Windows 95」タグアーカイブ

帰れ、50mmの標準域へ (03)

なぜ私のBlogは『読み取り専用』なのか?
たまにだが運営している自分自身でさえ
“不思議”に思えてならない。
勿論これには“Blogの炎上”や
余計な厄介事を防ぐ意味合いから
こうした設定にしている訳だ。

一応「コメント欄」こそ残しているが
これが正しく機能するには、
Blogにログインする必要性があるわけで
それには私からの「招待制」の限定公開記事や
コメントを可能にするための「会員登録」と
パスワードの貸与が絶対条件になります!

それには最低条件として「現実世界」で
撮影仲間として顔見知りである事が条件なので
「相互リンク」だけでは、絶対に許可しないわけだ。

私は投稿しているBlogの書き方から推察できる通り
私の最優先事項である『写真を撮ること』が
大原則として存在するサークルですね!
それ故に私の発言はBlogにおいても過激であり、
他人を気遣うセリフや配慮に欠ける場合も多々有りえますが・・・。

まだWindows 95の時代から
(厳密にはMS-DOS時代)行なっていた
パソコン通信なるものも経験して
自分が好きなジャンルの「草の根BBS」にも在籍してましたが
理論武装のオバカ連中に多対一の袋叩きにされたりして
散々苦汁を舐めてきた記憶は、死ぬまで忘れないでしょう。
“多対一のイジメ”を経験して散々苦汁を飲んできた私は
思案の結果・・・・ネット世界と現実世界に
『ひとつの線引き』をつくる事にしました。

そういった数々の反省点を考慮して
私のBlogでは『原則・書き込み禁止』で
文字通り私の写真という成果物や
主義主張を一方通行に発信するに至りました。
逆に云えば此処のBlogでコメントや
レスポンスが存在する場合は
サークルの厳しい審査をパスした
選ばれた撮影仲間と考えて構いませんね?
それこそが情報発信の場所では
必ず『読み取り専用』にして無用なデジタルノイズを拾わない!
このような結論に至り、現在にまで続く訳だ。
したがってTwitterも行わないし
インスタントが何とかも必要ない。

自分にとって有益な情報源である
FacebookとBlogの二つだけで充分なのだ!
『読み取り専用』とする以上
よほど私が脆弱性のあるシステムや
強度の弱いパスワードを使ったり
リアル親友の選定でミスを犯さない限り
この記事を見ているアナタ達には“なす術”が無い。

それゆえに私は好き勝手に“思った胸の内”を
誰の目を気にすることなく書くことが出来る!
     ・
     ・
     ・
つい最近ではPS4の『閃乱カグラ』の
コミュニティBBSに訳の分からない能書きホザイて
“お前たちが露骨な画像や動画を投稿するから
規制が厳しくなった”などと妄言録をのたまう
左翼団体の存在には、さすがに呆れてしまったので
暫くは自分でコミュニティBBSを立ち上げて
好き勝手に活動しようと決めましたよ!

お色気がメインであるゲームソフトですよ?

今更顔されて説教されてもコミュニティBBSの
メンバーは嬉しくないですよ?
まァ・・・元々『規制』だの『圧力』などという
意見が最近では目立ち始めており
“ゲームを楽しむ”という本来の趣旨から逸脱していた
コミュニティBBSだったので
今後は一匹狼でプレイしますよ。
     ・
     ・
     ・
昔からだが意味の分からない事で
クレームを入れる狂気に満ちた左翼団体の人達が多いです。
戦後間もなくや高度成長期などは国政などへ批判して
活動するキチガイが大半だが。
21世紀あたりからゲームやアニメの
『どうでも差し支えない部分』に
満足な予備知識も無い凡愚ががクレームを入れて
脅迫行為を繰り返していたのは記憶に新しいでしょう?

チビクロサンボや手塚治虫の
ブラック・ジャックなどが良い判例でしょう?
常に自分たちが正しいと“確証バイアス”と感情論だけで
他人が端正こめて作ったコンテンツまでに
土足で踏み荒らすポリティカル・コレクトネスの馬鹿共ですね!

こういう『端にも棒にもかからない凡愚』が
結果的にはゲーム表現の自由を妨げている
メディアやBlogなどの情報発信の
業界全体を衰退させてるに過ぎない!
お気に召さないのなら出て行って貰って構いません
そして二度と私のBlogに立ち寄らないで下さい

 

 

2019/03/05 11:08
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:09
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:10
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:11
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/5.6、ISO-250、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:14
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:16
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-250、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:16
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/2.0、ISO-250、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:17
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF135mm F/2L USMで
F/4.0、ISO-250、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:25
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:26
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1000
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:28
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/2.0、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:蛍光灯、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:32
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/350
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:35
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/8.0、ISO-100、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2019/03/05 11:36
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF14mm F/2.8L II USMで
F/8.0、ISO-100、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出/Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:色温度設定(K 4500)、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2
     ・
     ・
     ・
この前のスナップ撮影では近所の公園を散策して
適当にスナップ撮影と洒落こみましたが
広角サイドにCanon EF35mm F/1.4L USMだけで任せたので
少し“息苦しい”と表現すべきか、
やや圧迫感の強い構図になってしまったのが残念です。
標準域はCanon EF50mm F/1.2L USMと変わりませんが、
前回のCanon EF135mm F/2L USMで
存分に溶けるような描写と
絞りを絞るとカリッとしたシャープな画質になるので
今回は手持ちのEFレンズの中でも
唯一中望遠マクロである
Canon EF100mm F/2.8L MACRO IS USMを持ち込んだのは
大正解ですね!!

