Unix」タグアーカイブ

世界初のF1.8ズーム第二弾 (4)

取り敢えず嫁の蛍をはじめセーラームーン関係の人形や
クリスマスの時期にピッタリなツリー形式のイルミネーションに
街のライトアップなど。

存外“冬”も探したり自分自身で工夫するだけで
割合自分が撮りたい一コマって有るものですね?
     ・
     ・
     ・
落ち着いて考えてみると
自分がちょうどチビの年格好の頃は
麦球を利用した点滅ツリーが主流でしたね?
所謂“白熱球”と同じ放熱タイプなので
飾り付けや点灯には充分な知識が必要でした。
今ではLEDが主流なので
技術革新の恩恵を余すところ無く
享受できる環境に、素直に感謝しないと駄目ですね?

最近のデジタル一眼レフは此処まで進化している好例が
前のBlogで記載したクリスマス・ツリーの
イルミネーションの撮影なんですが。

低照度下でもソツ無く撮影できて
ノイズも最小限に抑制できる
テクスチャーの破断も微細で
残るべき黒や白は踏ん張って
飛ばすべき明暗は優しく溶けるようにボケが得られる。

一昔前なら明らかにプロの行う領域であり
私達素人は『カメラは日中に撮るもの』が
定説であって・・・それこそ天体現象の撮影など
夢のまた夢だった。

今では“打ち上げ花火”に適した撮影モード
宇宙からのスペクトルに最適化した
デジタルカメラがリリースされるのが日常です。

まァ・・・凄い時代に生きているなと
年始の筑波山・大御堂で
他人より遅めの初詣終えた
彼女と帰りのファミレスで雑談してました。

それでも彼女と私とは年齢が離れているので
ジュリアナ東京などベンツの福袋などは
完全に火星人の言葉で
???( ;´Д`)
-と意味不明な顔付きされるので
私の方が常日頃から“ジェネレーション・ギャップ”で
不要な気苦労与えたくないので
そこは上手に言葉を代替えして話すのが
最近の私が気を配っている事ですwww

そう言えばSIGMA 18-35 F/1.8 HSM Artですが
彼女もFマウントで購入したクチなんですが
アイツの分割払いは今年の暮れまで残っている筈だ。
     ・
     ・
     ・
なぜ揃いも揃って同じレンズを?
使っているカメラのメーカーが違うから
サスガに融通が利きませんね?

確かに世の中には他社製品のレンズを変換する
マウント・アダプターも存在するけど
所詮は“強引に付ける”に過ぎないから
何かと制約は多いし
仮にトラブルが起きてもメーカーも
サポート対象外の一言で返すのがオチですよ?
なにせ未だにCanonであれNikon然り
自社のレンズ以外は
不都合有っても取り合わないのが普通ですからね!
(つまりはSIGMAにTAMRONやTokinaなど)

それでも純正メーカーが振り向かないニッチな市場を
サードベンダーがどれだけ多く取り込んで
次の市場において“デファクト・スタンダード”を
提唱できるのか?
     ・
     ・
     ・
PCなどに基本ソフトウェア=OSとして
誰もが知るところのWindowsシリーズ
それ以外では極端に専門化・細分化しているので
やれUnixだのLinuxだの、OS/2だと騒いでも
誰も知らないし振り向かないでしょう?

ちょうど彼女と出逢う直前に
日本でも空前のブームを巻き起こした
ネットブックと総称されたPC市場だが

そこに搭載されたのがUbuntuと呼ばれた
オープンソースのOSだったが、
結果はご覧の通りすっかりナリを潜めてしまい
一昔前の隆盛をしる人間も限られる訳だ。

コマンドが苦手な初心者には敷居が高いし、
シェアが少ないので緊急時に情報が手に入りにくい。
結局Linuxは『研究者・開発者のOS』に過ぎず
LAMPが構築できますよ!・・・だから何なんだよ?
無用の長物だろう万人が使うには?
最初から“売れるOS”で物を見ていたライバルに敵う訳がない!

