TeraStation X」タグアーカイブ

Windows 7搭載機の道程は易し?(3)

キッティング作業に追われる年末年始、
親友の愁 聖爛も数年振りに
サーバ機器が設置してある私の家で遊んでいました。
(この事については、後日談・・)

新しいサーバPCはHP製の
Compaq business dc7900というモデルだが、
これを某中古屋で破格の値段で入手できました。

メーカーのページを見ると、
一応LCD無しのデスクトップPCと銘打っているんですが、
サポートしてるメモリ搭載量や64bitへの対応を見ると、
ワークステーションやサーバとしての用途に近いモデルと表現できます。

前の日記でも少し触れましたが、
自分がPCに求める性能も決してハイスペックである必要性が無く、
それよりも過去の知的財産が使える事が大前提です。
アダルトゲーム然り、バージョンの古いペイント系ソフト然り。
そうなると自ずとしてXP ProがOSとして筆頭候補な訳です。

もっとも今回のHP serverは
Windows Vista businessとのセレクタブル形態なので、
64bit版のOSメディアも同梱されている
非常にお買い得感のあるPCですが・・・。
メディアのDVDや取説・キーボードなどは未開封状態なので
前のオーナーが早く手放したんでしょう。
他にVistaの重たいレスポンスを解消させるためか
Radeon HD-3650の512MBのグラボが付属していて、
I-O DATA製のUSB拡張ボードが付いてます。

驚いたのはDDR2のメモリですね。
前述した64Bitなどを除き
概ね4GB前後で“32Bitの壁”に直面するわけだが、
16GBまでの物理メモリをサポートしてる様子なので、
将来的に64Bit版やUnix系列のOSで運用する時も安心かも。
ただ・・・今のPC-6400メモリだと、
同一メーカーで“デュアル挿し”を意識しなくても大丈夫だと
店頭で聞かされたので驚きました!
しかも、同じ容量でなくてもデュアル認識するとか・・・。
今時のメモリは利口ですよ!
(アンタ ノ アタマヨリ ワルイ メモリガ ソンザイスルカネ?)


くそ・・・正月明けから絡んできやがる(-_-;

結局CFD製の1GBを3枚買ったのですが、
1つが1980円なので
「超」が付くお買い得です!
(しかも新品)

私の知り合いも、
自作PCに於けるマザーボード関係で
店員から詳しい説明と“売れ筋の変遷”を聞いたので、
次に買う指標になった様子です。

それはそうと、
去年の暮れから起きたPCのトラブルなどで
中途半端な気持ちで新年を迎えたし、
自分の周りで起きた「主だった出来事」をズラーと書いてみましたww
(勿論、去年の分ですが・・・)


1) 工人舎のNetbook、SAシリーズを購入(後に愁 聖爛に譲渡)
2) 母親が亡くなる
3) AsusのNetbook、S101Hを購入(現行の移動書斎)
4) 新型TeraStation Xを購入(容量2TBで、Ts-02と命名)
5) 親友がFTTHを契約、のちにmixiに招待
6) 親友と2人でSkype導入、のちにサークル全体にも浸透
7) 法人向けのスイッチをNETGEAR製品で購入(8ポートタイプ、現在は満杯)
8) Appro Server 1224 Xのラックマウント・サーバを導入(Unix系OSを導入、菊地真サーバと命名)
9) DellのPower Vault 745Nという汎用NASを導入(如月千早NASと命名)
10) AQUOSの46Vの液晶TVを購入(数える程しか観ていない)

こうして09年に起った出来事を見てみると、
とにかくインフラ整備に手間隙掛けたなァと改めて思い返します。
“普通の使い方”をしていれば、およそ必要の無い
ラック型サーバなんか2台居座っているし、ネットギアのスイッチはチカチカと光るし、
TeraStation Xは唸りを上げて動画を貯めているし・・・。

ただ・・・困った慣例が1つ出来てしまった。
家で食事をする時間が殆ど取れない自分にとって、
ファミレスや近所のラーメン屋さんは有難い存在なのだが・・・。
自分が留守のとき、サークル仲間がそこの割引券やクーポン券などを
サーバのメンテや部品貸し出しに立ち寄ったついでに、
母親の骨壷の隣に置いて帰る様になってしまった。