さて、そうは云うモノ全体的な総括としては
やはり広角サイドに『物足りなさ』を感じたのは事実であるし
一度でもCanon EF14mm F/2.8L II USMで写し出される
全てを飲み込むような圧倒的なパースと
広大無比なランドスケープ調にする青空レンズの魔力に
魅了されると抗うのは容易では有りません(≧∀≦)

過去にはSIGMA AF10-20mm F/4-5.6 EX DC HSMや
Tokina AT-X 12-28 PRO DX 12-28mm F4も所持していました
シグマは使い勝手の良い10-20mmをカバーするも
F値が暗すぎて、屋外専用になってしうのが“玉に瑕”で
今では新潟加納テックに譲渡した
SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMも
今の高画素時代には私の思い描いた画質が難しいです。

トキナーは12-28mmをカバーする守備範囲の広さが
『謳い文句』なのですが如何せんにも暗い!
もともとフィールドや風景などを
超広角レンズで撮る私は絞るときは多いので
F4でも構わないのですが
時には思い切り近付いてボカす手法も使うので
F4クラスだと背景が硬くなりがちです。
その辺はチビ愛用のCanon EF16-35mm F/4.0L IS USMや
私のCanon EF24-105mm F/4L IS USMでも実証済み。

Canon EF14mm F/2.8L II USMであれば
最短撮影距離は驚きの20cmで
色のりが濃厚な印象でダイナミックな画を
かんたんに出力できます。
事実、チビのフルサイズでも私のAPS-Cでも
画面の四隅から画面中央部まで
とにかく開放からシャープで気持ち良い画作りが可能です。

実勢価格が23万円前後と非常に高価なレンズですが
Lの称号纏う単焦点だけに一切の不具合や
エレメントの妥協なく鏡胴の堅牢性も併せ持つので
“記憶に残る印象を”と本気で考えるならば
決して無駄遣いでは無いと私は思うのです

重さも645gと同じCanonの
EF50mm F/1.2L USMが580gである事を考えると
65g程度の重量差なのでLレンズの中では『軽い部類』ですね!

目は口ほどに物を言う (2)

グラビアに然りモデルに然り
美しさや可愛いを“売り物”にするプロである以上、
オカズにならなければ意味を成さない!
つまり、金銭を払う意味が無くなるんですよ。
     ・
     ・
     ・
そんな中でも西永彩奈さんは
自分にとっても『別格の存在』
有料サイトを退会してからも
自分で取扱店を探してWebショップで注文しては、
可愛い彩奈さんを眺めてニヤニヤとする自分。

今は本当に便利な時代で、
自分や仲間たちが迎合できる世界を見つけたなら
小規模ながら革新的なアイデアや商品には
クラウド・ファンディングという方法で出資者を募ることも可能
自分と共通の趣味や話題があるなら
concrete5やWordPressといったコンテンツ管理システム(CMS)を通じて
こうしたBlogでの情報発信や作品共有なども
信じられない程タイムリー且つ、正確に出来ます!

そういう意味では好きなグラビアモデルを写真撮影したり
好きな植物を追い掛けてHV車を奔走させたり。
実際に撮影当日にスタッフの方に料金を渡すのが原則ですが
会社によっては振込みや他の決済もOKときくので
どの様な場面でも大丈夫に!

さて・・・相応の対価を支払って「個人撮影会」に参加する
グラビアアイドルの撮影ならば遠慮は無いです。
堂々と撮影現場でカメラを向けて
話して楽しんでこそ・・・ですね!
無論、撮影の前後に一言「Blogに乗せて大丈夫?」と
大体の撮影会では快諾してくれます!

逆に掲載を断る被写体ならば
カメラ撮影自体を見送ったほうが賢明ですよ?
“撮影・掲載に対して後ろ向き”な被写体を撮って
私たち写真の住人の腕前が
どれだけ成長見込めるのでしょうか?
     ・
     ・
     ・
意外な補足事項として身なりを整えて撮影に挑むこと!
前の晩や当日の朝にはシャワーか
低めの設定温度のバスでじっくりと間接をマッサージ!
臭いのハラスメントなどと揶揄されたくないし
写真を撮る人間は結構汚れる現場を
行き来するので、思いのほか清潔に保つ必要があるのです。
メカの要素が多いので汚れが付着するのも早いのです。

それより先の作品から比較検討しますが
まずは去年の夏休みに撮影した画像です
Blog後半では今年の成果物を取り上げます

 

 

2018/08/30 19:23
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-400、スピード1/125、焦点距離24mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:23
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-400、スピード1/90、焦点距離24mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:23
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-400、スピード1/125、焦点距離24mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:23
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-400、スピード1/180、焦点距離24mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:23
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-400、スピード1/180、焦点距離24mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:23
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-400、スピード1/60、焦点距離24mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:23
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-400、スピード1/180、焦点距離24mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:23
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-400、スピード1/180、焦点距離24mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:23
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24-70mm F/2.8L II USMで
F/2.8、ISO-400、スピード1/90、焦点距離24mm
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:25
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.2、ISO-400、スピード1/350
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:25
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.2、ISO-400、スピード1/350
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:25
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/2.0、ISO-400、スピード1/125
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

とにかく今までの個人撮影会の中でも
1・2を争うほどの『照明不足』のスタジオだったので
暗くて暗くて、嫌でもISO感度を高めに設定して
どうにか撮りきった1日でしたね!

そうかと思えば今年初めの個人撮影会みたいに
溢れんばかりの眩い光線で
部屋全体の雰囲気までもが明るく
かなり私的にもリラックスして撮影が出来ました!
まァ個人撮影会で都内でつかえる
写真に特化したスタジオと一口に云っても
本当に千差万別なんですよ!

ところで・・・こんな伏魔殿のような
魑魅魍魎(ちみもうりょう)が集うモノグサBlogを
見てくれるだけでも大変に有り難いですね!
私は投稿しているBlogの書き方から推察できる通り
私の最優先事項である『写真を撮ること』が
大原則として存在するサークルですね!
それ故に私の発言はBlogにおいても過激であり、
他人を気遣うセリフや配慮に欠ける場合も多々有りえますが・・・。

まだWindows 95の時代から
(厳密にはMS-DOS時代)行なっていた
パソコン通信なるものも経験して
自分が好きなジャンルの「草の根BBS」にも在籍してましたが
理論武装のオバカ連中に多対一の袋叩きにされたりして
散々苦汁を舐めてきた記憶は、死ぬまで忘れないでしょう
そういった数々の反省点を考慮して
私のBlogでは『原則・書き込み禁止』で
文字通り私の写真という成果物や
主義主張を一方通行に発信するに至りました
特に一部の記事は「招待制」の限定公開記事にして
閲覧には私からのパスワードが必要です。
基本的に「現実世界」である程度
撮影仲間として顔見知りである事が条件です。
「相互リンク」だけでは、許可しないわけだ。

逆に云えば此処のBlogでコメントや
レスポンスが存在する場合は
サークルの厳しい審査をパスした
選ばれた撮影仲間と考えて構いませんね?