実際にOffice互換のフリーソフトも有るけど
これが操作方法やコピー・ペーストも
ショートカットが違うので従来のスキルが無駄になる。

事実『フリー』という言葉に釣られて
Lunux系列を展開しようとしたが
Windowsのバージョンアップより割高になった!
こんな笑えない事例なら
私も嫌というほど見ているからねwww
私はそうした海千山千の
チミモウリョウが巣食う職場にいた経験があるのでね!
例えば、私個人の“今”を見ても充分に当てはまるのだが。

「撮影生活(プロならビジネス)」を実現するために
“PCやIT”を活用するのだから、
“IT”と“撮影生活”は
目的が一致しなくては駄目なんだが・・・。
しかし蓋を開けると「ITを導入すること」が
目的となってしまい、元々の目的だった
「撮影にITを活用する」に形を成さない
本末転倒な厨二病があまりにも多過ぎるのだ!

それにはプロジェクトの要件整理・分析してやる事だし、
範囲の絞り込みから日時進捗コスト計算と、
ヒューマンリソースの確保と意思疎通の場を設け、
リスク管理部材調達から構成する。
最後に成果物の検証を行うとなお、良いかも(o^∀^o)
御多聞に漏れず、毎年の梅祭りでの撮影遠征や
土浦きらら祭りも、こういったマネージメント論が基礎になって
最終的にBlogに載るわけだ。

 

 

2017/01/01 12:08
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/2.8、ISO-400、スピード1/8000、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2017/01/01 12:09
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/2.8、ISO-400、スピード1/8000、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2017/01/01 12:10
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/2.8、ISO-400、スピード1/8000、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2017/01/01 12:10
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/4.5、ISO-100、スピード1/2000、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2017/01/01 12:18
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/4.5、ISO-100、スピード1/2000、焦点距離50mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2017/01/01 12:20
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/4.5、ISO-100、スピード1/1000、焦点距離85mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2017/01/01 12:21
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/4.5、ISO-100、スピード1/1000、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2017/01/01 12:21
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-100、スピード1/8000、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2017/01/01 12:22
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/2.8、ISO-100、スピード1/2000、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2017/01/01 12:25
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/2.8、ISO-100、スピード1/2000、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

野外での凧揚げや動植物を撮って
残念だった部分は、
手振れ補正機構を有していないことだ。

画質最優先のArtラインだけに
後から説明受ければ納得もいくのだが
この重さのレンズを手持ちで撮るのは
Tokina AT-X 828AF PROあたりで鍛えている
私ならともかく・・・日頃から手振れ補正の恩恵に与っている
ユーザーには相当の負担に違いない

また屋外で使用するに際しても
防塵・防滴でないので、天候の急変には
充分に注意したいところだ
自分の80Dや70Dでは周辺光量落ちなどは
絞り開放でも皆無だった

 

 

2017/01/01 12:26
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/2.8、ISO-100、スピード1/8000、焦点距離50mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2017/01/01 12:29
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/5.6、ISO-100、スピード1/1500、焦点距離25mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2017/01/01 12:29
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/5.6、ISO-100、スピード1/1000、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2017/01/01 12:30
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/5.6、ISO-100、スピード1/1500、焦点距離35mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2017/01/01 12:31
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/5.6、ISO-100、スピード1/1500、焦点距離18mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2017/01/01 12:32
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/5.6、ISO-100、スピード1/3000、焦点距離18mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

さすがに耐逆光性能は目を見張る“モノ”があります!
これだけ露骨に太陽光線を入れても
底意地の悪い破綻は発生していませんね?

右下に楕円形のゴーストが発生しているが
Tokina AT-X 280AF PROで
綺麗な数珠繋ぎを呈したゴーストを経験している私としては
フレアは苦手にせよ
ゴーストは表現方法の一部なので
大切にするように心掛けていますね?

勿論、ものには限度も有るので
画像全体が破綻をするならばNGですが
この程度のゴーストならば全然許容範囲ですね(^^)

 

 

2017/01/01 12:33
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Artで
F/5.6、ISO-100、スピード1/1000、焦点距離18mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2017/01/01 12:36
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/5.6、ISO-100、スピード1/1500、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2017/01/01 12:36
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/5.6、ISO-100、スピード1/1500、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2017/01/01 12:36
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/5.6、ISO-100、スピード1/1500、焦点距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2017/01/01 12:41
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-100、スピード1/8000、焦点距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

今回のArtラインに与する
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
一番の不満点は“最短撮影距離”に相違ない!

SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Art Artでは
思い切り近付けたレンズも
今回の仕様ではズーム全域で0.95mだ
最大撮影倍率は1:6.7で、
正直なところワイド端では
もう少し寄りたい!と悩ましく思えた。
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMでは
ワイドが70mmでテレ側200mmをカバーしながらも
1.2mに抑えているのだから
SIGMAには改良の余地があると痛切しました。

同社の単焦点レンズは
純正Canonと比較するほど沢山持ってますが
SIGMA 85mm F/1.4 EX DG HSMの
最短撮影距離を目標にするだけでも
けっこう動き易くなるのだが・・・。

 

 

2017/01/01 12:43
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/2.8、ISO-100、スピード1/8000、焦点距離50mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2017/01/01 12:45
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/1.8、ISO-100、スピード1/6000、焦点距離60mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

 

2017/01/01 12:47
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000、焦点距離60mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:分割測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.3.1

 

ほかにも実際に非公開ながら自分の彼女に頼んで
恒例のグラビア撮影でも100ショット近く撮ってみたが、
ポートレート撮影には
正に“僥倖”と例えるべき存在
ズームレンズならではの特徴と
単焦点レンズの画質を併せ持つので、
50mmと60mmの間とか
微妙なフレーミングを可能にしてくれる
このレンズは、スタジオ撮影でも大活躍だった。

特に自分のようにローンを組んでも
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSM Art Artを購入した
そんなシグマオーナーで有れば
絶対に揃えておくことで撮影がより深まり、
楽しくなるに違いない。

Canonの大三元を入手せよ!(10)

世捨て人・同然の私
それが今ではファインダーから飛び込んでくる風景に
一喜一憂しては、やれ焦点距離だの
やれF値が暗いと喚いては試行錯誤の日々である。

当初では自分の備忘録をWebに残して置き
それを反芻する事によって
少しでも“一瞬を逃さない事”を活教訓にしようと
始まったのが今のBlogなんですが・・・。

撮影を始めてから、もう幾年経つのか?
とにかく駆け足の様に早く過ぎていく日常

ただし、中身は数倍も濃い生活を送っているので
「退屈」とは無縁の充実したデジタル一眼ライフですね!

まァ、私には今でいう所の『ブラック派遣企業』
散々好きにコキ使われた挙句
お前がいると派遣先の会社からクレームが大量に舞い込んでくる
いますぐ出て行け!
とまで出し抜け様に解雇宣言。

解雇するには数か月前からの通達がなければ違法なんですが、
その東京に本拠を構えるクソ企業は、
そんな事は御構い無しなんですよ!

二重&三重派遣は当たり前、ピンハネは60%で
外観と中身が180度真逆の“ITヤクザ企業”なんで
そこを出てからは自分の持つPCやサーバ・ネットワークなどの
スキルは完全に封をして、自分の曾ての住みかとした
IT関係とは無為無縁の生活であった。

キッカケは個人情報が絡むので
上手くフェードをかけますが・・・。

自分が持ちうるMS-DOS 3.3cからWindows 95や
現在のVistaや7・・・他にもUnix系列のSolarisや
LinuxのDistributionであるUbuntuや
数々のコンピュータ言語は、
知り合いの女の子が独りで悪戦苦闘しながら
少しでも私から技を盗もうとしてました。

 

 

canon-3lenz_10_001.jpg

2015/08/09 10:44
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-200、スピード1/125、距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_10_002.jpg

2015/08/09 10:46
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-200、スピード1/500、距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_10_003.jpg

2015/08/09 10:48
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-200、スピード1/600、距離90mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

今まで市川の動植物園で
撮影したなかでも群を抜いてキレイに写っている孔雀です。
購入時に、いつもお世話になっている
カメラフロアの方に伺った通り
正に当代無敵のズームレンズです!

絞り開放でここまで叩き出す能力は
半端じゃ有りません!

知り合いのフルサイズで撮影しても周辺画質に
なんの不安要素も無かったのは今でも鮮明に覚えています。

ましてやAPS-Cに装着すれば
文字通り『開放専用』と居直って使う手も有りでしょうww

確かにヤフオクとか楽天市場をはじめとする場所には
検索すると旧型がゾロゾロと豊富にありますね?
旧型の独特な甘ったるい解像感が欲しくて
わざと旧型を買うオーナーの話も色々と読みましたが。
このCanonのEF70-200mm F/2.8L IS II USMに
関して云えば間違いなく最強ズームレンズです!
後は孔雀がキレイに羽を開けた時を
狙いたいですよね?