日頃から外で食事を済ませる私が使うと安く上がる
「目立つから」という理由らしいが
骨壷と新旧TeraStation2台が同じ場所にあるのは事実だ。
週に2回ばかり薄く積もった埃を取るのに便利なので・・。

商売繁盛の神様じゃないので、位牌とかの周りを散らかす事のない様
説教するのが数ヶ月続いてます。

ネットギアの製品を購入しました

先日ですが久し振りにアキバへと繰り出して、
友人と行きつけの喫茶店で合流しました。

何でも職場が変わるらしく
残業が多いという事を聞かされましたが、
内勤が大半を占めるようなので正直安心しました。
今までだと、結構見知らぬ土地をまわる
セールス営業も余儀なくされていた様子なので、
交通事故などの危険もあり、心配してましたが・・・。

まァ
なんぼ夜遅く帰ってこようが
漏れがゲームに行き詰ったら
コキ使ってやりますよ
グヘヘヘヘ



正に鬼畜道!ww

ところで昨日は
それだけでなく、
NETGEARから発売されているスマートスイッチを購入してきました。
某電機屋さんには、お礼を改めて言いますデス・・。
店の中で友人と二人で散々紆余曲折した末に
購入は決めたのですが・・・。

何分にも友人が“この手”の
法人向けソリューションを見たことが殆ど無いので、
かい摘んで要点だけを分かりやすく
その場で解説するのも一苦労しました;´Д`)))

CISCOやアライド・テレシスのCenterCOMに
Juniper NetworksのNetScreenなども、
色々と豊富に取り揃えてる店も知ってるので、
散策してきましたが・・・結果、NETGEARに落ち着いたわけです。

メルコの10/100MBのハブからコレガのGigabitハブ、
そして今回のNETGEARの製品に落ち着いたわけですが・・。
購入したロットは
GS-108Tという機種です。

今回は友人とお金を折半して出し合い
購入に踏み切りました。
聖爛よ・・
汝の厨誠心、褒めて遣わす
無双4 Empiresの
修羅の難易度は任せるぞ!

(ナンダカンダ コジツケテ プレイ サセルンデスネ?)

⊂((@ ̄‥ ̄@))⊃

ええと・・上のラインナップを見ても分かりますが、
個人が使うには値段の高いシロモノです。
スイッチングHubに3万円以上もかけるアホは無いでしょう?


こんな具合に、無愛想なボール紙で梱包された商品の外観。
いかにも米国生まれの堅実な仕事っぷり・・・。
日本語表記されてるのはRoHSに準拠している旨のシールくらいなものです。

中にはNETGEAR・自信の象徴とでも云うべき
「ライフタイム保証」に関する記述と、
ファーストステップガイドにCD-ROMが同梱されてます。
勿論、全部英語ですよ・・・。

手に持った感触は
金属製ボディ採用なので冷たく、
何よりもズッシリと重さがある事が実感できます。
この後はIBMの鯖に
先ほどのCD-ROMに入ってる「SmartWizardDiscovery」なるプログラムを
インストールすれば準備完了です!
すると後は普通のルーターやNASの設定画面にいく手順と同じく
IPアドレスを打ち込んでやれば設定画面にいける訳ですが・・・。

さて・・・こんな業務用を購入した経緯ですが、
ここ数週間の間にLANを流れるデータがウナギ登りでして
並みのHubでは捌ききれない様子で、
度々リンクが切断される始末なんです。
特にXbox 360を遊んでいると最近ではよく起る症状で、
知らない間にXbox Liveとの接続が切れていたり・・・(-_-;

新型のNASを導入してからは、
外出先から自分のNASにアクセス出来る機能が大活躍なんですが、
知り合いに貸し出している(ファイルサーバの数GBを)人数分だけ
一斉に接続されるとLANが悲鳴を上げる訳ですなww


勿論、それ以外にも
流れるデータは山の様にあるので、
とにかくアップアップなのです!