 

 

2018/08/30 19:25
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/2.0、ISO-400、スピード1/180
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:25
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/2.0、ISO-400、スピード1/180
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:26
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/2.0、ISO-400、スピード1/180
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:26
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/2.0、ISO-400、スピード1/250
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:26
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/2.0、ISO-400、スピード1/250
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:26
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/2.0、ISO-400、スピード1/125
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:26
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.2、ISO-400、スピード1/350
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:27
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF35mm F/1.4L USMで
F/1.4、ISO-400、スピード1/250
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:27
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF35mm F/1.4L USMで
F/1.4、ISO-400、スピード1/350
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:27
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF35mm F/1.4L USMで
F/2.5、ISO-400、スピード1/90
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/08/30 19:28
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF35mm F/1.4L USMで
F/2.8、ISO-400、スピード1/125
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

これは西永彩奈さんから直接話を伺ったのだが
学生時代の水着などは今もそのまま“使える”そうで
なんとも嬉しいオッパ・・・何でも無いです;´Д`)))

この前、私たちやチビ達子供が混ざって
ワイワイと遊ぶ1つに“ゲーム”を挙げましたが
その割には稼働率が増えているのが
Play Station 4Proなどの据え置き型の「家庭用ゲーム機器」
逆にSNSゲームは
いまでは殆どが“ナリ”を潜めて
次々と遊ぶことを止めた生徒たちの頭数が
ダントツに増えていたので、これには驚きましたね!
     ・
     ・
     ・
コレも結果論ですが
SNSゲームが生活に占める割合が減ったのは
モデルになってくれる小学生の女の子や男子児童の
親御さんも大喜びなので
これまた“想定外の逆効果”という奴で
ますます気に入られたみたいです(*^-^*)
今のSNSゲームは
二言目には『課金有りき』で稼動しているので
やれイベントだ!やれ誰それの誕生日だ!と
もっともらしい理屈を並べては
ユーザーから金を巻き上げる魂胆が
あざとい程ハッキリしてるので
私も手元のスマートフォンから殆ど削除しました。

SNSゲームの一例をあげると、
各キャラクターの育成を本腰据えて始めると、
日々プレイを重ねるにつれて「作業」と化してダルくなるし!
一口にレベルを上げるにしても、
進化素材やコアの解放に限界突破など。
突き詰めると「素材集め」が欠かせないシステムだ。

要は『作業ゲーム』で倦怠感を覚えるだけですよ?
後々の精神状態が傷付かないので軽傷で済みます!(財布的な意味合いでも)
とにかくガチャが酷すぎるしエラー多すぎ!
見る影も無くクソゲーに堕ちたので
今ではYouTubeからも自分のプレイデータを削除しました。

さて・・・暇があればステーキ専門店や
フルコースのディナーなどを頂いてます!
真っ昼間から爆〇ハンバーグや
厚さ1cmを超えるフィレのステーキなので
結構胃に堪えますが工エエェェ(´д`)ェェエエ工

親御さんの絶大な信頼を勝ち得た遠因として
携帯料金の節約と
格安SIMに移行するべきノウハウや
必要とされるトリビアや補足事項などを
丁寧に話して現在のキャリアメーカーと
格安SIMにナンバー移行した比較のグラフなどを
Microsoft社のSurface Book 2 15型
持参した状態のラップトップ状態からビューモード型やタブレットに分離しながら
別売り純正のSurfeceペンでExcelやPowerPointなどで書き起こした
パケットの上限や定額の上限値などを
比較するためにOneNoteに落とし込んでから
注釈や『要チェック』などと手書きで資料に〇をつけたり蛍光ペンで強調できるので
だいたいは昼間のファミレスで2回くらい
お顔合わせしたら、格安SIMに移行しましたね!
家族もろともwww

・・・とまァ、こんな具合に
家計における通信費の
ファイナンシャル・プランナーといった位置付けだが
実際のところは誰よりもはやく格安SIMを導入して
トライ&エラーを繰り返した私だからこそ
ある意味で何処のキャリアにも制約されたり
キャリア・メーカーの“顔色伺う”必要が無いので
こうして遠慮することなく使わない通信費は極力安く抑えるのが
最近の親御さんのトレンドみたいですね?

つーかさ、
日本の携帯電話の料金体系は諸外国と比較しても
ダントツに高額なインフラですからね!
メーカー側の言い分(もしくは腐った建前)によれば
次世代通信規格の“5G”の施設設置や
莫大なインフラ整備やサーバーの増強が欠かせない。
この謳い文句を『隠れミノ』にしてますが。

実際にデータセンターでの“保守・管理・監視”といった
メンテナスや災害時のバックアップを見てきた
過去の職場経験がある私から云わせれば
まったくの虚言妄動です!
当時の企業用途のバックアップ先として
一般的なのはDisk-to-Diskで無く
DDSやDATにLTO方式の
テープドライブが主流でしたね!

ただ単体利用は家庭用のPCでも使えますが、
扱うデータの規模が大きい場合は
人手によるテープメディアの出し入れは
手間もかかるし、ヒューマンエラーで
誤ったデータカートリッジを挿入し、
上書きしてしまうリスクもあります。
だから当時からオートローダーに特化した
サーバーのラックマントを収納する部屋などが設けられ
テープの入れ替えは自動化してました。

私は中でも金融系や勘定系・物流系といった
データセンター勤務があったので
確かに時代錯誤なトラバン方式のテープドライブや
VHSをデータ利用に特化させた
旧石器時代の遺物みたいな
ポンコツが動いていたのも事実です
後に、こうしたサーバーのリプレイスを怠った業者や
団体が個人情報を漏洩させたり
悪意を持ったウイルス・プログラムの
踏み台にされてネットワークの負荷を高めて
ふくそう(輻輳=データやパケットのパンク)を招いたり

こうした不祥事や不始末を出してない
サーバーやデータセンターでは勤務先の住所も非公開で
何処の所属か?も、非公開で原則的には都心ではなく
郊外の大型商業施設の小脇にさりげなく存在したりです。
郊外型の最大のメリットは
(水や津波などの海洋災害を防ぐ目的があります)

話は戻して、今の三大キャリアメーカーは
相当に儲けているし
その割合には私たちエンドユーザーには「還元」は
殆ど存在しないのが実情ですね!
かくいう私自身もAU KDDIで十年以上
契約していた昔の記録があります
五年だろうが十年続けようが
結局キャリアメーカーが月額で
1万円以上のボッタクリ商法で
たっぷりと儲けただけで、
私は何一つメリットを享受しませんでしたよ?