なんだか自分の腕前までが一足飛びして
上達した錯覚に陥る
ので、
“或る意味、恐いレンズ”とも喩えが出来ますね!

そう云えば、今年はチビを連れてここの動物園に来るのも
まだ数える程しかないな・・・。

 

さてと色々と諸事情あったのですが
遡る事2013年・・・そこに
後継ぎが出来たのだが
血の繋がりは一切ない
(無論、彼女との隠し子でもないwww)

-が、待望の男の子で
オマケに現在の医歯薬理工系の女子が
サークルの実に90%を超える勢いで占める中、
私にとっては長い間待ち望んだ
正当後継者である

怜悧だし思いやりも有る。
自分の手に負えない事は、大人の私達に隠さないし
自力で成し得た事柄も、
常に周りの友達のお陰と
一歩下がって報告するあたりは、驚かされます。

余りにも良い子が過ぎるので
少し線が細過ぎるかな?
もっと野放図に・・・とだけ御説教しますが。

 

 

canon-3lenz_10_004.jpg2015/08/09 10:53
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-400、スピード1/60、距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_10_005.jpg

2015/08/09 10:54
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-400、スピード1/45、距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_10_006.jpg

2015/08/09 10:55
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-400、スピード1/45、距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_10_007.jpg

2015/08/09 10:55
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-400、スピード1/60、距離190mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

ようやく“まともに人前に出せる”鳥類の写真が
こうして発表できるのは
嬉しいやら気恥ずかしいやら(≧∇≦)

とにかく「目」にピントを合焦させようと
強く意識しながら構えても
実際に等倍鑑賞してみると
クチバシや他の部分にズレているので
中々大変なのです。
その中でも・・・この作品は割り合い
キレイに仕上がった方だと思います

 

 

canon-3lenz_10_008.jpg2015/08/09 10:57
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-400、スピード1/500、距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_10_009.jpg

2015/08/09 10:58
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-200、スピード1/250、距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

女の子が膝に抱えた状態と、
まんま「素」の状態を少しばかり
覗き込む形で撮った2つの作品ですが。

ISO感度が違っているだけで
後はフレーミングの違いだけで
ここまで印象の違う絵が出来上がるので、
やはりカメラの世界は奥深いですね!

 

 

canon-3lenz_10_010.jpg2015/08/09 11:01
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/180、距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_10_011.jpg

2015/08/09 11:02
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/5.6、ISO-200、スピード1/250、距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_10_012.jpg

2015/08/09 11:07
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-200、スピード1/1000、距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

最近では、
こうして子供達の日常を撮るのも多くなりましたが。

これが知り合いの子供達や学生の場合は、
前もって打ち合わせをして
カメラ目線でポージングして貰う
のが
撮る側も簡単でゴリゴリとシャッター押すのも良いでしょう。
実際に、その方が遥かに楽で
尚且つクオリティの高い作品が出来ます!

-が、時には別の見方として
何の打ち合わせも備えも無い
一発勝負なフレーミングも面白いでしょう!
当然、市川動植物園が勝手知ったる場所だとしても
子供達には初めての体験が殆どでしょうから、
予測不可能な動きをみせる被写体を追尾するのは
至難の業でもあり
楽しくも有るのですが(^^♪

 

 

canon-3lenz_10_013.jpg2015/08/09 11:08
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-200、スピード1/350、距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_10_014.jpg

2015/08/09 11:10
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-200、スピード1/350、距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_10_015.jpg

2015/08/09 11:19
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-200、スピード1/350、距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_10_016.jpg

2015/08/09 11:19
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-200、スピード1/350、距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_10_017.jpg

2015/08/09 11:19
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-200、スピード1/350、距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_10_018.jpg

2015/08/09 11:22
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/6.7、ISO-400、スピード1/250、距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_10_019.jpg

2015/08/09 11:23
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/6.7、ISO-400、スピード1/350、距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_10_020.jpg

2015/08/09 11:23
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/6.7、ISO-400、スピード1/350、距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_10_021.jpg

2015/08/09 11:26
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-200、スピード1/350、距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