そこで達した結論は・・・
もっとパワーや
耐久力の高い製品が必要だ

という事です。

当然、目をつけたのが法人向け製品なんですが、
とにかく高い!
それこそ19インチの1Uとか2Uタイプの高性能だと、
ベンツ数台分が楽に買える代物が
平然と売られている
訳だからww
個人でも手の届く範疇の製品を絞り込むだけでも
Webや街中で探したり、ソリューション営業部みたいな所へ
アポを取ったりと・・・大忙しでした。

でも・・・
さすがに値段相応で、今度は流れるパケットを余すところ無く
設定した通りにゴリゴリと活躍してます(^^;

中でも特筆すべき機能は
IEEE 802.3adに準拠した
Link Aggregationという機能で、
2本のLANケーブルを使用して二重に通信経路を確保するシステムです。
無論、TeraStation Xの側にポートが2つあるからこそ
出来る機能だし、
別途にLACPに対応したスイッチが必要なんですが・・・。

こいつを使うと、1本では流れるデータ量を賄う事が難しい場合、
論理的にLANを複数束ねて
大規模な高速道路に見立てることが出来るんです。
そればかりか運用してるポリシーを変更すれば
障害発生時には無事なLANへと即時切替が出来る
冗長化に特化した運用も可能なんです。

とにもかくにも
暫くは英語の設定画面と格闘する?日々が続きそうなので、
どうせならば苦痛ついでに
NETGEARのDLサイトから落とした
設定マニュアルの日本語化も同時進行させようと
悪戦苦闘の日々です・・・。

無料通話は、かく語りき

ココの日記でも少し触れた通りなんですが、
友人と私は同じキャリアの携帯会社で、
使っている機種もおなじベンダー製なのです。
その都合上、通話料が割安になるプランに互いが指名して契約してる訳ですが・・・。

母親が亡くなってからは、
家族も2人だけになり、所在確認の意味合いも込めて
父親も私と同じキャリアと契約。
-とは云っても、帰宅が遅くなる時に連絡を入れるくらいなので、
実質的には友人の何人かと、夜を中心に長話するくらいなので、
なんとか通話料を
今以上に安く済ませたい

という気持ちがありました。


すると知り合いから一言
Skypeでも本格的に導入したら?

う~ん、IP電話ねェ ⊂((@ ̄‥ ̄@))⊃

こんなヤリ取りが行われたのが、
最近の事。

ただ・・・Skypeの環境が整うまでには
友人が自作PCを完成させることが前提条件なので、
今まで手を出せずに。
無理矢理ネットブックに導入した結果、
惨憺たる有様にしてしまった苦い経験も・・。

そして、つい最近ですが
友人宅には自分が鯖で運用しているIBMのThink Centreの
上位バージョンをキッティングしてから
設置・運用となりました。

本来なら私が上位機種に乗り換える予定だったのですが、
ソフトウェアのライセンスが
旧機種からうまい具合に移動できず、
結局は今まで通りの機種で運用するに至ったわけです。

旧機種はセレロン2.8GHzの1GBメモリーにCD-ROMという
基本構成で、
Socket478であるのに対し、
新型はPentium4の3.0GHzでメモリーはDDR2 PC-4200の2GBデュアル。
775LGAチップでDVDドライブ搭載だから、
パワーの差は歴然・・・。

ま・・・ここはTeraStation Xを買ってもらった
お礼の代わりといっては何ですが、
くれてやりまスた;´Д`)))

さて、話を戻しSkypeの導入も
その新機種に導入してから一旦帰宅の途に-。
昨夜、通話を行ったのですが・・・。
以前の環境で試した時と違い、音声がクリアなので
正直驚きました!