こうなると既存企業の料金体系には
不満しか残らないし
云いたくはないが“たかがスマートフォン”に
湯水のごとく大金を使えるほど
リアル極限流を地でいく私にはつらい出費ですかね!

こうした中で当時は『色眼鏡』で見られていた
格安SIMの世界に飛び込んだ私
結局クレジットカードも
アカウントも事前に所持していた
楽天スマートフォンに切り替わったわけですね!
古いBlogの過去ログをさかのぼると
まだ4年少しの年月しか経過してません。

結論から申せば、飛び出して大成功!
こういった格安SIMなどの世界はね
先に新世界に飛び込んだ人間が
維持費でもスキルの蓄積という時間の面でも
圧倒的に有利なんですよ!
とくにエンドユーザー側には
莫大なコスト削減による金銭の節約と
キャリアの顔色を窺わないで
自由にアプリを展開して好きに遊ぶことも可能です!

Surfaceで肩こり (01)

そう云えば私のノートPCの歴史も
結構長いですね、落ち着いて考えてみると
初代はNEC-98NOTEを購入して
新幹線の東京-新大阪区間を
当ても無く往復していた記憶が有りますね!

この行いを衆人環視の中で堂々と悪びれる様子もなく
淡々と行動した私も“立志伝中の化け物”ですが
当時はバブリーな時代でしてね!
このノートPCを持って首都圏近郊を歩いていると
貧乏ビジネスマンの嘱望の眼差しが
心地良いの何のって!www
その後も98NOTEのフルカラータイプが発売されるや否や
内蔵のHDDを拡張してメルコ(現在のbuffalo)の20MBにして
増設メモリーまで購入したのだから
殆ど鬼畜の所業と申しても差し支えないでしょう!

Windows 95時代になると
NECのLavieに留まらず東芝のDynabookの
TECRA-750という84万円のモデルまで
買い続けた私は本当に
ITバブルの申し子の生き方までトレースしてましたね!
1998年に、この価格ですからね!
DVD搭載のモデルでメモリーを最大値まで換装したり
内蔵のHDDを拡張したりと合計総額は
軽く100万円を超えてましたね!

当時は自家用車にベンツの560SELを主戦力に
乗り回していたりと結構凄まじい日常生活だったのですが
これはこれで「私の青春」に違いないのですね!

時は流れて幾星霜
まさか私が写真を撮ることを
メインになる日が来るとは想像もしませんでしたが。

気が付いてみたら周囲は
ファイルサーバー(NAS)が3台。
Android端末のスマートフォンに
タブレットが5台以上と。

加えてサーバーのコンソール端末には
ASUSの4コア対応のLinuxマシンが。
ゲームや静止画に映像などの編集には
Windows7 Proの64bit/AMD-Phenom2の
6コア3.2GHz/Thunderstorm GXです。

正直言って最後のノートPCというべき存在が
何時だったかは流石に忘れてしまいましたね。
確かWindows XPのモデルだった筈です。
後にアダルトゲーム専用機として
ジャンクショップで邂逅するとは運命とは皮肉です

未だに動くし、無線LANのPCカードも有るので
不自由は無いですが如何せんにもサポートが切れたOSなので
技術的に接続ができない仕組みでルーターが接続を阻止しますが。
それでもIBM社製品のマイクロ・HDDが使えたりと
結構便利なのでレトロゲームで感傷に浸る私には欠かせません!

しかし写真を撮ってからリアルタイムで
RAW現像してプレゼンの場所で
ストレスフリーで相手先との打ち合わせなどでは
Android端末のタブレット10型や
Windows10のOSであるHP-15-AF100では
正直言って「苦痛」のレベルですね!
AMD Quad-Coreの1.5GHzの4コアで
ストレージ容量500GBですが、これはOfficeが何とか動くだけで
一昔前の「無双orochi Z」も満足に稼動しません。

クリエイト向けでパワーやCPUに出来る事なら
グラフィックスも底上げが望みだし、
HDDやSSDの全体容量は少なめでも
私にはOffice2016とOneDriveが1.5TBくらい活用できるので
幸いにも保存場所に苦労しません。

それでも“イザ足りない”となったら
サーバー室で稼働中のTeraStation TXで
特定メンバーだけにURLが開放された
ファイルサーバーを例えスマートフォンでも利用できる
環境を作りあげたので心配ないですが。

そこで先週の2018年8月18日の土曜日に購入したのが
Surface Book 2 15型モデルという訳です!

とにかく凄まじいパワーとスタイリッシュな
マグネシウム外観は上手に光の反射を抑制して
変な照り返しは皆無ですね!
天板にはシルバーで鏡面仕上げのWindowsマークが
あるのだが物凄く控えめな演出
逆に「シンプル・イズ・ベスト」を追求する私には
堪らないコンセプトアートですね!

蛇腹のような形状の多関節ヒンジを採用していることも特徴だ。
何故ならばSurface Book 2 15型モデルは、
チビが愛用するゲームノートとは異なり、
ディスプレイ側にCPUやメモリ、
SSDなどが入っているから自由自在のスタイルに変化する!
だから通常のノートPCよりLCD側が重い
それ故に普通よりも強度がタップリして
頑丈な蝶番(ちょうつがい=ヒンジ)を使わないと一大事だ。

即ち“逆転の発想”でLCD部分を
分離して使える「2-in-1タイプ」では、
キーボード部分にも追加バッテリを搭載している訳だ。

Surface Book 2 15型モデルは
キーボードの使い勝手も優れており
キーピッチは約19mm、キーストロークは1.6mmと
デスクトップと比較しても遜色ない造り
まだまだ余裕があり、QWERTY配列も標準的なので、
成人男性でも快適なブラインドタッチが出来る!

また、バックライトが搭載されているので、
暗所で眼の焦点に自信のない世代の人にも
結構助かるアイテムですよ!
明るさは3段階で調節可能なので
ミスタイプを防げます!
スタイラス部分は標準的なトラックパッドを採用。
左右のクリックボタンと一体化した最近流行のタイプです。

こことパームレストが贅沢に広々とした空間なので
最近ではBluetoothマウスの出番がメッキリ減りましたね。

また15型モデルだけはゲーム&クリエイティブ向けの
高性能なGeForce GTX 1060にVRAMの6GBを搭載している。

知り合いの「世界最小のゲームノート」と自慢された
New Razer Blade 15型フルHDに
全然負けていないのが恐ろしいほどのスペックです!
3D制作や動画変換などにも活用できるほか
Surface Book 2 15型モデルは
液晶ディスプレイを取り外して
「独立タブレット」としても使える
いわゆる「2-in-1タイプ」のノートPCだ

グラフィック性能の高さはゲームだけでなく、
3D制作やRAW画像や動画編集などに
大活躍なので本当に助かる部分ですね!
GeForce GTX 1060はOpenGL性能も高いので
CAD/CAMや3Dソフトなどでも
ストレスフリーで利用できるのは驚くほか無いです!

