Windows XP」タグアーカイブ

久し振りです。Blogは暫くお休みです

皆さん驚いたのでは?
それも、その筈ですね
ここのBlogから広告類のバナーが
一斉に消えてしまったのだから!
“儲け”に繋がらなかったから?
まァ、そういった気持ちが無いといえば嘘になりますがね?

一番の要因は「私のBlogで広告は意味をなさない」と
気付いたので、契約先のアフィリエイトを解除した訳です。
ちょっと前に違法配信で問題視された
『漫画村』の一件は皆さんも記憶に新しいでしょうが、
ああいったダークWebの類が、世間でしぶとく活動している原因に
アフィリエイトなどの広告代理業の存在が指摘されてます。

だから、そこと同一視されると
大変な損害に繋がりかねないと
教えてくれた学生が、今ジュニア・アイドルで
グラビア撮影のモデルを快諾してくれるユッコですね!
瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず
って奴ですね!

元々Blogを開設しているであろう何百・何千万人のなかで
契約先のアフィリエイトだけで副業として食べていけるなど
せいぜい2~3人なので、意味が無いのですよ。
意味を成さない広告バナー=デジタルノイズという
方程式が出来上がります。

綺麗・可愛い・格好良いとは
無縁の存在であれば広告バナーも
たしかに必要ないですからね!

あ、そうそう新型の『EOS 90D』は既に
前金で一括支払いを済ませましたが、
手元に来るのが「二か月」ちかく遅れる、そうです!
カメラ専門店さんが「横着」してる訳でなく
どうも本家のCanonの在庫やロット数の「見積もりが甘い」のが
原因のようでしてね?
お陰で90Dのデビューは12月となれば
まずお祭りや吹奏楽fesも終わっているので
それまでは旧来のEOS 80Dで頑張る予定です。
(90Dで、お祭りを撮影するのは無理みたい、来年以降ですねBlogの紹介も)

新型の『EOS 90D』も縦置きバッテリーグリップや
アイピース・エクステンダーに電池などは”共通モジュール”なので
今回の予約品は90D本体に液晶保護フィルム
(最高の硬さを誇るKENKO製品のアレ)
予備バッテリーの「3つ」ですがね?

入荷次第スマートフォンにTELが来るので
あとは腕をさらに磨いて、
捲土重来を期するだけですね?
    ・
    ・
    ・
皆さん、既に御存知の方もおられるでしょうが、
今、私は今はTully’s Coffeeの土浦駅の店舗にて、
みなさんに、こうして伝えてます。
そう、昨日の初日にリアル親友と一緒に
学生たちによるマーチングバントの隊列が
国道を行進するまで、放置状態のBlogや
Facebookの下書きを推敲している、あの場所です。
二日間にかけて行われるイベントの中でも
初日の昼過ぎから気合を入れて撮影するのが
この小学生たちのマーチングバンドの行進なのです!
凛々しく・また可愛い面影を残した
大切な思い出の場面なので、最高のレンズ構成で挑むわけです。

-とは申しても、私が写真を撮るうえで『大成功』を
収めたキッカケも、この『土浦キララ祭り』なので
邪険には出来ませんよね?
数年前にもマーチングバンドの先頭で
威風堂々と行進しなが撮影に快諾してくれた
ユッコや親御さんとも知り合って、
今では契約書を相互に交わして撮影するので
金額の大小にかかわらず『プロ入り』を果たした私-。
    ・
    ・
    ・
今でこそ2017年の『土浦キララ祭り』から
2年ちかくが経過したので、ユッコも進級したわけで
今年の『偕楽園・梅祭り-2019』の時は
新しい友達との“出会い”や不安を
今では親権者と同じ立場である私が、つぶさに訊いてましたが-。
さすがにユッコも少し成長して
背も高くなり、普段の何気ない「立ち振る舞い」から
人と会話するところも「落ち着いた感じ」が出てますね!

さて・・・きのうは生憎と全ての学生たちを撮影するのが
次の撮影の兼ね合いから厳しいと
緊急連絡があったので
前半部の鼓笛隊を撮影して帰宅しましたが-。

想像以上に「抜群の写り」なので
その場で親御さんにMicrosoft Surface Book2 15型で
プレゼンしてお見せしたところ
『わたしたち夫婦が、ダブルレンズとかで
高い買い物したスマートフォンは、所詮あの程度なのね~』
などと云われたので“これは不味い場面を撮影したかな?”と
冷や汗してましたが・・・事実は全くの逆で
早い話、ユッコのパパさんやママと同じように
今後も、その生徒たち男女を継続して撮影する
契約の話に昨夜はSkypeでの合同会議で決まり
週明けの火曜日には土浦市のユッコの自宅で遊んだあとに
複数の家族と生徒たちが集まって『契約書』を取り交わします。
    ・
    ・
    ・
まァ、私としては威風堂々と国道を
怖じる事無く行進した可愛い生徒たちを
これで「何時でも、好きな時」に撮影できるので
まさに『願ったり叶ったり』なんですが(≧∀≦)

なぜ、それほどまでして
グラビア撮影の契約書を急ぐのか?
実は詳しい家庭環境はさすがにNGなので
ボカシて記述しますが、意外にも裕福で恵まれた
家庭環境で育ってきた生徒たちです。
ユッコのパパさんなんて中小企業の社長だからね!