私のほうは何の不具合も無く大変に満足できる品質ですが、
友人曰く
私の声にノイズが混じってしまうそうです。

不思議に思い、
Skypeのテストサーバに自分の声を録音してみると・・。
確かに妙なノイズが入る
昔あったドット・インパクト・プリンター
そっくりな・・・規則的なノイズが混ざってます。


う~ん何故なのか?
さっぱり原因がわからん

それに“ノイズが一方通行”というのも納得できない。

マイクロ総研のSuper OPT G-Fiveに於ける
QoSの設定に誤りでもあったのか・・?
そうは云ってもねェ・・・今まで帯域制御に関するノウハウなんて
何一つ興味も無く
調べたことも知識も無いので、
QoSに関しては素人同然なんですよ(-_-;

しか~~も、
WindowsXPの軽量化を突き詰めたりシンプルな構成を追及しようとすると、
真っ先に矢面にたたされるのが
“QoSのサービス停止”だからねェ・・;´Д`)))

愚痴をこぼしても仕方のない事なんで、
まずはQoSやVoIP全般にLANの構成から基本を勉強中?
ま・・・女の体も勉強中ですがww
(ヴァカ カネ キミハ….?)

10年来の友人を、mixiに誘いました

愁 聖爛というヤシです
お見知りおきを
ww

自作PCも、あれから不足していたパーツを取り揃え、
少しながらも完成に近付いている様子です。

FTTHが開通した最近は
ネットブックを使ってhttp://buffalonas.com/への
ファイルの受け取りや
Live Messengerを使っての会話をしていますが・・・。


やはりココはSkypeなどのVoIPで
無料会話
を実行したいものです。
いくら同じ携帯キャリアで「指定割引き」に加入しているとはいえ、
無駄な財政支出を抑えられるなら、
PCに精通している同士で
気兼ねせず話したいので・・・。

それを今まで無理してGeode 500MHzのAMD搭載の
ネットブックでメッセンジャーやSkypeを
使っていたので・・・彼のマシンにおけるCPUの使用率が
ほぼ100%でフリーズしてしまう現象が頻発してしまい、
いささか見切り発車だったかな?
-と、反省してます(・´ω`・)))

まァ・・・ココは
電話代を浮かして効率のいい
インフラ利用を促進させるためにも
彼には1日でも早く
PCの組み立てを完成させてほしい
モノです。

私の水冷ClientPCと同等のCPUなら、
パケットロスや過剰負荷に伴う
音声の遅延や切断は起こりませんからね。

もっとも本格的にSkypeの運用がスタートしたら、
既存のFTP接続やWeb閲覧などと
VoIPが衝突しないよう、
QoSを適切に設定しなければならないのは
私の役目なんですが-。

新しくTeraStation Xを迎えてから、
LAN内のトラフィックは確実に混み始めている。
Gigabit対応Hubも
マイクロ総研のSuperOPT GFiveとウマく噛み合って
今のところ問題は起きてないが・・・。

父親が“アンテナの必要ない地デジ”とかを
筆頭候補として、
応接間のTV買い替えを検討している・・・。
(私自身、昨今のTV番組に魅力など感じないので、必要も無いが)
ブルーレイ・レコーダーも当然考えているので、
この調子でいくと
LAN内の帯域がいつ逼迫しても不思議ではないのだ。

これが懸念材料ですね

細々したところも要チェック(TeraStation X考察 3)

効率的なエアフローを考えた結果とはいえ、
2基のUSBポートが背面に移動してしまったのは
マイナス点だ。

もっともTeraStationのシリーズは
従来よりNTFS方式ではなく
UNIX系のファイルシステムで管理されており、
単純にポートに挿しただけでは恩恵に与れないので、
ある意味、廃止しても差支えがないと思うのは
自分だけだろうか・・・?

逆に対応するUPS(無停電電源装置)のラインナップが増えたのは
サーバーを管理する人間にとっては
大きなアドバンテージだろう。

従来のAPC社製に加えて
日頃から縁の下を支えているオムロン社製が
新しくリスト入りを果たしたのは心強い。
そういえば、
自分の水冷クライアントPCを支えているUPSも、
バッテリーが古くなってきている・・・。

次に揃えなければならないのは
差し当たり
お買い得感のあるUPS
といった所だろう(-_-;

効果的なエアフローを考えた設計は解るんだが、
前面のフロントパネル・・・もう少し
「改良」の余地があるような気がする。
実際にトビラを開け閉めしてわかったんだけど、
パネル下部のシリンダーにキーを差し込んで回すと、
力が下に掛かるんで
ナナメに「たわんでしまう」のだ!