15型なので確かにタブレット端末としては
かなり大型ですが替わりに
画面がデカく視認性はピカイチなので
プレゼンや打ち合わせ現場でも
その有り余るパワーを存分に発揮してくれるマシンですね!

液晶を表裏逆さまにドッキングすると
一昔前の分厚いタブレット端末そのもの
なのでペン入力での編集や校正に大活躍するのです!
特に家庭教師のスタイルで机を挟んで
子供たちと相対して小テストや
難読漢字の復習などを行うときには
このキーボード部分に僅かに設けられた傾斜のお陰で
相手側は必要以上に猫背にならないので
私が受け持っている家庭教師に留まらず
身内やサークルでの打ち合わせにも大活躍です!

また、うちのチビが愛用しているThunderstormの
ゲームノートとは用途や性格が異なるので
共存は普通に出来ますね!

それに今では“学年便り”や“学校通信”など
私がチビ達学生と同じ30年以上前は
輪転機でガリ版で印刷されたプリントがメインでした。

今ではAdobeのPDFで各家庭に
メール送信が普通なのですが
A4用紙は297×210ミリなので
驚いた事に・・・ずばり実物大で書類を閲覧できるのだ!
大きいタブレットは超快感なのだ!

液晶ディスプレイの大きさは15型で、
私が今まで使用していたHP-15-AF100では
16:9がスタンダードになった15.6タイプより
少し小さいが・・・解像度は3240×2160ドット。

即ち4Kが3840×2160ドットなので
“準4K”と言っても差し支えない。
だからPanasonic VX985M-Kで動画を録画して
そのまま映像を落とし込んで編集しても
非常に高精細でレスポンスも軽いので、
写真やイラストビデオに図面まで
細部まではっきりと映し出されるのは圧巻の一言です!

なぜ最先端のトレンドを突き進む
フラグシップで3:2の比率なのか?

皆さんが疑問に思う一番の疑問では無いでしょうか?

確かに現在主流の16:9のワイド液晶と違って
35mmフィルムのアスペクト比と同じで、
写真家にとって馴染み深い比率だ。
ご存知の方には“釈迦に説法”だろうが
一般的なワイド液晶で3:2の写真をフルスクリーン表示させると、
左右に黒い非表示部分ができてしまう。

重量は公称値で1.905kgだが
GeForce GTX 1060搭載のゲーミングノートなら、
ガレリアと同じ3kgオーバーが普通なので
驚嘆すべきだ!
タブレット時は大体800gなので
よくも頑張ってここまでスケールダウンに成功したものです!

Surface Book 2 15型モデルは
ペン入力に対応し、別売りのペンを使えば
筆圧の感知は4096段階で、傾き検知にも対応。
AdobeのフォトショップやCorelの
Paint Shop Proといった本格志向のイラストも
普通に作成可能だ。

また専用ペンは1万円を超えるので高い出費ですが
Surface Book 2の真横に
強力な磁力で「ビタ」と固着するので安心です!

スタイリッシュな外観と高い剛性を誇るだけに
無駄に出っ張る部分やスイッチ類は見当たらない
インターフェース(端子類)の数は
必要最低限に絞っており
自分から見て正面左側にUSB3.1フル規格ポートが二つ。
UHS-II SDXC対応のメモリーカードスロットが一つ。

右側にはヘッドホン出力とUSB3.1のType-Cが。
Surface Connectがあるという
極めてシンプルな構成だ!

Surface Book 2 15型モデルは
デザインや機能にエルゴノミクス(人間工学)
そしてパフォーマンスなど・・・。
何処を引き合いに出しても他社製ノートを
大きく上回るクオリティーを朝飯前に実現するのだ。
Microsoft社のハードウェアには
Xbox 360時代のデッドリング騒動での
エンドユーザーの怒りを買ったり
電話規格でも「イマイチな感じ」ですが
2012年10月にSurfaceシリーズが初登場してから
早くも5年が経過しましたが
ようやくWindowsノートPCとしては
最高峰のモデルとして成熟したな!と実感します。
と云うよりもWindows 10のOSは
むしろSurfaceの様な変幻自在の
マシンで最大限の威力を発揮しますね!
4Kにも対応する高品質で精細な映像は、
写真やグラフィックなどの用途にも心強い味方であり
極めて高いグレードの3D性能はゲームに限らなく
CAD/CAMなどにも威力を発揮するから頼もしいです。

高性能なCPUを始めとした各所に贅沢に散りばめられた
余裕のあるスペックは、
プログラム開発などにも充分に使えるし
現像が出来上がった写真を
そのままドッキングベイから外してタブレットでプレゼンしたり。
又はチビ達学生の電子プリントや
プログラム授業のアシストなども非常に軽快だ!

Office2016のOneNoteを使って
「アイデア」や「閃き」などを書き殴ってから
クラウドのOneDriveやBuffalo-nas.comに
アップロードするのも一瞬で終わるから
今まで以上に撮影すべき「被写体」との関係性や
自分が追いかける写真のフレームなどを熟考したりと
知的作業に時間を使えるのは本当に心地良いです!

後から自宅で腰を据えて“清書”してから
WordやPDFに落とし込む作業も
今では画像や4K動画の編集と“同時進行”が当たり前です。
こんな感じでハイエンド志向な
プライベート用途にも大活躍は間違いなしだ!

ただし!Surface Book 2 15型モデルは
値段が相当高い点が唯一にして
最大の弱点と公言して良い!
256GB SSD搭載モデルなら税込30万円少しで購入可能だが、
ゲームなどには容量が絶対的に足りないので、
最低でも512GB以上のSSDモデルを選ぶべきでしょう。
最高1TBのSSDまで選択できます!

最近ではUSB3.1フル規格ポートに準拠した
Buffaloの外付けのポータブルHDD
2~3TBでリーズナブル価格で量販店で入手可能なので
ついでに購入するか
翌日にSurface Book 2 15型モデルを購入したときの
ポイント還元などを上手に活用して入手もできますよ!