しかしながら企業の責任ポジションや
母親も仕事持ちなので
昔風にいうところの“鍵っ子”なんですね?
よって夏休みなどに不要不急の事故や事件に
遭遇するのが恐ろしいのです。
だから「撮影の縁を機会にして、私と契約してしまおう」
という魂胆なんですね!
ユッコと同じようにグラビア撮影なら
必ず私やサークルの大人がベッタリと帯同しているので
まァ、お手頃価格で“モデル兼ボディガード”を
考えているのは容易に想像が付きます
学校写真関係の業者の腕前が、
素人目でもわかるほどドンドン下手糞に
そして消費税にかこつけた便乗商法で
ボッたくるので『個人間契約』が
トータルで安上がりなのは私も知っておりますが。

たいせつな修学旅行の「思い出の集合写真」で
なにも考えずに円周魚眼レンズを使って
「1枚に収めた」と自画自賛している
馬鹿業者も中にはいますよ?
    ・
    ・
    ・
取り合えず二日目の『土浦キララ祭り』を
4K動画撮影と静止画をEOS 80Dで撮影したあとで
小学校近くのユッコの家に立ち寄ってから
みんなとワイワイと「進撃の巨人2 Final Battle」で
パーティ・プレイでした!暑いから
近くの屋内プールで遊ばせてか撮影しました。

何しろ・・・昨日の撮影が終わって帰宅したら
リアル親友いわく「熱中所」に罹患してましたからね!
室内の熱中症は、冗談抜きに「シャレ」にならないですよ!
(首と腋窩の両方に、保冷剤をあてて事無きをえましたが)

さて、土浦入りする度にユッコのパパさんとは
たびたび夕食をしてますが地元の冠婚葬祭などでつかう
料理屋を予約するのもスッカリ“日常の一コマ”となりました。
だから正確には「週明け」を待たずして
ユッコの自宅で遊んだあとにモデル撮影ですね!

私が誘拐・監禁の常習犯であり
手の付けられない『ヘタレゲーマー』
である事もバレてしまった!
う~~む、困ったな・・・小遣いが少ないから
学生を誘拐して身代金をもらわないと
ファミレスのランチのグレードが落ちるのだが(´∀`)
(おれも性根がケチだよな・・・)

そうだ!ユッコたちの通う小学校の近くには
イカガワしい“横浜直系”が存在したな?
そこで無理やり食べさせて廃人に堕とす!
と凄めば、或いは?
あとは“某ステーキハウス”で
300gを2枚お替りさせて(強制的に)
肉奴隷に堕とす!と脅迫するのも「手段」ですね?
どちらにせよ学生たちの胃壁がジ・エンドになるが。
ま、私もソコまで鬼畜外道ではないから
取り敢えずは誘拐した後に脅迫電話をいれて
50億を要求しよう!ジンバブエ・ドルでwww

最近は“質や状態の良い”ジンバブエ・ドルも
高値傾向ですよね?
熱帯雨林やオークションなどで
定期的にチェックしてますが。
額面によっては驚くような「高値設定」もあるので
インフレ紙幣コレクターの
私とチビ・そしてユッコがコンプリートする頃には進級しているかな?
(遠い目・・・・・・)
    ・
    ・
    ・
閑話休題、かく言う私も2020年以降からは
『土浦キララ祭り』での
学生たちによる“マーチングバンドの行進”を
原則として全部の出演校の行進を
Panasonic HC-VX-985Mで
完全4K動画として録画撮りを依頼されている。
それまでにリアル親友が「腕前」上げてくれるなら
『冗談抜き』に、アシスト料金は支払いますがね!
    ・
    ・
    ・
つまり今まで静止画のEOS 80Dでの撮影がメインで、
動画はオマケ付きな扱いでしたが。
親御さんが私が今までYouTubeに
アップロードした向日葵の中継番組や
天空のポピーやネモフィラの実況中継を
過分なほどに気に入って貰えました。
つまり、コレからは4Kそして将来的な
技術面のブレイクスルーである
8Kハンディカメラの時代に合わせて
超・高精細な動画で保存して
好きな時に関係者の手元に動画編集ソフトウェアで画像化して
非公開のサーバーに残して欲しいと。
    ・
    ・
    ・
ただ一つ確かな事は、
私自身がBlogで以前に主張した通りで、
もうADSLやWindows XP時代の1920 x1080pの解像度も、
Blu-rayの市場支配で「時代錯誤」になって、
仕事場や教育現場に家庭のカルチャーや
美術世界でも『4K』が主流になってきた
世界的な潮流ですね?

とにもかくにも今後はデジタル一眼レフは
グラビア撮影や決まった被写体
つまり「ある程度、予測できるモノ」
に使い、動画ハンディカメラでは
お祭りや運動会に部活動の発表会などに。

撮影できた学生の頭数こそ今年は少ないので
正直ブルーでしたが、或る意味
得られた経験則は例年以上に内容の濃い活動でしたね?
確かに昨今に流行っている
『4K動画に完全対応のデジカメ』も
まずまずの市場開拓は可能性として充分ですが、
此処まで機能満載だと
ますますバッテリーに厳しい世界ですよ?

