
近いウチに新型EOS 80Dでは
絞り開放の作品も、怖じることなく撮りたいですね!

 

 

 

easy-listening and eos80d_01_025
2016/02/25 15:22
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF24mm F1.4L II USMで
F/2.8、ISO-200、スピード1/125
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

easy-listening and eos80d_01_026
2016/02/25 15:23
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF24mm F1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

easy-listening and eos80d_01_027
2016/02/25 15:23
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF24mm F1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

easy-listening and eos80d_01_028
2016/02/25 15:24
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF24mm F1.4L II USMで
F/4.5、ISO-160、スピード1/90
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

easy-listening and eos80d_01_029
2016/02/25 15:24
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF24mm F1.4L II USMで
F/4.5、ISO-160、スピード1/2000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

この写真を撮った当時は
まだまだ冬の日差しが色濃く残るもので
この様に15時半前後でも、
ここまで差し込んで来るんですね!
ガツンとシャドー部分とハイライトな部分が
複雑に入り組んだ構図・・・どちらかと云えば
デジタル一眼レフというカメラが“苦手”とする領域ですが
ご覧のように明と暗を見事に切り分けています。

さて・・・今まで写真のレタッチや補正などには
Corel社から発売されている
Paint Shop ProX6を愛用してましたが、
バージョンをX8に上げたのは構わないのです。

新しくCanonやSIGMA、TAMRONに
Carl Zeissといったサードベンダー製品のレンズデータも
補正項目に入っているので頼もしいのですが
肝心のEOS 80DのRAWファイルが未対応なので
DPE処理しようとするとエラーで赤い画面に
変色してしまう事実が分かってしまったので
目下の所、CanonのDPPを使用してますが
これが、恐ろしいほど重たく
物理メモリ16GBを搭載したDDR-3の
AMD 6コアの990FX EX4とは
にわかに信じられないくらいに重いのだ!

-とにもかくにも、このアホみたいに激重たい
DPPを使うには或る程度まとめて
RAWの処理を行うよりも
1枚1枚ジックリと腰を据えて
使用したほうがベストな感じですね?

 

 

 

easy-listening and eos80d_01_030
2016/02/25 15:26
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF24mm F1.4L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

easy-listening and eos80d_01_031
2016/02/25 15:27
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF24mm F1.4L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

easy-listening and eos80d_01_032
2016/02/25 15:27
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF24mm F1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

easy-listening and eos80d_01_033
2016/02/25 15:28
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF24mm F1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

easy-listening and eos80d_01_034
2016/02/25 15:28
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF24mm F1.4L II USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

 

 

easy-listening and eos80d_01_035
2016/02/25 15:30
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF24mm F1.4L II USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光

 

まァ、どの道私がいつまでも
メインで使うカメラシステムを
70DとX5が混在している限り
一方に不具合やエラーが発生した時も
手間と暇が倍以上かかる訳ですね?

当然の流れと云えば所詮それまでなんですが
アイピースやバッテリーグリップに代表される
各種オプションで拡張や“使いまわしの融通”が利かない以上、
やはり現状では最もな組み合わせだったと
思いますね!

こに記事がBlogへ正式にアップロードされる頃には
新型80Dもだいぶ手に馴染んでくるでしょうから
上手くいけば佐倉ふるさと広場のオランダ風車「リーフデ」
http://www.city.sakura.lg.jp/0000000680.html
にて、サークルの親友と
久し振りに撮影行脚と話も弾むかも知れません!

その時に詳細を報告できたら
一番ベストですね?