他にはオーディオテクニカの
Sound Reality ATH-AR3BTなども所持しているのですが
スマートフォン同様に
Surface Book 2 15型モデルでも認識できるので
邪魔されないでBlu-ray観賞やゲームには打って付け!
Bluetooth接続ですがバッテリーは長持ちするので
今ではマストアイテムですね!

今昔・グラビア撮影術 (05)

私のBlog歴は結構長い部類だ
古くを遡ればBiglobeのwebryblogから
始まるので、実際のところよく続くものだと
自嘲気味に感心していますwww

もっとも古い記事は2006年11月なので
かれこれ12年の歳月が経っていますね?
それでも私がPCという情報のツールを使い始めたのが
Windows 95の発売年である1996年で
インターネットやパソコン通信を始めたのは
97年なので本当に古い古い記憶です。

私が本格的にホームページの制作などを
IBMのHomepage-Builder 3.0使って構築して
自分の意見発信に使ったのが
当時まだ私がメーカー製品のPCであった
NEC VALUESTAR TX VX900/7Fという
水冷式冷却構造を売り物にしたサーバーでした。

もっともMS-DOS搭載の
NEC-9081 RX4なら中学生から使っていたので
今では懐かしい記憶です;´Д`)))
     ・
     ・
     ・
当時はエンハンスドIDEタイプの内蔵HDDが
たった20MBの容量で自動車1台の値段が必要でしたが
それでも購入に踏み切った私は
立志伝中のキチガイ認定されましたね!
メルコ(現在のBuffalo)から発売されたEMSの
RAMメモリーが4MBで11万円しましたよ!www
今はチビのRX4で動いてますよ!
86音源ボードは「新品」で取り付けてやりました。
みんな、万が一を考えて今は亡き母親と相談して
ソックリ環境を複製した
“デッドストック”を隠していた訳です!

水冷式冷却構造を売り物にしたサーバーが2004年頃なので、
ここをBlogの起点とも云うべき日記帳を
不定期更新したいたので
実際のBlog歴は14年でしょうね!

あの頃にホームページのアクセスカウンターを
設置するためにCGIやJavaScriptを必死に体得しましたが、
その時に覚えたスキルは決して無駄ではなく
次にサークルを担うチビの手によって
WordPressという形で発揮されているので
長生きすると面白いことを発見しますね!

チビは小学生の当初からLAMP構築などを
ポコポコと組み上げていたので
潜在能力だけでも私より優れているのは歴然です。
※LAMP・・・Linux、Apache、MySQL、Perl、PHP、Python
動的(ダイナミック)なウェブコンテンツを含む
Webの構築に適した、オープンソースのソフトウェア群をさす。

 

 


せっかく購入したBRAVIAの49Vですが
案の定・・・と云うか、
PlayStation 4 Pro 1TBで
遊ぶ専用端末として稼動しています
KJ-49X9000Eというモデルですが
文字通りエンターテイメントに特化した使用だけである!
世間を騒がす凶悪犯罪や誘拐事件
火山が動いたの遭難したとか。
何処ぞの裸の大統領よろしくの首脳会談など、
私には何の関係性も重要性も無い。

「新聞はインテリが作ってヤクザが売るもの」なので
購読を止めたのは勿論のこと
ファミレスの座席に“これ見よがし”に畳んで置いてある
新聞紙も邪魔以外ナニモノでも無いので
ぶっきら棒に床に投げ捨てるだけだwww
当然チビたち学生連中も一切目を通しません!

インターネットの巡回でさえ“徹底的な検閲”が
敷設されているのだ。
tbs.co.jp
tv-tokyo.co.jp
asahi.com
といったマスメディアのトップレベル・ドメイン指定で
Squidというプロキシ・サーバーに
ブラックリストが記載されているのだ

 

 

だからニュースは勿論、テレビや
週刊誌の公式サイトの大半が
この様に見ただけで驚くような色使いと
閲覧者に勝手な振る舞いは許さない!という
強い警告のメッセージがサーバーから発信されるのだ。

逆にグラビアやアダルトサイトなどは私が利用するので
無条件で閲覧できる体制なのだ!
つまり普通とは“真逆”の情報リテラシーが
我が家では「日常風景」として成立してます!

自分たちに無用なニュースは
見ない・知らない・使わない!
こうした思い切り明後日の方向に脱線した教育だが
チビも付き合っている彼女も何ら不自由は発信しない。

逐一プロキシを解除する真似もないし
逆に写真やドライブ風景に美少女人形などは
充実したWeb巡回で情報を集めてますね!
情報は、与えられたものを唯々諾々と受けるに非ず
自らの主義主張を発信して、ナンボ!
     ・
     ・
     ・
閑話休題、モデルを擁して撮影する時に
色々な「制約」がある訳だが
この辺りは“常識的”に考えれば充分納得できるので
あまり神経を尖らせる必要はない!
つーか、この程度のレギュレーション(規則・制限事項)を
遵守できないならモデルさんは勿論だが
他の真面目に撮影している人間にも迷惑千番なので、
さっさと別の被写体を探して下さいよ?

これは少々ざっくりした書き方ですが・・・。

モデルさんへの過度な接触は駄目!
握手くらいは全然平気だが、突然に抱き付いたり
フトモモを撫で回したり!

モデルさんが嫌がるポーズや衣装を無理強いする
グラビアのモデルさんでも「同じ人間」なので
仕事とはいえ“抵抗のある衣装”は有るので
駄目だと断られたら大人しく別の代替衣装を!
紐の水着を強要したりフンドシ姿を要望したり
これは考えれば直ちに駄目だと判るでしょう?
ヌードやセックスシーンのあるアダルト撮影じゃ無いからね!

モデルさんと話し合って
享受できるコスプレやポーズを打診すること!

モデルさんには「良識」以て接すること!
せっかくの撮影なのだから双方が気持ち良く
撮影に専念するのがベストなんですよ!
自分の信仰している宗教勧誘を促したり
地域の政治家を引き合わせようと企んだり
意識が飛ぶほどベロベロに泥酔して
室内が使えないほど酒臭くしてしまう行為など。

前のBlogでも少し記載しましたが
身なりを整えて撮影に挑むこと!
前の晩や当日の朝にはシャワーか
低めの設定温度のバスでじっくりと間接をマッサージ!