『餅は餅屋』・・・デジタル一眼レフでも
窮屈さや違和感を覚えたら
速攻で交換します!
それでこその“システム・レンズ交換式”であるし

そんな訳で、しばらくは
Faxebookでの更新が優先事項となるでしょう

-かといってcoconuts-photo.comのドメインは
非常に分かり易く便利なので手放す気も有りませんが・・・。
まァ、ちょくちょくとマイペースで
作品をアップロードする予定です

ゲームの攻略法や、日常生活での
ボヤキとか愚痴なんかは
基本的にはYouTubeのchで公開してますので
”お暇な人種”の方達は、どうぞwww
     ・
     ・
     ・
劣化ステーキ弾

その人智を超越した胃壁への破壊力と、
肉質の改良と宣伝しながら、
実際は劣化の一途を歩み続ける
21世紀最大のBC兵器である。

この劣化ステーキ弾を不幸にも食べてしまった
人間には「確実な最後」しか残されていない。

この様な余りにも「非人道的な兵器」の
使用は
第二次世界大戦の戦勝5ヶ国では無く
皮肉にも我が国において最も研究が
進んだ究極のステーキ弾で、
国際社会からの非難が多いにも関わらず
粛々と研究・開発が続けているので
不幸にも食べてしまった犠牲者には
治療法は無く対処療法のみである。

この様な劣化ステーキ弾を提供する
地下組織が存在するのは
非常に恥ずべき事で、一刻も早い
肉質改良が待たれるところであるのは
言うまでもない。

民明書房刊:戦慄すべき兵器・食卓編

Surfaceで肩こり (01)

そう云えば私のノートPCの歴史も
結構長いですね、落ち着いて考えてみると
初代はNEC-98NOTEを購入して
新幹線の東京-新大阪区間を
当ても無く往復していた記憶が有りますね!

この行いを衆人環視の中で堂々と悪びれる様子もなく
淡々と行動した私も“立志伝中の化け物”ですが
当時はバブリーな時代でしてね!
このノートPCを持って首都圏近郊を歩いていると
貧乏ビジネスマンの嘱望の眼差しが
心地良いの何のって!www
その後も98NOTEのフルカラータイプが発売されるや否や
内蔵のHDDを拡張してメルコ(現在のbuffalo)の20MBにして
増設メモリーまで購入したのだから
殆ど鬼畜の所業と申しても差し支えないでしょう!

Windows 95時代になると
NECのLavieに留まらず東芝のDynabookの
TECRA-750という84万円のモデルまで
買い続けた私は本当に
ITバブルの申し子の生き方までトレースしてましたね!
1998年に、この価格ですからね!
DVD搭載のモデルでメモリーを最大値まで換装したり
内蔵のHDDを拡張したりと合計総額は
軽く100万円を超えてましたね!

当時は自家用車にベンツの560SELを主戦力に
乗り回していたりと結構凄まじい日常生活だったのですが
これはこれで「私の青春」に違いないのですね!

時は流れて幾星霜
まさか私が写真を撮ることを
メインになる日が来るとは想像もしませんでしたが。

気が付いてみたら周囲は
ファイルサーバー(NAS)が3台。
Android端末のスマートフォンに
タブレットが5台以上と。

加えてサーバーのコンソール端末には
ASUSの4コア対応のLinuxマシンが。
ゲームや静止画に映像などの編集には
Windows7 Proの64bit/AMD-Phenom2の
6コア3.2GHz/Thunderstorm GXです。

正直言って最後のノートPCというべき存在が
何時だったかは流石に忘れてしまいましたね。
確かWindows XPのモデルだった筈です。
後にアダルトゲーム専用機として
ジャンクショップで邂逅するとは運命とは皮肉です

未だに動くし、無線LANのPCカードも有るので
不自由は無いですが如何せんにもサポートが切れたOSなので
技術的に接続ができない仕組みでルーターが接続を阻止しますが。
それでもIBM社製品のマイクロ・HDDが使えたりと
結構便利なのでレトロゲームで感傷に浸る私には欠かせません!

しかし写真を撮ってからリアルタイムで
RAW現像してプレゼンの場所で
ストレスフリーで相手先との打ち合わせなどでは
Android端末のタブレット10型や
Windows10のOSであるHP-15-AF100では
正直言って「苦痛」のレベルですね!
AMD Quad-Coreの1.5GHzの4コアで
ストレージ容量500GBですが、これはOfficeが何とか動くだけで
一昔前の「無双orochi Z」も満足に稼動しません。

クリエイト向けでパワーやCPUに出来る事なら
グラフィックスも底上げが望みだし、
HDDやSSDの全体容量は少なめでも
私にはOffice2016とOneDriveが1.5TBくらい活用できるので
幸いにも保存場所に苦労しません。

それでも“イザ足りない”となったら
サーバー室で稼働中のTeraStation TXで
特定メンバーだけにURLが開放された
ファイルサーバーを例えスマートフォンでも利用できる
環境を作りあげたので心配ないですが。

そこで先週の2018年8月18日の土曜日に購入したのが
Surface Book 2 15型モデルという訳です!