特に、ここのレッサーパンダに関しては
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMの
圧勝のような感じである。

知り合いに頼まれた模型や人形の撮影
或いはモデルさんとの撮影は
普通はスタジオやフロアの一角を使うのがセオリー
だが、
そうした三脚でドッシリと構えて
厳密なMFでピントを追い込むなら
Tokina AT-Xの280や828AF PROの得意とする場面だが、
こうした動物園などでチョコマカと動き回る小動物だと
どうしても今までなら昼間でもISOを高めに設定して
相当量の連写を余儀なくされたが-。

このCanon EF70-200mm F/2.8L IS II USMは
ピントの合焦スピードは爆速であり
殆どの“動きモノ”が、思い描いた通りに撮れるのだから
凄まじいの一言に尽きる!

実際にファインダーを覗いた瞬間から
帰宅してサーバでDPEの完成図が想像できるほどに
クリアな視界と明るいF値は、
オーナーの期待に応えてくれるだろう。

彼女にも数日間、この
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMを
X5の本体とバッテリーグリップの3点セットで貸して
フィールドテストの感想を聞いたのだが、
「間違いなく最強ね!」と、太鼓判を押してくれたww

この時に見せた彼女の鋭い眼光は
私も初めての経験だったので驚きましたよ!

あー、こいつでも
こういう表情が出せるんだ!
・・・みたいな感じです。
どちらかと云えば本屋でのアルバイトや
モデルをやっていた都合上
ニコニコ笑う方が9割を占めるので
新しい発見でしたね!www

 

 

canon-3lenz_10_022.jpg

2015/08/09 11:32
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-200、スピード1/350、距離190mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_10_023.jpg

2015/08/09 11:34
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-200、スピード1/90、距離190mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_10_024.jpg

2015/08/09 11:35
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-200、スピード1/2000、距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_10_025.jpg

2015/08/09 11:40
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-400、スピード1/125、距離100mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_10_026.jpg

2015/08/09 11:57
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/8.0、ISO-100、スピード1/250、距離70mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_10_027.jpg

2015/08/09 11:59
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-200、スピード1/1500、距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

洋の東西問わず、それが
人間であろうが動物であろうが
赤ん坊や子供が可愛いのは当然だし、
周りの人間がもたらす影響や環境によって
大きく未来設計図が変わってくるのは
想像に難しくない。

それだけに私達が歩んできた
“黒歴史”や“隠していた過去”なども
私のチビには包み隠さず教えているのですが-。

思春期真っ盛りのチビなので
当然『反抗期』らしい?部分
も有るんですが
どうやらファミレスで落ち着いて
食事しながら話を聞いてやると
もっと構って欲しい!そうで・・・
やれやれデス)^o^(

チビも私の元に来てから数年が経ち、
それまで知らなかった世界や
色々な人種とも交流させたのが、懐かしくも
ちょっと気恥ずかしい「帝王教育」だろうか?
己に免罪符を与える為の!

一風変わったな生活環境なので、別段意識して赤ん坊の時から
ネイティブ・スピーカーなんぞと
野卑な企みをしなくても、

気が付いてみれば今のチビも
そこそこの読み書きが出来るようになっている。

そう、学習に関しては
常に論理的な思考を持っているので、言語や議論など。
ディベートの潜在能力を意味するロゴスの部分と、
ともすれば激情家に散見される感情のエネルギーや
熱意や感動などの高まり・・・即ちパトス

この2つがチビの人格形成に
大きく係わってくるのは間違いない

因みに私や彼女はチビや友達に対して
勉強と云う言葉は、断じて使わない!
無理矢理強いる・・・では、ガン無視されるのが関の山です。
学習していく・・・真似るが学ぶ、という奴ですね!

