Xbox Live」タグアーカイブ

ネットギアの製品を購入しました

先日ですが久し振りにアキバへと繰り出して、
友人と行きつけの喫茶店で合流しました。

何でも職場が変わるらしく
残業が多いという事を聞かされましたが、
内勤が大半を占めるようなので正直安心しました。
今までだと、結構見知らぬ土地をまわる
セールス営業も余儀なくされていた様子なので、
交通事故などの危険もあり、心配してましたが・・・。

まァ
なんぼ夜遅く帰ってこようが
漏れがゲームに行き詰ったら
コキ使ってやりますよ
グヘヘヘヘ



正に鬼畜道!ww

ところで昨日は
それだけでなく、
NETGEARから発売されているスマートスイッチを購入してきました。
某電機屋さんには、お礼を改めて言いますデス・・。
店の中で友人と二人で散々紆余曲折した末に
購入は決めたのですが・・・。

何分にも友人が“この手”の
法人向けソリューションを見たことが殆ど無いので、
かい摘んで要点だけを分かりやすく
その場で解説するのも一苦労しました;´Д`)))

CISCOやアライド・テレシスのCenterCOMに
Juniper NetworksのNetScreenなども、
色々と豊富に取り揃えてる店も知ってるので、
散策してきましたが・・・結果、NETGEARに落ち着いたわけです。

メルコの10/100MBのハブからコレガのGigabitハブ、
そして今回のNETGEARの製品に落ち着いたわけですが・・。
購入したロットは
GS-108Tという機種です。

今回は友人とお金を折半して出し合い
購入に踏み切りました。
聖爛よ・・
汝の厨誠心、褒めて遣わす
無双4 Empiresの
修羅の難易度は任せるぞ!

(ナンダカンダ コジツケテ プレイ サセルンデスネ?)

⊂((@ ̄‥ ̄@))⊃

ええと・・上のラインナップを見ても分かりますが、
個人が使うには値段の高いシロモノです。
スイッチングHubに3万円以上もかけるアホは無いでしょう?


こんな具合に、無愛想なボール紙で梱包された商品の外観。
いかにも米国生まれの堅実な仕事っぷり・・・。
日本語表記されてるのはRoHSに準拠している旨のシールくらいなものです。

中にはNETGEAR・自信の象徴とでも云うべき
「ライフタイム保証」に関する記述と、
ファーストステップガイドにCD-ROMが同梱されてます。
勿論、全部英語ですよ・・・。

手に持った感触は
金属製ボディ採用なので冷たく、
何よりもズッシリと重さがある事が実感できます。
この後はIBMの鯖に
先ほどのCD-ROMに入ってる「SmartWizardDiscovery」なるプログラムを
インストールすれば準備完了です!
すると後は普通のルーターやNASの設定画面にいく手順と同じく
IPアドレスを打ち込んでやれば設定画面にいける訳ですが・・・。

さて・・・こんな業務用を購入した経緯ですが、
ここ数週間の間にLANを流れるデータがウナギ登りでして
並みのHubでは捌ききれない様子で、
度々リンクが切断される始末なんです。
特にXbox 360を遊んでいると最近ではよく起る症状で、
知らない間にXbox Liveとの接続が切れていたり・・・(-_-;

新型のNASを導入してからは、
外出先から自分のNASにアクセス出来る機能が大活躍なんですが、
知り合いに貸し出している(ファイルサーバの数GBを)人数分だけ
一斉に接続されるとLANが悲鳴を上げる訳ですなww


勿論、それ以外にも
流れるデータは山の様にあるので、
とにかくアップアップなのです!

そこで達した結論は・・・
もっとパワーや
耐久力の高い製品が必要だ

という事です。

当然、目をつけたのが法人向け製品なんですが、
とにかく高い!
それこそ19インチの1Uとか2Uタイプの高性能だと、
ベンツ数台分が楽に買える代物が
平然と売られている
訳だからww
個人でも手の届く範疇の製品を絞り込むだけでも
Webや街中で探したり、ソリューション営業部みたいな所へ
アポを取ったりと・・・大忙しでした。

でも・・・
さすがに値段相応で、今度は流れるパケットを余すところ無く
設定した通りにゴリゴリと活躍してます(^^;

中でも特筆すべき機能は
IEEE 802.3adに準拠した
Link Aggregationという機能で、
2本のLANケーブルを使用して二重に通信経路を確保するシステムです。
無論、TeraStation Xの側にポートが2つあるからこそ
出来る機能だし、
別途にLACPに対応したスイッチが必要なんですが・・・。

こいつを使うと、1本では流れるデータ量を賄う事が難しい場合、
論理的にLANを複数束ねて
大規模な高速道路に見立てることが出来るんです。
そればかりか運用してるポリシーを変更すれば
障害発生時には無事なLANへと即時切替が出来る
冗長化に特化した運用も可能なんです。

とにもかくにも
暫くは英語の設定画面と格闘する?日々が続きそうなので、
どうせならば苦痛ついでに
NETGEARのDLサイトから落とした
設定マニュアルの日本語化も同時進行させようと
悪戦苦闘の日々です・・・。

俺の愛機も、パフォーマンス三割増し!

赤リングが3つ点灯するという
致命的な構造的欠陥(どこかの政権みたい)が出た
ので、
急ぎ福島県にあるリペアセンターに
またまた嫁に出した、俺のXbox 360ですが。

今回は1週間とかからず
スピード修理で帰ってきました
よ。
その間は?