とにかく凄まじいパワーとスタイリッシュな
マグネシウム外観は上手に光の反射を抑制して
変な照り返しは皆無ですね!
天板にはシルバーで鏡面仕上げのWindowsマークが
あるのだが物凄く控えめな演出
逆に「シンプル・イズ・ベスト」を追求する私には
堪らないコンセプトアートですね!

蛇腹のような形状の多関節ヒンジを採用していることも特徴だ。
何故ならばSurface Book 2 15型モデルは、
チビが愛用するゲームノートとは異なり、
ディスプレイ側にCPUやメモリ、
SSDなどが入っているから自由自在のスタイルに変化する!
だから通常のノートPCよりLCD側が重い
それ故に普通よりも強度がタップリして
頑丈な蝶番(ちょうつがい=ヒンジ)を使わないと一大事だ。

即ち“逆転の発想”でLCD部分を
分離して使える「2-in-1タイプ」では、
キーボード部分にも追加バッテリを搭載している訳だ。

Surface Book 2 15型モデルは
キーボードの使い勝手も優れており
キーピッチは約19mm、キーストロークは1.6mmと
デスクトップと比較しても遜色ない造り
まだまだ余裕があり、QWERTY配列も標準的なので、
成人男性でも快適なブラインドタッチが出来る!

また、バックライトが搭載されているので、
暗所で眼の焦点に自信のない世代の人にも
結構助かるアイテムですよ!
明るさは3段階で調節可能なので
ミスタイプを防げます!
スタイラス部分は標準的なトラックパッドを採用。
左右のクリックボタンと一体化した最近流行のタイプです。

こことパームレストが贅沢に広々とした空間なので
最近ではBluetoothマウスの出番がメッキリ減りましたね。

また15型モデルだけはゲーム&クリエイティブ向けの
高性能なGeForce GTX 1060にVRAMの6GBを搭載している。

知り合いの「世界最小のゲームノート」と自慢された
New Razer Blade 15型フルHDに
全然負けていないのが恐ろしいほどのスペックです!
3D制作や動画変換などにも活用できるほか
Surface Book 2 15型モデルは
液晶ディスプレイを取り外して
「独立タブレット」としても使える
いわゆる「2-in-1タイプ」のノートPCだ

グラフィック性能の高さはゲームだけでなく、
3D制作やRAW画像や動画編集などに
大活躍なので本当に助かる部分ですね!
GeForce GTX 1060はOpenGL性能も高いので
CAD/CAMや3Dソフトなどでも
ストレスフリーで利用できるのは驚くほか無いです!

15型なので確かにタブレット端末としては
かなり大型ですが替わりに
画面がデカく視認性はピカイチなので
プレゼンや打ち合わせ現場でも
その有り余るパワーを存分に発揮してくれるマシンですね!

液晶を表裏逆さまにドッキングすると
一昔前の分厚いタブレット端末そのもの
なのでペン入力での編集や校正に大活躍するのです!
特に家庭教師のスタイルで机を挟んで
子供たちと相対して小テストや
難読漢字の復習などを行うときには
このキーボード部分に僅かに設けられた傾斜のお陰で
相手側は必要以上に猫背にならないので
私が受け持っている家庭教師に留まらず
身内やサークルでの打ち合わせにも大活躍です!

また、うちのチビが愛用しているThunderstormの
ゲームノートとは用途や性格が異なるので
共存は普通に出来ますね!

それに今では“学年便り”や“学校通信”など
私がチビ達学生と同じ30年以上前は
輪転機でガリ版で印刷されたプリントがメインでした。

今ではAdobeのPDFで各家庭に
メール送信が普通なのですが
A4用紙は297×210ミリなので
驚いた事に・・・ずばり実物大で書類を閲覧できるのだ!
大きいタブレットは超快感なのだ!

液晶ディスプレイの大きさは15型で、
私が今まで使用していたHP-15-AF100では
16:9がスタンダードになった15.6タイプより
少し小さいが・・・解像度は3240×2160ドット。

即ち4Kが3840×2160ドットなので
“準4K”と言っても差し支えない。
だからPanasonic VX985M-Kで動画を録画して
そのまま映像を落とし込んで編集しても
非常に高精細でレスポンスも軽いので、
写真やイラストビデオに図面まで
細部まではっきりと映し出されるのは圧巻の一言です!

なぜ最先端のトレンドを突き進む
フラグシップで3:2の比率なのか?

皆さんが疑問に思う一番の疑問では無いでしょうか?

確かに現在主流の16:9のワイド液晶と違って
35mmフィルムのアスペクト比と同じで、
写真家にとって馴染み深い比率だ。
ご存知の方には“釈迦に説法”だろうが
一般的なワイド液晶で3:2の写真をフルスクリーン表示させると、
左右に黒い非表示部分ができてしまう。

重量は公称値で1.905kgだが
GeForce GTX 1060搭載のゲーミングノートなら、
ガレリアと同じ3kgオーバーが普通なので
驚嘆すべきだ!
タブレット時は大体800gなので
よくも頑張ってここまでスケールダウンに成功したものです!