 

 

canon-3lenz_10_028.jpg

2015/08/09 12:03
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-200、スピード1/750、距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

 

canon-3lenz_10_029.jpg

2015/08/09 12:03
撮影機材カメラ:Canon EOS 70D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-200、スピード1/1500、距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光

 

最近ではサークルの週末になると
新旧問わずKOEIの無双シリーズで遊んでいるのですが、
上記で示唆したことが
そのまま操作キャラクターの人気ランキングにも
チラホラと出てきたのだ。

どちらかと云えば
諸葛亮孔明さんはランキングでも
底辺をうろついてるし、どうにもパッとしない

事実、最近の研究や
所々雑多な民間の伝承を丹念に紐解くと
私達が漫画やアニメでお馴染みの
「蜀=正統後継 vs 魏=簒奪者」という
単純な方程式では読み解くのが難しいのだ・・・。

だからこそ歴史は面白く
教科書開くのも面倒くさいと
誰かさんの様に?口癖の学生からも
歴史だけは人気のある分野だwww

-ともすれば荊州の文学サロンから
大志を抱いて今でいう所の“劉備ベンチャー”の傘下に
鳴り物入りで飛び込んだ諸葛亮
も、
劉備さんが亡くなってからの人事政策にはミスショットが目立つし
どうにも北伐での戦線ひとつを例にしても
現場経験豊富な魏延たちと
“反りが合わない”のも
サークルのメンバーが嫌がる場面なのだ。

確かに『学問の上で戦をする』
という毛色が強すぎるのでロゴスが行き過ぎる
こういう滅びの美学を自らトレースするを見るのは
すこし学生連中には辛いかも知れない。

 

 

片やライバルの司馬懿仲達さんは、
今は亡き声優の熱演も十二分に後押ししたのが功を奏したのか、
最近の人気ランキングや
操作キャラの3本に食い込む程の人気である。
司馬懿は若年の頃から博覧強記・才気煥発で知られ
    ↑
(広く物事を見識って、応用のきく確かな記憶力。
キラ星の如く、すぐれた才能が外にあふれ出るさま)

『晋書・宣帝紀』にある一文からも、
司馬懿は苛烈な性格であったが感情を隠すのがうまく
常に自分を律し
冷静なコントロール下に置いた
・・・とされる。

晩年の公孫淵征討戦でも出てくる有名なセリフ、
戦闘には5つの勘所がある。戦うか守るか、逃げるか降るか、
死ぬかだ。お前達は降伏の道を捨てた!

この場面でノックアウトされた腐女子が
相当多いのが窺い知れる
(o^∀^o)
(まァ、私もそのクチですがねwww)

 

 

そう、パトスの化身とも云うべき存在だが
ライバルの諸葛亮が53~4歳で
今風で云う「過労死」で先絶つのに対して
司馬懿は70以上の天寿を全うできたのも
大きなファクターだろう。

ライバルより20年も時間が有れば
政権交代の1つや2つは普通に傍観できるし
一族の長子が成長していくのも充分な時間だ。

パワー有れど、宝の持ち腐れ(WindowsかLinuxか-2)

因みに私の場合、HP社製のdc7900 MTは、
モジュール規格こそ古めのDDR2だが、
それでもPC-6400で最大16GBまでサポートしている。

それだって「セレクタブルOS」として付属してきた
Windows Vista/Business 64bit版を入れて何ぼの恩恵があるに過ぎない・・。

マコサバこと、Appro 1224XはECCの6GBを搭載、

今回Linuxをベースとするものの、
ファイアウォールに特化したUbuntuとして導入され、
順次カスタマイズを行っている「萩原雪歩サーバ」こと
ユキサバ

この娘サーバに至ってはElixirのCFDでHPと同じ規格のメモリだが、
1つのモジュールで2GBを搭載している
即ち8GBの物理メモリだ・・・。

NEC Express 5800/SG300cの技術仕様に目を通すと、
DDR2のPC-4200のECCを推奨とあるが、
HP dc7900 MTからテスト作業でスロットに挿した所、
BIOS上でもOS上でも認識されたのでラッキーでした♪

高い買い物でしたが、
メモリモジュールが共通して使いまわせる・・・となれば、
将来OSを切り替える際にも「足かせ」には至らない筈だ。

まァ、正直言えば・・・
8GBのメモリ搭載して何をするねん?
-と、チョッカイ受けそうですが;´Д`)))

因みに、このユキサバには
「Intel PRO/1000MT-Dual Port/Server Adapter」という
133MHzに対応し、
ギガビットの帯域に十分に対応できるバスになっています。
ハーフレングスPCIって奴ですね・・・175mm規格の。
フルレングス規格だと、312mmと、お化けみたいな長さになりますww

元々ラック本体がGigabyte製のサーバボードを採用し、
Gigabit LANを背面に2つ有するので、合計4つのLAN。
ファイアウォール兼2ndルーターとしては“正に打って付け”なのです!