・・・・最近はPS2の『レッスルエンジェルス/Survivor』に
こだわっていて、
スベスベした気持ち良さそうなフトモモを
ヘラヘラしながら夜の経営・・・じゃ無くて
プロレス団体の経営に精進してマス;´Д`)))


今回の無償修理を受ける前から、
とはいっても実際には今年の夏ごろからだが・・・。

Xbox 360のHDDの容量に
限界が見え始めてきた
ので、
おもいきって120GBの大容量タイプ
切り替える事にしました!


近所とも言うべき柏駅から近い
家電量販店にて1万4千円という価格だったので、
ここで購入。
さっそく帰宅してから旧20GBから転送しました。

使用していた容量が大きいと
1時間30分くらい掛かるようですね・・・。
とはいっても、
取説にあるとおりに進めれば
あとは底なしの大容量のパラダイスが広がってる訳ですw

あ~、でもな・・・TecmoのNinja Gaiden 1のデータだけは
転送不可能だから、
もう一度最初からプレイするか・・・。


どの道、これで来月に配信される
秋の大規模なシステムアップデートも
杞憂無く使うことが出来る
わけだし、
自分としては
「旧XboxのゲームがHDDにインストール出来る」
というMSの触れ込みには大いに賛同しますね!
そうすればゲームの高速起動だけでなく、
ディスクレスの環境による
360本体への熱対策にもなる
と思うところがあったので・・。

今月はCall of Duty 4/Modern Warfareや
Rainbow six Vegas2と2本手に入れたし、
PS2のレッスルもプレイしたりと、
結構Xbox Liveでのオンとオフが忙しく続きそう
ですね。

そうだ・・・ぼちぼち
レッスルのSurvivor 2も予約しておくか・・・。

Xbox 360が、また故障です。


内容は言わずもがな、
前回の有償修理と同じく、
「ゲームディスクの読み取りが、全て不可能」
という訳です。


まったく呆れてしまうわ

Microsoft社も、
これでよく「客商売」が務まるな・・・。
Forza 2の「ゲーム中に突然フリーズ」という
致命的なバグひとつを例にとってもそうだが、
全然改善されてないし。

もう少し“タフ”な設計を考えてくれないと、
忙しい身には正直きついよ。

そんな訳で
Xbox Liveに参加できるのは早くても2週間先になりそうです。
それまでの間はPS2で遊んだり、
Forza 2でコレクションした
痛車のアルバム作りなどで
時間をつぶしていく予定です。

ようやく「元の環境」に・・・。



お陰さまでXbox 360が無事に帰還致しましたw
-といっても、
マザーボードを交換しただけで、
破損したゲームディスクの交換には応じてもらえず、
ディスクトレイの開閉の不具合も
そのままという粗末な結果ですが・・・(-_-;

いずれ新年を迎えたら
あらためてトレイの一件は
サポセンにTELして相談しないと・・・。


ところで、Xbox-Liveで私のゲーマーTagを
見た方ならばご存知かもしれないが、
アイコンが変わっているのですね。

それも星彩に!

勿論このアイコンパック、
日本では配信されてません。
北米アカウントを取得して、
なおかつ北米用のMSポイントを
入手してから実現する事なんですが・・・。

最初は『Hitman Blood Money』の
テーマ&アイコンが欲しくて、
日本のコンビニで買えるポイントを
買って試したのですが、どうもポイントのコード自体に
互換性は無いようす・・・。

そこで某輸入ゲームShopから取り寄せた
プリペイドカードを使って購入したわけです。


ながかったよ・・・11月に予約を入れて
手元に届くまでの間にXbox 360を修理に出す状況になって、
結局北米用プリカを試す機会は
ドンドン先延ばしに・・・(-_-;

岩のように待ち続けた甲斐が有ったな。
だが・・・遂に“この日”が来たのだ。

PCや360の壁紙。携帯の待ち受けに
iPodの壁紙・ベンツの中に有る有機ELカーナビ
の壁紙からTシャツの自家製プリントに至るまで、
すべて『星彩一色』に染まる日が・・・。

ヒヒヒヒ・・・(`∀´;)))

Xbox 360が戻ってはくるのだが・・・。

 結局、サポートセンター曰く
『何の異常も見つからず、
 ディスクに傷が付くことも無かった』
として、
そのままつき帰される羽目に。
   ・
   ・
ふざけてるよ、まったく・・・。

 2週間も人を待たせて
過失も無ければ不具合も無いので
一切の交換はしないという
ぞんざいな返事の一言。

 こうなったらゲームディスクに
同じようなクラック(割れ)が起きた時の備えとして
2~3枚まとめて買っておくしか
ユーザーの立場としては取りようが無い。
  ・
  ・
こんな調子じゃ、Microsoft社も駄目だな。

 来年のXbox-Liveの更新は
見合わせる公算も強くなってきたので
このまま顔出しするとも限りません。
ま・・・よく考えて今後の行動を決める必要がありますね。

 自分が悪くも無いのに
ゲームディスクに傷は付き、
あまつさえ交換にも応じてもらえないとはショックだ。
お抱えの弁護士に相談して
訴訟を起こすのも費用対効果を考えても
馬鹿馬鹿しい話だし・・・(-_-;