Surface Book 2 15型モデルは
ペン入力に対応し、別売りのペンを使えば
筆圧の感知は4096段階で、傾き検知にも対応。
AdobeのフォトショップやCorelの
Paint Shop Proといった本格志向のイラストも
普通に作成可能だ。

また専用ペンは1万円を超えるので高い出費ですが
Surface Book 2の真横に
強力な磁力で「ビタ」と固着するので安心です!

スタイリッシュな外観と高い剛性を誇るだけに
無駄に出っ張る部分やスイッチ類は見当たらない
インターフェース(端子類)の数は
必要最低限に絞っており
自分から見て正面左側にUSB3.1フル規格ポートが二つ。
UHS-II SDXC対応のメモリーカードスロットが一つ。

右側にはヘッドホン出力とUSB3.1のType-Cが。
Surface Connectがあるという
極めてシンプルな構成だ!

Surface Book 2 15型モデルは
デザインや機能にエルゴノミクス(人間工学)
そしてパフォーマンスなど・・・。
何処を引き合いに出しても他社製ノートを
大きく上回るクオリティーを朝飯前に実現するのだ。
Microsoft社のハードウェアには
Xbox 360時代のデッドリング騒動での
エンドユーザーの怒りを買ったり
電話規格でも「イマイチな感じ」ですが
2012年10月にSurfaceシリーズが初登場してから
早くも5年が経過しましたが
ようやくWindowsノートPCとしては
最高峰のモデルとして成熟したな!と実感します。
と云うよりもWindows 10のOSは
むしろSurfaceの様な変幻自在の
マシンで最大限の威力を発揮しますね!
4Kにも対応する高品質で精細な映像は、
写真やグラフィックなどの用途にも心強い味方であり
極めて高いグレードの3D性能はゲームに限らなく
CAD/CAMなどにも威力を発揮するから頼もしいです。

高性能なCPUを始めとした各所に贅沢に散りばめられた
余裕のあるスペックは、
プログラム開発などにも充分に使えるし
現像が出来上がった写真を
そのままドッキングベイから外してタブレットでプレゼンしたり。
又はチビ達学生の電子プリントや
プログラム授業のアシストなども非常に軽快だ!

Office2016のOneNoteを使って
「アイデア」や「閃き」などを書き殴ってから
クラウドのOneDriveやBuffalo-nas.comに
アップロードするのも一瞬で終わるから
今まで以上に撮影すべき「被写体」との関係性や
自分が追いかける写真のフレームなどを熟考したりと
知的作業に時間を使えるのは本当に心地良いです!

後から自宅で腰を据えて“清書”してから
WordやPDFに落とし込む作業も
今では画像や4K動画の編集と“同時進行”が当たり前です。
こんな感じでハイエンド志向な
プライベート用途にも大活躍は間違いなしだ!

ただし!Surface Book 2 15型モデルは
値段が相当高い点が唯一にして
最大の弱点と公言して良い!
256GB SSD搭載モデルなら税込30万円少しで購入可能だが、
ゲームなどには容量が絶対的に足りないので、
最低でも512GB以上のSSDモデルを選ぶべきでしょう。
最高1TBのSSDまで選択できます!

最近ではUSB3.1フル規格ポートに準拠した
Buffaloの外付けのポータブルHDD
2~3TBでリーズナブル価格で量販店で入手可能なので
ついでに購入するか
翌日にSurface Book 2 15型モデルを購入したときの
ポイント還元などを上手に活用して入手もできますよ!

他にはオーディオテクニカの
Sound Reality ATH-AR3BTなども所持しているのですが
スマートフォン同様に
Surface Book 2 15型モデルでも認識できるので
邪魔されないでBlu-ray観賞やゲームには打って付け!
Bluetooth接続ですがバッテリーは長持ちするので
今ではマストアイテムですね!

頑張れ、チビッ子のマーチングバンド (04)

この記事は「招待制」の限定公開記事です。

閲覧には私からのパスワードが必要です。
基本的に「現実世界」である程度
撮影仲間として顔見知りである事が条件です。
「相互リンク」だけでは、許可しません。

 



2016年の締め括り

結局夏の終わりから今年の冬にかけては
現像処理が間に合いそうも無いのだが
さて・・・新しいレンズである
SIGMA 50-100mm F/1.8 DC HSM Artを
フィールドに持ち出して
ファースト・インプレッションが皆さんにお届けできるのは
どうやら新年である2017年にかけてのBlogになりそうなので
何かと忙殺される師走の最中でも頑張って
記事に出来たら素直に私も嬉しいのですが・・・。

何にせよ、表現力を競う写真の世界で
そのツールとして欠かせないレンズが
無事に入手出来たのは非常に意義有る2016年でした。

同じCanonオーナーでありながら
私とサークル代表者であるチビとは
似ている技法も有るならば
まったく違う部分も出てきたので
コレはコレでラッキーかも?知れません

なにせ顔形が違うなら尚更の事チビの個性は
へんに摘み取りたいと思わないので
最近の私は“放任主義”の色合いが強いですね?

如何せんにも体力面でも
同級生の女の子に大きく負けているので
チビは携帯性と描写性を天秤に架けて
手振れ補正の機構が標準装備された
Canon EF16-35mm F/4L IS USMで
今は写真を楽しんで・・・また苦闘してます!