臭いのハラスメントなどと揶揄されたくないし
写真を撮る人間は結構汚れる現場を
行き来するので、思いのほか清潔に保つ必要があるのです。

私も撮影の期間は人並みになってきたが
常識或る行動で撮影しているなら
極端なトラブルや“揉め事”には遭遇していない。

それでも非常識な中二病がいるので
どの世界でも同じだが、困ったモノです!
まぁ、そういう御子様は業界を問わず
自然と忌避されるので自然消滅するのがオチでしょうがwww

さて・・・グラビアモデルの撮影のBlogも
後半になりました。
この日は奇しくも私の誕生日だったので
自分への嬉しいプレゼントになりました!(≧∀≦)
では、作例からどうぞ。

 

 

2018/04/22 13:19
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF35mm F/1.4L USMで
F/2.8、ISO-800、スピード1/125
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/22 13:19
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF35mm F/1.4L USMで
F/1.4、ISO-800、スピード1/350
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/22 13:19
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF35mm F/1.4L USMで
F/1.4、ISO-800、スピード1/500
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/22 13:23
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF35mm F/1.4L USMで
F/2.8、ISO-800、スピード1/250
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/22 13:24
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/2.8、ISO-400、スピード1/90
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/22 13:24
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.2、ISO-400、スピード1/750
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/22 13:24
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.2、ISO-400、スピード1/750
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/22 13:25
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.2、ISO-400、スピード1/750
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/22 13:25
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.2、ISO-400、スピード1/750
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/22 13:25
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.8、ISO-400、スピード1/180
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/22 13:25
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/4.0、ISO-400、スピード1/90
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/22 13:25
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/4.0、ISO-400、スピード1/180
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/22 13:25
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.4、ISO-400、スピード1/750
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/22 13:26
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.4、ISO-400、スピード1/750
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/22 13:26
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.4、ISO-400、スピード1/500
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/22 13:26
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.2、ISO-400、スピード1/1000
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/22 13:26
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/1.2、ISO-400、スピード1/750
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

 

2018/04/22 13:26
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF50mm F/1.2L USMで
F/2.8、ISO-400、スピード1/180
露出プログラム:Av (絞り優先AE)、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.4.2

 

当日にリクエストした衣装は夏用の学生服で
お願いしました!
ニーソックスも履いているので
体操服やブルマー姿が三度の食事より好きな
“フェチ属性”全開の私には嬉しい組み合わせですね?(*^_^*)
     ・
     ・
     ・
閑話休題、ETCを愛機のNHW-20に取り付けました!

御存知でしょうが、コレは高速道路を
シームレスに利用する必須アイテムと呼べます。

キャッシュレスで高速道路の決済が可能なので、
釣り銭やチケットの受け取りで
モタモタして後続車からクラクション鳴らされたり
ヒューマンエラーから開放されるので
大助かりですね?

さて、私の取り付けたGPS機能付き発話機器だが
(ETCの事の呼称)
CY-ET2600GDというモデルに決定して
車用品店で取り付けてもらいました!

Panasonic製品の中では他に比較検討したETC機器に
Pioneerやカロッツェリアなどが存在したが
SA柏・沼南店舗は郊外型の極めて大きな施設です。
ウチの彼女も月1回は利用するほど、商品揃えも豊富なので
ここで相談すれば殆どは当日か予約制で希望が叶いますよ!

さて、店舗の係員の方に実際のモックを見せてもらったら
結構大きなアンテナ部分なので驚きましたね!

私が望んでいたETCは一体型と分離型の2種類に大別されるうちの
分離型に的を絞って取り付けを考えていたのですが、
実際に今日、常磐自動車道を使ってみて
あー、マジで便利だわETC!
などと妙に悦に浸る自分www

勿論そこにはキャッシュレスで
「ETC専用」と書かれたゲートを
我が物顔でスルーしていく俺は格好良いぜ!
みたいな事も考える訳ですが、
あの一般ゲートで緩慢な速度で遅々と進まない
無駄に長い車列でイライラする事から開放されただけでも
“精神衛生上”非常に有効ですね!

のみならず大幅に時間短縮が可能なので、
空いた時間をうまく利用して朝食でノンビリしたり。
或いはチビ達と朝のミーティングや
大好きなスマトラ・マンデリンを
サイフォンで淹れて痛飲したりと
充実な撮影ライフに寄与するので
コレからは高速道路を多用して、
今まで諦めていた遠距離撮影も
存分に楽しむ予定です( ´ ▽ ` )ノ

いや冗談抜きに流石は高速道路です!
一般道ばかりを走り込んでいた私には
僅か2時間必要としないで偕楽園に着いたのは
ちょっとカルチャーショックを受けましたね!

まァ普段から国道6号線の土浦バイパスの
中貫JCTなどを頻繁に使う立場なので
合流や加速&減速車線に追い越し車線などは
すぐに慣れるので危険性はゼロですよ?

幾つか使い勝手の良いPAやSAを探して
自分に合った休憩場所を見つけたり。
一般道との接続場所も色々と降りたり。

本当にコレからは忙しくなりますよ((((;´・ω・`)))
欠点らしき箇所もなく実に快適な遠距離ドライブが堪能できるので
コレから新車や中古限らず
ETCは必須のマストアイテムなので
是非とも有効に且つ安全にドライブしたい!

そうですね・・・強いて欠点を挙げるなら
まだまだETCの普及率が
ダントツに少ない事です
当然ながら、そこには課題も山積みで
私が取り付けたパナソニックの発話機器だが
キャンペーン取扱店にて補助金の適用を申し出ると
1万円のキャッシュバックが適応されるのだ!

これが意外にも市場ではウケた模様で
最初は平成30年4月1日から
今年の7月20日までの期間が用意されていたのだが
好評に付き、今月で打ち切りというアナウンスを
サークルのメンバーから聞かされたので
或る意味“駆け込み需要”と呼べるかも知れない。

事実、従来式ETCを車載している
私の彼女のプリウスαで偕楽園や埼玉方面に遠距離撮影のために
車を互いに交換して“使い勝手”や“不満点”などを
洗い出そうと私的に始めた企画でした!