ハードウェアが高スペックになると、
個人では中々Windows系のServer OSは手が出せないし、
Windows系列に固執する必要性も無い。
実際私がHPのクライアントマシンを購入したのも、
エッチゲームと同人ゲームの資産を動かす事を前提
として選択したのだから。

ましたや、それが64bitのOSにすると・・・ゲームは動かない、
セキュリティソフトの対応も始まったばかり、IEも32bitと64bitに
分かれてる有様だし・・・複雑な構造シュミレーションや
3Dグラフィックスを作るわけでも無し。
仮に動いても、動作の保証が取れている訳でも無いし。
窓辺ななみよ
おまえもか!


そんな思いはWindows 7の発売前後から感じていたが、
ここ半年ばかりの間に・・ますます強く意識してますね、自分も-。

自分にとってXPの32bit OSは
エッチゲームやDVD&フルHDのエンコード、
勝手知ったるOffice 2003 Professionalを動かす
「文房具や趣味の匣」と割り切ってる。
昔使っていたNEC 9801 RX-4と同じ位置付けだ。

小さいサークル故に予算も限られているし、
サーバ系列を理解してる人間も殆ど居ない-。

金銭的リソースと人的リソースが圧倒的に不足してる中、
唯一潤沢にあるのが「高いスペックPCと有り余るメモリ」だ。

こうして数年振りとも云える「昔の職場」で使っていたOSを思い出し、
Unixから派生して、
進化や変遷を遂げたLinux DistributionであるUbuntuに落ち着いた。

NEC Express 5800/SG300cの使い道は?

暫くの間、mixiに顔を出さず、
特にマイミク関係者には御心配を掛けました。

最近ではXbox360も・・すっかりご無沙汰で、
殆どオンラインになってませんからね~。

まァ理由は幾つかありまして、
1つはXbox360でプレイしたいと
強く思うタイトルがリリースされてない
事。
特に昨年暮れから今年初めにリプレースしたHPのニューマシン移行に伴って、
搭載されているRadeon HD 3650のポテンシャルを楽しみたいと思い、
少し古めのタイトルですが
「無双orochi Z」のPC版をサルのようにヤリ込んでる最近なのですww

第2サーバ室で稼働中のマコサバこと、Appro 1224XとDELLの汎用サーバである
千早サバことPowerVault 745Nに引き続いて、
NECのファイアウォール・アプライアンスである
NEC Express 5800シリーズのSG300をつい最近購入したんですが、
ライセンスが失効状態の品物なので
取り敢えずはUbuntu 9.10とSquid 2.7で導入して、
ゆくゆくは設置出来ればベストかな?
・・・などと考えている近況です。



そう云えば当のUbuntuも遂に
10.04 LTSがGW中にリリースされましたね。
この長期サポート版は実に2年振りでして、
これより1つ前のDistributionは8.04だっけ?
もっとも、その頃はUnix系列のOSに手は出していなかったので、
自分は比較のしようも無いですが・・・。

今回のLTSは前々回と前回・・つまり9.04と9.10のブラッシュアップと
自分なりに位置付けてます
が、
日本語Remix CDのDLが可能となる以前から
技術情報に目を通した結果、
サーバ機器への導入は1ヶ月遅れ
になると計画立てています。

実際、9.04から9.10への鞍替えを
満足な動作検証も行わず独断先行した結果、
サーバが軒並み使えなくなり、サークル上層部の面々から
散々苦情や罵倒を受けた苦い記憶があるので・・・(^^;

そんな反省から今では新品・中古問わず既存のインフラに手を加えるときは
MSのProject 2003で綿密なガントチャートを作って、
それぞれの担当が受け持つ作業を“可視化”させる事を徹底しています。

そして何か不具合やバグが見つかった時は、
WANから機器が設置してあるLANへと接続し、
Access 2003で作った
情報共有型の掲示板に書き込むスタイルをとってます。

これも最近では機能の限界を訴えるメンバーが増えているので、
オープン系でグループウェアを構築しないとヤバいかも?