新しいレンズの登場と、夏の回顧録 (01)

光と闇を駆使せよ (04)

逆に私は“表現の幅”
徹底して追及したい思いが強いので
従来の18-35mm F1.8 DC HSM Artに続く
SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM Artを入手したわけですが。

まずまずは実りある1年を過ごせたと思いますね?
     ・
     ・
     ・
Facebookなどに代表されるSNSのツールを使って
何処が綺麗だの、
この被写体は何処で撮った物なのか?

こうした情報が素早く入手できたので
決断に時間を要する優柔不断の私も
色々な意味合いで先んじて行動できたのは
大きな収穫だと云えますね?
     ・
     ・
     ・
まァ振り返ってみればマイナスの側面も
山ほど有ったわけで
写真を撮る事を生業にしていると
どうしても“天候の変化”には敏感になっていきます。

とりわけ連続で日本列島を襲った夏場は
『前代未聞』と称された
台風が猛威を振るったのは記憶に新しい。

もっとも、私から云わせるなら
東北地方の施設側の説明に
こいつら白痴なのか?と疑う場面も有り
結構頭にくる事件がありましたね?

各報道機関や気象関係から再三再四にわたって
未曾有の災害になる恐れ
とアナウンスが流れていたにも関わらず
結果として複数の老人を“被災死”で片付けているが
邪魔で施設の介護に手間暇かかる人間を
台風という災害の御旗のもとに合法殺人を
堂々とやってのけた施設とも受け取れる・・・。

当時の担当者のインタビュー曰く
既定の対応に従って(以下略)とあったが、
前代未聞の災害に対して“既定の対応”が
どんな役目を果たすのかと小一時間ですな!
施設側の連中から云わせたら
口減らしで殺しも出来たし
あとは廃業届を出せば人々から風化すると
計算尽くめの行動だろうが。

災害に便乗して“未必の故意”で人殺しがまかり通るなら
いよいよ他人をみたら犯罪者と思えという
チビに対する私なりの“性悪説に基づいた防衛術”
案外ばかにならないと自画自賛してる今日この頃ですwww
     ・
     ・
     ・
さて、ここ1~2年で最近のデジタル一眼レフの世界では
相次いで高画素モデルが様々なメーカーから
出ているので非常に興味深いです
私の所有している『二桁シリーズ』と称される
EOS 70Dと80Dも2千万画素を普通に使うので
気が付いてみるとニコンであれキャノンであれ
2~5千万画素を軸に戦うスタイルが
デファクト・スタンダードになっていますね?

SHARPのパワーザウルスMI-506で
デジタルカメラの35万画素で驚いていた
当時の自分が懐かしく思えます(o^∀^o)
あれから画素数だけをみても70倍に膨れ上がっていますね?
そう云えば、パワーザウルスMI-506が
発売されたのは20年前の97年6月でしたね?

それにしても光陰矢の如し
技術革新はまさに秒進分歩の時代だ
MS-DOSからWindows 95~98が
テキストベースからGUIへと激変した様に
Windows XPの台頭は従来の
遅い・重い・高いの三重苦であった
ダイヤルアップ接続からFTTHの常時接続へと私も変わった。
そして時代が移り変わって現在の主力である
Windows 7や10ではクラウドや
TeraStationなどのNASに於けるサーバを介在した
ビッグデータの相互受け渡しが“当然”に出来る訳だ。
今では下の画像のPCもエッチゲームを
遊ぶためのXP環境に過ぎないので
既存のLANには接続できないが-。

そこにはデジカメ草創期に散見した
おもちゃの様な安っぽい作りの品は
今では見ることもない

デジタルカメラ側の性能が
ここまでジャンプアップしてくると、
それまで撮れなかった撮影が可能になった。
例えば昔は流星群が夜空を彩るとわかっていても
撮影するには相当のスキルが要求されたわけで
それでも素人が『夜間撮影』なんぞ諦めるのが普通でしたね?
今ではISO感度も800から1600辺りは
普通に常用感度として使用できるのだから
いやはや凄まじい隔世の感というか

2016/10/26 12:54
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
SIGMA 18-35mm F/1.8 DC HSMで
F/8.0、ISO-400、スピード1/125、焦点距離20mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

さて・・・此処まで何もかも出来るようになると
同時に、撮影者の技量が一層シビアに要求されるな・・・
こういった胸の内が正直な雑感ですね?

まず明確な撮影意図を持って
被写体をファインダーに捉え続けて
撮影に挑まないと眠れる潜在能力または撮影者自身の
ポテンシャルを引き出すのは一苦労なんだが・・・。
そうして自らを“錬成”しないと
せっかく素晴らしいレンズを所有しても
猫に小判となってしまう事態は避けたいですね?
-とまァ・・・振り返ってみました。
来年も元日早々、カメラ片手に
色々と撮るために奔走すると思いますよ?
自分には撮る事がすべてですからね!