一番の違いを痛烈に感じたのは
更なる燃費向上やカーナビの使い易さよりも
ETC専用レーンでのシームレスな運転風景に
驚きが隠せませんでしたね!
ETC2.0を普及するには今行われている
サービスの充実にもっと力を入れるなど努力がいると思います。

2016年の締め括り

結局夏の終わりから今年の冬にかけては
現像処理が間に合いそうも無いのだが
さて・・・新しいレンズである
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artを
フィールドに持ち出して
ファースト・インプレッションが皆さんにお届けできるのは
どうやら新年である2017年にかけてのBlogになりそうなので
何かと忙殺される師走の最中でも頑張って
記事に出来たら素直に私も嬉しいのですが・・・。

何にせよ、表現力を競う写真の世界で
そのツールとして欠かせないレンズが
無事に入手出来たのは非常に意義有る2016年でした。

同じCanonオーナーでありながら
私とサークル代表者であるチビとは
似ている技法も有るならば
まったく違う部分も出てきたので
コレはコレでラッキーかも?知れません

なにせ顔形が違うなら尚更の事チビの個性は
へんに摘み取りたいと思わないので
最近の私は“放任主義”の色合いが強いですね?

如何せんにも体力面でも
同級生の女の子に大きく負けているので
チビは携帯性と描写性を天秤に架けて
手振れ補正の機構が標準装備された
Canon EF16-35mm F/4L IS USMで
今は写真を楽しんで・・・また苦闘してます!

新しいレンズの登場と、夏の回顧録 (01)

光と闇を駆使せよ (04)

逆に私は“表現の幅”
徹底して追及したい思いが強いので
従来の18-35mm F1.8 DC HSM Artに続く
SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM Artを入手したわけですが。

まずまずは実りある1年を過ごせたと思いますね?
     ・
     ・
     ・
Facebookなどに代表されるSNSのツールを使って
何処が綺麗だの、
この被写体は何処で撮った物なのか?

こうした情報が素早く入手できたので
決断に時間を要する優柔不断の私も
色々な意味合いで先んじて行動できたのは
大きな収穫だと云えますね?
     ・
     ・
     ・
まァ振り返ってみればマイナスの側面も
山ほど有ったわけで
写真を撮る事を生業にしていると
どうしても“天候の変化”には敏感になっていきます。

とりわけ連続で日本列島を襲った夏場は
『前代未聞』と称された
台風が猛威を振るったのは記憶に新しい。

もっとも、私から云わせるなら
東北地方の施設側の説明に
こいつら白痴なのか?と疑う場面も有り
結構頭にくる事件がありましたね?

各報道機関や気象関係から再三再四にわたって
未曾有の災害になる恐れ
とアナウンスが流れていたにも関わらず
結果として複数の老人を“被災死”で片付けているが
邪魔で施設の介護に手間暇かかる人間を
台風という災害の御旗のもとに合法殺人を
堂々とやってのけた施設とも受け取れる・・・。

当時の担当者のインタビュー曰く
既定の対応に従って(以下略)とあったが、
前代未聞の災害に対して“既定の対応”が
どんな役目を果たすのかと小一時間ですな!
施設側の連中から云わせたら
口減らしで殺しも出来たし
あとは廃業届を出せば人々から風化すると
計算尽くめの行動だろうが。

災害に便乗して“未必の故意”で人殺しがまかり通るなら
いよいよ他人をみたら犯罪者と思えという
チビに対する私なりの“性悪説に基づいた防衛術”
案外ばかにならないと自画自賛してる今日この頃ですwww
     ・
     ・
     ・
さて、ここ1~2年で最近のデジタル一眼レフの世界では
相次いで高画素モデルが様々なメーカーから
出ているので非常に興味深いです
私の所有している『二桁シリーズ』と称される
EOS 70Dと80Dも2千万画素を普通に使うので
気が付いてみるとニコンであれキャノンであれ
2~5千万画素を軸に戦うスタイルが
デファクト・スタンダードになっていますね?

SHARPのパワーザウルスMI-506で
デジタルカメラの35万画素で驚いていた
当時の自分が懐かしく思えます(o^∀^o)
あれから画素数だけをみても70倍に膨れ上がっていますね?
そう云えば、パワーザウルスMI-506が
発売されたのは20年前の97年6月でしたね?

それにしても光陰矢の如し
技術革新はまさに秒進分歩の時代だ
MS-DOSからWindows 95~98が
テキストベースからGUIへと激変した様に
Windows XPの台頭は従来の
遅い・重い・高いの三重苦であった
ダイヤルアップ接続からFTTHの常時接続へと私も変わった。
そして時代が移り変わって現在の主力である
Windows 7や10ではクラウドや
TeraStationなどのNASに於けるサーバを介在した
ビッグデータの相互受け渡しが“当然”に出来る訳だ。
今では下の画像のPCもエッチゲームを
遊ぶためのXP環境に過ぎないので
既存のLANには接続できないが-。

そこにはデジカメ草創期に散見した
おもちゃの様な安っぽい作りの品は
今では見ることもない

デジタルカメラ側の性能が
ここまでジャンプアップしてくると、
それまで撮れなかった撮影が可能になった。
例えば昔は流星群が夜空を彩るとわかっていても
撮影するには相当のスキルが要求されたわけで
それでも素人が『夜間撮影』なんぞ諦めるのが普通でしたね?
今ではISO感度も800から1600辺りは
普通に常用感度として使用できるのだから
いやはや凄まじい隔世の感というか

2016/10/26 12:54
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/8.0、ISO-400、スピード1/125、焦点距離20mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

さて・・・此処まで何もかも出来るようになると
同時に、撮影者の技量が一層シビアに要求されるな・・・
こういった胸の内が正直な雑感ですね?

まず明確な撮影意図を持って
被写体をファインダーに捉え続けて
撮影に挑まないと眠れる潜在能力または撮影者自身の
ポテンシャルを引き出すのは一苦労なんだが・・・。
そうして自らを“錬成”しないと
せっかく素晴らしいレンズを所有しても
猫に小判となってしまう事態は避けたいですね?
-とまァ・・・振り返ってみました。
来年も元日早々、カメラ片手に
色々と撮るために奔走すると思いますよ?
自分には撮る事がすべてですからね!

次のBlogでも2016年からの作品を
延々と載せる事になるでしょうが
ここは私の専横が許される“私のBlog”なんで
余り期待しないでください。

基が飽き性の自分が、よく続きますが
Blogでの活動報告は二次的要素ですから
どうしても私の動向がきになる方は
Facebookなどでタイムラインを見ているし
私とリアルで知り合いの可能性があるかの
どちらかなんで・・・今後もぬるーくお願いします(o^∀^o)