でもな~、自分の技術力じゃLAMP環境をまとめて揃えるのは酷だし、
-とは云え、所詮個人でチンマリと運営してる都合上、
ロータスNotesやサイボウズを導入する訳にもいかないし・・・
どうするか?

まァ、ここまで規模がデカくなるとは、数年前では予想だにしなかったので、
ある意味朝から深夜までドタバタしてますがw

いずれにしても、もう暫くはmixiやXbox360に
積極的にアクセス出来るのは先になりそうです・・・orz

Ubuntu運用サーバがダウン・・・(1)

Ubuntu Distributionも総合的に観て、
周辺機器の認識率の高さや、
HDDの自動マウントが正しく行われるなど、
大幅な改善が見られた9.10・・・。

一部日本語FEP(フロントエンドプロセッサ)環境が
SCIMから訳の分からんIBusになるなど不満な部分があるのも確かです。



しかしながら、今、一番私の頭を悩ませているのは
“安定性の無さ”でしょうか・・・。

とにかく9.04時代は、なにかエラーがあっても、
大体のトラブルはBIOS画面からGRUBの呼び出し中に
Escキーを押してRecoveryモードで遡って起動すれば
殆どが解消されました。

ところが・・9.10にメジャーアップしてからは、
トラブルの連続である!

際立って多い症例は、
突然としてUbuntuが吹き飛んでしまうタイプだ。
具体的にいうと、GRUB Error 17というメッセージが出て
固まってしまうヤツだ。
どうやらUbuntu本体のインストールは正常に完了してるので、
GRUBを正常に読み込ませるノウハウが在れば何とかなる様子だが・・。

Ubuntuの日本語コミュニティでも、幾つか似た症状の報告があったが、
正直言って
どれもこれも理解に苦しむ

LiveCDから起動して端末とやらを立ち上げて、
意味不明な文字列を延々と打ち込む。
それでスッキリと直るなら良いのだが・・・殆どの施策が効果無しである。
いざという時にOSが“コレ”では使い物にならない。

ましてや自分はUnix系列の知識が少ないのだから。
次に余っているWindowsXPのライセンスとメディアを使用して
外付けDVDドライブからインストールを試みるも・・・
これも失敗!

インストールに行く手前でブルースクリーンが表示されてしまうのです。
ただ・・・これらの症状はHPのサポートサイトでも報告があったので、
何とかなりそうですね。
Windows XP をインストールすると、セットアップ画面の途中で
STOP:0x0000007B のブルースクリーンが表示される場合があるが、
(AHCI) Controller に対応していないことからブルースクリーンに
なってしまうそうだ。

幸いな事に・・・これと同じ症状を打破すべく記事が
2月号のPC-Japanに掲載されていたので、
近いうちに検証・実施の予定だ(*^-^*)
(この雑誌も、たまには役に立つんだな・・・)

まァ、元々運用してるマシンがラックマウント型のサーバだし、
何かトラブルが起きても「自己責任が基本」の各種Distribution・・・。
(Red Hatのような有料サポートを付加した商用Linuxもあるが、高くてとても・・・)


しかも最近に至ってはマコサバと千早サバの
2台同時が起動不能という深刻なトラブルに遭遇!

しかし・・・手掛かりがまったく無い訳では・・。

この2台に共通してるのは、突然GRUBのエラーになった事実。
そして、9.10にメジャーアップしてから小さなトラブル、
ソフトウェア・パッケージの破損などが続いていた事実だ。
マコサバの基になっているのは骨董品ともいえるAppro 1224Xで、
物理メモリの認識不足解消を補う点から、
カーネル部分だけをサーバ仕様に挿げ替えたりと・・無茶はしてる。
-が、DELLのPower Vault 745Nまでが同じ癇癪を起こすというのは
いただけない・・・(-_-;

そんな訳でエロゲー専門マシンの後継者として
HPマシンは輝かしい船出?を切ってバリバリに稼動してるが、
IEEE802 3ad準拠のポート・トランクによるLAN冗長構成や、
SquidによるProxy設定の高速化の恩恵など・・・。
サークルのインフラを“文字通り底辺から支える”Unixラックマウントが、
大変な事になっている・・。

お陰でセミダブル・ベッドが敷設してある
サーバ室で寝泊りする日々。

Forza3で自分が納得できる痛車のデザインに集中できるのは
まだ先になるかも知れないです・・・(×_×;