次のBlogでも2016年からの作品を
延々と載せる事になるでしょうが
ここは私の専横が許される“私のBlog”なんで
余り期待しないでください。

基が飽き性の自分が、よく続きますが
Blogでの活動報告は二次的要素ですから
どうしても私の動向がきになる方は
Facebookなどでタイムラインを見ているし
私とリアルで知り合いの可能性があるかの
どちらかなんで・・・今後もぬるーくお願いします(o^∀^o)

夏の市場・新緑と太陽 (02)

すっかり活動時間帯である『昼間』が
激減してしまったので、
カメラを”生業”とする私や彼女・チビにとっては
まさに”試練の時”という訳だ。

特に高気圧と低気圧が数日周期で入れ替わり
結果として、猫の目の様に時々刻々と変貌する様は
本家本元の『秋の空模様』に勝るとも劣らないからだ!

例えば・・・である。
先の県内・百里基地で航空自衛隊の
ブルーインパルスなどを撮影した際には
“朝晩の冷え込み”を警戒して、
お気に入りの冬物セーター着込んで
撮影に臨んだのですが。
それが右腕がザックリと裂けている事が判明!

撮影当日は上からレザージャケットを
羽織っていたので大した支障は無かったのですが。
撮影する世界にある程度身をおくと
欠かせないマスト・アイテムとして
『フォトベスト』が有るのですが
結構機能性に優れた代物なので、
普段から着るようになります。

仮に・・・定休日の月曜日だと仮定しても
普段から暗褐色のベストを着用するのも
最近のトレンドになっってきました。

そうなると破れた先述のセーターは使えないので
春秋の季節モノに袖を通すしか善後策はありません。
近いうちに自宅の裁縫キットで縫い合わせようと
画策してる私なのですが、
如何せんにも60Wの
屈折照明では暗すぎて作業になりません!
かといって糸や布みたいな可燃物のそばで
ハロゲン遣うのはタブーなので駄目ですね?

こうなると自然の太陽光が”頼みの綱”です
幸いにも今は太陽が一番傾く季節です
なんとか短い日中を有効活用したいモノです

そうは計画したモノの、Blogの下書きや
次の撮影のスケジュール組み立てたり
チビや彼女も交えてカンファレンスを重ねたり。
またはサーバーやNASといったインフラの
運用・監視・管理のログに目を通したり。

文字通り“息つく暇もない”というのが
正直な近況報告で、
しばらく放置状態だった『無双7・猛将伝』を
Stearmで思う存分にプレイしたいですね!

 

 

2016/07/14 12:32
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/14 12:33
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/6.7、ISO-100、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/14 12:34
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/14 12:34
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/14 12:34
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/14 12:35
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/2000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/14 12:38
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/14 12:38
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/14 12:39
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/14 12:40
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.8、ISO-100、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/14 12:40
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.8、ISO-100、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

さて、ようやく夏の記憶を
記録と共に振り返ることが出来ます
忙しいとは申しても今ではチビが強力な助っ人なので
前みたいに“何処ぞの在日企業の手帳”みたいに
ブラックの社畜のように身体は壊さないぶん、
結構マシな部類なんで贅沢は云えませんね?

かくいう私も昔は“ITヤクザ企業”で
社畜・・・もとい牛馬の如く
酷使された経緯がありますからね!
すべからずして私がブラック企業=悪の枢軸
定理付けるのに時間は掛かりませんでしたがwww
それ以来、ヒューマン・リソースを
贅肉と決めつける経営体質の輩とも
距離を置いているので今では他人事なんですよ!
     ・
     ・
     ・
閑話休題、四季を通じて花は実際のところ
極端に忌避すべき種類はない。
強いて述べるなら鮮やかな色や木の実と無縁な
シダ植物や杉などかな?
松もあまり興味ないですね
まァ、それでも季節を代表する草花は
だいたい追い掛けてカメラに収めるのが身上なので
知らずして相当量の草花を撮ってますが

それでもグラビアのモデル然り
自分の彼女然り
セーラームーンやアイドルマスターの
お気に入りの人形然りで
可愛いモノ、キレイな存在は片っ端に撮る傾向があるので
こうして僅かに空いた時間を貴重に使って
サーバーでDPEしたりBlogの下書きを
RC版(最終候補)に近付けるべく
推敲を重ねる訳ですが。

 

 

2016/07/14 12:40
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/14 12:47
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/1500、焦点距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/14 12:47
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000、焦点距離135mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/14 12:47
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/350、焦点距離102mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/14 12:47
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/500、焦点距離102mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/14 12:48
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF70-200mm F/2.8L IS II USMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/2000、焦点距離200mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:評価測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/14 12:50
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/14 12:51
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/14 12:51
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/14 12:51
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/14 12:54
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/4.5、ISO-100、スピード1/2000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/14 12:59
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF-S17-55mm F/2.8 IS USMで
F/4.5、ISO-250、スピード1/750、焦点距離55mm
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/14 13:01
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/4.5、ISO-160、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/14 13:01
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/4.5、ISO-160、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/14 13:02
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-160、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/14 13:02
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-160、スピード1/750
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/14 13:07
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/1.4、ISO-100、スピード1/6000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:MF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/14 13:09
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/500
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/14 13:10
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/14 13:11
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/350
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/14 13:11
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/5.6、ISO-100、スピード1/250
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/14 13:11
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