今がトレンドのネットブックだって、外観のみならず
ヘビーな使い勝手もある程度考慮されてか
まだまだ“頑丈”な気がする・・・。
それだけXの外扉がチープな感じが否めないのは残念ですね。

ローカルエリア毎に接続されたTeraStation Xは、
設定画面のIPを打ち込むと
そのまま詳細項目の画面に移れるわけだが・・・
新しいインターフェイスが
無茶苦茶に使いにくい!

Flashベースの読み込み画面を多用してるのか
詳しく解らないんですが、
設定項目で保存ボタンを押した後、
必ずといっていい程、
「しばらくお待ち下さい」のメッセージと共に
進行インジケータバーが表示されるのだ。


とにかくイライラさせられる場面です!

旧型の設定画面も
同じようにWebブラウザベースに違いは無いが、
余計なストレスを感じることなく
テキパキと項目から項目へと飛び移れる。
この「古き良きレスポンス」に戻ってほしいと思うのは
自分だけだろうか・・・?



とは云え、全体的に見ても
これまでシリーズ化されてきたTeraStationの
どのモデルよりも完成度は高いと思います。

旧型では、RAID 5構成で
運用中にエラーが検出されると
外装の分解・取り外し作業から始まって、
組み立て直しから・・・それこそ元の運用に戻るまで1日を使っていた大作業も、
ホットスワップの採用で大分楽になりますし、
何よりもサーバのダウンタイム短縮に繋がるのは嬉しいですよ。

Xでは厳選された部材を使用してるので、
信頼性も一段と高まり、
Gigabit LANでのスピードは
大変に速くなりました。

冗長性を高めたり、
通信の信頼性を確保するにあたって
機能の豊富さは有難いが、
肝心のWebブラウザでの設定が非常に細かく、
動きも緩慢
なので・・・“慣れ”が必要かも知れません。
ただ・・・ファンの風切り音は
旧来品とくらべて小さくなってるので、
サーバルームとして使用してる隣部屋が
私室の自分にとっては、安眠が期待できるかも?


実は亡くなった母親の十畳一間の部屋は
きれいに片付いており、

ここをサークルの新しいサーバルームとして活用しているんですが・・・。
親子二人だけになったので、2つあったセミダブルのベッドの一つを
廃棄処分にして、
部屋の広さもかなり取り戻した感があります。

北向きの窓一箇所しかないので、
生活臭が篭ることのない様、昼間はだいたい換気のために
空けておきます。

最初はこんな感じでテスト運用が始まったんだけど、
某大手のデータセンターの
管理経験もある外国の方(別称おちゃーん)から、
こんなドンブリ勘定な
管理は止めてくれ!

個人レベルでも出来る
セキュリティのシステムは構築可能だろ?

と、苦情申し立てが入ったので、
急遽知り合いにはExcelで入退室チェック表なるものを
作成してもらい、
普段から家に住んでいる自分や主要メンバーと、
ゲストで家に立ち寄る友人の為に
吊り下げ名札を作ってもらいました・・・。
日本語が達者すぎるおちゃーんは、正にサークルに巣食う癌なのです!ww

まぁ、ザッと上の写真の通りですが・・・。

格好つけちゃってさ、
自分の家なのに・・・好き勝手に動き回れないって、
おかしな話だぞ?(-_-;

あとは今までLANケーブルが剥き出しで
壁やカーペットに付けていたんですが、
さすがにコレでは見苦しいんで、
慣れない手付きでモールを取り付けて
ケーブル類を内包しました。

かなりスッキリと片付きました!

今後は
更なる冗長性を目標として
LANケーブルの追加購入と、
ポートのトランク設定。
それに新旧TeraStationnに散らばった
無数のフォルダやファイルを、公私の区別をかけて整理して
HDDのメタボ対策を敢行する予定!ww
あとはUPSの選定作業ですね。