そう云えば歯科治療は無事に終わりました。
今まで欠損していた部分に
新しく充填されている訳ですから
咀嚼(そしゃく=噛む)時に未だ違和感が残りますが
次の定期チェッが済めば
今年の歯科治療はコレで完了です!
     ・
     ・
     ・
随分と苦しめられた感じで長い期間を要しましたが
これで決着が付いたので
今は胸を撫で下ろしながら近所の喫茶店で
大好きなマンデリンで一息入れているのですがwww

さて、撮影当日は酷い気候で
もう“茹だるような蒸し暑さ”に
正直なところ辟易としながら各地を飛び回って
撮影したのが、懐かしい思い出です。

ここ佐倉市のオランダ風車「リーフデ」
春のチューリップが何かと知名度が高いですが
実は向日葵のメッカに早変わりするので
私としては助かりますね?
勿論、とくに目立ったイベントがある訳でも無いので
“地味”と指摘されたら
確かに否定はしませんが・・・。

デジタル一眼レフの初心者から上級者まで
幅広く撮るのに適しているのが、この花です。
取り分け外輪部の花と中央部の種子では
「撮り方」も「魅せ方」もテーマによって変わるので
結構あれこれと追求できる被写体です。
     ・
     ・
     ・
撮影中に気になってシャッター押下も
“疎か”になってしまったのが
ミツバチの群れである!

いまのチビよりも幼かった、私の子供時分に
墓地で刺された痛い経験則があるので
以来ハチの類には近付かない事を
身体が覚えているのです!
そんな時にCanon EF300 mm F/4L IS USMは
本当に助かり、危険生物に近寄らずして
手繰り寄せる“単焦点のもつキレの良さ”
あらためて認識しましたねwww

 

 

2016/07/14 13:12
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF24mm F/1.4L II USMで
F/2.8、ISO-100、スピード1/8000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/14 13:20
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/4000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

 

2016/07/14 13:20
撮影機材カメラ:Canon EOS 80D
Canon EF300 mm F/4L IS USMで
F/4.0、ISO-100、スピード1/3000
露出プログラム:マニュアル露出、測光モード:部分測光
ホワイトバランス:自動、フォーカスモード:ONE SHOT AF
DPEソフトウェア:DxO OpticsPro 11.2

 

最近いただくメールで多い質問に
こんな感じの内容が増えてきました
デジタル一眼レフで始めようと考えているが
二大勢力のカメラの
ドチラを購入したら良いのか迷ってる
この手の問い合わせが増えてきたと実感しますね!

ほかのメーカーのカメラ本体と
レンズの組み合わせは正直なところ私は勿論
ココの誰もが否定的な態度です。

-と云うのも、デジタル一眼レフは
別名を『システム・カメラ』と総称する程
レンズやストロボの類を自分流にカスタマイズして
はじめて真価を発揮しますからね?

その証拠にレンズのサードベンダーである
シグマやトキナーから注目のレンズが発表されても
真っ先に価格や詳細情報がアナウンスされるのは
CanonとNikonですからね!

発売日未定とあるなら望みもあるのですが
酷い場合は2つのメーカー以外
作っていない場合も多いですからね!

そんな訳で初心者の方ほど
CanonとNikonのドチラかを所持しておけば
まずレンズやアクセサリーで困る事もないと断言出来ます。

実際問題、
ここのサークルは「ミラーレス一眼」に
強い嫌悪感を抱く人間が多数を占めるので
今では完全に使う人間が消えましたが・・・。

うちのチビもBlogで記載してる通り
ペンタプリズムを採用している
デジタル一眼レフの即応性・視野率は
古い技術だけに完成の域に達してます。
(自動車でいうところのFR駆動のベンツやBMWなど)

それだけにミラーレスを店頭で試写すると
余りにも酷く遅いレズポンスや
圧倒的に不足しているレンズの種類
思わず閉口してしまう私やチビですが・・・。
せっかく“安くない金額”を使う以上
ROI(投資対効果)が見込める買い物を行いたですね?

些か他のカメラメーカーのネガキャンに
なってしまいました。
そうは云ってもココは私のサークル活動の場であり
私が「好き勝手」書き込んで発信できる
権利を有していますから、
私の物言いが気に障るなら出て行って下さい!
気に入らないと癇癪起こしても
ここのBlogはゲストでの書き込みは出来ないし
コメントを残すには会員になって
ログインする必要性が有りますからね!

これが意味するところは
撮影仲間として現実に顔見知りである事が条件で
私からのパスワードが貸与された
「招待制」の限定公開記事を読む事ができるメンバー
おのずと限られてくるわけですよ!

当然ログイン履歴やIPアドレスは
片っ端に記録されているから
犯罪予告なら無駄ですよwww

本当に重要な意見があれば会員登録したり
メールで連絡すれば良いという結論に至ります。
もともとBlogは性質上、
読者が増えるほど苦痛も増える傾向にあり
これらの経験則は昔Windows XP時代に
ISPのホームページ作った時に掲示板のCGIや
簡単なスクリプトを使って運用していた歴史があるからです。

それにココはどちらかと云えば
“己のための備忘録”に過ぎないので
どれだけ遅延しようが生存報告が遅れようが
一切合切“お構いなし”なのだが

無論、現実社会と同じように
遅延なき報告が出来るのなら
無理に横着せずとも構わない、これも事実なんで
チビ達ほかのメンバーが真似る必要性も無いが